ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  □高校受験・大学受験対策
No1出会えるサイト

高校受験・高校入試直前の親の心得(不安を和らげるコミュニケーション)

 
私立高校の入試が終わり、公立高校の選抜や推薦入試は終わりましたが、山場の一般試験まで残り1ヶ月を切りました。
一般入試の受験生は、最後の追い込みに入っていると思います。
子どもが受験する家庭の親は、不安で気が気でないと思います。
それは子どもも同じことで、口には出さなくても、不安だけでなく、緊張もぐっと高まってきているはずです。

受験生も、保護者も、不安と心配がいっぱいの高校入試直前というこの時期は、親として子どもとどう接すればいいか迷いやすい時期でもあります。
こう書いている私も、いろいろ迷いがありました。

我が家の娘達は、進研ゼミ中学講座で勉強していたので、教材の中には「親ゼミ」といって、親に対して受験に対する指南が書かれている冊子があります。
親ゼミは、いつも良いタイミングで、親としての心得的な情報を流してくれるので、いつも助かっています。

当時のことですが、入試直前特別企画 保護者のための進学進路直前応援BOOKとして「受験直前、お子さまの不安を和らげ、前向きさを保つコミュニケーション」を参考にみていきます。


多くの保護者は「年明けが一番不安が高まる」ということのようです。
きっとそこから徐々に不安が高まる人もいれば、だんだん開き直ってくる人もいると思いますので、不安のピークが年明けが一番という意味ではないんだろうと思います。

【受験勉強中に特に気を使った事は何か?】
1位:健康管理 (ダントツです)
2位:普段どおりすること
3位:メンタル面のフォロー
4位:勉強に集中できる環境づくり



子どもが「自分だけじゃない。家族も自分の目標を理解して応援してくれている」と感じられることが、親としてのサポートの心得ではないでしょうか。
中でも、一番の心配・不安は、何といっても体調管理です。
これが親ができることの最大のサポートといってもいいくらいですよね。




<高校受験直前の接し方>


この時期の子どもたちの心は「コップに水が満杯の状態」という風に理解しておくのがよさそうです。
そんな高校受験直前期の子どもへの接し方に、みなさんいろいろ工夫されているようです。

・子どもの努力・気持ちを認めた「前向きな励まし」
・「気晴らし、リフレッシュ」をつくる
・「一体感」をつくる
・「信頼」をつたえる
・「普段通り」にする

私もこうして書きながら、心の中でいろんなことを考え、1つ1つ確認しています。




<勉強しなさい>


「勉強しなさい」と言われると、ヤル気がさがる子どもが多いようで、逆にやらなくちゃと思う子どももその半分くらいいるようですね。

「勉強しなさい」は、今の時期言いたくなる言葉であり、言うべきか、言わないべきか悩ましいところ。
我が家は幸い「勉強しなさい」という必要は全くなく、逆に「息抜きしなさいというべきか、言わないべきか」を悩んでいました。

高校入試1か月前の直前期になると娘の「イライラ」もなんとなく伝わってきます。
そんな中で、「勉強しなさい」と言われたら、どう感じるのでしょうか。

(親ゼミ:受験を経験した先輩の声より)
・勉強しようと思っているところに、言われるとちょっとイラッときて、逆にヤル気がなくなる。
・指摘してもらっているから仕方がないけど、なかなか行動に移せない…。
・じぶんの中でリラックスタイムと分けているつもりなので、言ってほしくなかった。
・「あんた勉強してないけど大丈夫なん?」って言われてイラッときた



「勉強しなさい」と言われても仕方がないように見えるときでも、実際「勉強しなさい」と言われると、ズキッときてイラッと来るとか余計なお世話という気持ちがうまれる子どものいるので、受験生とのコミュニケーションは難しいですね。

親が自信が不安だから「勉強しなさい」というのは避けたいところです。
受験するのは子どもなんですから。
遠まわしに示唆する工夫が必要なんでしょうね。

・やるべき事をしなさい
・何時から始める予定?

大切なのは、「感情的に言わないこと」、「子どもの意志・予定を尊重する」、「勉強だけを心配しているのではないことを伝える」、そして「否定的な言葉を添えない」ことが大切で、前向きで気持ちを込めてコミュニケーションしていくのがいいんだそうです。

私も「前向きで気持ちの込もった言葉」をかけて行きたいと思います。

 ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


我が家は、塾に行ってないので、通信教育としてベネッセの進研ゼミ中学講座を受講しています。
自分のペースで勉強ができるのが気に入っているようです。

インターネットの時代を反映して、進研ゼミ中学講座では「エベレス」という通信講座が開講されていて、娘も受講しています。
塾の授業のような感じをインターネットを通じて始める今年度からの取り組みなんですね。
難関校対策もできますし、子どもに合ったコースがあって、娘のやる気を掘り起こしてくれました。 
 


[あり]
 
  • はてなブックマーク - 高校受験・高校入試直前の親の心得(不安を和らげるコミュニケーション)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    中学生のための「個性別」超勉強法~タイプを分ける

     
    「中学生のための個性別超勉強法 中山治」を読みました。

    親になると子どもの勉強が気になって仕方がないのかと思っていました。
    でも、娘は毎日コツコツと勉強をやっているので、普段は気になりません。
    だからこそ実は気にかけていないといけないのかもしれません。
    例えば見当違いの勉強をしているのでないかとか、いい方法を知らないのではないかなどでしょうか。

    だからといって「こうすべき」みないなことを言いたくありません。
    そこは自分で考えて学ぶという種を奪いかねないという意味でです。
    とはいえ、ポイントポイントでのプチアドバイスは欠かせないと思います。
    そのためには常に子どもの様子を気にする事や特にテストの後の会話を大事にしています。





    <心構え>


    入試にも成功し、子どもの能力も燃えつきさせない学習戦略がぜひとも必要となる。
    偏差値やその他のデータは自分に必要な部分だけうまく利用する。
    まず最初は点数にはあまりこだわらずに学力養成を第一に考え、入試本番半年くらい前からいかに点を取るのかのテクニックを身につける。
    頭の良さにもいろいろある。テストの成績だけで「頭の良さ」を判断しない。 



    子どもは中間テストや期末テストの点数に目が向きがちになるのは自然です。
    学習の成果が試されるテストですから当然です。
    しかし見落とすと怖いのは、理解している事と理解できないこととケアレスミスの違いであり、それをいかに次に生かすかという視点です。
    中学1年生後半から「苦手」というものが出てくるようです。
    親としては特に「苦手克服」さらには「弱点克服」を気にする時期だと思うんです。
    そうした「苦手克服」の習慣は中学2年生のうちに身につけてもらいたいと思います。
    だからこそ会話する機会があれば、他の事はほとんど触れることなく、苦手なのかなと思う部分だけに絞って話すようにしています。

    点数のことも山あり谷ありあるでしょうが、次に生かすという視点を伝え続けることを重視しています。
    テストは年5から6回あるので、テスト後にそれだけ会話する機会があるわけですが、いいたいことはたくさんでてきます。
    でも、あれもこれもいっても混乱するだけだし、特に感情的に思いついた言葉は呑み込むべきで、1つか2つにポイントを絞って手短に話すようにしています。

    子どもと勉強の事で話す機会を増やしたいと言うのなら、計画する力(テストの花道)でも書いたような教育番組を一緒にみるというのもありだと思います。
    雑談のように一緒に話しながら見るようにし、その雑談の中で自然にいろんな考え方を示唆していくなんてのも面白いと思います。



    <個性の分類>


    この本は、個性別=タイプ別の勉強法を提唱しています。
    従来の画一的な勉強法つまり「皆が同じ勉強法でいいのか」という視点から書かれています。
    「正統派勉強法」と「裏技勉強法」の長所と短所をピックアップしています。
    どんなことでもそうですが、2面性があるのです。

    さて個性の分類には3つの軸があるようです。

    ■テキパキ型:勉強の習慣をわりと身につけやすく、また計画性を持って勉強をすすめていくことができるタイプ
    (学校から帰ってくるとさっさと宿題を片づけてから遊ぶとか勉強には手のかからないタイプで通信添削にも向いている。)
    ■のんびり型:中学生の皆さんのほとんどはのんびりタイプ


    うちのみみ姫は概ねテキパキ型だと思います。
    その長所を生かすには、宿題づけにする形の塾に行かせるのはもったいないかなと思います。
    決められた事をやるのにもテキパキできるはずですが、それでは自分で計画的に進めることができるという長所を奪いかねないし、量につぶされる危険があるように感じます。

    みみ姫自身も塾はNGで自分のペースでできる通信教育を希望しました。
    (関連するエントリー)進研ゼミ中学講座の体験記(評判など)
    通信教育が向いているかどうかは、まずやらせてみることだと思います。
    中3になってから「やらせてみる」では大変ですので、子どもの希望を踏まえながら、子どもの適性を早めに探っていくことも親としてはやっておいて損はないことだと思います。

    一方、のんびり型の子どもは「このままではいけない。少しは勉強しなければ」と思っていると書かれています。
    やる気はあるけど体が動かない、どうやって勉強していいか分からない、そうしているうちに時間だけが過ぎていく、そのうち勉強法が分からなくて嫌いになるというメカニズムが書かれています。
    いくつか対策が書かれていますが、言うのは簡単だけど…という対策だという印象を持ちました。


    ■完璧主義者:本を読むにしてもザッと流して全体の流れをつかむ読み方ができず、はじめから一字一句おろそかにしない読み方しかできないような性格の人をいいます。
    ■いい加減型:勉強では苦労します。勉強でははじめはあまり細かいことを気にせずに、ということがよくいわれますが、それも程度問題で、細かくても基礎的なこともたくさんあるわけです。


    完璧主義者は、素晴らしいと思いがちですが、やはり一長一短があります。
    難問や分からないところを適当に飛ばして、まず、全体を押えるということが性格的にできないタイプということです。
    完璧主義者で成功するのは能力が高くないといけないわけですが、能力が追いつかなければ挫折しやすいという部分を意識しておく必要がありそうです。
    いい加減さがあれば挫折からも立ち直りが早そうですが、完璧主義者がぺしゃんこになると大変です。
    完璧主義者には思い切って薄い教材、問題数を絞った教材を使うのがコツのようです。
    学問には幹と枝があり、まず幹を完璧にするという戦略がポイントだということです。

    いい加減型の生徒は、意識的に復習の回数を多くすることがポイントなようです。
    復習はすればするほど労力がかかりませんし、うる覚えがしっかり頭の中に定着していくことが期待できるということです。
    まず、全体の骨格、幹をつかみ、復習を繰り返すうち細部を覚えていくというのが理想形なんだそうです。


    ■理解型:「う~む、マイナス掛けるマイナスはなぜプラスなんだろうか、どうもよくわからん」とばかり、考え出すとそこで引っかかってしまって一歩も先へ進めなくなってしまうタイプ
    ■暗記型:つべこべ言わずになんでもすぐ暗記しようとすることによって勉強を乗り切ろうとするタイプ


    数学には決めごとが多いので理解型だと引っかかってしまいがちです。
    理解型は英語も引っ掛かりやすいそうです。
    理屈で理解しようとすると無理がある部分で引っかかってしまうと言う事です。
    学問は今はよく分からなくても、後で理解できるようになることはいっぱいあるので、時に丸暗記も大切だということです。
    逆にいえば、学問によっては丸暗記の方が大切な教科もありますもんね。

    暗記型の生徒はよほど暗記力が優れていないとすぐ挫折する運命にあります。
    人間は理解できないことは覚えにくいもので、覚えられるか否かですべてが決まるのであれば、力が足りなければ挫折するということです。
    人は事柄を理解しようとする過程でどんどん覚えるもので、理解と暗記は両輪だということです。
    暗記型の生徒には勉強の対象に興味をもってまず理解しようと意識していく事で、面白く感じる事ができるようになれば自然に暗記していけるということのようです。



    <個性の分類の意義>


    これらの個性の分類は面白いと思ったので、記録の意味でとりあげてみました。
    こうした分類に意味があるのかどうかはわかりませんが、整理して考えるのはよいと思いました。
    どのタイプも一長一短があり、陥りやすい罠があり、生かすべき長所があるわけで、バランスが大切なんだと思います。

    この「バランスが大事」という答えは恐らく正しいのだと思いますが、人間の性格というのは簡単にはかわりません。
    いざという時ほどもろに性格がでてしまうものです。

    またこの本にも書かれていますが、人をきっちり分類する事は不可能ということです。
    ですから、このように人を分類してそれに応じた勉強法を細かく考えるのは無意味だといえます。
    だったら、分類する意味はないということになりますが…。

    人は学びながら、最後は自分独自のものを編み出す


    親である我々は、子供のころ悩みながらも自分なりの方法で切り抜けてきたのではないでしょうか。
    もちろん親のいいなりになっていた人はそうではありませんが。

    勉強法を教えてもらうのではなく、自分で考えられるようになるというのを大切にしたいと思っています。
    この本がただタイプ別の勉強法を紹介するような、どこかの教材販売と同じような内容ならば取り上げる事はありませんでした。
    こうした分類別の長所短所を意識しながら、正統派や裏技派も組み合わせながら、さまざまなパーツを組み合わせる自分なりの作戦を実行しながら、柔軟に自分に合わせてどんどん修正していくという理想形を目指すことが大切なのではと思います。

    であるならば、親は自分の成功体験を一度さっぱり捨てるべきかもしれません。
    自分がやってきた勉強法などを子どもに押し付けるべきではなく、どうすべきかを一緒に悩みながらさりげなくアドバイスできるようにできたらいいなと思います。
    そのためには、親も研究しておく必要があります。
    子どもと話す絶好の機会はそう多くはありませんから。

     
               

     



    このエントリーは、2011年4月22日にUPしたものを修正しています。
      
  • はてなブックマーク - 中学生のための「個性別」超勉強法~タイプを分ける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 中高生の親
    ジャンル : 学校・教育

    高校受験 受験生冬休みの勉強法と過ごし方(三者面談)

     
    高校受験が真近に迫っている家庭では、この冬休みがいろんな意味で追い込みの時期になります。
    我が家でも昨年に初めての受験生の冬休みを経験しています。

    娘達は進研ゼミ中学講座を活用していて、その進研ゼミ中学講座では「親ゼミ」といって、親に対して受験に対する指南が書かれていたりします。
    「親ゼミ」では、適切なタイミングで、適切な情報を流してくれるので、すごく参考になります。

    受験生自身は不安でいっぱいなわけですけど、実は親も不安でいっぱいになります。
    その親の不安を軽減してくれるのが「親ゼミ」で、事前に受験に対する予備知識や必要な準備を知ることができ、チェックリストなどもあるので、何かもれていることがないかという不安を解消してくれました。
    ここでは入試直前特別企画第1弾 保護者のための進学進路直前応援BOOKとして「受験生の冬休み、成功する過ごしかた」から高校受験に参考になるものをとりあげてみたいと思います。

    子どもも受験直前の数カ月の思い出は、強烈に残っているようです。
    中でも、保護者の支えは、直接は口に出さなくとも、大きな安心や自信、やる気の原動力になっているようです。






    <高校受験冬休みの効果的な過ごし方>


    志望校に合格した先輩方の話から、受験生の冬休みで効果的な過ごし方には、3つのポイントがあるそうです。

    ■過去問をする:冬休みは実際の試験時間に会わせて過去問をする時間がある
    ■問題演習:入試頻出分野の演習を中心に勉強する
    ■ニガテ克服:少しでも克服できれば自信につながる

    冬休みに主にどんな学習を心がけましたかという質問に対し、「過去問をする」、「じっくり演習」、「ニガテ克服」の順で回答が多かったです。

    冬休み段階ではニガテがあっても焦る時期ではなく、冬休みの頑張りは入試までに成果が出る可能性が非常に高いということです。
    高校受験当時、娘は試験時間に合わせて過去問に取り組んでいました。
    自分で何を勉強していくべきかを考えながら取り組んでいる姿を見ると感動してしまいます。
    受験生の冬休みはきっと不安でいっぱいなんだと思いますが、だからこそ親の見えない支えが必要であり、親が同じように不安を表に出してはいけないんだと思います。




    <生活のリズムをつくる>


    志望校に合格した先輩の話では、冬休みの過ごし方としては、「学校の授業に合わせて」や「入試の時間割に合わせて」という方がおられ、やはり「朝型のリズムづくり」をされておられる方が多いようです。
    朝型にして、午前中から勉強を始めることで、1日が有効に使え、その日やったことの小さな達成感を、毎日早い段階で子ども自信が実感できることが、ヤル気の連鎖が起きやすくなることにつながってきます。

    冬休みは、入試本番に向けたリズムづくりに大切な時期です。
    娘は既に朝型で生活しているので、朝型への切り替えは必要なかったのですが、受験本番対策として入試本番に向けたリズムづくりをサポートしていくことがますます大切になってきますね。

    「頭がさえ始めるのは起床3時間後」なんだそうです。
    午前9時が試験開始時間ならば6時起床のリズムが理想なんだそうです。
    娘は6時30分起床というリズムで過ごしていました。

    冬休み以降は、勉強面でも生活面でも、こうした受験に向けての臨戦態勢づくりに入っている時期になります。
    受験が迫る子どものプレッシャーがどんどん増えてくるわけですから、家が受験生が何よりホッとできる場所になるように、また、受験生がホッとできるような家族との時間作りもしっかりサポートしてあげるべきです。
    保護者のちょっとした気遣いや気分転換への誘いは子どもにとって忘れれない記憶として残っているそうですよ。





    <三者面談 最終志望校の確認>


    ほとんどの中学校では、12月の末に最終志望校決定に向けた三者面談が行われたはずです。
    「最終受験校」の確認は、子どものラストスパート原点となります。

    受験勉強をしているとなかなか結果が出ない時期を受験生は必ず経験するわけですけど、そういう時こそ「今、勉強強いる意味を確認」することが大切になってきます。
    志望校という目標がはっきりしている子どもと、はっきりしていない子どもでは、勉強に対するモチベーションが随分と違ってくるはずです。

    子どもと「○○校に入ったらどんなことをしたい?」などの話をすることで、この志望校を目指すと「子ども自身が決めること」が大切です。
    将来像がはっきりするほどヤル気につながっていきます。

    ■子どもが改めて「決める」という機会をもつこと

    また、保護者や周りの家族が応援してくれていることを子どもが感じることが力になるそうです。
    例えば「毎晩ココアを作ってくれた」なんてことがその子の力になるということですから、保護者の有形無形の応援が子どものラストスパートを助けるんですよね。

    ■子どもが「決めたこと」を親、周りの人も応援していることを伝えること

    併願校を受験する場合でも、第1志望校と同じくこの学校に合格したらとシミュレーションを行い、子どもの動機を高めることが大切なんだそうです。

    ■受験するすべての高校が「行きたい学校」になるように

    「どんなことがあっても、15の春はスタートの時」
    良い言葉ですね。
    子どもが納得してラストスパートができるように、親として全力で支えていくつもりです。

     ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


    我が家は、塾に行かずに通信教育としてベネッセの進研ゼミ中学講座を受講して高校受験を乗り切りました。
    自分のペースで勉強ができるのが気に入っていたようで、3年間きっちり続けたことが自力をつけ、自信につながったのだと思います。


    インターネットの時代を反映して、進研ゼミ中学講座では「エベレス」という通信講座が開講されていて、下の娘も受講しています。
    塾並みのかなり高い受講料ですけど、塾のようにリアルな講座がネットでできるので、毎日真剣に取り組んでいるのを見ると親としても安心できます。
    パソコンがリビングにしかないので、横でネット講座で勉強している娘を見ると親としても安心です。
    こういう感じで我が家(娘)は、通信教育派だったのですが、一般入試ではない受験もすることから、ピンポイントで塾の特別講座を受けました。





    <高校受験を乗り切って>


    上の娘は去年の高校受験を戦い抜いて第一志望の高校に合格して、元気に高校生活を送っています。
    下の娘の高校受験がもう少し先です。
    先生も驚くほど高望みの志望高校の特別枠に挑戦するということでひやひやものでしたが、見事合格しました。
    入ったら入ったで苦労しているようですが。

    かなり早いうちから明確な目標を持って迷うことなく一直線で頑張った意志の強さには親としても脱帽でした。
    高校受験前の冬休みには、ほとんどの受験生が志望校が決まっていると思います。
    冬休みの過ごし方はとても大きいです。 
     
     



    このエントリーは、2012年12月29日にUPしたものを修正しています。
     





     
  • はてなブックマーク - 高校受験 受験生冬休みの勉強法と過ごし方(三者面談)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    眼鏡メガネが曇らないマスク(受験生への応援マスク、受験本番対策)快適ガードプロ

     
    受験勉強をがんばる子どもに親ができる最大のサポートは、健康管理だと思います。
    自宅で勉強している場合は、インフルエンザなどのウイルスや風邪がうつることをあまり気にする必要がありませんが、塾や図書館などでの人が集まるところでの勉強は予防に気を使う方がベターです。

    マスクがインフルエンザを完全に防ぐかどうかは、難しいところではありますが、できるだけ防御する意味は高いと思っています。
    眼鏡をしている子どもにとっては、メガネの曇り対策もとても大切です。
    受験勉強は、時間が大事ですから、自分が望む場所で勉強させてあげたいし、できるだけ時間を有効に使えるようにしてあげたいと思います。
    特に、受験本番対策にはマスクは重要なアイテムになります。

    子どもが受験生になると、ママネットワークやパート先の先輩ママに聞けばいろんな受験対策グッズを教えてもらえます。
    普段、私が使うマスクは簡易なものですけど、受験勉強の時期にはできるだけ万全にいきたいものです。

    私が、先輩ママに教えてもらったのは、メガネのくもり99%カット(白元さんの従来製品と比較して)の立体型マスク「快適ガードプロ」です。
    サイズはいろいろあって、使う人にあったサイズが選べます。
     
      マスク-2


    <立体型マスク「快適ガードプロ」>
    ・ノーズクッション採用タイプなら⇒スキマなしのフィット感、メガネのくもりをカット
    ・立体タイプなら⇒口元にたっぷり空間をつくる立体構造により、息苦しさを軽減。
    ・プリーツタイプなら⇒アゴまですっぽり覆う構造と、鼻のスキマをなくすことで顔全体をしっかりフィット。
    ・特殊静電フィルタ採用なら⇒ウイルスを含む飛沫や花粉を吸着
    ・男性用、女性用、子ども用、女性用ピンク色、加湿タイプなどのラインナップ有
    ・使いきりタイプ


    ■立体タイプ
       

    ※あわせ買いプログラムのものは、Amazonが発送する商品を計2,500円以上の場合、通常配送無料となります。


    使いきりタイプなので1回限りの使用と考えれば、価格的には高めのマスクになります。
    耳が痛くならないものを選ぶ必要があるので、その子(もしくは自分)にあったマスクを探しておくことはとても大切だと思います。
    我が家では、受験本番や受験勉強時など、特別な時のために常時準備しておく感じですね。




    <マスクの効果>


    ところでマスクの繊維の大きさは、ウイルスをスカスカに通すので、マスクは意味がないという話も良く聞きます。

    NHKのためしてガッテンでは、「そのマスク、大丈夫? 予防効果10秒超UP術」ということで、マスクの効果について放送していました。
    マスクの効果などについて分かりやすく説明があり、どのマスクを買うかよりももっと大切なことが紹介されていました。

    番組冒頭は、ためしてガッテンで、市販のマスクの性能試験をした結果は、「なんとカット率0%」ということでつけていないのと同じという悲惨な結果だったんです。
    ああ、「やっぱりマスク意味ない説はただしいのか」と思いました。

    でも実は、マスクの使い方の問題だったんです。
    確かに、マスクの繊維の隙間は、ウイルスよりはるかに大きいというのは事実なんですが、繊維のどこかにウイルスがぶつかると繊維が吸着しちゃうようなんです。
    市販のマスクも、フィルターそのものには高い捕集効果があるんですね。

    そのマスク、大丈夫? 予防効果10秒超UP術 : ためしてガッテン - NHKより】
    マスクの性能試験でひどい結果が出た理由、それは、マスクと顔の「すき間」です。その証拠に、両面テープでマスクを顔に貼り付けて試験すると、カット率が90%以上に急上昇しました。小さな粒子は、「すき間」からどんどん入り込んできてしまうのです。
    マスクは顔との「フィット」が大切。そこで、「ぴったりフィット」させる方法を探りました。
    注意するポイントは3つ。
    ・鼻
    ・ほほ
    ・あご
    ワイヤー入りのマスクなら、「着ける前」にワイヤーを折り曲げておくと、鼻の横のすき間を減らせます。その際、1回折り曲げるだけでなく、鼻の形にあわせて山折り、谷折りしておくと、さらにピッタリに!



    おさらいすると、マスクは顔との「フィット」が大切で、「とにかく隙間を減らせ!」ということです。
    だからこそ、「自分にあった大きさ・形を選ぶこと」が重要なんですね。
    大き過ぎても、小さ過ぎても、マスクのゴムが長すぎても「すき間」ができる元になるので、マスクを買う時も家族の顔に会ったものでないといけないんです。





    <ウイルスを含む飛沫99%カットの謎>


    我が家で使っているマスクも「花粉・ウイルスを含む飛沫99%カット」という表示があります。
    この「99%カット」の文字を見ると、イメージ的にインフルエンザウイルスなどもウイルスを99%カットしてくれそうに思いますが、先ほども書きましたように、マスクの繊維の隙間はウイスルよりもはるかに大きいものです。

    ・花粉の大きさ 20~30μm以上(10~100μmとも)
    ・インフルエンザウイルスの大きさ 約0.1μm。
    ・ウイルスを含む飛沫の大きさ 約5μm。(3μmとも)
    ※1μmは、1000分の1ミリです。


    そもそも「ウイルスを含む飛沫」とはどう言う意味なんでしょうか?

    ウイルスは空中に単体で浮遊しているのではなく、飛沫に含まれて浮遊していると言われています。
    ですので、言葉遊びのようですが、「ウイルスを含む飛沫99%カット」というのは、「飛沫に含まれたウイルス」を99%カットできるという意味で、ウイスル単体を99%カットできるという意味ではない(できないとも限らないが)という理解でいいと思います。

    「ウイルスの主な感染ルートは飛沫感染と接触感染であり、飛沫感染の場合は、感染した人がくしゃみ、咳をすることで排泄される直径5マイクロメートル以上の飛沫にウイルスが含まれていると考えられる」というスタンスで実験して99%カットと表示しているんだと思います。

    いずれにしても、マスクの性能はいい方がより安心なんだけど、使い方が悪ければ意味はないということですね。



    [あり]
     
  • はてなブックマーク - 眼鏡メガネが曇らないマスク(受験生への応援マスク、受験本番対策)快適ガードプロ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    塾で教える高校入試 塾技(ジュクワザ)100(数学、問題集、例題付き公式集)

     
    高校受験のアイテムにはいろいろありますが、塾に行っていない受験生にとっては、塾で行っている授業の内容が気になるところです。
    我が家の受験生・みみ姫は、塾には行っておらず、「進研ゼミ中学講座」と「進研ゼミ中学講座のエベレス」という通信教育で勉強しています。
    うさ姫もまた、「進研ゼミ中学講座」で勉強しています。

    進研ゼミ中学講座・チャレンジの体験記(口コミ、評判など)高校受験へ向けて


    私も妻も塾に行った事がないので、塾ではどんな授業をしてどんな勉強をしているのか全く知りません。
    受験生にもなると受験生同士の情報交換があるみたいで、「塾で教える高校入試数学 塾技100(数学)」を教えてもらったそうです。
    自宅学習や通信教育をしている受験生にとっては、塾の中身を知りたくなるのは当然で、「塾技(ジュクワザ)」という言葉にもあるように、塾ならではの学校では教えてくれない技のようなものがあるんでしょうか。
    きっとあるんだと思います。
    でなければ進学塾の存在意義がありませんものね。




    <塾で教える高校入試塾技 数学>


    「塾で教える高校入試数学 塾技100(数学)」の内容についてですが、副題に「学校では教えてくれない技で入試問題を完全攻略!」とあります。
    著者は、Z会進学教室講師 森圭示氏です。

    【塾で教える高校入試数学 塾技100(数学)】の特徴
    ・学校では教えてくれない塾独自の「塾技」を学べる(Z会の現役塾講師が塾独自の塾技を公開)
    ・入試で必要なことを学年ごとに掲載
    ・無理なく入試レベルが身に付く構成
    ・入試最頻出分野の関数・図形分野が充実(入試の6割を占める関数・図形分野が充実)
    ・巻末付録、例題付き公式集(入試頻出の定理・公式を巻末付録)



    入試を控えた3年生はもちろん、少し早目に受験対策をしたい1年生や2年生も活用できる形になっているそうです。
    「中1で習う分野」、「中2で習う分野」、「中3で習う分野」に分けられています。

    「塾で教える高校入試数学 塾技100」の発刊のきっかけは、生徒の本当の能力とは関係なく「知っている」「知らない」の世界で合否が決まってしまうという不条理を解消することを目指してということです。
    私も思いますが、特に数学は「解き方のパターン」のようなものを知っているのと知らないとでは大違いです。
    「解き方」という「技」と言ってもいいもかもしれません。

    今はインターネットの時代ですから、通信教育でも塾のように講義形式のものもあり、「塾技」と言えるような「解き方」にも触れていますが、自宅学習する受験生は、そういう解き方の技がある事を知らないで過ごす事もあるんだと思います。
    「塾技」は、学校の勉強と入試問題とのギャップをうめ、目先のテクニックではなく本質的な理解をしてもらいたいという願いが込められているそうです。

               


    この「塾で教える高校入試数学 塾技100(数学)」には、インターネットに無料補充問題ページが掲載されています。

    (無料補充問題)→「塾で教える高校入試数学 塾技100」 無料補充問題ページサイト
     
    入試問題レベルの難易度表示は3段階に分類されています。
    ・難易度A:基本的な公立・私立高校入試レベル
    ・難易度B:公立上位・私立上位高校入試レベル
    ・難易度C:公立難関自校作成・難関国私立高校入試レベル

    また、このサイトでは、最難関高校志望者の為の塾技補充問題も用意されています。
     
     
  • はてなブックマーク - 塾で教える高校入試 塾技(ジュクワザ)100(数学、問題集、例題付き公式集)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    コレトにジェットストリームを入れて改造してみよう


     
    高校受験や大学受験の準備として研究しておきたいのが、その子にあったボールペン選びです。
    ボールペンの場合は、シャープペンシルと違って使う頻度が少なめなので「書きやすさ」がメインだと思います。

    (関連するエントリー)おすすめのシャープペンシルを探せ(疲れない、書きやすい、受験用)

    油性ポールペンで娘が一番気に入ってるのは、「PILOT HI-TEC-C coketo(ハイテックCコレト)の2色~5色用ボールペンに、uni JETSTREAM(ジェットストリーム)の替え芯を工夫して入れる」というものです。
    JETSTREAM(ジェットストリーム)の芯がとても書きやすいのと、ハイテックCコレトがボディもレフィルも自分で選べておしゃれな上に書きやすいということなんだそうです。
    JETSTREAM(ジェットストリーム)は、「低い筆記抵抗でなめらかな書き味」というのが売りで、非常に書きやすいボールペンです。

    また、油性ポールペンで娘が二番気に入ってるのは、「ぺんてる VICUNA(ビクーニャ) ボールペン 0.5mm」です。
    ぺんてる ビクーニャは、低粘度油性インクで世界一のなめらかさが売りのようです。





    <PILOT HI-TEC-C coketo(ハイテックCコレト)>


    ハイテックCコレトは、本体(ボディ)も替え芯(レフィル)も自分で選べて「選べるペン」として楽しさがあります。
    ハイテックCコレト 本体ボディは、2色用、3色用、4色用、5色用があります。

        






    <ハイテックcコレト本体にジェットストリームの替え芯を入れる方法>

    娘は、ハイテックcコレト本体にジェットストリームの替え芯を入れて使っています。
    理由はジェットストリームのインクが一番書きやすいからなんだそうです。

    方法は、ジェットストリームリフィル(替え芯)をコレトのリフィルと同じ長さに切断し、コレトの替え芯の上についているノック部(蓋のようなもの)を差し込んで、コレト本体に差し込むという方法です。

    別々のメーカーの本体とリフルを組み合わせるというのはいろんなバリエーションがあるようで、自己責任で楽しむ分にはいいと思います。






    <ぺんてる VICUNA ボールペン>


    娘は油性ボールペンを愛用しており、この書きやすい「VICUNA」も使用しています。
    色は「黒」「赤」「青」しかありませんが、使っているのが「黒」と「赤」です。
    ボール径は0.5mmと0.7mmがあり、0.5mmの細めを愛用しています。

    ■ビクーニャ ノック式油性ボールペン0.5mm〈極細)
    ・材質/軸、クリップ
    ・ノック:再生PC
    ・グリップ:エラストマー
    ・サイズ:45×12×200mm
    ・重さ:11g
    ・定価:157円

          
      
    文房具屋さんでは安い時で、1本140円くらいで買えます。
    amazonで10本まとめ買いすれば送料無料でもう少し安く買えます。
    姉妹で使うのであればいいのですけど、10本買うのはちょっと勇気が要りますね。





    <替え芯>


    替え芯は、なかなか文房具屋さんで見かけないんですね。
    ですので本体を買うしかありません。
    amazonで送料無料にするには10本単位で買うか、3000円以上買うかなので、もったいなくても本体買いになりそうです。

       




     
     

    このエントリーは2012年12月11日にUPしたものを修正しています。 
     
      
  • はてなブックマーク - コレトにジェットストリームを入れて改造してみよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    桃太郎電鉄world DSで世界をお勉強(プチ攻略法)

     
    私の大学時代から桃鉄があって、みんなでよく遊んでいました。
    桃鉄も世界に飛び出しDSソフトになったので、購入したんです。
    「こどもの勉強になるから」なんて理由でしたけど、みんな反対せず。
    ということでアマゾンポイントもあったので購入となりました。

    娘達と短期勝負をしたり、コンピュータ相手に遊んだり楽しんでいます。
    世界の国旗の問題とかがでるんですが、分からない国旗も多いですね。



    <歴史ヒーロー攻略>


    「桃鉄world DS」では、19人の歴史ヒーローなるものが登場し、プレイヤーをお助けしてくれます。
    便利なお助け屋さんもいれば、前半戦では困るお助け屋さんもいます。

    (独占しやすい)
    ■クレオパトラ★☆☆…アレクサンドリア独占(0.5億円) 他のプレイヤーを1ターンお休みさせる。お金をくれる。ほかのプレーヤーのカードを壊し、悪いカードを置いてくる。
    ■ガリレオ☆☆☆…ピサ独占(0.5億円) 貧乏神をハリケーンボンビーにする。最初にキングに!カードをくれる。■マリー・アントワネット☆☆☆…ウィーン独占(0.7億円) 所持金以内で勝手にカードを買ってくる。前半戦ではかなり迷惑。
    ■ダーウィン★★★…ガラパゴス独占(8.1億円)急行系やぶっとび系カードを進化させて周遊化してくれる
    ■チンギス・ハーン★★★…ウランバートル独占(7.2億円) 他人の物件を奪ってきてくれる。
    ■ライト兄弟★★☆…キティホーク独占(23.2億円) 目的地から遠い時に目的地近くに飛行機で運んでくれる。だんだん飛距離が伸びる。
    ■エジソン★★★…ボストン独占(30.7億円) 急行系周遊カードをグレードアップしてくてる。いろんなカードを別のカードに変えてくれる。デビル系のカードを手に入れた場合、退治してくてる。
    ■ヘラクレス☆☆☆…アテネ独占(33.2億円) 目的地に近い他のプレイヤーを放り投げて遠くに飛ばす
    ■ジャンヌ・ダルク★☆☆…オルレアン独占(60.1億円) フランス周辺の物件を自分のものにしてくれる。そのうち行方不明になっていなくなる。
    ■諸葛亮孔明★★☆…成都独占(33.2億円) 周遊系の使用回数をリセットしてくれる。独占しても成都に3回とまらないと仲間にならない。三顧の礼だね。

    とにかく前半戦でゲットしておきたいのは、「チンギスハーン」「ダーウィン」「エジソン」だと思います。
    最終的に全物件をゲットするのにチンギスハーンは欠かせないし、ダーウィンとエジソンがいればいつかのぞみ周遊カードになります。
    ライト兄弟も前半戦ではありがたいですが、後半戦ではコロンブスの方がありがたいですね。


    (独占に高額が必要)
    ■コペルニクス★☆☆…ワルシャワ独占(58.2億円) 目的地まで遠い時にたまに目的地を変更してくれる。
    ■ニュートン★☆☆…ケンブリッジ独占(80.03億円) 他者に少額の金を落とす。悟りを開いてからは、錬金術でカードを高額で変金してくれる。
    ■コロンブス★★★…ジェノバ独占(103.4億円) 現在の所持金で占領できるいつかの都市から選んでワープできる。それで占領してから行動ができる。
    ■ガガーリン☆☆☆…モスクワ独占(152.3億円) 赤マスが全て青マスになり、収入が4倍になる。
    ■ナポレオン★★★…パリ独占(218.1億円) 他のプレーヤーを眠らせる。空き物件を自分のものにしてくれる。自分についた変身ボンビーをミニボンビーにしてくれることがある。
    ■リンカーン★★★…ワシントンDC独占(176億円) 自分の持ち金が低い時に全員の持ち金を均等化させる。自分の持ち金がトップの時はたいらのまさカードをくれる。
    ■ノーベル★☆☆…ストックホルム独占(5098.1億円)自分についたボンビーを他者になすりつける。
    ■ベートーヴェン★★☆…ベルリン独占(202.2億円) たまに一気に目的地に運んでくれる。
    ■フォード★★☆…デトロイト独占(5042億円) 手持ち工業物件の収益率を少しアップをしてくれる。

    お金が潤沢になる後半戦は、乗取りカードを使ってこれらの独占を狙っていくことになる。
    とにかくリンカーンを他のプレイヤーに抑えられると大変なのでなんとかゲットしたい。
    おすすめは「コロンブス」と「ナポレオン」で、とにかくボンビーを避けつつ物件の手に入れまくることがポイントだと思います。




    <おすすめ場所>


    ■エクアドルに止まるとそのままガラパゴスへと直行できる。
    ■テヘラン:ペルシャ絨毯屋購入しておくと、魔法の絨毯カードがもらえることがあります。なくしてもまたくれます。魔法の絨毯カードは各大陸を選択できるぶっとびカードで最高に便利。
    ■ウユニ塩湖を独占(8.1億円)し、10年くらい経つと「リチウム鉱山 100億円 収益100%」の物件を2つゲットできる。

         




    <ゲームプレイ>


    何度か4人(コンピュータ3人)で50年対戦をやってみて、全物件制覇してもらる「全物件制覇カード」を手に入れるのが最終目的かと感じました。
    その「全物件制覇カード」は、「のぞみ、 スペシャル、ぴったり、☆に願いを、サミットカード」を自由選択して使用でき、しかも無くならないカードです。
    まあ、そんなのもらっても物件防衛くらいしかすることがないので、ここで終わりにします。

    (プレイ履歴)
    ■1位:41年目9月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、ラッ鬼)
    ■2位:42年目9月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、ラッ鬼)
    ■3位:46年目4月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、ラッ鬼)
    ■4位:47年目4月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、ラッ鬼)
    ■5位:47年目4月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、ラッ鬼)
    ■6位:48年目5月 (対戦相手:エンマ、楊貴妃、吸血鬼)
     
     
    大崩れしない限り(もちろん小崩れあり)49年くらいで全物件制覇は可能なような設定の様です。
    終盤の年間収益は1兆2000億万円くらいなので、ゴールドカードが運よく手に入ってニューヨークで使えると1年短縮できる。
    桃太郎ランドはゴールドカードもシルバーカードも使えないので4兆円を貯めるしかない。

    シルバーカードはダビング可能なので上手く使うと1年くらいは短縮できる。
    ウユニ湖は早めに買い占めると10年で収益がすごくなるのでよい。
    ニュートンの錬金術でお金を増やすのも有効。
     
    以前は「カードバンク」の使い方を理解していなかったので、全物件制覇に時間がかかっていましたが、42年とか41年でできるようになったのは、「カードバンクからいつでも引き出せることを知った」からです。
    私、カードバンク駅にいかなければ引き出せないと思っていたんです。

    40年前半で全物件制覇をするためには、ゴールドカードをなんとか手に入れることと、シルバーカードをできるだけたくさん手に入れることが大切だなと思います。
    ゴールドカードは、ニューヨークの1兆円の物件に使うと、1000億円で手に入るのが一番お得。
    私は、1ゲームにゴールドカード2枚ゲットした事はないのですが、2枚目があれば確か7000億円の物件に使うのがいいですよね。

    「隣の芝生カード」「刀狩カード」を重要視するようになりました。





    <桃太郎電鉄world DSで世界をお勉強>


    「桃太郎電鉄world DS」で遊んだ効果は、中学校の社会あたりから効果を発揮します。
    遊び名ながらいつの間にか、世界の都市の名前を覚えているですよね。
    それだけではなく、物件を通じてその都市の特徴も記憶の片隅に記憶されているんですね。

    30問連続首都あてクイズも勉強になるし。

    娘の社会の勉強を見ていても、以外に世界の首都を知っているなと思うんですけど、これって桃太郎電鉄world DSのクイズのおかげでもあるんですよね。
    「桃太郎電鉄world DSで世界をお勉強」というのは、過大表現ではないと私は持っています。
     
         




    このエントリーは、2011年2月8日にUPした記事を修正しています。

  • はてなブックマーク - 桃太郎電鉄world DSで世界をお勉強(プチ攻略法)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    NHK 基礎英語2で勉強(ストリーミングとダウンロード)


    英語のリスニング対策として、娘は基礎英語をiPodに入れて聞いています。
    基礎英語2とは、基礎英語1をマスターした人で、英語の基礎体力を養成したい人が対象となっており、中学2年生レベルの内容となっています。




    <基礎英語2の内容>


    (2012年の講師)
    講師は、佐藤久美子(さとう くみこ)先生。
    出演は、Janica Southwick(ジャニカ・サウスウィック)さんとChris Parham(クリス・パーハム)さん。

    (2011年の講師)
    講師は、高本裕迅(こうもと ゆうじん)先生。
    出演は、Kiko Wilson(キコ・ウィルソン)さんとMaxwell Powers(マックスウェル・パワーズ)さん。


    英語の文法や語彙(ごい)を学ぶためのコーナーもあります。
    ただし、文法用語はむずかしいのでなるべく使わない方針で、いろいろな例に接しているうちに、文法だけでなく、表現も自然に身につくように工夫しているそうです。

    月曜~木曜はレギュラーレッスン。
    (2012年は)アメリカからイギリスへ引っ越してきたスミス一家によるイギリスの生活や文化を描いたストーリーです。
    (2011年は)個性のちがう3人の中学生の主人公が、A-3(エイ・スリー)という秘密のクラブを結成し、毎月秘密のミッションを実行するというストーリーです。
    そして、金曜日は復習日です。

    「英語で長い文章を聞く練習」が無料でできるのと、ラジオ番組なのでテキストのにらめっこせずに、何かをしながら聞くだけでも勉強になると思います。
    普段から、英語を耳に入れることは、英語のテストでいい点を取ることよりも大切なことかもしれませんね。

    ※キコ・ウィルソン(本名はウィルソン祈子)さんはモデル、ナレーターさんなんですね。2012年はEテレ「えいごであそぼ」や基礎英語1にも出演なんだそうですよ。そうそう、高本裕迅(こうもと ゆうじん)先生やMaxwell Powers(マックスウェル・パワーズ)も2012年は基礎英語1を担当するみたいです。




    <基礎英語2の放送時間とストリーミング>


    ラジオ第2
    放送:月~金曜日 午前6:15~6:30
    再放送:月~金曜日 午後7:00~7:15/午後9:15~9:30

    早朝です。
    私はまだ寝ていますが、娘は起きて聞いています。
    朝早いよ~という人のために、基礎英語2のホームページhttp://www.nhk.or.jp/gogaku/english/basic2/では、先週放送した番組を聴くことができるストリーミングが用意されています。
    本放送の翌週の月曜午前10:00から1週間掲載されます。
    これもパソコンの前ということで不便ですし、携帯電話のネットからでもいけるのでしょうがよく知りません。
    ※2012年では娘は基礎英語3に取り組んでいます。




    <基礎英語2をダウンロード>


    娘は基礎英語をiPod(保存形式:MP3)に入れて聞いています。
    ほぼいつでもどこでもいつの放送日の分でも聞ける状態です。
    こうしたニーズは極めて高いと思われますが、NHKでは無料でダウンロードという提供はありません。

    ネットで調べていくと、「NHKラジオ語学番組キャプチャツール」というのを公開されている人がおられます。
    NHK側も対策を加えてきているようで、上手くダウンロード行かないときもあるようです。
    利用は自己責任の範疇だと思いますので、気になる方は検索から探してください。


    あとは、NHKが提供する有料ダウンロードサービスを利用する方法があります。
    http://www.nhk-sc.or.jp/gogaku/dls/

    ・「モーテ」<ATRAC形式>
    ・「モーテウイン」<WMA形式>
    ・「iTunes」パソコン、iPod・iPhone向け
    ・「FeBe!」
    ・「モーテ・タッチ」アンドロイド端末向け

    我が家は、「iTunes」と「iPod」での利用なので、「iTunes」をクリックすると、「iTunes Store」の画面になり有料ダウンロードでの購入ができます。
    残念ながら、私の感覚では手軽に出せるお金とはいえません。
    娘なりに録り逃した分の入手方法を探した上で、遠慮がちにお金がかかるんだけど、途中勉強できないのはつらいからと相談を受けました。

    費用は、半月分で600円です。
    すべてこれでまかなうとなると月1200×12カ月=14,400円と結構な額になります。
    ただ、放送より先行して手に入れることができるのと、放送では繰り返しの部分が編集されてより短時間になっている手軽さがあります。
    放送は1度聞くに対応していますが、ダウンロード分は何度も聞くに対応しているといえます。

    我が家は、不足分を購入するのみですので、そうかんがえると半月600円は、まあよいかなとおもえる出費です。




    <itunes storeの使い方>


    「iTunes」でのダウンロードは、「itunes store」からとなります。
    娘によると無料ダウンロードもあるけど、アカウントを作成しないといけないということでできなかったそうです。

    参考までに「iTunes」の入手先を書いておきます。
    ・アップルのWebサイトからダウンロードし、「iTunes」の設定する。
    http://www.apple.com/jp/itunes/download/

    「iTunes Store」を利用するには、アカウント作成が必要です。
    ここで気になったのが、「クレジットカード」の登録です。
    クレジットカード払いに慣れてこうして情報を相手に渡すことに慣れている人は問題ないのですが、抵抗がある人はおられるでしょう。
    「iTunes Music Card」というプリペイドカードが使えるようなので、我が家はこれにしました。
    これだとカード額以上の購入ができませんのでいいと思います。

    iTunes Music Cardには 2500 円、5,000 円、10,000 円 の種類があり、Apple Store 直営店、家電量販店、Amazon.co.jp などで買えます。
    我が家が購入したセブンイレブンでは 1,500円、3,000円 のカードがあります。
    我が家は1500円のカードを購入しました。

    アカウントを作成すると、普通のネットショップのように手軽に購入できるようになりました。
    ダウンロードも完了し、娘も満足そうだったのでよかったです。
    これで無料ダウンロードもできるようになったのでよろこんでいるのでしょう。
    残高はiTunesの右上に、900円と表示されていました。



    「NHK 基礎英語2」はファンが多いし、無料のコンテンツとして素晴らしいと思います。
    ただ、いつでもどこでも楽しむとなると、データとして保有する必要があります。
    いつでもどこでも空いた時間に聞くのが一番だと思います。




     
     
    このエントリーは、2011年7月10日にUPしたものを追記、修正しております。
  • はてなブックマーク - NHK 基礎英語2で勉強(ストリーミングとダウンロード)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    NHK 基礎英語3で高校受験勉強(CEFRレベルとストリーミング)

     
    娘は「基礎英語2」に引き続き「基礎英語3」を受講しています。
    塾に行っていない娘にとってNHKの基礎英語シリーズは、英語のリスニング対策として大切な時間となっています。
    平日の早朝の毎日の習慣化というのはすごいことです。




    <基礎英語3とは>


    基礎英語3は、基礎英語2をマスターした人で英語の基礎体力を養成したい人が対象となっており、中学3年生レベルの内容となっています。

    講師は、阿野幸一(あの こういち)先生。
    出演は、Karen Haedrich(カレン・ヘドリック)さんと戸田ダリオ(とだ だりお)さん。

    「英語でできること」を増やして、コミュニケーション力のアップをはかるための講座です。
    毎日のレッスンで掲げられた「~できる」という目標(Can-do)を達成しながら、リスニング力やリーディング力も強化し、実際に使える英語を身につけることを目的にしています。

    リスニング力とリーディング力の強化のために、毎週月曜日にニュースやインタビューなどまとまった英文の聞き取り練習を行い、火曜日~木曜日はストーリーをもとに総合的な学習を行い、金曜日には新聞記事などの長文を読みながらリーディング力を鍛えます。





    <基礎英語3の放送時間とストリーミング>


    【基礎英語3放送時間】ラジオ第2
    放送:月~金曜日 午前6:30~6:45
    再放送:月~金曜日 午後7:15~7:30/午後9:30~9:45

    【基礎英語2放送時間】ラジオ第2
    放送:月~金曜日 午前6:15~6:30
    再放送:月~金曜日 午後7:00~7:15/午後9:15~9:30


    放送時間は、基礎英語2の後の6:30からになります。
    ちょうど私が起きる時間で、娘はもう少し早く起きて聞いています。

    それでも朝早すぎるという人のために、基礎英語3のホームページ「http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/basic3/」では、先週放送した番組を聴くことができるストリーミングが用意されています。
    本放送の翌週の月曜午前10:00から1週間掲載されます。





    <基礎英語3の登場人物>


    気になったのはテキスト表紙のキャラクターのイラストです。
    イラストレーターの「いのうえたかこ」さんが書かれているようです。

    萌え系とまではいかないかもしれないけど、今までにない「美少女キャラ」と「美少年キャラ」が登場するんです。
    今までにない柔らかさを感じます。

      基礎英語3-4   基礎英語3-5

    ストーリーの舞台は東京です。
    主人公は「白鳥千夏」で4人組のアイドルグループに所属する高校1年生(テキスト4月号左)です。
    ニューヨークからの転校生「Anthony DeMarco(通称トニー)」(テキスト4月号右)がやって来てきます。
    この2人の周りで起こる出来事が展開されていくということです。

    テキスト5月号では、千夏の家族のイラストが描かれています。
    千夏の左に描かれているのは、千夏の妹「白鳥さくら」でしっかりものの中2なんだそうですよ。
    日常の中の英語という感じでいくのでしょうね。





    <基礎英語3をダウンロード>


    基礎英語2時代では、娘は放送を聞いているだけでなく、基礎英語をiPod(保存形式:MP3)に入れて聞いていました。
    いつでも、どこでも、どの放送日の分でも聞ける状態にするにはデータを手に入れなければいけません。

    当時は「NHKラジオ語学番組キャプチャツール」というのを使って無料でデータをダウンロードしていましたが、今でも使えるのでしょうか。
    気になる人は、下記エントリーをご参照ください。

    (関連するエントリー)NHK 基礎英語2で勉強(ストリーミングとダウンロード)

    NHKでは無料でダウンロードというサービスはなく、有料ダウンロードサービスを利用することになります。
    http://www.nhk-sc.or.jp/gogaku/dls/

    ■「モーテ」<ATRAC形式>
    ■「モーテウイン」<WMA形式>
    ■「iTunes」パソコン、iPod・iPhone向け
    ■「FeBe!」
    ■「モーテ・タッチ」アンドロイド端末向け

    基礎英語2時代では、聞き逃がしたり、無料でダウンロードできなかった時に、「iTunes」と「iPod」での利用ということで「iTunes Store」から有料ダウンロードしていました。

    基礎英語3では、高校受験モードなのでそんな面倒で時間がかかることは娘もしたくないということです。
    とにかく時間が惜しいので、CDを買うことにするつもりです。

    「NHKラジオ 基礎英語3 CD付きテキスト」は、価格 1,580円 (本体1,505円) で、送料が80円です。
    定期購読だと送料が無料になりますが、会員登録が必要となります。

    テキスト代とCDで、年間約2万円です。
    朝起きて聞かなくても、いつでも聞けるようになります。
    データのダウンロードだとCDラジカセでは聞けないけど、CDからiPodやPCに入れるのは簡単なので、CD購入が現実的かもしれません。
    高校受験モードでは、出費を惜しむより時間を惜しみます。




    <国際基準:CEFRのレベル分けの基礎英語>


    こどもから大人まで一貫して学べることを目指す学習プログラムが「NHK英語グランドデザイン」です。
    NHKではこの一環として、国際基準として注目を集めているCEFRのレベル分けに対応してNHK英語講座を再構成しました。
    基礎英語もこの国際基準 CEFRによるレベル分けの対象になっています。

    【国際基準 CEFRとは】
    ・CEFR(セファール:ヨーロッパ言語共通参照枠)(Common European Framework of Reference for Languagesの略称)とは、ヨーロッパ各国の人々が共通のスタンダードでことばを学ぶために、2001年に開発された言語学習のガイドラインで、現在では世界に広がっている言語学習のガイドラインです。
    ・CEFRの特徴は、「ことばを使ってできることを」を基準に、A1レベルからC2レベルまで段階的にレベル分けしていることです。

    【CEFRのレベル設定と基礎英語】
    C2レベル:あらゆる話題を理解して、細かい意味の違いも表現できる
    C1レベル:複雑な話題を理解して、明確で論理的な表現ができる
    B2レベル:社会生活上の幅広い話題を理解して、自然な会話ができる
    B1レベル:身近な話題を理解して、意思と理由を簡単に表現できる
    A2レベル:日常の基本表現を理解して、簡単なやりとりができる…基礎英語3
    A1レベル:日常の簡単な表現を理解して、基本的なやりとりができる…基礎英語1、基礎英語2


    基礎英語3は、基礎英語2より1ランク上がって「A2レベル」になります。
    なんか「A1」の方がレベルが高そうなイメージですけど、「A1→A2→B1→B2→C1→C2」の順にレベルが上がっていくので、ちょっと違和感がありますね。

    基礎英語3の属する「CEFR:A2レベル」は、「日常の基本表現を理解して、簡単なやりとりができる」ということで、「家族・近所・買い物など基本的な表現がほぼ理解できる」、「簡単な表現を使って自分の近況報告ができる」そして「短いメモやメッセージが書ける」ということです。

      
  • はてなブックマーク - NHK 基礎英語3で高校受験勉強(CEFRレベルとストリーミング)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    高校受験への親のサポート(兵庫県高校入試:内申書、内申点の計算方法)

     
    みみ姫が中学3年生になり、いよいよ高校受験を迎えます。
    娘なりに高校受験対策をやってきたようですが、兵庫県の場合は内申点も中学3年生からがメインとなるので、本番はこれからです。

    さて、中学1年生では子どもが自分で勉強できる習慣作りがメインでした。
    中学2年生では、早くも志望校に向けた下準備が始まります。
    私達の子どものころと違って、今の高校入試の場合、「内申書」がどのように作成され影響してくるのか、「入試試験」の対策はといった単純な入試制度ではなく、いろんな選択肢が用意されています。

    志望校の候補を絞り込むためにも、押さえておきたいのが「入試制度」ですよね。
    子どものネットワークでも実態が分かる面もあるとは思いますが、親のネットワークも大切です。
    志望校が決まればそれに対応した塾では、入試制度に合わせたサポートも受けられるのでしょうが、家庭教育の場合はこうした情報の入手は親としてのサポートの最初の入り口ではないでしょうか。

    みみ姫は、ある公立高校が第一志望なので、兵庫県の公立高校の入試制度を中心に見ていきます。




    <選択肢が増えた公立高校入試制度>


    公立高校の入試制度は、複数の門が用意されています。
    複数の門にチャレンジできるのはm中学生で学習評定やそれ以外で優秀であることが条件となります。

    ■推薦入学…中学校長の推薦が必要
    ■特色選抜…自己推薦型の入試で推薦入学と同日に実施される
    ■一般選抜…内申点と学力検査点で合否が決まる
    ■複数志望選抜…一般選抜の中で複数志願ができる学区もある
    ※誤りがあるかもしれませんので、ご自分で確認してください。

    「特色選抜」なんて言葉は、私には耳慣れませんが、子どもと高校受験について語ろうとするならば、親も知らなくてはならないと思います。
    兵庫県の公立高校では、前半に推薦入試と特色選抜、後半に一般入試が行われます。
    入試制度を知らずして、高校入試対策は立てられません。




    <特色選抜>


    「特色選抜」は、高等学校がその特色に応じて受検生のさまざまな個性や能力を多面的に評価します。
    中学校長の推薦は不要で、高校が決める「生徒に求める条件」に従って出願します。
    平成23年度入学者選抜から、すべての学区において特色選抜を実施しています。

    募集枠は募集定員の15%以内(最大40人)で、推薦入学と同日に行われる。
    合否の判定は、内申書と面接、高校によっては実技検査や小論文(作文)などの結果を総合的に判断します。




    <複数志願選抜>


    「複数志願選抜」は、学校の特色や自分の適性・進路希望などに応じて、学びたいことが学べるようにするための選抜制度です。
    ■個性や能力に応じて学校を選択し、1校または2校を志願できる。
    ■第1志望を優先するため、第1志望校には一定の加算点を加えて志願できる。
    ■出願時に希望していれば、第1・第2志望校がどちらも不合格の場合でも、総合得点によっては、いずれかの公立高校に合格できる。

    複数志願選抜は、全ての学区で実施されているわけではありません。
    第1志望校の加算点は、学区によって15~35点と開きがあります。
    つまり第1志望校の場合は、内申点と学力検査点の総合得点に、第一志望加算点がプラスされて合否の判定が行われます。


    今の入試制度はいろいろあるんですね。
    専門学科や総合学科、単位制の普通科、一部の普通科に設置されているコースでは推薦入学もあるようです。




    <内申点と学力検査点>


    内申点と学力検査点が同等に扱われ、内申書の学習評定以外の記録なども参考にしながら総合的な合否の判定が行われます。

    【内申点の教科別の配点:250点】
    ■中3の主要5教科(英・数・国・理・社)の評定(5段階評価)の和を4倍⇒100点満点
    ■中3の実技4科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭)の評定(5段階評価)の和を7.5倍⇒150点満点

    ※内申書の学習評定以外の記録での加算もあるようです。
    ※社会や理科などは中3以外の成績も考慮されるという話もあります。

    【学力検査点の教科別の配点:250点】
    ■主要5教科(英・数・国・理・社)の点数(100点満点)の和を半分⇒250点満点


    内申書の特徴として、実技4科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭)のウエイトが高いので気が抜けません。
    基本的には中3の2学期までが対象のようですが、理科、社会などは中3だけでないという話もあります。
    提出物の期限を守るとか、積極的に質問するなど、普段からきちんとすることをしておくことが大切なようです。
    また、生徒会活動やクラブ活動も影響があると思われます。


    兵庫県の高校入試のケースをご紹介しました。
    内申点については、どの学年の成績を対象とするのかは都道府県によって異なります。

    内申点対策については、中学入学段階で情報収集しておく必要があります。
    それを子どもに伝えておくことが、親としての最初のサポートではないでしょうか。






     
  • はてなブックマーク - 高校受験への親のサポート(兵庫県高校入試:内申書、内申点の計算方法)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード