ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  ■おすすめの文房具
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 勉強におすすめで使いやすいシャーペン・シャープペンシル(書きやすい、疲れにくい)

     
    高校受験や大学受験の準備として研究しておきたいのが、自分にあったシャープペンシル選びです。
    女の子だと中学生や高校生になるとシャーペンのことを研究しこだわりを持つようになります。
    娘たちとシャープペンシルのことを話していると娘と「使いやすい」「書きやすい」そして「疲れない」シャープペンシル選びがとても重要なんだなと思いました。

    中学生にもなると、友達が持っているシャーペンをチェックしたり、使いやすいシャーペンの情報交換をしたりと研究熱心です。
    一緒に文房具屋さんに行った時に、娘がとても長い時間をかけてじっくりと選んでいるのを見て、これは親としても真剣に向き合うべきだと感じたものです。
    「好きなものを買いなさい」でいいのかもしれませんが、親として自分がなんのアドバイスのできないのが少し恥ずかしかったと思っています。
    でも、娘たちはもう自分で自分のシャーペンを選べるだけの情報と知識があることがわかったので、そうした心配はなかったのです。





    <書きやすいシャーペン>


    書きやすいシャーペンとしておすすめで、娘が使ってたのがドイツの筆記用具ブランド「LAMY(ラミー)のsafari/サファリシリーズ」の黄色です。
    まあ、色は好みですが、サファリといえば黄色ですね。
    中学2年生から高校受験を経てかれこれ5年以上使っても、壊れていないのがすごいです。

    ラミー

    以前、「中学生がLAMYだと!そんな高いシャーペンを使わして…」的なコメントをいただいたことがありますが、それだけ長く使っているわけですから決して贅沢ではないと思います。
    というか、それほど高いシャーペンでもないと思うんですけどね…。

    ラミーのイエローで第一志望校に合格できたといっても過言ではないほどのお気に入りです。
    「LAMY(ラミー)のsafari/サファリシリーズ」は確かに、1000円台とやや高いシャープペンシルではありますが、それだけの価値は十分あります。
    大切なことは子どもが使いやすくて愛着を持てるかどうかなんですよ。

    サファリシリーズ比較的軽めで、グリップが握りやすく、書きやすいのが特徴です。
    それにデザインがいいんですよね。

    ■LAMY safari/サファリシリーズ (黄:L118、赤:L116、青:L114)
    ・Grip Type: 樹脂製ボディ(誰もが正しくペンを握れるようにくぼみを設置)
    ・重量:約12g
    ・サイズ:幅10mm×奥行10mm×高さ144mm
    ・胸ポケットや手帳にしっかりホールドできる大きめなクリップが特徴

      

    私が知っていた黄色・赤色・青色以外にも「白色:L119WT」や 「ブラック:L117」、「スケルトン:L112」もありました。

      

    そして更に変わったバーションとして、ヘアライン加工のステンレススティール製ボディの「ロゴ ステンレスヘアライン:L106」や「ロゴ ステンレス グリーン:L105GN」、「ロゴ ステンレス レッド:L105RD」がありました。

    ヘアライン加工というのは、ステンレスの表面に髪の毛のような筋をたくさん施す加工とイメージしてもらえばわかりやすいですが、この値段でこの質感は正直びっくりです。
    グリップ部分にはヘアライン加工は施されておらたず、滑り止めのために深く彫り込まれていて、デザイン的にもかっこいいです。
    ステンレスだけあってずっしりした重みがあり、重めのシャーペン好きにはいいと思います。

    ラミー-2

      





    <疲れにくいシャペン>


    娘が使っているシャープペンシルの中で、「疲れにくいシャープペンシル」としてあげてくれたのが「GRAPH1000(グラフ1000)」です。
    ラミーと同じくらいのお気に入りで、なんといっても握りやすく軽いのがいいです。

    ■GRAPH1000フォープロ(ぺんてる、PG1005)
    ・Grip Type: 合成ゴム
    ・材質: アルミ材、再生ABS
    ・重量: 11g
    ・サイズ:10×9×146mm

      

    重さが11gとかなり軽く低重心なので、かなり長時間使っていても疲れにくいそうです。
    中高生がシャーペンの重心まで気にしていることを、親として知ってますか?

    そもそも「GRAPH1000(グラフ1000)」は、製図用のシャープペンシルとして20年以上も愛されたロングセラー商品なんです。
    シャーペンの中では言わずと知れた定番中の定番と言えます。



    「GRAPH1000(グラフ1000)」は値段が高いとか、製図用シャーペンを使ったことがない方で試してみたい方には、値段が安くメタルボディの「GRAPHGEAR500(グラフギア500)」も比較的使いやすいシャーペンです。
    メタルボディなので少し重いですけど、サブの1本としてはなかなかいいですよ。

    ■GRAPHGEAR500(ぺんてる、PG515)
    ・Grip Type: 真鍮
    ・材質: 再生ABS、先金
    ・重量: 14g
    ・サイズ:10×8×147mm

    メタルボディで少し重いのちょっと重そうなシャープペンシルが、「GRAPHGEAR500」です。

           

    ぺんてるの製図用シャープペンシルのグラフシリーズの中で最も安い値段になっています。
    グリップとペン先が一体になっておりそこのぐらつきがない構造になっているということで、低重心で書きやすいようです。





    <受験勉強とシャーペン選び>


    普段使うシャーペンはともかく受験勉強で使うシャーペンは、子どもの好みを一番重視すべきです。
    受験勉強道具の中心となるのはなんと言ってもシャーペンです。

    道具に興味がない子どももいますけど、特に女の子は道具へのこだわりが半端ないです。
    デザインや可愛さを重視する子も、使いやすさを重視する子も、まず大事な道具が好きであるかどうかが大切です。
    このシャーペンが書きやすいらしいとか、このシャーペンが軽いとかで、子どもに親の価値観を押し付けるのはよくありませんが、子どもに聞かれれば少しはアドバイスしたいところですし、アドバイスまではいかなくても話を聞いてあげるだけでもいいと思うんです。

    まずそのシャーペンが好きであること、そして長時間の受験勉強を共にするわけですから、「使いやすい」「書きやすい」そして「疲れない」ことが大切です。

    その子の性格や勉強の仕方などによって最適なシャーペンは違うと思います。
    娘が高校受験勉強を乗り切り、今も大学受験を目指して頑張っている中で、10本以上試した中で特にこれだと思うシャーペンを取り上げてみました。
    みなさんも大好きなシャーペン選びを楽しんでくださいね。



    [あり] 
     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 勉強におすすめで使いやすいシャーペン・シャープペンシル(書きやすい、疲れにくい)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    おすすめのシャーペンの芯(シャープ芯)を探せ(書きやすい、折れにくい、受験用、人気)


     
    高校受験や大学受験の準備として大切なのが、自分にあったシャープペンシル選びです。
    そして、受験勉強や試験本番においては、シャープペンシルの芯(シャー芯)選びも重要になってきます。

    すぐに折れたりするシャープペンシルの芯(シャー芯)は問題外ですが、折れにくくて、かつしっかり定着してキレイな筆跡がえられるものを選びたいですね。
    子どもが女の子になると、シャー芯にもかなりこだわってきます。
    我が家の娘たちもしかり、自分のお気に入りのシャー芯を急に買いに走らされることもしばしばでした。

    女の子は、シャー芯のケースがおしゃれであることに心を奪われがちではありますが、それ以上に中身にこだわりが強いですね。
    そりゃそうです。ケースだけがポイントならつめかえればいいだけのことですものね。


    アインシュタイン
    娘のお気に入りのPentel Ain STEIN

    受験勉強や試験に使うシャープ芯は、

    ■簡単に折れない
    ■書き心地が良い
    ■使いやすい

    が必要になります。
    ジャープペンシルやシャープ芯の相性で、試験中に大切な解答時の時間のかかり方も変わってきますものね。
    ブランド物のシャープ芯は、100円ショップのものよりも高いですけど、自分にあうもので、気に入ったものを使う事が一番だと思います。
    もしも子どもさんが「このシャー芯が欲しい」と言ってきたら、学校での会話で話題になっているとうことなのであり、シャー芯なんてどれでも一緒なんて言わずに試しに買ってあげてください。

    (関連するエントリー)おすすめのシャープペンシルを探せ(疲れない、書きやすい、受験用、人気)
    (関連するエントリー)人気のシャーペンランキング(おすすめ)

    ちなみに、娘が一番気に入っているシャープ芯が「ぺんてる アインシュタイン(Pentel Ain STEIN)」です。





    <ぺんてる アインシュタイン(Pentel Ain STEIN)>


    ぺんてるさんのホームページでアインシュタイン(Ain STEIN)シリーズのシャープ芯のことを調べてみました。

    アインシュタインー1

    アインシュタインー2

    ■芯の長さ/60mm
    ■芯の入り数/40本入り(カラー芯:20本入り)
    ■サイズ・重さ/W20×D6×H78(mm)・5.7g(カラー芯:5.2g)

    一般的によくつかわれている0.5mmのシャープ芯では、4B,3B,2B,B,HBソフト,HB,HBハード,F,H,2H,3H,4Hの12種類あり、カラーのシャープ芯は、赤と青があります。
    0.5mm以外では、0.3mmが全5種、0.4mmが全4種、0.7mmが全4種、0.9mmが全4種あります。

    このシュタインシリーズは、芯の内部に強化シリカによるフレームを確立していることから、このフレームが内側から芯全体を支える構造のため、強度UPを実現していて、なめらかな書き味に加え、強さのテクノロジーを組み入れたシャープ替芯ということです。

    シャープ芯は、通販で単独で買うとどうしても送料がかかってしまいますが、シャープ芯はなかなか大量に買うものでもありませんよね。
    無くなるたびにいちいち買いに行くとガソリン代や時間がかかってしまいますが、アマゾンですと、送料無料の3個セットがあるので我が家は重宝しています。

    ■0.5mm用(Pentel Ain STEIN)HB,B,2B
      


    ■0.3mm用(Pentel Ain STEIN)HB,B
      



     
  • はてなブックマーク - おすすめのシャーペンの芯(シャープ芯)を探せ(書きやすい、折れにくい、受験用、人気)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    大学入試センター試験のマークシートは鉛筆推奨でシャープペンだめはなぜ?(理由)

       
    大学入試センター試験のマークシートでは、記入を行うための筆記具が指定されていて、マジックやシャープペンシルは全て不可で、F・H・HBの黒鉛筆のみが許可されているそうです。

    私が大学受験したときは、共通一次試験と呼ばれておいて、私もマークシートは鉛筆で受験しました。
    まあ、今ほどシャーペンが便利になっていない時代の話ですけど。

    記入を行うための筆記具が指定されている理由ななぜなのかをインターネットで検索してみると、「マークシート読み取り機のメーカーがFかHかHBの鉛筆を推奨しているため」というのが一番有力そうです。
    シャープペンシルは、試験中机の上におけるモノとして使えるようですが、「メモ用のシャープペンシル」ということのようです。
    別にシャープペンシルでマークシートを塗ることもできるのですけど、読み取れない可能性があることを承知で使うのであれば黙認され失格ということにはならないのであれば、シャーペンを使うのもありということですよね。

    【大学入試センター試験 - Wikipediaより】
    また、シャープペンシルではなく鉛筆を用いるよう指示される理由としては、シャープペンシルの金属部分がマークシートに当たると、筆記部分を消したとしても凹凸がことさらに生じ、機械が反応してしまうことと、シャープペンシルの芯と鉛筆の芯の材質が異なることが挙げられる。



    また、マークシートにおけるシャーペンと鉛筆の比較を「朝ズバッ!」で言ってたということです。

    大学入試マークシート、鉛筆推奨でシャープペンだめはなぜ? : J-CASTテレビウォッチより
     センター試験と同じ方式のマークシート読み取り機では、マークは16段階の濃さ(もっとも濃いのが16)でパソコン上に表示されるという。番組で実験してみると、HBの鉛筆は「14」、シャープペンは「11」となった。マジックやボールペンは「02」で、マークしてないと判定されてしまう濃さだ。
     この結果は、読み取り機がシートに光を当て、反射の度合いを読み取る仕組みのためだ。鉛筆のなかの炭素が光を吸収するので、マークの有無が判別できる。シャープペンが鉛筆より薄いのは、成分の違いによる。鉛筆が黒鉛100%なのに対して、シャーペンの芯には黒鉛以外の成分(カーボンすす?)が含まれていて、光の吸収が少ないという。従って、シャーペンのマークが読み取れないことはないが、鉛筆を使うほうがベターというわけである。
     また、シャーペンは書いた跡がミゾ状態になり、後で消しゴムで消しても「消し残し」になりやすい。「これぐらいなら、ありますよね」(米田やすみリポーター)というマークがほんのり薄く残った――見た目は「消した」と言って差し支えない――状態にして機械に読ませると、濃さは「04」でぎりぎりマーク状態になっていた。
     では、択一問題で答えを書き直したつもりが、「消し残し」で機械にダブルマークと取られることもあるということか。某ネット百科事典では、そうした場合があり得て、それは「無効回答」になるとある。
     一方、番組が大学入試センター広報に聞いたところでは、「消し残しなどによる読み込みエラーは相当数あります。3回エラーが出た場合は目で見て確認する」とのこと。そのものズバリの答えではないのでよくわからないが、センター試験で「消し残し」をやると、単純に自動的に「無効」になるわけではないのかもだ。


    シャーペンを使うと読み取れない可能性があるということは、推奨どおり鉛筆を使う方が無難ですね。
    今は、マークシート用のシャーペンだけではなく、マークシート用の鉛筆もあります。
    大学入試センター試験などの重要な試験では、時間との戦いとなるので、マークシート用の鉛筆を使う方がいいと思いますが、マークシート用のシャーペンに比べると試験中に鉛筆を削る時間がちょっともったいないなと思いながらも、1ダース(12本)を持っていけば休憩時間に鉛筆を削ればOKかなと思います。

    特に気になったのが「消し残しなどによる読み込みエラーは相当数あります。」ですね。
    「3回エラーが出た場合は目で見て確認する」ということのようですけどね。




    <マークシート専用鉛筆>


    文房具メーカー各社では、マークシート用の鉛筆を商品化しているようです。
    ○○用文房具なんて私が受験生だった時代からは、想像もつきませんが、これで試験時間を有効に使えるならばいいですよね。

    □三菱鉛筆 ユニ(uni) マークシート用鉛筆(HB) MPUMSHB
    三菱鉛筆独自の超微粒子配合技術によって生まれたマークシート(OCR・OMR)専用の鉛筆。

    □MONO マークシート用鉛筆セット ペンポーチ入
    超微粒子の採用で、濃く・きれいに・はっきりとマークできて、プラスチック消しゴムとの相性もいい鉛筆。

        




    また、マークシート用と詠われているわけではありませんが、使いやすい鉛筆としていわゆる高級鉛筆がいくつかあります。


    □ステッドラー・ルモグラフ 製図用高級鉛筆 HB
    マークシート用といくかどうかわかりませんが、製図・ファインアート・デザインなどのプロフェッショナルユーザーから厚い信頼を受けている鉛筆。

    □トンボ MONO100 HB
    1mm3に100億の超微粒子が凝縮した高密度構造で、滑らかで折れにくい、製図・デッサン用の鉛筆。

    □三菱鉛筆  ハイユニ HB
    デッサン・デザイン、製図や細密画などの緻密系など鉛筆を使う作業全般において高い評価で、書き味も抜群の鉛筆。

       


    大学入試センター試験など大切な試験対策として、自分がお気に入りの使いやすくて書きやすい鉛筆を探しておくことも試験対策としては重要ですね。




     
    このエントリーは、2014年1月12日にUPしたものを修正しています。
    このエントリーは、2012年12月7日にUPしたものを修正しています。
     
      
  • はてなブックマーク - 大学入試センター試験のマークシートは鉛筆推奨でシャープペンだめはなぜ?(理由)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    娘に聞く中学生・高校生におすすめで人気のシャープペンシル(シャーペン)

     
    みなさんそれぞれにこだわりの文房具があると思います。
    大人になると自分のこだわりの文房具が固定してしまって新しい文房具を探すたびに出る機会があまりなくなりますが、最近の文房具の進化はかなりすごいようなんです。
    文房具にこだわっている子どもも多く、私の娘達も結構こだわりがあるタイプのようで、あれを買ってほしい、これを買ってほしいとよく言われます。

    勉強のためと言われてしまうと、親としてはなかなか買わないわけにもいきません。
    だったら気に入った文房具があるのなら、気に入った文房具を探すのにいろいろ試してみるのにも多少お付き合いしてあげる必要があるなと思います。
    これも高校受験や大学受験の準備としてとらえようと。

    女の子だけかもしれませんが、学校でも文房具の話題は結構でるようです。
    文房具の改造までしてしまうんですから。
    他の子の使っている文房具が気になってしまう気持ちもわからなくはないし、そういう気持ちになるということは、まだ自分なりのこだわりの文房具、いいかえれば他の人におすすめできるシャープペンシル(シャーペン)が見つかっていないということかもしれません。
    シャープペンシルは、文房具の中でも一番良く使うものですので、シャーペン選びは最重要といってもいいのではないかと思います。

    勉強に向いているシャーペンを考えると、「使いやすさ」と「疲れない」が大切だと思います。
    私なんかはずっと書きっぱなしだとすぐに手が痛くなってしまいます。
    勉強してる最中に手が痛くなるとそれが気になって集中できないわけですから、選ぶ時のポイントとして自分に会った「太さ」、「重さ」、「グリップの材質」、「本体の材質」、「重心」、「機能」を探していくことになると思います。
    人によって手の大きさ、握力、癖などが違うので、理屈から万人におすすめのシャーペンと導き出すのは無理なので、こんなシャーペンがあるのかというくらいで見て行っていただければと思います。



    ■グラフ1000(フォープロ)

    みみ娘が使っているシャーペンの中で「疲れないシャーペン」として教えてくれたのが「GRAPH1000(グラフ1000)です。
    一番のお気に入りで長持ちし、アマゾンで送料無料で買えるので親としては楽でありがたいす。

    「グラフ1000(フォープロ)」については、軽くて低重心のロングセラーとしていろんな人がおすすめしている人気のシャーペンの定番ですよね。
    アマゾンのベストセラーでも1位争いをしている定番のシャーペンです。

    GRAPH1000フォープロ(ぺんてる、PG1005)
    ・Grip Type: 合成ゴム
    ・材質: アルミ材、再生ABS
    ・重量: 11g
    ・サイズ:10×9×146mm
    ・定価:1,050円


       




    ■LAMY safari/サファリシリーズ

    みみ娘が愛用している中でちょっと値段が高めのシャーペンが、ラミーのサファリ(黄色)です。
    デザインは良く オシャレ感があって、胸ポケットや手帳にしっかりホールドできる大きめなクリップが特徴で持ち運び用として便利です。

    このサファリシリーズは、ドイツの筆記具メーカーLAMY(ラミー)社の製品で、1980年の発売開始から既に30年以上も経過している世界的なロングセラー商品です。
    アマゾンのベストセラーでもたいがい10位以内にランクインしています。
    いろいろ調べていると人気の色は「黄色」みたいで、みみ姫の趣味と同じでした。

    ■LAMY safari/サファリシリーズ (黄:L118、赤:L116、青:L114)
    ・Grip Type: 樹脂製ボディ(誰もが正しくペンを握れるようにくぼみを設置)
    ・重量:約12g
    ・サイズ:幅10mm×奥行10mm×高さ144mm
    ・参考価格:2,625円
    ・胸ポケットや手帳にしっかりホールドできる大きめなクリップが特徴


        

    LAMY safari/サファリペンシルシリーズで黄色・赤色・青色の他に正規輸入品で、白色(L119WT)と黒色(L119BK)がありました。

       



    ■三菱鉛筆 クルトガ

    うさ姫がよく使っているのが、文字を書いているとクルリと芯が回ってトガり続けるシャープペンシルで有名になったあの「クルトガ」です。
    実は、みみ姫はあまり好きではないようで、うさ姫と好みが異なるようです。
    これも使ってみないと分からないんですよね。
    クルトガは進研ゼミ中学講座でもらえることもあり嬉しそうに使っています。

    クルトガは、径が18mmとやや太めなので、太めのシャーペンが好きな人にはおすすめのシャーペンです。
    グリップがアルファゲルタイプのものと、ワンランク上のアルミタイプがあり、後者はアマゾンのベストセラーでもたいがい1位に君臨している大人気のシャーペンです。

    三菱鉛筆 クルトガ シャープペン「クルトガ」0.5mm ブラック M510121P.24
    ・Grip Type: アルミグリップ
    ・サイズ:幅9.9×奥12×高146.2mm最大径18mm×144mm
    ・重量:15.1g
    ・定価:1,050円

    α-gelクルトガシャープ858(ユニ アルファゲル クルトガエンジン搭載タイプ)(三菱鉛筆、M5858GG1) ・Grip Type: 衝撃吸収ゲル素材αゲルをシリコンゴム
    ・サイズ:最大径18mm×144mm
    ・定価:892円


       




    ■uni α-gel(アルファゲル)スリムタイプ

    グリップ部分に衝撃吸収ゲル素材「アルファゲル」を使用したフィット感とにぎりやすさで快適なシャーペンで、みみ姫がサブのシャーペンとして使っています。
    低重心で書きやすく、スリムなボディが特徴です。

    ■uni α-gel(アルファゲル)スリムタイプ(三菱鉛筆、M5-807GG)
    ・Grip Type: 衝撃吸収ゲル素材α-gel
    ・サイズ:径10mm×144mm
    ・定価:840円


     


    高校生と中学生の娘に聞いた書きやすくておすすめのシャープペンシル達は、自分なりにそれぞれ使い分けるそうです。
    送料無料のものが多いのでいちいち文房具屋にいって買う必要もないし、自分の好きなシャーペンで、自分の好みの色で楽しく勉強してくれれば親として言うことはありません。


    (関連するエントリー)おすすめのシャーペンの芯(シャープ芯)を探せ(書きやすい、折れにくい、受験用、人気)



     
    このエントリーは、2013年1月18日にUPしたものを修正しています。
     
  • はてなブックマーク - 娘に聞く中学生・高校生におすすめで人気のシャープペンシル(シャーペン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    おすすめのマークシート専用シャーペンとマークシート専用鉛筆(使いやすい)

     
    最近はマークシートのある試験がすごく増えてきています。
    通常の勉強や試験では、鉛筆派よりもシャープペンシル派(シャーペン派)の方がはるかに多いと思いますが、マークシートとなると普通のシャーペンでは塗るのに時間がかかるので、鉛筆を使う人が多いのではないでしょうか。

    【マークシートのある試験】
    ・大学入試センター試験
    ・TOEIC
    ・英語検定
    ・漢字検定(一部)

    試験以外にもマークシートを使うものがいくつかありますよね。

    ・中央競馬の馬券
    ・数字選択式の宝くじ
    ・スポーツ振興くじ

    鉛筆は何本も持っていかないと不安で仕方がないところが難点ですけど、シャーペンだとそんなにたくさん持っていく必要がありません。
    でも普通のシャーペンだとマークシートを塗るのに時間がかかるし、正確に読み取ってもらえるか不安になります。
    そんな悩みにこたえるのが、マークシート専用シャーペンです。
    一体何がマークシート用なのかといえば、芯の直径が一般的に使われている0.5mmよりも太い1.3mmなので、マークシートを素早く塗れるということなんです。

    マークシート専用シャーペンは、1000円未満で購入できますので、そのくらいの出費で貴重な試験で数分の差が生まれると考えたら買って備えておく価値はあると思います。




    <マークシート専用シャーペン(1.3mm)>


    太い芯のシャーペンでは、1.3mmのものが主流で、マークシート式試験用として使えます。
    1.3mmの芯は折れにくいですし、筆圧が低くてすむので、疲れにくいです。

    まず「ステッドラー 1.3mmシャープペンシル 771」ですが、ステッドラーのエルゴノミックコンセプトに基づく三角軸と直径16mmの太軸と、スベリ止め加工の施されたグリップゾーンが特徴になっています。
    やや太軸で形が三角になっているので、卓上で転がっていくことがありません。
    疲れにくい太めのグリップが好きな方にはいいですね。

    □サイズ:1.6cm×1.6cm×13.8cm
    □重 量:約19g


      


    「ステッドラー 1.3mmシャープペンシル 771」が少し高いと感じる方には、「ぺんてる 1.3mm マークシートシャープ B AM13-B」が買いやすい値段であります。
    グリップが細めが好きな方にはいいと思います。

    □サイズ:1.2cm×0.8cm×13.9cm
    □重 量:約9g

    1.3mmの替え芯は、4本入りで100円弱と少々高い気がしますが、芯が太い分これは仕方がないですね。
    まあ、芯が太いことで、シャー芯の減り具合は普通のシャー芯よりもだいぶ少ないですしね。

        


    さらに安く購入できるのが、「コクヨS&T 鉛筆シャープペン1.3mmPS-P101D-1P」です。
    1.3mmの太い芯が折れにいので、鉛筆のような書き心地を意識しているそうです。
    グリップは細めになります。
    まとめ買いするとかなり安くなり、こうなるとまさに100円シャーペンという値段ですね。

    コクヨの1.3mmシャー芯ですが、16本入りとたくさん入っています。

        


    またコクヨさんでは「マークシート 最適セット」ということで、太芯ですばやく塗れて折れにくい「鉛筆シャープ(HB芯が2本入)」と、「消しゴム」さらに「16本入りの替芯」もセットになったものもありました。
    このセットには、1.3mmマークシートシャーペンだけでなく、0.9mmマークシートシャーペンもあります。

     





    <その他のマークシート用シャーペン>


    □アリスト 3フィットシャープ1.3(1.3mm)
    「アリスト」は、ヨーロッパ・オーストリアの製品で、軽い筆圧でなめらかに文字やイラストが書ける速記用の極太タイプのシャーペンです。

      





    <マークシート専用鉛筆>


    マークシート試験によっては、マークは鉛筆で行うよう指定がある場合があります。
    マークにシャーペンを使うと、機械が上手く読取できない可能性があるということなんでしょうね。
    細い芯のシャーペンを使って荒くマークすると読取が上手くいかないこともあるのかもしれません。

    文房具メーカー各社もマークシート用の鉛筆を商品化しているようです。

    □三菱鉛筆 ユニ(uni) マークシート用鉛筆(HB) MPUMSHB
    三菱鉛筆独自の超微粒子配合技術によって生まれたマークシート(OCR・OMR)専用の鉛筆で、 濃い・美しい・消せるがコンセプトです。

    □MONO マークシート用鉛筆セット ペンポーチ入
    超微粒子の採用で、濃く・きれいに・はっきりとマークできて、こすれによる汚れの心配が少ないのがコンセプトです。プラスチック消しゴムとの相性もいいそうです。

       
     


    [あり]

    このエントリーは、2013年1月3日にUPしたものを修正しています。
     
  • はてなブックマーク - おすすめのマークシート専用シャーペンとマークシート専用鉛筆(使いやすい)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    人気のシャーペンランキング(おすすめ)

    高校受験を無事にのりこえた娘と受験用や勉強用として疲れにくく使いやすシャーペンについて話をした事をきっかけに「おすすめのシャープペンシルを探せ(疲れない、書きやすい、受験用、人気)」について書きました。

    世間ではどういったシャーペンが人気があるのか、アマゾンのベストセラーランキングから見てみたいと思います。


    <シャーペンの売上ランキング>


    1位:グラフ1000(PG1005) ぺんてる  【通常配送無料あり】

       


    2位:三菱鉛筆 クルトガ シャープペン「クルトガ」0.5mm  【通常配送無料あり】

       


    3位:スマッシュ Q1005-1  【通常配送無料あり】

       


    4位:三菱鉛筆 クルトガシャープローレットモデル0.5 ガンメタリック  【通常配送無料あり】

       


    5位:Pentel シャープ ケリー 黒  【通常配送無料あり】

       


    6位:ステッドラー REG シャープペンシル0.5mm 925 85-05 ステッドラー 【通常配送無料あり】

       


    7位:LAMY サファリ レッド シャープペンシル(0.5mm) L116 LAMY 【通常配送無料あり】

       


    8位:ステッドラー 1.3mmシャープペンシル 771 ステッドラー【通常配送無料あり】

       


    9位:グラフ1000(PG1003)[BR] ぺんてる 【通常配送無料あり】

       


    10位:ホルベイン ロットリング・製図用シャープペン ロットリング600/0.5ブラック 【通常配送無料あり】

       


    我が家でも愛用している、ぺんてる「グラフ1000(PG1005)」、「三菱鉛筆 クルトガ シャープペン」、「LAMY サファリ レッド シャープペンシル」がランキングに入っています。
    シャーペンのランキングから、愛用のシャーペンを探すのもいいかもしれませんね。
     
     
     
  • はてなブックマーク - 人気のシャーペンランキング(おすすめ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    自宅学習におすすめのコンパス

     
    コンパスは学校の授業用と家での勉強用に2つ持っているのが一般的だと思います。
    学校の教材で買う場合もありますが、自分で用意しないといけない場合もありますし、家用は自分で用意する必要がありますよね。
    家用に、使いやすくてコストパフォーマンスがいいコンパスがあればいいなと思います。
    アマゾンの売れ筋を見ていると、なかなか低価格でよさそうなコンパスがいくつかありますね。

    コンパスには、昔方ある芯タイプと鉛筆タイプ、シャーペンタイプがありますが、私はシャーペンタイプが使いやすいと思います。
    鉛筆タイプですと鉛筆を一旦外して削る手間がかかる上に、それをサボると線が太くなってしまいます。
    シャーペンタイプは、線の太さがおおむね一定なので使いやすいですが、長めのシャー芯がいれられないのがデメリットでしょうか。


    アマゾンで一番人気なのは、やはりシャーペンタイプのコンパスです。
    送料無料でかつ500円以下でシャーペン式コンパスというのは、なかなかコスパがいいんじゃないかと思います。


    ■KOKUYO GY-GBB102B コンパス(シャープペンタイプ)[まなびすと] 一体型ノック式固定 青
    KOKUYO GY-GBB102R コンパス(シャープペンタイプ)[まなびすと] 一体型ノック式固定 赤

    ・メーカー型番 : GY-GBB102B(青)、GY-GBB102R(赤)
    ・寸法 : 幅48×奥行22×高さ145mm
    ・重量 : 77g
    ・仕様 : 一体型ノック式 0.5mm芯

     



    最近では、筆箱にコンパクトに収納できるタイプのコンパスがあるんですね。
    キャップ付きペンタイプの芯用コンパスで、送料無料でかつ500円以下ですね。

    ■レイメイ ペンパス ブラック JC600B
    ■レイメイ ペンパス グリーン JC600M

    ・サイズ:1.5cm×12.4cm×1.5cm

     



    サイドノック式で芯出しが簡単なペン型シャープコンパスもあります。
    コンパクトに収納できる上に、デザインがカッコイイですね。

    ■ペンパス シャープタイプ シルバー

    ・サイズ:W1.5cm×H13.2cm×D1.2cm





    我が家はあまり好きではないのですが、鉛筆タイプのコンパスで、送料無料500円以下のものもあります。

    ■ソニック スーパーコンパス くるんパス 鉛筆用 青 SK-767-B
    ■ソニック スーパーコンパス くるんパス 鉛筆用 桃 SK-767-P

    ・サイズ:28×142×19mm

     



    [あり]
     
  • はてなブックマーク - 自宅学習におすすめのコンパス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    シャープペンシル(シャーペン)は英語で通用するか(和製英語)

     
    シャープペンシルは、私たち40歳代くらいから馴染みのあるものではないでしょうか。
    1980年にゼブラが1本100円の製品を発売したことで、100円シャーペン時代となり子どもたちに一気に普及したように思います。
    確かその頃くらいから学校でも使えるようになって、私も嬉しがって使ってましたよ。
    あっ、シャーペンをくるくる回すのは今でもできないんですけどね。



    <シャープの会社名はシャープペンシルが語源>


    家電で有名なシャープですが、シャープの社史によると「シャープの会社名はシャープペンシルが語源」ということです。
    これ最近知ったんですけど、多分、知ってる人も多い話ですよね。

    社史|シャープの歩み|会社情報:シャープ

    ■1915~1919:「シャープペンシルを発明」
     今日では誰もが知っているシャープペンシル。独創的な芯の繰り出し装置を発明し、世界に先がけて実用に耐える金属製にしたのが早川創業者です。当時、繰出鉛筆と呼ばれるセルロイド製の筆記具がありましたが、太くて見かけが悪い上に壊れやすく、実用にはほど遠いものでした。早川創業者は、得意の金属加工技術で構造や外装を変えることに熱中し、ついに堅牢で美しいニッケル製として完成させました。1915年(大正4年)のことです。これを早川式繰出鉛筆と呼んで特許を申請し、あらためてスクリューペンシル、プロペリングペンシルの名で売り出しました。
     金属繰出鉛筆はさらに改良を重ね、1916年(大正5年)にはこれまでにない極細芯の近代的な筆記具に成長し、大正デモクラシーという、当時の自由で民主的な時代の流れに合った、軽快さとモダンさを備えた先端文具として一世を風靡しました。名称もエバー・レディ・シャープ・ペンシル(常備芯尖鉛筆)と改め、さらに後にシャープペンシルとなりました。当社の社名が、このシャープペンシルに由来しているのは言うまでもありません



    シャープペンシルって随分昔に発明されているんですね。
    子どもの頃その存在を知ったのは、シャーペンが100円で売られたからで、それ以来鉛筆はマークシートにだけしか使わないようになりました。
    今は、娘たちが小学生時代に使っていた鉛筆を使っているんですけどね。
    やっぱ、いちいち削るのがめんどうですね。





    <シャープペンシルは英語で通用するか>


    シャープペンシルが、日本で発明されたということなら、英語では通じなさそうですよね。
    でも、シャープペンシルって英語ぽいですよね。
    「シャープ=尖った」+「鉛筆=ペンシル」みたいな。

    【シャープペンシル - Wikipediaより】
    シャープペンシル(米: mechanical pencil)は黒鉛の芯を随時補充可能な機械式筆記具。鉛筆の代替品として広く用いられる。

    鉛筆と異なり、本体の握り部分と芯が分離され、芯の出し入れ・補充が可能となっている。また、鉛筆では書き続けると芯の先端が丸く(太く)なって細かい筆記操作がしづらくなってくるが、シャープペンシルの芯は書き続けても芯の太さは変わらない。そのために、鉛筆削りを使用して芯を削る必要がない。
    名前は、現在のシャープの社名の語源にもなっている。口語では「シャーペン」という呼称が広く定着しており、一部に「シャープペン」、「シャープ」と呼ばれることもある。なお、英語圏では一般に アメリカ英語: mechanical pencil(メカニカルペンシル)またはイギリス英語: propelling pencil(プロペリンペンシル )と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに英語: pencil(ペンシル)と言うこともある。



    ■アメリカ英語: mechanical pencil(メカニカルペンシル)→「機械で動くペンシル」
    ■アメリカ英語:automatic pencil(オートマチックペンシル)→「自動式のペンシル」
    ■イギリス英語: propelling pencil(プロペリンペンシル )→「前進させるペンシル」
    ■和製英語:sharp pencil(シャープペンシル))→「先のとがったペンシル」

    シャープペンシル(sharp pencil)は、和製英語なんですね。
    それを略して「シャーペン」ですね。

    今では高機能の高級シャーペンがいろいろあって選び放題の時代ですよね。
    芯の太さもいろいろで、マークシート専用シャーペンなど○○専用シャーペンなんてのもあるよね。
    娘は100円シャーペンなんて見向きもしません。
    安ければいいというものでもないし、特に女の子は使い勝手やデザインで選びますしね。
    やっぱいいシャーペンは長持ちしますからコスパは悪くないかな。

    (関連するエントリー)娘に聞く中学生・高校生におすすめのシャープペンシル(シャーペン)
    (関連するエントリー)おすすめのマークシート専用シャーペンとマークシート専用鉛筆(使いやすい)
    (関連するエントリー)勉強におすすめのシャープペンシルを探せ(疲れない、書きやすい、受験用)

  • はてなブックマーク - シャープペンシル(シャーペン)は英語で通用するか(和製英語)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    歴史あるおすすめのモノ消しゴム(トンボ MONO消しゴム)

      
    おすすめの消しゴムといえば、だれもが一度は見たことがあるパッケージの「MONO消しゴム」です。
    この「MONO消しゴム」は、発売が私と同い年の1969年と歴史がある良く消える消しゴムとして、愛されてきました。
    青白黒のストライプのデザインで、サイズは5サイズあるんです。

    MONO消しゴム

    いつものようにAmazonで購入しようとみていると、なんかカラフルなパッケージを見つけました。
    何かなと調べてみると、トンボ鉛筆は、創立100周年を記念して、2013年年中に記念商品として発売しているということでした。

    創立100周年を記念商品として「MONO消しゴム 100周年限定(PE-04シリーズ)」が発売され、カラーはゴールド、シルバー、ブルー、イエローグリーン、イエロー、マゼンタピンク、ピンク、ライトピンク、ライトブルー、ネイビーの10色ありました。
    ゴールドとシルバーはメタルカラーで、残りの8色は輝くホログラム仕上げという豪華なパッケージながら、販売価格は一般品と同価格だそうです。

     

    まあ、話のネタとしては面白いですね。
    話のネタとしてもう1つ。
    「モノ消しゴム」のケースのカドが少しまるく切り取られていることに気が付いた人がおられると思いますが、これは、消しているときの力で消しゴムがケースのカドに当たり、消しゴムを傷付けてしまうのを防ぐためにカットされているそうです。


    消しゴムはわざわざ買いに行くのは面倒ですし、多めにあっても困らないのでamazonでまとめ買いをしています。
    娘たちが学校で使って、切れたり、小さくなったりしたものは家で使えますし、よくなくすので常にストックしています。
    送料の関係がありますので、いつもどれを買うか悩むんですよね。

      



     





  • はてなブックマーク - 歴史あるおすすめのモノ消しゴム(トンボ MONO消しゴム)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。