ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  □車の買い替え・買取
No1出会えるサイト

自動車買取査定見積もり体験(相場チェック)

  
19年目の車を手放して中古車か新車を購入することにしたので、愛車の買取の見積もりをネットでやってみました。
19年目の車ともなれば買い取ってくれるところは皆無なのかな、やはり廃車するのに費用がかかるのかなと思ったんですが、案外そうでもない見積もり結果でした。

■楽天オート(楽天の中古車一括査定サービス)楽天の愛車一括査定!
(最大9社の無料見積り比較愛車の一括査定成約でもれなく「3,000楽天スーパーポイント」プレゼント!)

<入力内容>
郵便番号と排気量(任意)を入力
見積もり先:6社表示(住所地によって異なると思われます)
車両の概要情報(年式、走行距離、車体色、車検期限)を入力
名前、連絡先等の入力



とりあえずの概算見積もりが届きました。
19年目の車なので買取り査定がつかない可能性が高いと思っていましたが、査定額がいくらかにななるようです。
事故歴の有無や車の状態、オプション品等によりまして価格が前後するということです。

・A社:1万円から2万円
・B社:買取不能
・C社:2万円
・D者:買取不能

この見積もり結果を見て、皆さんならどう解釈しますか?


1つだけはっきりしていることは、車の査定額は基本的にゼロだということだろうなと思います。
では、いくらかの買取価格を提示しているところは、どういう意図なのかを考えてみます。
やはり、買換え客であれば中古車の販売につなげたいということではないかと思われます。
もしくは部品どりする価値があるかどうかということでしょうか。
実際の査定額は車を見てからということになります。

これが5年目の車とかでしたら、商品価値が見いだせるので、純粋に買い取りたい金額を多めに提示して、実際の車を見て査定しながら交渉するという流れになるのではないでしょうか。

ここまで読んで実際に業者に合うのはめんどうだなと思った方は、別に業者合う必要はなく、ネットでの買取価格を参考に知っておくことこそ意味があると思うんです。
業者からは電話で問い合わせがありますが、逆に聞きたいことを聞いてしまえばいいですね。
自分の愛車の「相場の参考」に自動車買取見積もりを行うのは無駄ではありません。


(関連するエントリー)トヨタカローラ新車購入の値引き額と商談値引き交渉と廃車手続き(どのくらい値引きされるのか)

①新車本体価格
②新車本体価格+様々なオプション
③新車本体価格+様々なオプション+下取り

私の場合は①だけで値引き交渉をして、オプションはほとんどつけずに、最後に③の交渉をしました。
①に比べ、②や③の方が値引き額が増えますが、逆にどこから値引きしてくれるのかの源泉がわからないようになります。
特に③の場合だと、本体価格を安くしてもらったつもりが、実は下取り価格が本来価値より安く見積もられ、その中から大幅に値引きしているように見せることも可能になります。

だからこそ自分の車の下取り価格や本来価値をあらかじめ調べておく必要があり、①→②→③もしくは②→③と段階を踏んで値引き交渉した方が良いように思います。



新車や中古車を買う時に、愛車を下取りに出すケースが多いわけですけど、自分の愛車の相場を知っておくと交渉時に役立つと思います。

  • はてなブックマーク - 自動車買取査定見積もり体験(相場チェック)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    古い中古車の査定と廃車における下取りと孫取りと買取りの違い

     
    我が家の愛車(08年製造)は、これこれ19年目を迎えようとしています。
    13年目・15年目・17年目の車検時にそれなりの修理費がかかっていました。
    18年目にもなると、車の塗装の一部が剥げはじめてきて、先日とうとうエンジンがかからなくなってしまいました。

    原因は「セルモーターの故障」でした。

    車の買い替えは常に夫婦の話題に上っていましたが、正直面倒だったのでずっと車検を通して対応してきましたが、さすがに限界かなということで、車の買い替えを勉強することにしました。





    <中古車への買い替え検討の経緯>


    周りには新車を買う人の方が多いので、前の車を下取りしてもらってという話をよく聞きます。
    よく考えて見ると私は下取りしてもらったことがないですし、新車を買ったこともありませんでした。
    大学時代に乗っていた車は、中古車で購入して、卒業時に1万円で買い取ってもらいました。
    社会人になってしばらくは車に乗っていませんでしたが、普通なら車が必要な地方都市に家を建てもしつこく車に乗らなかったので、見るに見かねてか車を貰ったのが今の車です。

    次の車を新車で買うのか、中古車で買うのかはまだ決めていませんが、まずは個人的な知り合い(正確には知りあいの知りあい)に中古車で探してもらう線から検討を始めています。
    周りの人に相談すれば、中古車より新車を勧められるばかりで参考になる人はいません。
    「長く乗るなら新車」とか「新車で価値が下がらないうちに買い替え」とかそういう考え方が染みついているんでしょう。
    それも1つの考え方ですが、新車だろうと中古車だろうと長く乗ることには変わりないので、現段階では「5年落ちくらいの車」を探してみたいと思っています。




    <中古車の下取りと孫取りと買取りの違い>


    まずは中古車の「下取り」と「孫取り」と「買取り」の違いを調べてみました。

    下取りとは、車を新車に買い換えることを条件にして、ディーラーなどにそれまで使っていた車を代金の一部として渡す(買い取ってもらう)こと
    孫取りとは、車を中古車に買い換えることを条件にして、中古車販売店などにそれまで使っていた車を代金の一部として渡す(買い取ってもらう)こと
    買取りとは、車を買取り専門業者などに売ること



    「下取り」と「孫取り」の違いは、購入する車が新車か中古車かという条件の違いになります。

    ネットでいろいろ調べてみたところの、一般論としては以下のとおりでした。

    ・人気車は、買取り業者に売って、新車は下取り無しで購入したほうが有利の場合が多い
    ・不人気車は、下取りに出す車のディーラーで新車を買う場合は下取りが有利の場合が多い
     (この場合は必然的に、今まで乗っていたメーカーの新車を買うことになる。)
    ・下取りは、純製パーツ意以外のタイヤホイールやエアロに交換していると、査定のマイナス要素になることがある
    ・下取りよりも買取り業者に販売した方が有利な場合が多い(車種、人気度による)

    買取業者が買取った車をどうするのかといえば、中古車ディーラーが参加するオークションなどに転売するのが主な目的なので人気車種や、高年式、装備がいいものなどは高額で買取ってくれる可能性があります。
    逆に言えば、不人気車や古い車は買取価格が低くなるということです。

    下取りの場合は、基本的に新車の販売が目的なので、不人気車種でもそこそこの値段で下取りしてくれる可能性があります。
    逆に言えば、人気車種でもそもそもの値引き額には限界があるため高価にはならないこともあります。
    そしてディーラーが下取した車の多くは、自社の系列中古販売点で売られることが多いため、他のメーカーの車の下取りは安くなる傾向があります。
    要するに下取り価格は、ディーラー独自の基準で判断され、市場価格はあまり反映されない可能性が高いということです。

    孫取りの場合は、取り扱っているのが中古車ですから、下取りの場合のような制約はなさそうですが、中古車として販売するのか、中古車ディーラーが参加するオークションなどに転売するのかはよくわかりませんでした。


    車の下取りや孫取りと車買取りのどれが良いかは、一概にはっきりしないところではあります。
    そもそも大事なのは、次に乗り換える車をどうするのかですから、この程度の知識を頭に入れておくくらいで良いかと思いました。





    <中古車を買う場合>


    いつも車検をお願いしている個人の知りあいと話をしていると、「車の条件(排気量、メーカー、年式など)と予算を教えてもらえば探してみますよ」ということでした。
    中古車販売店が売る車を仕入れは、「中古車ディーラーが参加するオークション」で落札してくるということでした。
    知り合いにお願いするのも、中古車販売店で買うのもこのオークションによって値段が変わってくるということです。
    つまり条件と値段を教えてくれればそのオークションで落札しますよということだと理解しています。
    ですので買いたい車の条件を決めて、中古車販売店で相場を調べて、中古車販売店の取り分をある程度引くイメージで少し安めに知り合いに依頼してみようかなと思っています。

    中古車を買うということですから、今の車は「孫取り」か「買取り」のどちらかになります。
    知り合いが孫取りをしてくれるのかどうかはわかりませんので、まずは「買取り査定」について勉強しておく必要があると思いました。
    まあ、19年目の車がまともな買取価格になっているかどうかについては、相当期待薄ですけどね。





    <ネットで買取り査定>


    ・ネットの中古車買取り査定で、何社か無料査定してもらいある程度の相場を知っておく
    ・下取り予定の場合でも、買取り査定をしておくと新車購入時の値引き交渉を有利に進められる可能性がある


    買取りの場合、市場価値の無い車は買い取ってもらえる可能性はほとんどないと見ていいと思います。
    買取不可の場合は、下取りか孫取りもしくは廃車という選択肢になりますので、まずは買取可能かどうかと、市場価値を確認するうえでとりあえず何社かの車の買取専門業者に査定をお願いしてみようと思います。


    【無料で査定してくれる車買取業者】

    ■ガリバー→≫≫買取実績NO.1 ガリバー査定【無料】
    (車買取実績ナンバー1、中古車の無料査定サービス)

    ■楽天オート→楽天の愛車一括査定!
    (最大9社の無料見積り比較愛車の一括査定でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!)

    ■カーセンサー.net→カーセンサーの【無料】愛車買取査定
    (リクルートが提供する新車、中古車情報サイト)

    ■ズバット車買取比較

    ■車買取EX
    (中古車査定会社ネットワーク14社の中から、最大8社へ無料一括査定依頼が可能)

    ■車選びcom→車選び.com【無料】一括買取査定
    (手軽に一括で全国の買取専門店に査定を依頼)

    ■廃車ドットコム
    (ディーラーや中古車販売店で下取りをお願いしても査定が付かない、事故車や不動車、過動車、低年式車なども買取)

    ■廃車らぶ→廃車手続き無料のことなら廃車らぶ
    (いらなくなった車の廃車・買取)

    ■カーリサイクルスタジオ
     
     
  • はてなブックマーク - 古い中古車の査定と廃車における下取りと孫取りと買取りの違い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード