ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  2010年02月
No1出会えるサイト

高度先進医療について

   
   
健康保険や国民健康保険などの「医療保険」では、

■差額ベット代
■高度先進医療の技術料

などは、対象外となります。


差額ベット代については、医療特約の見直し(2008)を参照いただくとして、このエントリーでは高度先進医療のことを考えてみます。


高度先進医療は、健康保険の医療保険の対象にならないために、必然的に高額療養費制度とは関係なくなる為に、大きな医療費がかかる懸念があるとされています。






<先進医療の概要>


先進医療については、厚生労働省の「先進医療の概要について」というページから引用します。


>平成22年2月1日現在で104種類(第3項先進医療技術として規定されている17種類を除く)の先進医療について、当該技術の施設の要件が設定されています。
>詳細については、下記にあります「○当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧及び先進医療を実施している医療機関の一覧等についてはこちら」を閲覧ください。

> <「先進医療に係る費用」については全額自己負担>
>先進医療を受けた時の費用は、次のように取り扱われ、患者は一般の保険診療の場合と比べて、「先進医療に係る費用」を多く負担することになります。
>1.  「先進医療に係る費用」は、患者が全額自己負担することになります。「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なります。
>2.  「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、一般の保険診療と同様に扱われます。
>つまり、一般保険診療と共通する部分は保険給付されるため、各健康保険制度における一部負担金を支払うこととなります。

>○先進医療を受けるときは
>先進医療を受ける場合であっても、病院にかかる時の手続きは一般の保険診療の場合と同じで、被保険者証(老人医療対象者は健康手帳も)を窓口に提出します。
>先進医療は、一般的な保険診療を受けるなかで、患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われることになります。



難しい所はすっ飛ばして、気になる所をあげてみます。


■「先進医療に係る費用」については全額自己負担
■「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なる
■先進医療は、一般的な保険診療を受けるなかで、患者が希望し、医師がその必要性と合理性を認めた場合に行われる


高度先進医療となると、患者の自己負担分がかなり多くなります。
いろんなサイトを見ていると、300万円くらいかかる先進医療技術もあるようです。
ですので、これを保険でカバーするというコンセプトの民間の医療保険がでているようです。


300万円もかかると言われれば、普通は焦りますよね。
これだけの御託を並べられると、やはり不安になって来る人が多いのではないでしょうか。








<保障されるのは技術料>


先進医療をカバーする特約は、月40円~110円あたりの保険料が多そうです。
保険料がそれほど高くないという売りで、この特約がつけれる保険を売るストーリーが目立ちます。
大切なのは、保障されるのは先進医療の「技術料」という点です。


先進医療費が高額になる場合がある中で、そのうち保障される技術料はどのくらいなのか。
ここがよく分かりません。
いろんなサイトを見ていても、いかにもかかった先進医療費の全部が保障される様なイメージなエントリーばかりであり、実際にこの先進医療でこれだけの保障をもらったという話が見えてきていません。


「先進医療特約」本当に必要ですか?」から気になる部分を引用させて頂くと、


>そこで、「先進医療特約」付きの医療保険が、ここ1年ほどの間に約23万件売れたある保険会社の方に、保険金の支払い状況を問い合わせてみました。すると、7月時点までの支払いは5件。そのうち「がん」に対する粒子線治療は2件ということでした。


ということのようです。


自己負担額が約300万円と紹介され、高額な先進医療費の代名詞のような「粒子線治療」の支給確率は、年間に23万人に2人ということであれば、ものすごく確率が低いですね。
確率論で不要といってしまえばそれまでです。これも1つの考えですね。


保険はそのような状況になれば困るということで考えるものとするならば、確率がきわめて低いからと言って無視するのはどうかという考え方もありそうです。



うさみみ家の場合は、そのような状況に対してのお金の備えはできているので必要性は感じていません。


では、なぜ先進医療のエントリーを書いたのか。


繰り返しになりますが、「先進医療費が高額になる場合がある中で、そのうち保障される技術料はどのくらいなのか。ここがよく分かりません。」という疑問があるからです。


1日5000円の入院保障などは、うさみみももらった経験があります。
死亡保障はもちろんもらった事はありませんが、身近な人がもらった経験を見てきています。
ですが、この先進医療特約をもらった人を知りません。


保険の不払いが社会問題になっていますが、どのような場合に保障を受けられるのかを契約者が認識していないことがいけないという側面があります。


この側面で考えると、「どのような場合に保障されるかを確認できない」ような保険をかけるべきではない。
投資で言えば分からないものに投資をしないと同じことです。
今のところいろんなサイトを探しても理解できない状況にありますので、詳しい人がいれば情報をいただければと思います。


保険の不払いが社会問題という点を別の側面から考えると、「保険商品によっては、どのような場合に支払われるかという点に保険会社の立場から逃げ道が用意されている。」という可能性も考えられます。


保険の支払いというのは医師の診断書や医療機関の領収書などが必要ですが、このプロセスの中で盲点がないかも気になります。


入院したとか、死亡したとかは分かりやすいですが、「先進医療の技術料を支払ったか」とか「そもそも技術料って先進医療の支払い総額のうちの何割なの?」というのはかなり分かりにくい感じがしますね。









■人生設計をたてるb■見出しへのリンク⇒うさみみのホームページへ









  • はてなブックマーク - 高度先進医療について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : マネー
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    保険の見直し(プロローグ)

       
    人生の3大出費は、「住宅費」、「養育費」、「老後の生活費」と言われています。
    4番目にくるのが「保険料」なんだそうです。
    そして人生で1番高い買物は「住宅」と言われていますが、2番目が「保険」なんだそうです。





    <保険は高い買い物なのか?>


    しかし、どうもこの話は違うようにも感じ始めています。
    保険にそれほどお金がかかるのかといえば、むしろ車の方が高い様な気がします。
    場合によっては通信費の方が高いかもしれません。


    この話を考えるには、貯蓄性の部分を外してという前提とさせてください。
    個人年金とか、貯蓄性のある生命保険などが入ると話がややこしくなりそうです。


    結論から言えば、保険が家の次に高い買い物なのかは、その人の環境次第です。
    共働きであれば、死亡保障は全く不要という家庭もあるようですし、むしろ遺族年金の性質から奥さんの方に死亡保障が必要な場合もあるようです。


    保険の見直しを進めて行く上で、うさみみ家のとっての答えがでてくるはずです。
    保険は高い買い物だと思いこむ事は、保険会社の戦略にはまっている可能性があります。







    <見直しの是非>


    最近は「生命保険の見直し」をされる方のブログエントリーを良く見かけます。
    実際に「生命保険の見直し」を実行された方も多いようです。
    うさみみは見直し検討をしてきましたが、まだ1度も保険の見直しを実行していません。


    世間では悪く言われている(らしい)、「定期付終身保険(医療特約付)」の保険料が、41歳の時点で約1.7倍に上がる契約になっているため、保険の見直しのための勉強とシュミレーションなどの取り組みをやってきました。


    41歳に保険料が一気にあがるから見直すというのは、実は危険な動機なのかもしれません。
    先日、保険レディが保険料が、あがるからということで見直し提案をしてきました。
    (こちらから以前に減額する方針の見積もりを依頼したのにかかわらずです。)


    保険の見直しをされ方の中には、保険レディに言われるがままに見なおした方もおられ、知らず知らずのうちに不利な保険に転換されてしまった人も多いようです。
    中にはものすごくえぐい転換をさせられ、そのことにいまだに気が付いていない人もおられるのが現状のようなのです。
    「見直し」という言葉は、響きがよく聞こえますが、見直してよくなる場合も悪くなる場合も当然あるはずですよね。


    この保険レディの見直し提案を黙って最後まで聞いてみました。
    (この点については、別のエントリーでご紹介させて頂きます。)


    聞いていると、こちらが有利な部分を説明もなしに切り崩そうとしてきた感がありました。
    (たぶん、彼女はうさみみがそのことの不利性を承知していることを理解したうえでだと思います。)

    それは保険レディのせいではなく、支店長など上司の指示ではというコメントをいただいたことがあります。
    恐らくそうでしょうね。
    妻とは切り崩すことで保険レディの成績があがるんだろうねという話になりました。


    いずれにせよ、基本的に金融機関というのは、売りたい商品を提案してきますので、こちらの立場で提案してくる事はほとんどないと考えておく方が無難です。
    これはファイナンシャルプランナーに相談する場合も同様です。
    それはファイナンシャルプランナーの中には、中立な立場ではなく、商品の売り手としてマージンを得るために活動している人もいるという事実があるからです。
    (もちろん、すべてのFPがそうであるということではありません。)


    やはり、こちらが保険見直しの方針をしっかり持つことが大切ですね。
    見直して悪くなることもあるということです。







    <加入保険の内容>



    まず、何のために保険を掛けるのかという原点ですが、

    ■自分が死んでしまった場合に、残された家族が生活していくため
    ■上記に必要な費用を保有資産や公的保証等でまかなえない分を補うため


    ということを確認しておきます。



    次に、現在加入している保険の確認です。

    <生命保険・医療特約>
    ●終身保険(主契約)200万円…60歳払込み終了
    ●定期保険特約2800万円…20年更新、60歳まで(自動更新)
    ●災害割増特約…80歳満了
    ●傷害特約…80歳満了
    ●入院特約…80歳まで
    ●医療特約…80歳まで

    保障の詳しい内容は書けませんが、41歳時点で保険料が1.7倍となりあがり、60歳までとする場合、11***×12×20年+18***×12×17年=約692万円 を支払う契約になっています。


    <個人年金保険>
    ●15年確定年金…100万円×15年(60歳から)
    11***×12×32年=約460万円 を支払う契約になっています。


    <普通養老保険:妻>
    ●普通養老保険…58歳まで
    総払い込み額より満期額の方が多い…医療保険を含む


    これだけのお金を出して保険を買ったということになります。
    住宅ローンと同じなのですが、「支払い総額で把握するべき」です。
    契約した時点でそれだけの支払いをする約束をしているわけですから。






    <みんないくら保険料を払ってる?>


    生命保険文化センターが3年に1回、「生命保険に関する全国実態調査」という調査を行っています。


    平成21年度「生命保険に関する全国実態調査」から気になるデータを引用しますと、

    ■生命保険(個人年金保険を含む)の世帯主の加入率  86.7%
    ■生命保険(個人年金保険を含む)の妻の加入率    80.2%
    ■生命保険(個人年金保険を含む)の普通死亡保険金  1,768万円
    ■生命保険(個人年金保険を含む)の普通死亡保険金    886万円
    ■個人年金保険の世界加入率             22.8%

    ■生命保険加入世帯における生命保険(個人年金保険を含む)の年間支払保険料  45.4万円
    ■個人年金保険の加入世帯における個人年金保険の年間支払保険料        18.9万円

    となっています。


       世帯年間払込保険料の推移-2



    ここで注目したいのは、年間支払保険料です。

    生命保険(個人年金保険を含む)の平均年間支払保険料が45.4万円です。
    このうち個人年金保険の平均年間支払保険料が18.9万円ですから、それ以外を生命保険と医療保険とすると平均年間支払保険料が26.5万円となります。


    支払い保険料は平成9年がピークで、当時は生命保険(個人年金保険を含む)の平均年間支払保険料が67.6万円も支払っていたんですね。


    同僚が生命保険(個人年金保険を除く)に月3万円くらい払ってるのを見て高いなと思いましたが、全国平均程度だったんですね。
    うさみみの場合は、年間約13万円なのでどうしても高く見えてしまいます。






    <保険の見直しの方向性>


    「個人年金保険」と「普通養老保険」は、払い込み額より還ってくる金額の方が多くなるので、見直す必要はないと判断しています。
    (ただし、普通養老保険については、保険部分を外せるかを考えてみる価値はありそうです。)


    インフレによる円貨幣価値の目減りはあるとしても継続しておくつもりです。
    もっと有利な投資先があるとか、保険会社が倒産するリスクがあるとかというご指摘を受ける事がありますが、資産分散という観点からも意味があると判断しています。


    うさみみ家で、保険の見直しの対象となるのは、「うさみみの生命保険と医療特約」です。


    保険の見直しの方向性としては、

    ■死亡保障額を段階的に減額する計画の立案
    ■医療特約を解約するか否かの検討
    ■障害を負った場合の考え方の整理


    と考えています。


    これまでも保険の見直しを検討してきました。
    そこでいただいたコメントを参考にしながら、いろいろ勉強してきました。
    「えっ!まだ検討しているの?」と思われた方もおられるかもしれませんね。
    いまいち踏ん切りがつかなかったのと、夫婦の合意が中途半端だったからです(笑)


    とはいえ時間を置くことで人生設計との整合性をじっくり見つめることができている感じがしてます。
    そういう意味では、時間的余裕がある人はじっくり見直すのも悪くないかもしれないですね。


    そんな中で改めて、「保障とは人生のステージ(結婚、こども、こどもの成長など)に応じてだけでなく、資産形成のステージによっても常に変化する生き物」であると感じます。
    そして、他のどの家族とも同じとはならないオリジナルな物語なんですね。
    保険の検討は、人生設計そのものであるといっても過言ではないでしょう。


    保険の見直しも人生設計と同様に、単に効率の追求だけでなく、心の部分を決して忘れてはいけないと思います。
    両者のバランスを大切にしなきゃいけないと強く感じます。









    このページは、2009年2月18日にUPしたエントリーを見直ししています。

    ■人生設計をたてるb■見出しへのリンク⇒うさみみのホームページへ


  • はてなブックマーク - 保険の見直し(プロローグ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 生命保険見直し
    ジャンル : ファイナンス

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード