ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  2013年06月
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 「退屈力」と「高度刺激社会」

    「退屈力」という言葉に引かれて、斎藤孝著「退屈力」の書評を読んでみました。

    著者によると、「退屈力」とは、外からの強烈な刺激で脳を興奮させるのではなく、刺激の少ない状況の中で、自分の脳と身体を満足させることのできる能力のことをいうようです。

    また、現在は「高度刺激社会」であり、誰もが退屈を恐れ、刺激を求め続け、また社会の側もその要請に応じて、人々を飽きさせないように次から次へと刺激を繰り出し続ける状況にあるといいます。
    これらの刺激は、始めは新鮮だった刺激もやがて慣れて、より強い刺激がないと満足できなくなるということです。

    【2008年8月11日】
    なるほどなって思いました。
    最新の流行や情報を追い求めるというのもそういうことですしょうか。
    インターネットがテレビ以上に不可欠になっていますが、より刺激を求めていると言えそうです。
    ROMしすぎて夜遅くなることもあるんだけど、よく考えると、かなり無駄な時間を過ごしていると、いつも反省してしまう。



    インターネットのROMについては、随分と時間が減ってきました。
    刺激が多すぎるからネットサーフィンを減らしたというより、時間がもったいなさすぎるということです。
    でもネットサーフィンをあまりしないということは、情報が入ってこないと落ち着かないを克服する必要があります。
    これは「退屈力」というか、どうでもいいと思えることが増えてきたということかもしれません。
    投資で言えば、日々の値動きや市場情報がどうでもよくなりました。

    インターネットを使う時間をセーブするようになると、自然と妻やこどもたちとの会話が増えますね。
    どこか刺激に取り付かれていたんだろうと思います。
    そして気付かぬうちにいろんなストレスとダメージを受けていたはずなんです。
    そんな経験から、「退屈力」と言う言葉に反応してしまったんだと思います。

    今の生活は、だいぶスローになってきています。
    刺激から身を遠ざけるのは難しいが、「急ぐことはない」ということです。
    「別にスローでいいじゃね」って感じですね。

    資産形成に関しても、以前は投資の利益が上がって計画より早く進んだら、計画の上方修正をかけていました。
    何をそう急がないといけなかったのか、今ではよく分かりません。
    だが、その罠に取り付かれている人は意外に多いんじゃないかな。

              




    このエントリーは、平成2008年8月11日にUPしたものを修正しています。
     
    スポンサーサイト
  • はてなブックマーク - 「退屈力」と「高度刺激社会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 節約・暮らしの知恵
    ジャンル : 結婚・家庭生活

    お金の防災マニュアル

     
    「お金の防災マニュアル(著者:鈴木雅光)」を読みました。
    阪神淡路大震災を経験しているので少しはお金の防災について勉強していたつもりでしたが、東日本大震災の津波被害を踏まえて考えると勉強不足だったなと反省しました。
    どんな非常事態下においても、日常の生活は送っていかなければいけないわけですので、非常事態を想定した日ごろの備えや知識は持っておいた方がいいと思います。

    大災害に直面した時に備えて、懐中電灯やラジオ、電池、数日間飢えをしのぐための水や食べ物を用意しておくのと同じように、当座を乗りきるための現金の確保や、どうやって自分の財産を守るのかということのシミュレーションが必要だということです。

            





    <電子マネーは電気があってこそ>


    普段なら、現金の代わりとなる便利なデビッドカードや電子マネーですが、震災の影響で大規模な停電が生じると全く役に立ちません。
    (中略)
    震災で大規模停電が起きてしまうと、デビッドカード端末が稼働しないだけではなく、銀行とのオンライン回線も寸断されるケースがあるので、デビッドカードのような決済機能は使えないことになります。同様にクレジットカードも使用不能になる可能性があります。
    (中略)
    電子マネーのメリットは、デビッドカードやクレジットカードと違って、店舗にある端末と銀行のシステムがつながっている必要がないということです。つまりオフラインなので、決済端末が停電などで止まってさえいなければ使えます。



    非常時には現金が一番強いということですね。
    タンス預金だと津波に流されてしう恐れもありますので、大災害への備えを考えると財布の中には当座をしのげるくらいのお金を入れておくのが望ましいんですね。




    <保険の免責事項>


    保険には免責事項という補償が受けられなくなる条件があって、生命保険では自然災害(地震、噴火、津波など)によって被保険者が死亡しても保険金がでないということになります。
    ただし例外もあるようです。

    ただし、これまで大震災などが起こった時は、免責事項はあるけれども、それを適用しないというケースがよくありました。たとえば、1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災の時もそうでした。
    今回の東北地方太平洋沖地震でも、生命保険協会は、いち早く協会に加盟している生命保険会社に、地震による免責事項を適用せず、災害関係保険金・給付金を全額支払うという方針を打ち出しました。



    阪神淡路大震災や東日本大震災では地震による免責事項が適用されませんでしたが、だからといって今後大災害で同じような措置が取られるとは限りません。
    大災害が起こったのになんちゅうことを言うんやとおしかりを受けるかもしれませんが、免責事項を適用せずに保険金を支払うというのは、本来もらえるはずの配当金がもらえなくなるなど、その保険加入者にも影響があると思われるからです。

    大きな災害は救われて、小さい災害は救われないという矛盾もありますが、このあたりは世論の声も影響するんだと思います。
    基本は、地震などの自然災害は免責事項が適用されて保険金は支払われませんよということです。

    また、火災保険では地震の被害をカバーできません。
    火災保険は損害保険であり、地震によって被った損害に対しては、免責事項が設けられていて、基本的に保険金は出ません。
    阪神淡路大震災や東日本大震災でも保険金はでていないそうです。

    じゃあ車両保険はどうなのということなのですが、これも損害保険なので、免責事項が設けられていて、基本的に保険金は出ません。
    地震でも車両保険や傷害保険の保険金が下りる特約もあるそうです。



    我が家は地震保険には入っていませんが、それは地震保険の保険料が割高だと感じるからです。
    この本でも地震保険の普及が進んでいない理由は、保障してもらえる金額に対して保険料が割高という点を挙げています。
    一言で割高といっても何に比べてなのかはわかりませんが、火災保険に比べると著しく割高だと感じます。

    地震保険は火災保険に付帯する形で加入するものなので、地震保険が気になる人は加入している火災保険の損害保険会社に問い合わせてみてください。
    地震保険の補償対象は、家屋と家財のみで、車は対象にならず、30万円以上のものも対象になりません。

    地震保険に加入したからって、同じような家が建て建てるかどうかは保険金次第です。
    幸い住宅ローンは完済していますので、もし地震で自宅が倒壊しても生活はしていけると思っています。
    万が一のことが起こっても、大損害とはいえ貯金でなんとか生きていけるのであれば、地震保険に入ることもないかなと思っています。



    <災害対策>


    ■ある程度の「現金」は常に財布に入れておこう
    ■常に「身分証明書」を持つようにしよう
    ■家族間で「財産情報」を共有しておく
    ■資産を「分散」する
    ■「海外に口座」を持つ
    ■「マイホーム」の購入は慎重に
    ■大災害の後に必ずはびこる「詐欺商法」に要注意



    大切な資産をどうやって守ればいいかについて7つの対策が挙げられています。

    「家族間で財産情報を共有しておく」というのはとても大事で、災害時だけでななく、死亡時の相続の場合でも同様です。
    家族がどんな資産を持ち、どんな保険に加入しているかを家族で共有していないと、知っている人がいなくなった時にとても困ります。
    子どもが親に財産の内容を聞くのはなんとなくはばかれ、親も自分の資産を開示することに抵抗を覚えるものなので、「家族間で財産情報を共有しておく」というのは言葉以上に難しいんです。

    我が家も子どもたちはまだ成人していないので細かいところまでは教えていません。
    だからこそ「きちっと整理してまとめておく」ことが大切なのかなと思います。
    いざという時は、「これを開けて」という風にしておく必要があるなと思いました。

    「海外に口座を持つ」については、検討したことがありましたがやめました。
    相続の時にややこしくなって子どもたちに負担を残すことになるからです。
    自分できちんと理解できそうにないものなので、海外でも口座開設はあきらめました。
    ただ娘達はそういったことに詳しくなることがあれば、是非検討してみたいとは思っています。

    「お金の防災マニュアル」は、様々な内容が書かれているので、勉強するために一度読んでみる価値があると思います。



  • はてなブックマーク - お金の防災マニュアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    ニュージーランド産のMGO400+のマヌカハニー(口コミ、効果・効能、MGO)

    ニュージーランド産100%のピュアな蜂蜜を販売している「マヌカハニー専門店 eマヌカどっとコム」で、売上NO1の商品「マヌカハニー プロポリス入りキャンディ」を試してみました。

      




    <マヌカハニーとは>


    「マヌカ」とは、ニュージーランドにのみ自生するフトモモ科の低木のことです。
    このマヌカの葉や樹皮から抽出されるオイルや蜂蜜には、特別な抗菌作用があるとされ、薬草として飲用されたり、外傷の治療薬として珍重されてきたそうです。
    マヌカの木は、春から秋にかけて白やピンクの可憐な花を咲かせ、その直径1~2cm程の小さな花から採れた蜂蜜が「マヌカハニー」ということです。

    ニュージーランドの先住民マオリ族にとって、マヌカは癒しの木・復活の木として親しまれてきました
    マヌカハニーはニュージーランドでしか摂れません。

    ハチミツは、生体内で発生する過酸化水素に由来する抗菌作用を持っていますが、その抗菌効力は千差万別です。
    マヌカハニーには、特別に強い抗菌力があることがわかっており、抗菌作用が検査されています。

    「マヌカハニー プロポリス入りキャンディ」には「MGO400+」という抗菌作用のレベルの表示があります。
    メチルグリオキサ-ル(MGO)目安表です。をまとめました。
    UMFとも対比しています。

    のど飴ー4

    「MGO400+」は、人の持っている消化作用に役立つ良好なMGO抗菌活性レベルということです。
    この強い抗菌作用は、一般のハチミツにある過酸化水素とは別の食物メチルグリオキサ-ルという「もう1つの抗菌成分」が含まれているからなんだそうです。




    <マヌカハニーの口コミ、効果・効能>


    「マヌカハニー プロポリス入りキャンディ(NANUKA HONEY SUCKLES)」の匂いは、ハッカにようなにおいがします。
    蜂蜜の甘さを期待してしまいますが、実際にキャンディをなめてみると、舌がビリビリします。

      

    「マヌカハニー プロポリス入りキャンディ」は、ニュージジーランドのBIO30TMプロポリスとMGO+のマヌカハニーを使ったのど飴ということで、のど飴ならばこの舌のビリビリもなんとなく納得してしまいます。
    正直、おいしいとはいえません。
    どちらかといえば薬のような味わいです。
    子どもには無理かなと思います。
    蜂蜜の甘さはほとんど感じないので、甘いものが好きではない人にはいいのかもしれません。

    この舌がビリビリして漢方のような味わいは、プロポリスによるものなんだそうです。
    喉がイガイガする時になめてみると、喉がスーっと楽になります。
    濃厚な味わいは、濃厚な成分によるものかなと感じるので、効果がありそうな予感というのかな、のどにとても良いという印象を持てます。
    ひょっとして眠気覚ましにいいかも。

    強う抗菌作用があるので、風邪やインフルエンザが流行っている時期の人混みの中で、予防に使えると思います。
    もちろん、のどが痛い、イガイガする時には、のど飴としてなめるととても楽になります。
    値段がちょっと高いですが、賞味期限が2年以上あるので、大事になめるようにします。
    とても濃厚なので自然食品の割には賞味期限も長いのかもしれません。

    マヌカハニー公式サイトへマヌカハニー プロポリス入りキャンディについて



    マヌカハニー専門店には、「マヌカハニー プロポリス入りキャンディ」以外にも、いろんな食品があります。

    潤い&抗菌する洗顔ソープ「マヌカハニーSPソープ」は、マヌカハニーの抗菌力に着目した手作り石鹸です。
    手作業で数か月も乾燥させ、3.5%以上のマヌカハニーが含まれています。
    なかなか楽しみな石鹸ですね。


    興味がある方は、eマヌカどっとコム公式ページをのぞいてみてください。


    マヌカハニー専門店 eマヌカどっとコムhttp://e-manuka.com/


    マヌカハニー専門店 eマヌカどっとコム



    [あり]
  • はてなブックマーク - ニュージーランド産のMGO400+のマヌカハニー(口コミ、効果・効能、MGO)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    10代からの子育てハッピーアドバイス(オトコの子育て、疲れた時に)

         
    「10代からの子育てハッピーアドバイス 明橋 大二 著」を読みました。
    イラストというか、漫画付きで楽しい本でした。
     



    <10代の子どもに接する10カ条>

    <10代の子どもに接する10カ条>
    ■子どもを大人の力で変えようとする思いは捨てて、肩の力を抜こう。
    ■「どうして○○しないのか」という子どもへの不平不満を捨てよう。
    ■今、現にある子どものよさ、子どもなりのがんばりを認めよう。
    ■子どもへの、指示、命令、干渉をやめよう。
    ■子どもから話してきたときは、忙しくても、しっかり聞こう。
    ■子どもとの約束は守ろう。
    ■子どもに本当に悪い事をしたときは、率直に謝ろう。
    ■威嚇や暴言、体罰で、子どもを動かそうという思いを捨てよう。
    ■本当に心配なことは、きちんと向き合って、しっかり注意しよう。
    ■子どもに、なるべく、「ありがとう」と言おう。


    10代の子どもと向き合うための10のヒントです。
    実際、子どもと接する時に大切かもって感じることがいくつかあります。
    3年ほど前にこの10のヒントに出会いましたが、結構意識して取り組んできました。

    「子どもから話してきたときは、忙しくても、しっかり聞こう。」が一番ネックでしたが、少しはできるようになりました。



    <甘えと反抗と依存と自立>

    ■10代になって、いろいろと心配な行動や症状を出してくる子どもの話を、じっくり聞いていると、最後に必ず、出てくるのはこの自己評価の低さです。
    ■甘えない人が自立するのではなく、甘えた人が自立するのです。 


    この本の中で一番感銘を受けたのが、「甘えた人が自立する」ということです。
    「子どもの心は、依存と自立を繰り返して大きくなる」ということですが、子育てをしているとそう感じる事があるわけです。

    「自立」させることを意識すればするほど、どう向き合うという方法論が気になるんですが、反抗と依存を繰り返していて、結構周期的なものなんだなと気が付いた時、反抗しても戻って来る瞬間があるということに気が付きました。
    であれば、寄って来た時が大事だと感じました。

    こちらから近づこうとすると離れていくんです。
    それはさみしさを感じますが、観察していると「本気でイヤ」なようです。
    「嫌い、ウザイ」と言って離れて行ったと思ったら、違う日には何事もなかったように話しかけてきます。
    だんだん、この周期が長くなっていくのが思春期なんでしょう。
    追いかけずに「見守り」そして、寄って来る時に「受けとめてみる」を基本にやるようになりました。

    「自立」させるためには突き放すという人もいますが、それでは交流はゼロになってしまいます。
    普段、ウザイ存在のはずの父親に寄って来る時は、何かを求めているはずだと感じます。
    この本で、「甘えた人が自立する」と書かれているのを見て、これが答えなのかと感じました。

    子どもが10代になると、甘えと反抗のいったりきたりが、とても激しくなる。


    「甘え」も「反抗」も同じ娘なんですよね。
    「反抗が自立への扉」で、「甘えが自分の居場所の確認」なのかなと思っています。

    10歳を過ぎると、たとえ不安になっても、もう親には甘えられない。という気持ちが強くなります。その時に依存するのが友達です。(中略)こういう意味で、10代には友達関係が、心の成長にとって、いかに重要かということが分かると思います。


    娘たちは友達には恵まれているようで、親としてホッとしています。
    いくつも心配な出来事がありましたが、それなりに対処してきたみたいです。

    この話で思い出すのは、みみ姫の中学生の入学式の時に、先生が親達に「手伝うのではなく見守って欲しい」と訴えてました。
    「自立」するのにとても大事な時期を親が邪魔するなという風に理解しました。
    きっと友達との付き合い方も、自分で考えてやらせろってことなんでしょうね。

    思春期から青年期に向かうにつれて、依存関係は、友達へ、そして異性へと向かって行きます。その中で、こどもはさまざまに裏切られ、傷つきます。そんなときに帰ってくるのは、やはり家であり、親です。


    3年ほど前は、「友達はともかく、異性なんてことになると、正気でいられるかどうか…。」と書いていましたが、今はいい恋をしてくれたらいいなと思います。
    彼氏ができればできたで嫉妬するでしょうけど、ここ3年でそれもうれしいことなんじゃないかとも感じられるようになってきています。

    ところが、肝心なときに、親に拒否されたり、無視されたりすると、子どもは、「親に何を言ってもしかたがない」と思ってしまいます。特に、10代の子どもには、敗者復活戦はありません。いったん、大きく信用を失ったら、もう子どもは、親をあてにしなくなります。そうすると、本当に困った時でも、親に相談してこなくなります。私のところに相談に来る子どもに、「親に話したの?」と聞くと、「どうせ親に話してもムダだから」という子が多いのです。


    「10代の子どもには、敗者復活戦はありません」ということみたいです。
    これ多少思い当たることもありました。
    少なからず「どうせ親に話してもムダだから」という部分もできてきているように感じます。
     



    <いじめ>

    われわれは、子どもが「いじめられている」と相談してきたとき、ショックを受けます。そして、感情的になり、ついつい、「そんなのに負けちゃだめだ」とか、「やりかえせ」とか言っていまいます。(中略)そうできないから子どもは悩んでいるのであって、それなのに「もっと強くなれ」「言い返せ」と言い続けると、子どもは、結局、強くなれない自分が悪いんだ、言い返せない自分が悪いんだ、と思っていまいます。
     ただでさえ、いじめられる自分が情けない、弱い、自分がヘンなんだ、と自己否定している子どもたちです。それなのにありったけの勇気を出して親に相談しても、自分が悪いように言われたら、もうそれ以上相談できなくなります。


    「やっぱりいじめられる自分が悪いんだ」と「いじめるほうがおかしい」とどちらに子どもが感じるかは大きな分かれ目なようです。
    後者を子どもが当然理解していると思いこんでしまうと、危険なんですね。
    そうなんだ、子どもは自己否定状態であることを理解した上で受けとめてやる必要があるんだなと思いました。

    学校に行けなくなった、というのも、子どもの心の疲れが、ある限度を超えてしまったために、心のサーモスタットが作動して、学校へ行けないようにしているのです。それによって、それ以上、心が壊れているのを防いでいるのです。


    医学的には、心身過労状態にあるのに、一種のマヒ状態で学校に行き続けることの方が、医学的には心配ということのようです。

    先日、同じ年の娘を持つ同僚から話しかけられました。
    「実は、子どもが学校にいくと出かけて、サボってたんだよね。それで学校休むなら休むで言っておいてほしいし、連絡なしに休んだことを起こったんだよね。週1回くらい休むんだけど、あとの週4日は普通に通ったりしててね。もっと起こるべきなのかな。」という話です。
    親としてどうしたらいいのか悩ましいですよね。

    「うちの娘も先日部活でなんかあったみたいで、しんどいからって部活を1日休んだよ。前日に相当愚痴ってたから、仮病かなとは思ったんだけど休ましたよ。」
    「無断欠席は起こるべきだけど、無理に学校行かせるのは逆効果だと思うし、なにかあるんだろうけど分からない以上それでいいんじゃなかな。大人でも行きたくない時あるんだし。」

    同僚も先生には言ってあるし、今は様子をみていくということでした。
    どう対処すべきか難しいなと思います。

    同僚の娘さんのケースは、週1回程度の不登校ですので、学校内の何かが原因じゃないかなと思いますが、完全不登校は家庭内のコミュニケーションが上手く言っていない反応として出てくる事があるようです。

    子どもが、大人にとって都合のよい行動をしているときには、子どもを信じることは、そんなに難しい事ではありません。ところが、子どもが、大人にとって都合の悪い行動をしたとき、それでも信じることは、なかなか難しいのです。たとえ子どもが心配な行動や症状を出してきたとしても、何の理由もなしに、この子がこんなことをするはずがない、この子がこんなことをするのは、絶対にそれだけの理由があるはずだ。と信じるということです。
     これは子どもがウソをつかないということとは違います。そういうときも、ウソをつくにはそれだけの理由がある、と信じる、ということなのです。


    ここまで子どもを信じられるかどうか。
    なにかあったときに娘に「お前を信じている」と何回か行ったことがあるけど、単にかっこつけていっただけかもしれません。
    今は、幸いにも子どもが信じられないと思ったことはありません。

    こどもがいじめの被害をうけないために親として気をつけるべきこと
    ■ふだんから、子どもの自己評価を高めるような関わりをする。
    ■何でも親に言える関係を作っておく。
    ■そのためには、子どもの話を聞き、子どもなりの努力を認め、信頼関係を築いておく。
    ■注意や叱責の繰り返しは、ある程度の信頼関係を築いたうえでないと、効果がないばかりか、逆にコミュニケーションを断絶させる危険があることを知る。
    ■もし子どもが何かを相談してきたり、相談したそうなそぶりを見せたりしたときは、時をおかず、しっかり話を聞く。


    こういうことは知っておくほうがいいと思いますが、実際のとこどうしたらいいのかな。

    【今の私にできそうなこと】
    ■子どもを信じて「見守る」
    ■子どもが寄ってきた時(=甘えてきた時)に「しっかり話を聞き(=否定せずに)」そして受けとめる。
    ■そして、親としての正直な思いを子どもに伝える。
    ■子どもの「心」を考える
    ■家を子どもがほっとできる(=安心できる)場所にする。

    これからもこれらを意識していきたいと思います。

    都合のいい時だけ頼ってくる、と言いますが、子どもはつらいからこそ、最後は親に頼ってくるのです。断絶しかけたコミュニケーションを回復するには、そのように頼ってくる、わずかな甘えを、大切に育てていくのが、ポイントです。


    子どもが思春期になると、「自立」を意識してしまいます。
    この本を読んできっとそうだと思ったのは、「自立」と「甘え」は違うのではなく、「甘え」をいかに受けとめられるかが親として意識改革を求められていることではないのかという事です。

    最後に帰って来るところが親であるなら、この家に居場所があるという事が大切なんだと思います。
    自分の居場所がないなんて大人でも耐えられません。
    ひょっとしたら、親が幸せを感じるということが、一番なのかもしれませんね。
      
             



      

    このエントリーは、2010年4月13日にUPしたものを修正しています。
      
    「子育て」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

     
  • はてなブックマーク - 10代からの子育てハッピーアドバイス(オトコの子育て、疲れた時に)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : パパ育児日記。
    ジャンル : 育児

    浅草アートブラシ社かんたん毛玉取りブラシ&洋服ブラシセット(アマゾン)

     
    東京・浅草で創業80周年を迎えた老舗メーカー「浅草アートブラシ社」が製造している「かんたん毛玉取りブラシ」は、記事の表面を軽く縫い目に沿ってサッとなぞるだけのブラッシング感覚で衣類の毛玉を取り除くことができると評判になっていて、発売以来累計出荷本数が25万本を突破する人気商品です。

    さっとなぞるだけで毛玉が取れる理由は、「かんたん毛玉取りブラシ」は天然木に猪毛を植毛していて、その毛先の1本1本をT字型に潰していて、このT字部分で毛玉を引っ掛けるようにして取っているとのことです。
    毛玉を引っ掛けて取ると聞くと生地を傷めないかが心配になりますが、毛先をT字型にした上で短い毛と長い毛の2種類を使うことでさらにとりやすく、生地を傷めにくくなったということのようです。

    専用ブラシクリーナで「かんたん毛玉取りブラシ」にたまった毛くずを、かき出すようにこすり取れば簡単に取れるそうです。

    ■「かんたん毛玉取りブラシ」
    ・サイズ:全長21×幅5.5×高さ2.5cm
    ・材質:持ち手-天然木、毛-猪毛

    ■「仕上げ用服ブラシ」
    ・サイズ:全長21×幅5.5×高さ5cm
    ・材質:持ち手-天然木、毛-馬毛

    ■専用ブラシクリーナー



    「かんたん毛玉取りブラシ」と「仕上げブラシセット」、「専用ブラシクリーナー」がついた3点セットや「かんたん毛玉取りブラシ」と「専用ブラシクリーナー」の2点セットです。

         


    「アートブラシ社」の職人さんの手によって、丹念に作られている上に、1本1本天然の猪の毛なので衣類にやさしく素材を傷めないことからかなりの人気商品になっています。

    またお手軽に使える「プチ・かんたん毛玉取りブラシ」もあります。

    ■サイズ: 径約3.9×高さ3.2cm、毛長/7mm
    ■材質: 毛-猪毛(中国産)、持ち手-楓(国産)
    付属品: 紐

          





    [あり]
  • はてなブックマーク - 浅草アートブラシ社かんたん毛玉取りブラシ&洋服ブラシセット(アマゾン)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    激安価格のプラチナ電子ローラーReFa CARAT(リファカラット)PEC-L1706(アマゾン、楽天市場比較)

     
    amazonベストセラーのフェイスローラ部門で1位、楽天ランキングでも美容機器・脱毛部門での上位に入っている商品「プラチナ電子ローラーReFa CARAT(リファカラット)PEC-L1706」は、偽造品が出回るほどの人気商品です。
    ローリングした時にかなりつまみあげられる感じがあるそうですね。

    ・深く、つまみあげるシャープな動きで、素肌を美しく引き締める。
    ・プロのエステティシャンが行う『つまみ流す』動き(ニーディング)の複雑な動きを再現する360°マルチアングル構造
    ・ReFaはソーラーパネルから光を取り込むことにより、人の肌にもともと流れている電流に極めて近い「マイクロカレント」を発生(この電流は健康的で美しい肌を守るためのひとつの要素ともいわれている。)
    ・フェイスもボディもこれひとつで全身ケア
    ・「挟む」「しぼる」「流す」などの複雑な動作がこれひとつでできる
    ・肌との接触面を十分確保するダブルドレナージュローラー

    【プラチナ電子ローラーReFa CARAT(リファカラット)PEC-L1706仕様】
    サイズ:縦14.9×横9.2×高さ6.1cmABS樹脂、真ちゅう、アクリル、シリコンゴム、エラストマー、ステンレス、ナイロン□付属品=ガイドブック、ポーチ、クリーンクロス
    重量:約190g
    材質:ABS樹脂、真ちゅう、アクリル、シリコンゴム、エラストマー、ステンレス、ナイロン
    セット内容:本体、専用ポーチ、クリーンクロス、ガイドブック、化粧箱




    商品単価が高いこともありアマゾンでは値段が変動するようですが、基本的に楽天市場よりアマゾンの方が激安なようです。







    [あり]
     
  • はてなブックマーク - 激安価格のプラチナ電子ローラーReFa CARAT(リファカラット)PEC-L1706(アマゾン、楽天市場比較)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。