ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  2013年09月
No1出会えるサイト

授業が身につくノート術(NHKテストの花道、benbuノート)


娘の高校受験の時もお世話になったNHKのテストの花道は、毎週録画して保存しています。
大学受験を目指す高校生を応援する番組ですけど、別に高校生でなければ意味がないという番組ではなく、中学生でも充分ためになるし、社会人でもためになる番組なので面白いです。
これまでの放送の中でも特に注目すべきなのが「授業が身につくノート術」です。




<黒板の板書だけではダメ>


1年の最初に「授業が身につくノート術」を知っておくといいなと思いました。
ノートづくりは授業を理解するための要の道具で、重要なポイントを復習できるようにするのに工夫することで、すごく有効な道具になります。
社会人にとっても、相手の「話の流れや要点をメモする手帳術」にもつながっていくと思います。

ノートを板書するだけでも大変だったり、きれいに板書しただけで覚えた気になったりに陥っているケースも多いのかもしれません。
【花道ノートの基本:どんな教科にも応用できるノート術】
・「とにかくメモ!」黒板に書いたことだけでなく、話したことをできるだけ書きとめる。
・「マーキング」色や記号を使いノートを見返したとき、授業を思い出す手がかりを残す。
・「右側を空けて復習ページに」授業のあとに内容を忘れないようにするため空けておこう。
・「ノートでの復習方法」授業の流れを再現、教科書などで調べた情報を加える


そうしたらいいってのは分かっていても、なかなかできないんですよね。
・ノートのところどころによくわからない部分がある
 ⇒話を聞く時に大事なポイントがわからない(ポイントを聞き流したままメモを取ったので内容が思いだせない)
・聞き逃すまいと必死で(下を向いて)ノートを取ったが、そっちばかり気を取られて番書がすごく進んでいた
 ⇒書くスピードが間に合わなかった

実際のところ大きな2つの課題があるということです。

■話を聞くときに大事なポイントがわからない
■書くスピードが間に合わない

話を聞きながら同時に書くには一体どうしたらいいんでしょうか。
これって社会人になっても大事ですよ。
聞いている時は理解したつもりでも、数時間後に忘れてしまうと取り返しがつかないですよね。
相手(上司、部下、クライアント、ライバル会社)が言った事をあとで自分の中で再現できるかというスキルは、実践的にとても本当に大事ですから。





<ノートが上達する3つの種>


授業を聞く時のポイントとして、先生が伝えたい重要なポイントを見極める必要があります。
先生の話を聞きながらノートをとるという忙しい中でどこに着目していけばいいのでしょうか。

【ノートが上達する3つの種】
■聞く種「接続詞」
■書く種「省略」
■楽する種


ノートが上達する3つの種の1つ目は、聞く種「接続詞」のようです。
「接続詞」に着目すると、次にどんな話となるのかが予測できるので、授業を把握しやすくなります。
「まず次に=順番」、「たとえば=例」、「しかし=逆接」、「さて=話題転換」などを参考にします。

先生が「つまり」という言葉を使った場合、「これから言い換えますよ」「結局こういうことですよ」ということなので、わざわざ言い換えるほど重要なポイントなんだと聞く耳をたてておくのがいいかもしれません。
「何度も繰り返して話すところ」や「身ぶり手ぶりと合わせて強調するところ」は先生が伝えたい重要ポイントであることが多いので、接続詞に着目する事で何が重要なのかを見つけるポイントになということです。
要するにどうしても伝えたいところなのです。

では、花道の先輩は先生の話のどこに注目していたのでしょうか。

・(世界史の)先生が面白そうにエピソードを語る時に大事な事を言ってる事がある。
・「まじめな話~」、「要は~」とかある先生の口癖のあとに重要なポイントくることを把握しておく。
・先生が「これどう思う?」という話をすると、考えて欲しいことなので重要なんだと考えていた。


ノートが上達する3つの種の2つ目は、書く種「省略」のようです。
番組では速記のことを紹介していましたが、これは決して速記を覚えて使えというわけではなく「決まったルールで簡略化する事で速くかつ(自分が分かるように)正確に書きとる事ができる」を活用しなさいと言う事です。


板書や先生の話すことをノートにまとめるには、短時間で早く書くための工夫をしていくということですが、その省略例として、「画数の多い漢字はひらがなやカタカナに変える」、「時間がかかる言葉は文字数を減らす」、「記号を取り入れてみる」が挙げられています。

省略しすぎると後でノート見返す時に分からなくなってしまうので、後で見た時に紛らわしくならないような自分なりのルールを決めて省略することが大事です。
これ、社会人でも同じなんです。
こうしてメモを取って、最後に「○○でよろしいですね」と確認すると安心感が増し信頼度が上がりますよね。

では、花道の先輩は先生は、どういう風に省略していたのでしょうか。

・先生が言っているエピソードは、教科書や資料集に意外に書かれているので、いちいちノートに書かなくてもページ数をメモしておけばよい。(例:教p25、参p12)
・大事な所にはマークをつける
:ノートは箇条書きが好きだったので、前に打つ点「・、○、◎」の大きさや色を変えて重要度をあらわしていた。


自分流の省略方法を考えて、授業中の大事なポイントを書きもらさないようにしたいものですね。





<「楽する種」それは予習>


ノートが上達する3つの種の最後はなんと「楽する種」なのに「予習」でした。
「楽する種なのに予習」
予習と聞けば、「しんどい、めんどう、そんな時間がない…」と思っちゃいます。

社会人になれば予習の重要性が大事なのは分かりますよね。
事前リサーチとか過去の資料にサッと目を通しておくとか、過去の資料から全体の流れをつかんでおくとか普通はやります。
でも、最近ではそういう習慣がない人が増えていて、困ったちゃんが多いです。

何も知らないのが当然で、何もしない状態で1から10まで教えてくれないとできませんという社会人が急速に増えています。
「去年の資料ありますか?」から入る人は、上司からも信頼印がもらえます。
同じ1から勉強して仕事を始めるのでも、自分でできるところまでは自分でやろうという姿勢の人と、分からないから教えてもらって当然(←本人はそう思っていないが周りにそう見える)という姿勢の人の違いです。

今回のテストの花道でいう「予習」というのは、確かにめんどうなんですけど、実は「本番=授業」で楽するためのひと手間なんです。
だから、別に事前に全部完璧に理解しておくということではなく、分からないまでも少し頭に入れておくと授業(上司や先輩からのレクチャー)の理解度が格段に違ってくるということです。

【テストの花道流:簡単予習法】・机に向かっての長時間の予習ではなく、「空いた時間に教科書を読むだけ」
・ポイントは自分が「知らない」「分からない」を確認しておくことで、その上で授業を受ければ理解が深まる

【花道の先輩の予習とは】
・(社会)授業前に時代や人について3分程度確認しておく⇒集中して聞くところにメリハリをつけて授業が聞けた
・(古文・漢文)前回の授業で何をやっていたかをチェックしてから次の授業をうける⇒どこが大事なポイントでどこまで話がきてるかわかった上で聞ける。復習が予習にもなる。
・(暗記系科目)予習していないと授業中に書く量が増える⇒予習しておくとこの辺は後で見ればいいポイントがわかる。


予習と聞くとガッツリやらないといけないというイメージになっちゃいますけど、ドラマの前回のあらすじと次回の予告と同じように、「本番=授業(仕事)」の理解を深めるために、ひと手間だけ準備しておくという習慣を身につけることが大事なんですね。

これは社会に出てからも通用します。
ひと手間かけると言う事は、本番に備えると言う前向きさが必要です。
教えられるだけ学生時代を過ごしてきた人は、そうして前向きに自分でひと手間かけることを習慣にしている人に比べて、どんどん遅れを取る傾向にあります。
社会人になれば授業ではなく仕事なのですから、決して教えてくれるのが当たり前ではないので、それでも教えてもらわないとできないことはあるわけですから、今回の予習のような習慣は持っておいた方がいいと思います。
めんどうですけど、結果的にそれが楽になるんですよね。

さて、ここまでは「前妻」あっ違った、「前菜」のようなものなんだそうです。
まだ、メインが用意されているとのこと。
その納得のメインの一品とは? 楽しみですね。




<花道の先輩のノート>


花道の先輩が、BENBU部員と同じ授業を受けてとったノートがメインデッシュでした。
さらに上をいくテクニックとして、自分にぴったりのオリジナルノート術ということです。

■心配性のキミにおすすめ!⇒「備えて安心型」
 (ノートの構成)
 ・ノートの中央に板書、空いたスペースはメモをとれるようにレイアウト
 ・赤と黒の2色使いでシンプルに書く
 (ノート術のポイント)
 ・予習(教科書を読み全体的な流れを確認。わからない語句をチェックして事前に調べておく。)
 ・とにかくメモ(見直したときのことを考え、授業中はとにかくメモに徹する)
 ・板書とメモの関連付け(やじるしやふきだしをつけて関連付けをすることで、授業の流れが再現しやすい。)

■感覚派のキミにおすすめ!⇒「ビジュアル型」
 (ノートの構成)
 ・左側に板書、先生の話や疑問点などすべて書き、右側は空白にしておく。
 (ノート術のポイント)
 ・英語を使ってマーキング(別に英語でなくてもなんでもよい)
 ・歴史や地理の授業では、白地図を用意しておいてそれに書きこむ⇒ビジュアルで記憶できるように
  (図を書いたりして頭の中でイメージしやすくする⇒復習で地図を新たに書きなおす)

■感情移入タイプのキミにおすすめ!⇒「授業体感型」
 (ノートの構成)
 ・ノートはオーソドックスに左、右と使っていくが、板書はメモのスペースを充分に空けておく。
 ・使う色は3色(板書は黒と青を使い、先生が話していたことや、自分の考えたことは赤を使用)
 (ノート術のポイント)
 ・板書に書いてある事実と事実の因果関係を重視する。
   (なぜそれが起きたのかという因果関係を書くことで、覚えやすくなる。)
 ・「~じゃん!」「え!?」などのように口語体で思いのままに書く
   (授業中に感じたままにノートに書き留めておけば、見直したときにも授業の臨場感が再現できる)


みなさんはどのタイプですか?

私は「授業体感型」と「ビジュアル型」の混合と言う感じですね。
ノートをよくまとめなおしていました。
まとめるということですから、全部を書くというのではなくポイントを絞って、時系列や因果関係が分かるように囲い線や矢印を駆使していました。

そういう意味では「授業体感型」を基本にして、「ビジュアル化」して記憶を定着させる復習重視型ですね。
復習重視ということは、見直すことを前提としたノート作りをしていたということですね。
社会人になってもその習慣は抜けてないし、とても役立ちます。

ですのでまず全体を把握しようとする傾向があります。
だから全体を知ろうとしないのに1つ1つ細かく聞いてくるタイプの人は苦手です。
本当にこいつの頭の中で因果関係がつながっているんだろうかと常に心配しながら話さなければいけないからです。

世の中に出れば、いろんな角度から物事を見ていかないと全体像が見えないことがたくさんあります。
記憶を定着させることとは異なるスキルが求められてきます。
ですので、授業を受ける時のノート術というのは大人になっても大事で、自分なりに分かるノートが作れることが大切です。
自分でどういう風なノートにするのがあっているのかを「自分で考えて作っていく」ということが大事だと私は思います。
 
【ノート術は社会でも大活躍!】
情報を整理するためのノート術:地下鉄の乗り換え案内作成
 ・とにかくメモ(構内の位置関係を把握するためにあらゆる情報をノートに書き込んだ)
 ・マーキング(乗り換え時に重要な階段やエスカレーターなどは色をつけて目立つようにした)
 ・省略(エレベーター、電話ボックス、コインロッカーなど記号を使い見やすくした)
⇒情報をビジュアル化してまとめた結果、乗り換え便利マップが完成し、東京の地下鉄285の全ての駅に張られている。


「ノート術は社会でも大活躍」している好例ですね。
よく考えると「ノート術」といのは、情報を整理して自分に伝えるためのもので、更には相手に伝えるためのものに進化できるんですね。
個性の異なる不特定多数の人に伝えるのは、なかなか大変ですけど、仕事って多かれ少なかれそういうことって多いし、そういうスキルって将来生きてくると思います。
 
 




  

このエントリーは、2012年4月15日にUPしたものを修正しています。
  • はてなブックマーク - 授業が身につくノート術(NHKテストの花道、benbuノート)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    収入減から家計を守る「妻の働き方宣言」(主婦の働き方、パートの働き方、女性の働き方)

     
    『収入減から家計を守る「妻の働き方宣言」(著者:畠中雅子、光田洋子)』を読みました
    この本は、妻が働くことを前向きにとらえ、妻の働きが家計にとって、どんなプラスの効果があるのかを強く主張していて、働こうか、働くのはもう少し先にしようかと働くことを前提に悩んでいる女性の背中をちょっと押してあげられるような情報にあふれていました。




    <働く主婦の年収100万の壁、103万円の壁、130万円の壁、141万円の壁>


    働く主婦という表現が適切かどうか分かりませんが、妻の年収によって夫婦の税金・社会保険はかわってきます。一番有名なのは、103万円の壁と130万円の壁ですよね
    あと、100万円の壁や141万円の壁、そして副収入やフリーランスの場合は20万円の壁や38万円の壁があります。
    簡単におさらいしておきます。(2013年2月現在の税制に基づいています)

    ■100万円の壁(妻の年収が100万円以下の場合)
     妻の住民税(所得割)が課税されない
    ■103万円の壁(妻の年収が103万円以下の場合)
     妻の所得税が課税されない
     夫の所得税で配偶者控除が一律38万円受けられる
     夫の住民税で配偶者控除が一律33万円受けられる
    ■130万円の壁(妻の年収が130万円以下の場合)
     会社員・公務員の妻は社会保険料の自己負担がない
    ■141万円の壁(妻の年収が141万円以下の場合)
     夫の所得税で配偶者特別控除が受けられるが、控除額は妻の年収によって38~3万円
     夫の住民税で配偶者特別控除が受けられるが、控除額は妻の年収によって33~3万円
    ※配偶者特別控除は、夫の合計所得が1000万円(給与年額では約1,231万円)を超える年は受けられない。

    我が家でもこれらの壁を意識しているんですけど、この本では、長い目で見ればいろいろメリットがある「年収160万円」を目指せと背中を押しています。

    ここでなぜ年収160万円という数字がでてくるかといえば、最も重要な壁である「年収130万円の壁」が大きく関係しています。
    「年収130万円の壁」を超えると社会保険料の負担があがるので、年収130万円をちょっと超えたくらいだと夫婦合わせた手取り額では働き損になってしまいます。
    妻は健康保険や公的年金の保険料を支払いなど年間20万円位の支払いになるので、130+20を少し超えた年収160万円くらい稼がないともったいないという視点です。

    自分で払う税金の他に、夫が話で増える税金にも注意が必要なんですね。





    <フリーランスの税金の非課税ライン>


    年収100万の壁、103万円の壁、130万円の壁、141万円の壁というのは、パートやアルバイトといった給与所得についての壁ですが、フリーランス(個人事業主)という働き方もありますよね。

    フリーランスの場合の税金は、収入から仕事にかかった経費や社会保険料(国民年金や国民年金基金、国民健康保険の保険料など)、生命保険料控除などの各種控除を引いて、38万円を超えていたらかかります。非課税ラインは、勤め人の場合と異なることに注意が必要です。
     非課税ラインを越えたら、自分で確定申告して、税金を納めることになります。所得税は38万円の基礎控除を超える課税所得に応じた税率(5%や10%が一般的)を掛けて、所得税額を算出します。



    「妻の収入は103万円以下であれば、税金はかからないはず。だから私には、確定申告なんて関係ないわ」と言って、確定申告しないままの妻フリーランスもいると書かれていました。
    パートやアルバイトなどの給与所得の税金は、いろいろ勉強できるサイトがありますけど、フリーランスはあまりありませんもんね。

    フリーランスの場合、控除を増やすために青色申告するなどいろいろ工夫できるようです。
    私も「日本一かんたん!フリーのための確定申告ガイド」をはじめて読んだときにこういう世界があるんだと気づかされました。

            




    <私立中学に突き進むメカニズム>


    畠中雅子さんといえば、やはり教育費のかけ過ぎに警笛をならすというイメージがありました。
    やはりこの本でも書かれていましたよ。
    我が家は公立中学派ですので、特に私立中学のことが興味深かったです。大変みたいです。

     夫の年収600万円くらいの家庭で、お子さん2人を中学から私立校に進学させるケースが増えています。年収600万円という水準は、地元の公立中学に進学すれば、平均より高い金額だと思いますが、私立中学では下位層に属するのが一般的。
     お子さんを私立中学に進学するまでは、自分の家の収入が「平均以下」だと感じたことがなかったはずですから、入学後は金銭面で窮屈な思いをする可能性もすくなくないでしょう。



    中学受験と言えばすぐに教育ママが頭に浮かんでしまいますが、軽い気持ちで進学塾に通い始めて、子どもの間でライバル意識が芽生えて中学受験を言い出す子どもの例が紹介されていました。
    上の子を私立中学に行かせると、下の子の時にダメだとは言いにくくなるので、その時に後悔する人が多いんだとか。

    中学受験のきっかけは、「通い始めた塾代の負担が軽かった」とか「ママ友に誘われて進学塾に入れた」というケースが多くなってきているんだそうです。
    特に、中学受験に熱心な地域だとそういう傾向が強まるみたいです。

    我が家の場合は、小学校の間は塾に行かせていなかったし、中学校は通信教育だったので、他の子どもの影響はなくマイペースだったこともありそうした傾向は知りませんでしたが、巷ではそういうことがあるところもあるんだなと思いました。

    私立中学進学にはお金だけでは割り切れないいろんなメリットがあるし、お金だけで判断すべきものではありませんけど、この本に書かれているように、年収600万円クラスでも私立中学2人は大変厳しいようです。
    私立中学なんて年収1000万円クラスがいくところというイメージを持っていたので、我が家では選択肢には入ってなかったのですが、私立中学の魅力を語る方と話しているとすごいなと思うことが多いです。

     家計のやりくりが厳しい中で、私立高の学費を払っていると、大学時代の学費の準備が手薄になります。中高は私立校に通ったことで、大学時代の学費のほとんどを奨学金のお世話になるという家庭が、実が増えているのです。
     中学入試を考える時は、志望校に入学できるか否かに気持ちが注がれてしまうため、「お金のことは、入学してから考える」になってしまいがち。



    そうしたルートでも、親の収入が限られている中では、人もうらやむような就職先に行きつけばOKということもあると思いますけど、限られたお金だからこそ配分の仕方に問題があるように感じます。
    奨学金を借りることが悪いとは思いませんが、奨学金は借金なのでその負担は子どもに行ってしまいますから。

    HI教育費サイクルに一旦入るとレベルを下げられず抜けれなくなってしまうんでしょうね。
    でも、最後にお金が足りなくなるというのはとても辛い話です。

            

    この本では、畠中さんらしく「だから妻も積極的に働く方がいい」という流になっていきます。
    私立中学進学がお金も含めて計画的なものであればいいのですが、なんとなく突き進んでしまうような上記のようなパターンだと大変だなと思います。



      
  • はてなブックマーク - 収入減から家計を守る「妻の働き方宣言」(主婦の働き方、パートの働き方、女性の働き方)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    アミノ酸系シャンプー「プリモディーネ プレミアムACシャンプー」の効果と口コミ

     
    シャンプーは、汚れを落とす成分である界面活性剤の種類によって「石油系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類に分けられます。
    その中で高級シャンプーとされ、お肌に優しいのがアミノ酸系シャンプーです

    プリモディネー1

    株式会社FLAIRさんのアミノ酸系シャンプー「プリモディーネ プレミアムACシャンプートライアル」を試してみました。

    プリモディネー2

    洗浄力をうたうシャンプーは、石油系が多く、泡立ちが良く値段も安いので一般的に普及しています。
    しかし洗浄力が強すぎて特にお肌の弱い方には良いとはいえません。
    一般的に「ラウレス」「ラウリン」「スルホン酸」「硫酸」「アンモニウム」という表示があるものが石油系シャンプーです。

    アミノ酸系は頭皮に優しい反面、値段が高いのでなかなか手が出ないのですが、石油系シャンプーが合わないという人には洗浄力が強すぎないアミノ酸系シャンプーがいいとされています。
    アミノ酸系シャンプーは、値段が高いので自分に合ったシャンプー選びが大切になります。
    お金をかけるならば自分に合ったものでなければもったいないです。




    <ノンシリコンシャンプーとは>


    【ノンシリコンシャンプーとは】
    ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが入っていないシャンプーのことです。



    シャンプーの成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シリル、シロキ、シラン、シリカ、メチコンという言葉がつく成分が入っているシャンプーは、すべてシリコンシャンプーなんだそうです。

    シリコンは髪をコーティングする作用があり、髪の指通りを良くしたりするので悪いのかどうかは難しいところですが、コーティングするということは頭皮の油や汚れまで封じ込めてしまい、特に頭皮の毛穴に汚れが詰まりやすくなるということです。
    サラサラとした指通りのよい髪を目指すか、頭皮の汚れをケアするか判断のしどころですね。





    <プリモディーネ プレミアムACシャンプーの効果と口コミ>


    プリモディーネシャンプーを使ってみてまず感じるのがほのかなオレンジの香りです。
    だからどうだと言われそうですが、オレンジのさわやかな香りで心が落ち着きます。

    アミノ酸系シャンプーの割には、泡立ちはいいようです。
    そもそも私は泡立ちが良いシャンプーは嫌いなので、泡立ちの良さは気にしていませんが、ほとんど泡立たないものどうかと思うので、適度な泡立ちかなと思います。
    泡立ちが良いシャンプーが好きな方には、あわないと思います。

    プリモディーネ プレミアムACシャンプーは、トリートメント効果があるということで、トリートメントなしでも髪がある程度サラサラになっていました。
    ある程度というのは微妙な表現になりますが、これだけで十分と言い切れるものではないが、まあ毎日トリートメントをしなくてもいいかなというイメージです。
    ツレの場合は、普段トリートメントしないのでこのシャンプーだけで十分と感じているようです。
    髪の毛の多い女性の場合は、時々トリートメントをした方がよいかなと感じました。

    プリモディネー3

    問題は自分に合っているかを実感できるかだと思いますが、私の場合は頭皮のさっぱり感と洗い上がり後のしっとり感を重視しています。
    アミノ酸系シャンプーは値段が高いので、本当に自分が気に入ったシャンプーという実感を持てないと長く使うことはできませんし、むやみに購入すべきではないと思います。
    トライアルで十分良し悪しが変わるかどうか微妙な量ではありますが、気になる方はまずトライアルで試してみるべきだと思います。

    【プリモディーネ プレミアムACシャンプー】
    ■トライアルサイズ 15ml×2本 650円(送料無料)  1回限り
    ■1か月分サイズ 200ml 2,480円→2,100円(送料無料)  初回限定
    ※下記バナーのリンク先から購入した場合に割引と送料無料があります



    10年後の髪に自信ありますか?送料無料のプリモディーネプレミアムACシャンプー

    トライアルセットで1週間から10日分ありますので、アミノ酸系シャンプーを試してみたいと思っている方は参考にしてください。




    [あり]
     
  • はてなブックマーク - アミノ酸系シャンプー「プリモディーネ プレミアムACシャンプー」の効果と口コミ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    住宅ローンは10年~15年で返済(完済)したい

     
    「持ち家を買うか、賃貸住宅でいくか」は、誰もが悩む永遠のテーマです。
    どちらもメリットデメリットがあり、人それぞれ環境も異なるため一般論としてどちらが良いとは言い切れません。
    私は住宅ローンを組んで持ち家を選びましたので、持ち家を目指す方の肩を持ちたいところですが、家賃補助が充実している方は経済的合理性を考えると賃貸の方が無難なのかなと思います。

    私は勢いのまま土地を買い、家をたててしまいました。
    まさに衝動買いと言っていいでしょう。
    このように「衝動的に家が欲しくなる」というのは今を思えば危険なケースです。

    住宅ローンを組んで持ち家を買う人は、「家賃を払っていても自分のものにはならない。家賃分を住宅ローンで払っていけばより質の高い家に住める。そして住宅ローンを完済すれば自分のものになる。」という考え方を多かれ少なかれ持っていると思います。

    一番大切なのは、住宅ローンを組んだ上で、子どもの教育費を捻出し、自分達の老後の生活費も確保できるだけの甲斐性があるかどうかです。
    ここを無視してしまうと、住宅ローンを完済しても教育費が貯まっていないだとか、教育費を払わなければいけないので退職金でようやく住宅ローンを完済したみたいな話になってしまうかもしれません。
    かもしれませんと書きましたけど、結構そういう状況になってしまった人はいるはずです。

    「借りられる=返済できる」という考えは誤りです。
    銀行が貸してくれるからって、返済可能な家計であるという保証はありません。
    銀行は、住宅ローンさえ返済してくれれば、あなたの子どもの教育費がどうなろうと、あなた達の老後の生活がどうなろうと関係ありません。
    万が一、あなたが住宅ローンを完済できなくなれば、銀行は損をしてでもあなたの家を処分して回収します。
    銀行は、全く返済の見込みがない人に住宅ローンを組ませてあげる事はしないでしょうけど、銀行も利益を上げる必要がありますから、ある一定割合の人が住宅ローンを焦げ付かせるという前提で貸してくれているということを意識しておく必要があります。
    繰り返しになりますけど、銀行が貸してくれるからって、それはあなたの人生設計が上手くいくであろうということではありません。




    <持ち家のためにかける期間>


    前回のエントリー「住宅ローンと向き合う(プロローグ)」の最後にこう書きました。

    「頭金の貯金も含めて何年で完済できるか」言いかえれば「家のために貯金する期間が何年になるのか」という視点で見るべしと思います。
    家を買うか、賃貸でいくのかの選択をする上で、家を買うことを検討する人は、「自分の返済能力を把握」し人生設計において、家を手に入れるのに何年かけれるかという視点を持つ必要があります。


    このエントリーのタイトルを「住宅ローンは10年~15年で返済したい」としました。
    これは言いかえれば「持ち家を目指すならば、家にかけるコストを10年から15年で確保できる範囲にするべきだ」ということです。

    持ち家を買うというのは、想像以上にリスクがあることです。
    この時代に長期間安定した収入が見込めると言いきれる人は少ないでしょう。
    それでもなお、持ち家を買うという選択をするのであれば、「住宅ローンを何年で返済するのか」更には「頭金は何年で用意するのか(したのか)」を意識することが大切です。
    つまり、持ち家を手に入れるための期間の制限を意識する事が大切だという考え方です。

    ■持ち家を手に入れるためのお金
    ■子どもの教育費のためのお金
    ■老後の生活費のためのお金

    少なくともこれら人生3大出費に対する戦略なくして、持ち家を買うのはかなり危険な事だと思います。
    私は、持ち家を目指すならば、「家にかけるコスト負担は長くても15年までとすべき」だと思います。

    結婚し子どもが産まれると持家の検討が始まる事が多いです。
    子どもが1人なのか、2人なのかによって違うことではありますが、理想を言えば上の子が小学生のうちに住宅ローンを完済し、子どもの教育費のための貯金に励みたいところです。
    せめて、上の子が中学生の間に住宅ローンを終わらせておかないと、子どもの教育費をためる時間が無くなってしまいます。

    何歳で子どもを産んだかによりますが、子どもの教育費のピークが定年付近の人は、老後の生活費を確保する時間が残されていません。
    そのようなことを考えながら、持ち家のためにかけられる期間を考えていくべきだと思います。

    結婚がいつで、子どもが産まれるのがいつで、子どもが何人かによって影響が違いますけど、ざくっと行きます。
    25歳くらいから人生3大出費に対する準備をスタートするとします。

    ■持ち家を手に入れるための期間を15年
    ■子ども(1人)の教育費のための期間を5年
    ■老後の生活費のための期間を10年

    とすると、子どもが2人の場合は、「持ち家を手に入れるための期間は15年までくらい」ということになります。
    こういうイメージを持って、人生3大出費に対して時間差で攻略していければ理想的ですよね。
    現実は、「住宅ローンを抱えながら、子どもの教育費を貯める」という形になる方もおられるでしょうが、複雑な分きちんと整理していく必要がありそうです。


    住宅ローンを組むというリスクを抱えるのであれば、「最長でも持家に費やす期間は15年まで」という基準を一考する価値があるのではないかと考えています。
    頭金に5年費やしたのであれば、住宅ローンは繰り上げ返済を頑張って10年以内に完済すべしということです。
    とにかく、分不相応な物件に手を出さないことが大切ですね。




    <住宅ローン期間は関係ない>


    住宅ローンを組んだ場合、「総返済額を把握すること」と「繰上げ返済すること」についての私の考え方は、「住宅ローンと向き合う(プロローグ)」で書いていますので、ここでは繰り上げ返済をやっていくという前提で書いていきます。

    最近では35年返済の住宅ローンで借りる人が多いんですかね。
    25歳の若さで住宅ローンを組んでも完済が60歳なんて、考えただけでも震えてしまいます。
    頑張って25年ローンにすると、月々の返済額が増える分、より元本が早く減るために利息の総支払額が減ります。
    繰り上げ返済をすると、その月の返済額がすごく増えるので、より元本が早く減っていきます。

    住宅ローンを契約する段階では35年であろうと25年であろうと、繰り上げ返済をするのであればどちらが有利かどうかはほとんど関係なくなります。
    住宅ローンの返済期間を何年にするかよりも、「返済能力」言いかえれば「貯蓄力」の影響がはるかに大きいということです。

    教科書的には、できるだけ返済期間を短くしておく方が、利息の支払総額が少なくなると有利とされていますが、長期で借りる方が月々の返済額が少ないために、万が一の状況になった時に住宅ローンが払えない状態になりにくいという考え方もあります。
    月々の返済額が少ない分、より貯金が出来るのでそれを繰り上げ返済に回せばよいわけです。





    <大切なのは貯蓄力>


    住宅ローンをどのように組むべきかという検討はとても大切なことですけど、肝心なのは「貯蓄力(返済能力)」なのです。
    返済能力が不足していればそもそも住宅ローンを組むべきではないのですから。
    頭金を貯めるにせよ、繰り上げ返済資金を捻出するにせよ、支出をコントロールし、貯蓄力をあげることが肝心です。

    「ちゃんと返済すれば、いずれ家が自分のものになる」とのんきに構えている人と、貯蓄力をあげる努力をしていく人との差は、時間がたればたつほど加速度的に大きな差になるはずです。





    <借金から抜け出すパワー>


    持ち家を持った時の高揚感は高いですけど、高いままの人はある意味危険です。
    所詮、借金なのですから、普通はそこに気がつき高揚感は下がっていくはずです。
    家を買った時点で中古になるわけですから、家の価値は大きく下がり、住宅ローンという借金の方が上回る家庭がほとんどです。
    それは、家計のバランスシート的にいえば、純資産がマイナスという状態です。

    そこから抜け出す努力は、後々の人生において凄まじい力になります。

    私はよく「住宅ローンとの戦い」とか「妻は戦友」という表現をしますけど、この戦いの中で得たいろんなことが後々の人生の土台となっています。
    住宅ローンを完済できる段階、つまりマイナスからゼロに転じ、プラスになり始める段階の凄まじいエネルギーと言うのは、既に持続力のある強烈なエネルギーとなっています。
    それは既に意識せずとも自然にできることのなっているのです。

    さらに、抵当権を抹消し本当の意味で自分の家という高揚感を味わう事が出来ます。
    これは体験してみないと分からないし、是非、積極的に体験してほしいです。

    借金から出来るだけ早く抜け出す努力→10年~15年にわたる支出のコントロール(and 収入増の努力)→持続性のある良好な金銭感覚


    住宅ローンという借金を背負う覚悟をした人は、せっかくなら繰り上げ返済を頑張っていく過程で、このようなサイクルを確立してみてはいかがでしょうか。

    ただし、完済後も節約に傾斜しすぎるのは良くないかもしれませんけど。
    あくまで「持続性のある良好な金銭感覚」という感じですよ。


    こうした「持続性のある良好な金銭感覚」を目指すには、住宅ローン完済があまりに遠すぎると気持ちがなえてしまいます。
    そうした意味でも、子どものいる家庭の場合は、「持ち家を目指すならば、家にかけるコストを10年から15年で確保できる範囲にするべきだ」と思います。どんなに長くても20年までです。

     



     
    このエントリーは、2011年9月30日にUPしたものを修正しています。

    (関係するエントリー)「住宅ローンと向き合う(プロローグ)

    「人生設計をたてる」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

  • はてなブックマーク - 住宅ローンは10年~15年で返済(完済)したい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    アトリックス ビューティーチャージ ナイトスペリア(効果と口コミ)

     
    ニベア花王様に頂きました夜美容ハンドクリーム「アトリックス ビューティーチャージ ナイトスペリア」を試させていただきました。
    アトリックスは娘が気に入って使っていたこともあって、これも家族全員が使いました。

       クリームー1

    最近は「夜美容」つまり寝ている間の美容ケアの商品をよく目にするようになっていますね。
    この夜美容ハンドクリームの中には驚いたことにオレンジ色のカプセルが入っていて、保湿成分であるローヤルゼリーエキスが入っているそうです。
    ローヤルゼリーだからオレンジ色なのでしょうか。




    <ビューティーチャージ ナイトスペリアの効果と口コミ>


    「アトリックス ビューティーチャージ ナイトスペリア」を塗ってみるとクリームの香りに少し柑橘系のようなさわやかな香りが混じっていました。
    やはり気になるのがオレンジ色のツブツブで、塗ってみるとカプセルのようになっていて潰れていき、しっかりと塗りこむことでクリームに溶け込んでいきました。
    このツブツブはカプセルになっているようで、中に夜美容のための保湿成分であるローヤルゼリーエキスが入っているんですね。

       クリームー2

    クリームは、かなり濃厚でしっかり伸ばしてもかなりベタベタするので、昼間につけるものではなく、完全に夜用です。
    だからしっかり塗っても大丈夫です。
    ローヤルゼリーエキスが詰まったカプセルがつびれる感触があり、カプセルが破れる感覚もあります。

    朝起きても手の潤いがしっかりと残っています。
    寝ている間もしっかりガードしてくれて、美容成分が浸透してうるおいを与えてくれているのだと思います。
    家族全員が使うようになりました。
    大容量なのでコストパフォーマンスもいい方だと思います。

          

  • はてなブックマーク - アトリックス ビューティーチャージ ナイトスペリア(効果と口コミ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    伊勢半YUIの「ユイ クレンジングミルク メイク落とし」(効果と口コミ)紅花発酵

     
    スキンケアブランド「YUI」より、エイジングケアをコンセプトにした独自成分紅花発酵液を配合した 「ユイ クレンジングミルク メイク落とし150g」を伊勢半様より頂きました ので試させていただきました。

    ユイー1

    クレンジングはオイルタイプを使っているので、ミルクタイプには興味がありました。
    色が白なので最初はびっくりしましたがクリームなら当然なんでしょうね。
    とにかく手触りがとろけるような感触でした。




    <紅花発酵液とは>


    古来から生薬として用いられてきた紅花のエキスを紅花からとった酵母で発酵させたのを「紅花発酵液」としています。
    この紅花発酵液は、  伊勢半のYUIシリーズ全品に配合されているそうです。

    紅花由来の酵母ピチアは、発酵力が強くパンが発酵する時のような香りがするそうです。
    この酵母ピチアによる発酵によって生まれる様々な天然成分は、アンチエイジングとして老化の一因となる活性酸素を抑制するそうです。

    それにしてもクレンジングはメイクを落とすためのものなのに、最近はいろんな美容成分が含まれるようになっていますよね。
    美容液ならわかるのですが、クレンジングの後は洗顔するとすれば、美容成分にどれほどの効果があるのか気になります。

    【カタログより】
    ・天然由来のメイクオフ成分 マイルドメイクオフカプセルが肌のうるおいを保ちながら、毛穴の奥の汚れやメイクアップをしっかり取り込んで落とします。
    ・紅花発酵液、サクシニルアテロコラーゲン、吸着型ヒアルロン酸配合。洗い流した後の肌の乾燥を防ぎ、うるおいを保ちます。


    大切なのはメイクオフ成分ですね。





    <クレンジングミルクの効果と口コミ>


    「YUI クレンジングミルク」は、白色のクリーム状でとろけるようにしっかり伸びていき肌にとろけていくような感覚になりました。
    顔と手でだいたい4~5プッシュでしたので、この150gで1か月分という感じです。
    無香料ということですが、なにか少しいい香りがほんの少しします。

    ユイー3

    ミルクタイプなのでオイルタイプに比べて肌になじんで優しい感じです。
    化粧の落ちは満足が行くレベルでした。
    なんといってもクレンジング後のしっとり感がよかったです。

    ユイー2



  • はてなブックマーク - 伊勢半YUIの「ユイ クレンジングミルク メイク落とし」(効果と口コミ)紅花発酵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    かかとなめらかケア おやすみ用(効果と口コミ)

    靴下専門店『靴下屋』のタビオ株式会社さんの「かかとなめらかケア おやすみ用」を試してみました。
    ものすごくちっちゃくて可愛いものでした。

    この「かかとなめらかケア(おやすみ用)」 は、ミネラルオイル・グレープシードオイル・ホホバオイル・オリーブオイル・アボガドオイルの5種類を配合したジェルがパックのようにかかとに密着して、かかとから水分が蒸発するのを防ぎ、乾燥・ざらつき・角質を集中的にケアしてくれるそうです。
    気に入ったのが娘で休日の昼間にずっとつけていましたけど、これ夜用なんだけどとは言えませんでした。

      タビオー1




    <かかとなめらかケアの効果と口コミ>


    「かかとなめらかケア(おやすみ用)」は、ただ履くだけです。
    ミネラルオイル・グレープシードオイル・ホホバオイル・オリーブオイル・アボガドオイルの5種類を配合したジェルがパックのようにかかとに密着してかかとから水分が蒸発するのを防いでくれます。

    ただ履くだけだともったいないです。
    寝る前に塗る保湿クリームをしてから、かかとなめらかケアを履いて寝ると、保湿クリームが布団で拭い去られることなく朝まで潤いを実感できました。

    TAー2

    圧迫感は全然ないので、寝つきが悪くなることがありません。

    靴下屋タビオさんが運営する足のお悩み解決サイト「 スゴ足LABO」も勉強になります。

    タビオモニターに参加中



  • はてなブックマーク - かかとなめらかケア おやすみ用(効果と口コミ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 20代、30代の資産額(平均貯蓄額)は? (平均値、中央値、2013)

      
    20代、30代の人は、将来の年金や子育て費用など、将来の生活のためのお金が足りないのではないかという不安を持っていると思います。
    当サイトに訪れてくれる資産形成に真剣に取り組んでいる人たちも、将来への不安に立ち向かっておられます。
    20代、30代では、ここまで頑張れば大丈夫だろうというところまでいける人は稀なので、当面は『とにかくがんばる』という感じでもありじゃないでしょうか。

    人生において、この時期はまさに貯め時です。
    ここでお金を貯められないとなると、この先はもっと貯めにくくなるわけですから、できるだけ早く将来と現在とのバランスを見据えた生活習慣を身につけたいですよね。




    <家計調査で見る20代、30代の資産額(貯蓄額)>


    総務省「家計調査」では、年代別の平均貯蓄額などのデータが公開されています。
    平成24年のデータを加えてみました。

    (平成24年度)
    ■二人以上の世帯の平均貯蓄残高の平均は、1,658万円(中位数は1,001万円)
    ■二人以上の世帯(勤労者世帯)の平均貯蓄残高の平均は、1,233万円(中位数は691万円)

    (平成23年度)
    ■二人以上の世帯の平均貯蓄残高の平均は、1,664万円(中位数は991万円)
    ■二人以上の世帯(勤労者世帯)の平均貯蓄残高の平均は、1,233万円(中位数は729万円)

    (平成22年度)
    ■二人以上の世帯の平均貯蓄残高の平均は、1,657万円(中位数は995万円)
    ■二人以上の世帯(勤労者世帯)の平均貯蓄残高の平均は、1,244万円(中位数は697万円)


    年代別のデータを調べてみると次のようになります。

      平均高-1
       
      平均貯金高-2

    年齢の平均値は、概ね40歳前半だと思います。
    勤労者世帯の貯蓄残高の平均は、概ね40歳前半くらいという感じです。

    20代、30代の貯蓄額を考える上では、平均を見るのは適切ではなさそうです。
    そこで、20代、30代の若い世代の貯蓄額を調べてみます。


    (平成24年度 二人以上の世帯のうち勤労者世帯)
    ■20歳代の貯蓄残高の平均は290万円
    ■30歳代の貯蓄残高の平均は569万円

    (平成23年度 二人以上の世帯のうち勤労者世帯)
    ■20歳代の貯蓄残高の平均は285万円
    ■30歳代の貯蓄残高の平均は593万円

    (平成22年度 二人以上の世帯のうち勤労者世帯)
    ■20歳代の貯蓄残高の平均は274万円
    ■30歳代の貯蓄残高の平均は624万円

    20代の持ち家率は約30%で30代は約50%です。
    彼らの多くは住宅ローンを組んでいると思われ、その分貯蓄は少なくなるはずですので、賃貸住宅の方の貯蓄残高の平均はもっと上になっているはずです。
    ですので、なんだ20代から30代は年間40万円くらいの貯金が平均なんだと思うのは早計だと思います。  





    <家計調査で見る20代、30代の純資産>


    参考として純貯蓄額を計算してみました。

    ■純貯蓄額=平均貯蓄残高-負債

    ただし、この純貯蓄額は、いわゆる純資産ではなく、不動産は除く貯金と有価証券のみになっています。
    衝撃なのは20代、30代の純貯蓄額はマイナスだということです。

    しかも、30代の方がマイナスが大きいです。
    これは持ち家率に関係しているんだと思います。
    このあたりは、下記エントリーでも考察しています。

    (関連するエントリー)40代、50代の資産額(貯蓄額)は?




    <がんばれ資産形成>


    20代や30代といっても10年もの幅があります。
    平均値にはいろんな要素が入っているので分かりにくいですけど、これらの数値を見て思うのは、早くから貯蓄を意識している世帯はもっと資産を持っているのは間違いないだろうということです。

    資産形成のサイトを書いている関係で、資産形成の意識が高い人と交流していて、彼らはこれらの統計よりも多くの金融資産をもっています。
    既に歩み始めている人は、これらの平均値を超えられているかもしくはこれらの平均値よりも高い目標に向かって歩んでおられます。

    資産形成に頑張るのはいいことですけど、過去を振り返ってみると要はバランスなんだと思います。
    20代、30代はもう少しお金を使っても良かったなって反省しています。
    若いうちは将来の不安が大きいので、とにかく頑張ってる人が、実際には頑張りすぎるているということもあるのかもと思うのです。
    でも、20代、30代で資産形成をしてきたことで、今はホント楽になりましたけどね。

    人生全体を楽しむために、人生のトータルコーディネートの中で20代と30代前半を考えると、

    ■人生のうちで最も貯められる時期は「現在」である。
      (子供の成長とともに、貯蓄が難しくなっていく。)
    ■早く資産形成に取り組み始めることで、将来の不安の度合いが減る効果はかなり高い。
      (不安を感じる時間が少ないほど人生を楽しめる。)
    ■若いうちに「貯蓄生活」を身につけることで、資産が増えるだけでなく、家計防御力も高くなる。
      (仕事を失う、病気など万が一のことが起こっても支出が少なければ耐えられる期間が長い。)

    そして、反省を込めて書きますと、

    ■人生全体を楽しむためのお金の使い方もしっかり考えておく。
      (すぐにはできないとしても、やりたいことがを見つけておくことが大切)


    「40歳で貯蓄額1000万円」が多いと思った人は、他の人は地道に時間をかけて積み上げているということを知っておく方がいいと思います。
    これだけのまとまった金額は一気にはたまりません。
    でも、時間をかけて積み上げていると、自然にその壁は超えてしまうものでもあります。

    まとまったお金が貯まった時にいかに崩さずに次のまとまりにしていくかがポイントです。
    数百万円貯まった時に、ずっとがまんしていたという理由で車を衝動買いしてしまうケースなど、これまでの努力をいとも簡単に無にするというのが、貯蓄できないことが家庭の最大の原因であることが多いように思います。

    本当にためされるのは、500万円、1000万円のお金が貯まった時、どうするかってことなのです。
    欲しい車を買うのが悪いのではなく、必要かつ欲しいのであればそのための資金を別に計画的に貯めておくことです。

    貯蓄することで貯めてしまったストレスを、我慢していたモノ・コトの衝動買いで発散するという行為は、資産形成の最大の敵だけでなく、パートナーとの不協和音のきっかけにもなりえます。
    それにそもそも矛盾してますよね。
    若いうちにお金との付き合い方を考えていかないと、人生への影響ははかりしれません。

    貯金するといっても、実にいろいろなことがあります。
    壁を抜けてしまった人は、誤解を恐れずに言えば、『ほっといてもお金が貯まる』って感じです。
    現実にそういう家庭は存在します。
    なんでもそうですが、『早く始めて長く続けるのが最良』だと思います。





    <20代・30代で資産形成を始めよう>


    20代、30代で老後の生活までの準備としての資産形成を考えている人は少ないと思います。
    将来がどうなるか想像もできないのに、遠い将来の準備など考えにくいし、将来の変動の余地があまるに大きすぎるから想像しにくいと思います。
    それでも少なくとも30代には、資産形成をスタートさせることが大切だと思います。
    年間100万円の資産形成ができれば、10年間で1000万円ともなりますし、将来の何に使うにせよ資産形成をしていくことでお金のことを真剣に考え取り組む習慣を作ることがとても大切だと思います。

    毎月、数万円の天引き貯金でもいいんです。
    自分が貯金できることを知り、将来に思いをはせて、考え始める事がとても大切だと思います。
    とにかく資産形成を始めてみましょう。







    このエントリーは、2011年11月14日にUPしたものを修正しています。
    このエントリーは、2008年7月11日にUPしたものを修正しています。

    「人生にかかるお金」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

    (関連するエントリー)気になる他人の財布は?(全体編)
     
     
  • はてなブックマーク - 20代、30代の資産額(平均貯蓄額)は? (平均値、中央値、2013)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : お金の勉強
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    年収200万円からの貯金生活宣言・正しいお金の使い方編(横山光昭)


    「年収200万円からの貯金生活宣言(著者:横山 光昭)」に引き続き、続編となる「年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編(著者:横山 光昭)」を読みました。
    著者の横山光昭さんは、4100人を超える貯金ゼロ家計を再生させてきた家計コンサルタントという肩書きを持っています。

    私は、「浪費・消費・投資」の3つを支出の分類として定義付けて家計のチェックを行っていくことを提唱されている点が素晴らしいと思っています。
    私は家計簿を完璧につけるよりも、お金を使う時もしくは使った後に、その支出をどう意識しているか・どう意識していくかつまりお金を使う時の意識がとても大切だと実感しているからです。
    この本は「正しいお金の使い方」に焦点を当てているということなのでそこを期待したいですね。

         



     一方で、貯金・節約ブームにまどわされてケチケチすることだけに集中してしまい、長い目で見ると逆に「損になる貯め方」をしている人が増えていることが非常に気になっています。
    (中略)
     私はただ単に「貯金を増やす=とにかくお金を使わない」ようにしましょう、と提案しているのではありません。むしろ私の持論では、お金は本来、「使うもの」だと思っています。決してお金は「しまいこんで使わないもの」ではないのです。
     ですから、なんでもかんでもケチケチして使わないようにする昨今の風潮は非常に心配です。



    最近の風潮が貯金・節約ブームなのかどうかは、私にはわかりませんが、そういう風潮があるんでしょうね。
    我が家の20代はとにかくお金を使わないで生活する挑戦をしていた時期でした。
    そういう意味で、私はお金をためる方は得意でも、お金を有効に使っているかにはあまり自信がないのです。
    「正しいお金の使い方」という一般解があるとは思えませんが、その答えがあるのなら知りたいと思っています。




    <損得バランス>


    家計簿が続けられない人は、つけられる人を見て、「几帳面でまじめな人だからできるんだ。私はめんどくさがりやだからとても無理」と決めつけてしまいます。
    ですがそう簡単に断言できません。
    事実、かなりのめんどくさがりやであっても、しっかり家計簿を継続している人はいるのです。
    では、めんどくさがりやなのに、家計簿を続けられる人はどうしてできるのでしょうか。そのカギは「損得バランス」をうまく使っているかどうか、だと思います。
    4100件を超える家計相談の経験から、私は「人間は日々の行動に損得バランスを自然に取り入れている」と信じています。
    「損得バランス」とは、何か行動を起こす面倒さと、そこから発生するメリット(あるいはデメリット)を天秤にかけること。



    家計簿をつけることが面倒でも、家計簿をつけることで何かの成果が得られることとの損得バランスを考えると、家計簿をつける方がいいという答えにもっていくことができれば、家計簿を継続してつけられるということですよね。

    家計簿をつけるメリットとしては、

    ・お金が貯まっていくうれしさ
    ・好きなものを必要な時に購入できる喜び
    ・金銭を気にせずどこへでもでかけられる自由さ

    ということが挙げられています。

    私の場合は、これらは家計簿をつけなくても別の方法で感じられるから家計簿をどうしてもつけようという動機付けにはつかえていませんが、その別の方法を続けているのは自然と損得バランスを考えているからなんだと思います。

    家計簿をつけれない理由は、むしろ無意識レベルで現状を知りたくないというか、酷な答えが返ってくるので見たくないというのもあるんじゃないかなと思います。

    損得バランスを使いこなすにあたって、大切なのは現状をしっかり見極めること。
    あなたが家計簿を続けられない人ならば、もしかするとご自分の実情を無意識に察知しているからかもしれません。
    つまり、今の生活環境が、がんばっても効果の上がる状況ではないのでは? たちの悪い借金があるとか、住居費が高すぎるとか、乗らないのに車が2台もあるとか…。
    まずは、自分の現状をしっかり見極めること
    そして、自分なりの損得バランスを作ること
    この2つが大切です。
    これは家計簿がつけられるか否かの問題ではありません。実は、「お金を貯められる人と貯められない人」の差は、損得バランスにあるのです。



    家計簿と言う形が最強かもしれませんが、家計のバランスシートなど別の形であっても、現状を知るということは面倒なうえに苦痛を伴うことが多いです。
    十中八九、良い答えがでてくるはずがないと、分かっているからヤル気がおこらないし、知りたくないと思うのは人間だれでもそうです。

    そんなことを気にせずとも貯金ができる人はかまわないと思いますが、普通は「現状と向きあう」という苦痛を伴うものです。
    でも、貯金できるようになれば、苦痛は和らぎ、むしろモチベーションがあがるものでもありますね。

    私の場合は、お金をためる習慣を社会人になってすぐにつけることができたので、むしろお金を使う方がヘタクソだと思っています。
    自分ではケチケチしているつもりではないけど、他の人のお金の使い方とのギャップを随分と見てきました。
    最近は、私の方が他の人に歩み寄ってきていると思う反面、お金を使わない風潮になっているとすれば、他の人も私の方に歩み寄っているのかもしれません。




    <お金の病気>


    真剣に取り組んでいるにも関わらず、なぜか「お金が貯まらない」方は、現代ならではの「お金の病気」にかかっていることが多いんだそうです。

    お金の病気1:お金はどこに消えた症候群
    お金の病気2:節約しているつもり症候群
    お金の病気3:ちょっと贅沢症候群
    お金の病気4:みんなと同じだけど症候群
    お金の病気5:仕方ないわよね症候群
    お金の病気6:借りて当たり前症候群
    お金の病気7:やる気はある症候群
    お金の病気8:節約はネガティブなのよ症候群
    お金の病気9:すべてが投資症候群



    よく「給料日前にお金がない」とか「給料日まであと2000円で暮らさないと」という話を聞きます。
    いつもは聞き流していますが、お金がどこかに消えているのか、それともしっかり家計の予算を組んでいてがんばっていると評価していいのか分からないです。
    我が家の場合は、給料から生活しているという感じではなく、給料からの収入は資産全体に入って、支出は資産全体から行うという感覚に近いので、給料日を意識することがあまりないんです。

    普段からあまり節約していると気負ってやっていることはないし、これを節約したらいくらお金が浮くという計算も普段はしないので、節約の余地はいくらかあるんだろうなと思います。

    ちょっと贅沢症候群については、むしろあこがれです。
    今、目指しているのは、「ゆとりある暮らし」なので、生活に潤いを与えるプチ贅沢を楽しみたい気満々です。



    この本の内容は非常にためになるとは思いましたが、前作のフォロ番であって、「正しいお金の使い方」について私が欲しい答えはのっていませんでした。
    むしろお金をためるための内容ばかりと言った印象です。

    (関連するエントリー)「年収200万円からの貯金生活宣言(横山 光昭)」


    そもそもお金の使い方に正解があるのでしょうか。
    明らかに間違いなお金の使い方があるのは間違いないと思います。
    でも、お金の使い方に正解があるとすれば、それは自分が決めることだと思います。

    お金は使った分だけなくなりますから、お金を使えば他に使えなくなります。
    お金を使うとお金をためるのバランスも、自分が決めることですよね。

    楽しい生活を送るためにお金を使うのが正解だと思いますが、楽しい生活という漠然とした答えではよくわからないです。
    だったら、もう少し的を絞った自分なりのテーマを持って、メリハリがあるお金の使い方をしたいものです。

    「お金はいざ使うべきときや使いたいときに、ぞんぶんに使ってこそ意味がある。」
    私もそう思いますし、そうありたいと思います。
    でも、なかなか難しいなと感じています。





  • はてなブックマーク - 年収200万円からの貯金生活宣言・正しいお金の使い方編(横山光昭)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    テストの花道に学ぶ国語の成績アップのツボ(成績を上げる方法、勉強法)

     
    私が子どもの頃がまさにそうでしたが、「国語の勉強は何をしたらいいかわからない」人が多いですよね。
    国語の勉強には成績がアップする勉強法があるんだそうです。
    それがテストの花道「そこなのか!成績アップのツボ・国語編」でした。



    <国語の成績アップのツボ>


    【成績アップのツボ1「文章を分けて、違いをくらべる力」】

    国語力チェック1

    まずはキミの国語力をチェックするため、福嶋隆史先生(国語専門の学習塾主宰)による国語力チェックにトライしよう!

    【問題】
    「計算機よりも筆算で計算するほうがよい。」
    この「本文」との間に、意味上の共通点が読み取れるものを、次の3つの中から、あるだけ選べ。
    1.ナベよりもレンジで温めるほうがよい
    2.ナビに頼るよりも誰かにたずねるほうがよい
    3.メールよりもハガキで知らせるほうがよい



    ズバリいってしまえば、国語力はイコール比べる力だといいってもいいくらいで、人は何かを主張する時に何かを否定して何かを肯定する(ああじゃなくてこうだ)ものです。

    問題の答えは「2と3」でした。
    前に書かれた言葉と後ろにかかれた言葉の意味をつかみ、「それを比べて関係を読み取る」ことができないとこの問題は解けないです。
    「計算機→機械」そして「筆算→アナログ」という対比軸で比べていくと答えが見えてきます。
    比べるための軸に気づくことが大切ですね。

    「分」かる(わかる)っていうのはどういう事かというと、分ける事なんです。つまり、世界を2つに分けていくということが、何よりの国語力の基本なので、違いに気づく事が大事ですね。
    「分」は、2つに刀で切るということです。

    「解」も牛の角を刀でバラバラにするということからきた言葉で「理解もバラバラに分ける」
    「世界を2つに分けていく」というのが何より国語力の基本です。



    次に分けて考えていく中で、分けたのも元々分かれているものをどういう風につないでいくかがもう1つ言葉の力として大事なところだと思われます。

    【成績アップのツボ2「つながりを見つける力」】

    国語力チェック2

    続いて、宗我部義則先生(中学校教諭)による国語力チェックに挑戦してみよう。

    【問題】
    次の1、2それぞれの[結論]は、「正しい」か「正しいとは限らない」か。

    1.本校の野球部員はスポーツ刈りである。本校の松坂君はスポーツ刈りである。
    [結論]松坂君は野球部員である。
    2.昨日の漢字テストで80点以上取った人は合格だった。 昨日の漢字テストで前田さんは合格だった。
    [結論]前田さんは昨日の漢字テストで80点以上取ったのだ。



    出演者全員が①が正しいとは限らない、②が正しいと回答したがはたして答えは。
    答えは両方とも正しいとは限らないでした。

    ただ何となく文章を読んでいては、思い込みで解釈してしまい、文章の意味を取り違えてしまいます。
    2の問題では、80点以上が合格だとはどこにも書いていないのに、勝手に解釈してしまいました。
    もし、80点以上取った人「が」合格だったという問題であれば、80点が合格になるのだが…。
    数字が出てくるとごまかされやすいんだとか。

    「つながりを見つける力」を鍛えていくためにはどうしたらいいのだろうか。

    ■ポイント1:『AはBだ』
    『AはBだ』とは文章の言いたいこと、つまり筆者の主張を、わかりやすく捉えるキーワード。 例えば評論文を読み解く際に「〇〇は〇〇だ」という形の文章にまず目を止めて、文章の中から探し出していく。そうすると、関係を考えていく上での材料が見つかり、話の骨組が見えてくるぞ。

    ■ポイント2:指示語の中身をつかむ
    「これ」「それ」という指示語が何を指しているのか、正確につかんでいないと、内容があやふやで、ぼんやり読んでしまうことになる。

    ■ポイント3:接続詞に着目
    言葉と言葉、文章と文章のつながりを示すのが接続詞。その中でもとくに重要なものが、逆説の接続語や接続詞である「しかし・だが・けれども・ところが」などの言葉だ。 逆説の接続語の後ろにある部分こそ、実はその筆者の見方が出てくる。逆説の接続語の前の部分では、「一般的にこうですよね」と語り、その後で「実はこうなんですよ」というのが主な評論の構造と言えるんだ。
    つながりを見つけるためには、「AはBだ」「指示語」「接続詞」、これら3つのポイントをおさえて、国語の文章をぼんやりと読まないように心がけよう。



    「これ」「それ」が何をしているのかは、国語の問題に出てきますよね。
    これがなかなかよく分からないんですが、逆接の接続詞に注目することで筆者の見方が見えてきます。

    細部の色が消えてしまっている「しかし」全体が見えるようになった。

    逆接の接続詞の「しかし」の後が筆者の言いたいことになります。
    前の部分は一般的にこうだよね、みなさんそうもうのよね、「でも」実はこうなんですよというのが評論の構造です。
    なるほど、なるほど。


    【成績アップのツボ3「物語文を読む時に重要となる、変換する力」】

    国語力チェック3

    最後に田畑邦久先生(予備校の国語講師)の国語力チェックを試してみよう。

    【問題】 次の例文を読んで答えなさい。

    「Aくんはバレンタインデーに女の子からチョコレートをもらった。本来はうれしいはずなのだが、教室で渡されたため、クラスメイトみんなに見られてしまった。Aくんは突然走って教室を飛び出してしまった。」
    なぜAくんは「突然走って教室を飛び出してしまった」のか?



    顧問の答え:クラスメイトの前でうれしがるのが恥ずかしかった。
    じゅねの答え:自分も好きだったけどみんなの前でそれを認めるのがはずかしかったから
    ういの答え:クラスの皆に見られて恥ずかしかったから
    こっしーの答え:好きな男の子だったから断りづらかった
    城嶋部長:A君は犬だったから

    発想力は素晴らしいのですが、テストでは正解はないということです。

    本来はうれしいはずなのだが、でも、そこから飛び出したということは、ある気持ちが生まれた。
    「恥ずかしい」「照れくさい」などの感情が芽生えてた。

    ①文末表現:理由を問われている問題→答え「○○だから」「○○のため」になっていないといけない
    ②理由:「照れくさかったから」「気恥ずかしかったから」など感情を表す言葉が必要
    ③理由の根拠:「クラスメイトのみんなが見ている前でチョコレートを渡されたことが」という文書中に書かれている事実がなければいけない

    「変換する力」
    物語文を読むポイント

    物語文では必ずしも感情が分かりやすく、直接書かれているとは限らない。情景や出来事、行動などが、どんな感情を表しているのか、変換して捉えなければならないのだ。そこで田畑先生が物語文を読む方法を伝授するぞ。

    1.気持ちを表している言葉に印を付ける。
    感情を直接表している言葉には、線を引き、間接的に感情を表現している部分は丸で囲んでみよう。
    2.間接表現を直接表現に変換する。
    今、丸をつけた間接表現を書き出し、どんな感情を表しているのか具体的に考えてみよう。
    書き出したら、みんなに発表し、お互いの意見を出し合いながら、正しく変換できたか確認していくといいぞ。

    【ポイント:本文中に根拠を探す】
    登場人物の感情の元となる根拠は、必ず本文中のどこかに示されているはずだ。
    直接表現に置き換える際も、本文中からその根拠を見つけ出せるようにしよう。



    物語文では感情が分かりやすく直接書かれているとは限らない。
    情景や出来事、行動などがどんな感情を表しているのか変換して考えなければいけない。
    変換する際にどの感情なのかを本文中に根拠を探す。

    常に本文中に根拠を探して、客観的にとらえていくことが大切なんですね。


     
  • はてなブックマーク - テストの花道に学ぶ国語の成績アップのツボ(成績を上げる方法、勉強法)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード