ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)

     
    ミッドライフクライシス(人生半ばの危機)について 」私なりに考えてみましたが、似たような言葉で「ミッドエイジ・クライシス(中年の危機)」という言葉があります。
    私も現在、中年まっただ中ですから、他人ごとではありません。



    <ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)とは>


    「ミッドライフ・クライシス(人生半ばの危機)」が、中年にさしかかる頃に精神的にも肉体的にも衰えを感じる中で、若くありたいという願望など現実と理想の落差を強く感じ、精神的に戸惑い混乱する危機のことというニュアンスに対し、「ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)」は、中年になると様々なストレス等により心の負担が増えて精神的に追い詰められる人が増えてくるという危機というニュアンスのようです。

    両者の定義が、具体的にどこが違うのか私にはわかりませんけど、前者が若さとのギャップで、後者が心配事と責任の増加による危機という風に理解していきたいと思います。

    40代のミドルエイジに入って、仕事上では部下がたくさん出来ました。
    今は両手で数えられますけど、次の段階では両足を加えても数えられないかもしれません。
    指示はもちろん責任を伴いますし、発する言葉が与える影響も以前とは違ってきます。

    責任から逃げようとすればするほど何倍にもなって帰ってきますから、基本は立ち向かう方がいろんな意味で楽だと思えます。
    家庭でもこれから受験ですし、思春期で親子の距離感もどうなるかわかりません。
    親の老いも気になります。
    子どもの進学や就職の先として、老後への人生設計なども考えて始める時期になります。

    中年に差し掛かる時期は、抱える問題が一気に増え始める時期と言えそうです。

    「ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)」は、こうして抱え始める様々な問題に今までの考え方や感覚では処理しきれないことが一番の危機ではないかと、個人的に感じています。
    そして、バランス感覚が身についていないと(身につけていかないと)、心の逃げ場がどんどん失われていくようにも思います。

    仕事や地域での社会的責任にせよ、家庭や子どもの様々な課題にせよ、親と自分たちの老後にせよ、あらかじめそれなりに想定できること(覚悟を準備できること)ではありますけど、想像と実際のギャップに相当戸惑うのも事実です。
    ギャップが埋まらないのは、覚悟の問題も大きいし、これまでの準備のレベルも大きいと思います。
    最も大切なのは、いろんなことのバランスを取っていく力を身につけることだと思います。
    考え方の固執に苦しむケース(発想の転換が出来ない)もあることを思えば、考え方の柔軟性や新たな考え方を取り入れ変化を容認することも重要です。

    なんてえらそうなことを書いてしまいました。
    「いいかげんでおおざっぱな奴が偉そうな!」と思われた方も多いと思います。
    私ができているというわけではなく、そういうことが重要なのかなと感じているということです。


    私はスペシャリストよりゼネラリスト派という感じで、もともと「興味が移り気(=いいかげん)」なところがありますので割と変化には寛容です。
    このブログを読んでくれている人はそうかもと思ってもらえると期待したいのですけど、私はくだくだ考えることが好きです。
    「移り気だけどいろいろ考えるのが好き」というのは、バランスを重視して1つにとことんこだわらない性格であり、表も裏も見るような思考回路も少し発達しているのかなと思っています。
    言わば、大きな引き出しはないけど、小さな引き出しをたくさんもっているという感じでしょうか。
    こう書くと、薄っぺらい人間だということかもしれません…。





    <ミドルエイジの危機を乗り切る(2008年版)>


    2008年12月に「ミドルエイジの危機を乗り切る!(All About 大美賀 直子)」という記事を読みました。
    ※以下、当時のエントリーです。

    ■ミドルエイジの初期は、“人生をリストラクチャリング(再構築)する”の時期。それが、ミドルエイジの入り口でまず着手しなければならない課題なのです。
    ■人生の折り返し地点で将来設計を考えることは、“本当の自分”とじっくり向かいあう絶好のチャンスです。



    ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)については、私もそういう年齢になりつつあるので勉強を始めています。
    勉強していくと、若い頃には考えられないような老いと向き合う心の準備が大事じゃないかなと感じます。

    まず、自分が中年であるということが認められないということろから始まるんだろうと思います。
    早い人は30歳台で経験し始めるようですので、何歳からってなことではないはずです。
    私も既に思い当たる節があります。

    長期投資を考えてみても、若いうちは20年30年の長期投資ってはるか先で時間軸なんて考えなくてもよさげですが、40歳、45歳になると実はカウントダウンが始まっているとも考えられます。
    だから35歳の投資感覚と40歳や45歳ではそんなに年齢差はないと思うけれども、感覚に開きが生じ始めてもおかしくない思うんです。

    40歳からカウントダウンと書くと、「まだまだ!」と思いたいわけですが、年とともに理想と現実の乖離を認めざるを得なくなるし、老いによってそれが加速していくのではないでしょうか?

    「老いを受け入れる」のは恐ろしい話に聞こえるんですが、認めてしまえばそれなりに楽しさを見つけられるけれども、認められなければ心の闇に捕らわれるような感じなのでしょうか?

    以上が、うさみみのイメージするミドルエイジ・クライシス(中年の危機)です。実際はどうなのでしょうか?

    人生設計を勉強し実践している立場から見ると、大美賀さんが上記で挙げていることは、非常に大事だと思います。
    「再構築」するのは、過去の行動の間違いを認めることも含まれるので実につらいのですが、その作業が自分を見つめなおすことにつながるわけです。
    これから、年を取るごとに、事あるごとにそういった作業が必要になるだろうと思うのです。
    ますます、5年先、10年先のイメージをより具体的に持つことが大切になってくると思います。

    今まで貯金をしてこなかった人は、さすがにしないわけには行かなくなります。
    今まで健康に気遣ってこなかった人は、うさみみのように突然入院するかもしれません。
    資産形成の目標をたてていても、なんとなく届かないことに気がつくかもしれません。
    仕事の栄達も届く範囲が見えたり、後輩にあっさり抜き去られたりするかもしれません。

    時間が限られるほどに、現実が押し迫ってくるのでしょう。
    その度に、心は揺れ、葛藤が生じ、自分自身の価値に疑義をいだくこともあるでしょう。
    だからこそ「再構築できる力」が中年時代を生きる力じゃなかと思い始めています。





    <中年の入り口にて(2012年版)>


    上記の「ミドルエイジの危機を乗り切る(2008年版)」は、3年前の私の感覚ですけど、分かった風に偉そうなことを書いていますね。
    実際、40代に入っての感想を言えば、変化が大きいなと感じています。

    先輩方の中では原因不明の症状に悩まされている方も結構多いです。
    これって逆に言えば、そういう悩みを打ち明けてもらえるような状況に私も入ってきた事を意味しているんですね。
    解決しにくい課題が並行してたくさん並んでくるのが、中年なのかなと思います。

    私の場合、お金の問題に関しては、ここには並んでこない分楽なのかもしれません。
    (その分若い時にそれなりの犠牲を払っているとも言えます。)
    私が若い人たちにアドバイスができることがあるとすれば、お金の備えは早めにして時間を味方につけて欲しいということです。

    「中年になると解決しにくい課題が並行してたくさん並んでくる」と考えていただくとして、お金の問題は規模と習慣の問題なので、若いうちからの行動や考え方が重要です。
    中年になってから節約というかお金の習慣を変えるなんてなかなかできることではないし、変えざるを得ないから変えるとなると心の負担が半端でないと思います。

    社会人としての責任ある立場や子どもの受験や就職などは、そういう年齢にならないと分からないし、準備も難しいというか、やってみないと分からない世界だと思います。

    お金の課題だけでも、少しでもクリアしておくことが、「ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)」の一番の備えかもしれません。
    あとは、いろんな本やブログなどから「いろんな考え方にふれておくこと」が2番目の備えかなと思います。
     






    (関連するエントリー)ミッドライフクライシス(人生半ばの危機)について

    このエントリーは、2008年12月7日にUPしたものを修正しています。

    「心と体の健康」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ
      
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
    ジャンル : 心と身体

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。