ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  アラフォーで一度立ち止まる意味(仕事、結婚、独身、ドラマなど)
No1出会えるサイト

アラフォーで一度立ち止まる意味(仕事、結婚、独身、ドラマなど)

 
私もついにアラフォーの出口に差し掛かりつつあります。
40歳あたりは人生の折り返し地点ですから、アラフォーのどこかで自分に対する問いかけをせざるを得ない場面が訪れやすい節目なのだと思います。
男性だと42歳が「大厄」と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いとされています。
私も気をつけなければならないです。




<アラフォーとは(意味)>


 「アラフォー」とは、Around forty(Around 40)(アラウンド・フォーティ)の略で、40歳前後の人(世代)を指します。
ですので、30歳前後は、アラサー(Around 30)(アラウンド・サーティ)と言いますし、20歳前後は、アラハタ(Around 20)(アラウンド・二十歳)と言います。
20歳前後については、なぜかトゥエンティではなく「はたち」を使いますよね。


「アラフォー」の言葉自体は、単に「40歳前後」という意味だけです。

TBS系列で、2008年4月11日から6月20日までの毎週金曜日の22時から放送された『金曜ドラマ・Around40 〜注文の多いオンナたち〜』を私も見ていました。
「アラフォー」という言葉が流行り出したのはこの頃でしたよね。

主演の天海祐希さんが、40歳を間近に控えた主人公の精神科医(緒方聡子役)を演じ、大塚寧々(森村奈央役)や松下由樹(竹内瑞恵役)と共にそれぞれの道を進んできた40歳前後の女性の苦悩と葛藤を複眼的視点で描いたドラマでしたね。

・緒方聡子(天海祐希):39歳。精神科医。独身、恋人なし、結婚願望は一応あり
・森村奈央(大塚寧々):35歳。雑誌編集者。結婚願望なし→突然セレブ婚。
・竹内瑞恵(松下由樹):39歳。夫と息子(14)との3人暮らし専業主婦。聡子の中高の同級生。

それぞれの道を歩んできたアラフォーの「独身」「結婚」「子ども」そして「仕事」を描いていたので、男の私でも面白くみさせてもらったので記憶に残っています。
このエントリーの初期版を書いたのも、このドラマ後ですので影響を受けたんですよね。

女性の仕事については、アラフォーに入る前の35歳が大きな節目で我が家もその節目を越えたところにいました。
私達が35歳の時は、娘達が小学校低学年でした。
仕事と子育ての狭間の中で、モヤモヤしているうちに35歳の節目を通り過ぎてしまいました。
35歳を過ぎちゃうと極端に仕事が見つかりにくくなるし、正社員で働くとなると定時では帰りにくいので、結局我が家は妻の再就職へは踏みこめませんでしたので、竹内瑞恵(松下由樹)の苦悩が一番身近でしたね。
「自分も何か仕事しなければ…」と焦りと子育ての狭間に我が家もいました。
なんとなく、社会においていかれている疎外感があるんですよね。

独身の方も、子どもがいない方も、アラフォー世代の人ならば自分の人生に照らし合わせていろいろ思う所があったのではないかと思います。そんなドラマでしたね。




<39歳の入院と自分への問いかけ>


(私が39歳時点で書いたエントリーです。)

40歳くらいになると、「いったい自分は何のために働くのか?」という問いに答えが見出さなくなってしまうことはありませんか。
ここを軽くかわせる人はいいのですが、「突如と心が深い闇に覆われる人」もいます。

私ももうすぐ40歳ですが、社会的にも責任が重くなっていくのを感じます。
今年入院したのも、「精神的・肉体的」に疲れててきているので「たまには休め。そしてこれからはあせらず無理せずゆっくり歩みなよ。でないと取り返しのつかないことになるぞ…」という神様の言葉を聞いたような気がしてなりません。

私は今の仕事が天職という感覚はありませんが、どこにでも馴染んでそれなりにこなせるタイプだと自分では思います。(仕事が出来ると言う意味ではないですよ。)
今の仕事すきですし、やりがいも持っています。
自分では問題なくやってるつもりでも、入院してしまったことに正直驚きを隠せませんでした。
「何が原因なのだろう?」~直接の原因は今でも分かりません。

分からなければどうでもいいということではなく、むしろ、いったん立ち止まってゆっくり考えるべきだなと思います。
今はそういう時期ということだと思うんです。

私は、どちらかいえば前に前にいくタイプの人間なので、気付かないうちに無理が溜まるようです。
突然「心の闇に捕らわれる」こともあるかもしれないなと思いました。
なにか感じるものがあれば「立ち止まる勇気も必要な時期」に来ているんだと思います。
もはや若さで解決できないくらいの無理が溜まっている恐れがあるという「1つの警告」だと思います。

40歳あたりは人生の折り返し地点でもあります。
肉体的には若くないので今まで以上に「自分の心と体への問いかけ」が必要なのかもしれません。
「立ち止まって過去を1つ1つじっくり整理しつつ、自分の体力に合わせた未来に再構築する。」。そういう時間を充分とってもいいかなっておもいます。
急いで結論を出す必要はない、むしろゆっくりがいい。。これが入院を通じで意識が変化したことの答えのように思います。



  
<アラフォー、42歳男子の仕事感>


39歳時点の入院時に比べると仕事における立場は随分と変わりました。
たった3年で一気に変わるものだなと思いますけど、これがアラフォーなんだなとも思います。
団塊の世代の退職は、リタイア年齢が遅くなっているとはいえものすごいインパクトがあります。
なにやら一気に責任が増してくるという感じですね。

入院時は、最前線の中で一番難しい難題をクリアするという感じで、年齢が上がってくるごとにプレッシャーが少しづつ上がってくるという感じですよね。
仕事の節目がアラフォーあたりで来ると仮定した場合、「ふるいにかけられる」もしくは「自らをふるいにかける」という時期が来るという事です。

例えば、中間管理職に進んでマネジメント的な仕事になるのか、最前線で周りをフォローしつつ難しい難題を押しつけられる立場のままいくのか、もしくは主戦場からできるだけ外れるようにしていくのか、いろいろな道があります。
これからはパラサイトでいくのか、どうせ仕事をするんであれば自分なりに何かをやりたいと思うのかという視点もありますね。

パラサイトを目指すのでなければ、形は違えど年齢を重ねるごとにプレッシャーは増えていきます。
昇進しないのであれば、最終的な責任者にならなくてよい半面、年齢を重ねる毎に背負う重さは少しづつ増えていきます。
昇進していくのであれば、責任を負う立場に進むことになり、上司と部下の板挟みともなる中間管理職をこなしていかなければいけません。

アラフォーで巻き起こるそれぞれのドラマは、会社の思惑とそれぞれ個人の思惑が複雑に絡み合って、いくつもの分かれ道を作り上げます。
特に自分がどうしたいと思っていなくても「お前はどの道を行きたいのか。」を知らないうちに選ばされているように思いましたし、「はっきりどうするのか?」と問われる場面にも出くわしました。

人生の後半戦の行く末がここら(アラフォー)で決まってくるんだなと感じました。
選択すれば動き出します。
「どうせ仕事をやるなら楽しもう」という気持ちをいつまで持ち続けられるかは、立ち止まって考える事を忘れないことなのかなと思います。
気付かぬうちに闇にまで進んでしまっては大変です。






このページは、2008年7月1日にUPしたエントリーを修正しています。

「Around40を考える」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ 
 
関連記事
  • はてなブックマーク - アラフォーで一度立ち止まる意味(仕事、結婚、独身、ドラマなど)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : 楽しく生きる
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    お互いがんばりましょう

    私ももうすぐ40です。そして娘がいる点でも似てますね、もっとも私の場合は産まれたばかりなので、これから大変ですが(^u^)

    確かに責任は増しますし体力的にも能力的にもきびしい時期にさしかかりつつあるようです。実際、最近は固有名詞がすぐに出てこなくて老化を感じてまして(T_T)/~~~

    ですから、体調を最優先にして愛する家族と一緒にできるだけ長く過ごせたらいいなぁ・・・と祈っている今日この頃です(*^^)v

    木星さん

    娘さん産まれたばかりなんですね。おめでとうございます(^^♪
    40あたりはちょい一服ってのがいいかも。
    大切なことは何か、立ち止まってゆっくり考えて、お互い次へステップアップしたいものですね(^^♪

    はじめまして!

     資産運用のブログ(特にインデックス関連)を覗いていて、うささみさんのコメントに興味を持ちお邪魔しました。私は46歳、しかも投資を始めてまだ4年目。そして、6歳の男の子に4歳の女の子もいます。このような状況で資産運用の実践と言うのは非常に稀なものですから、子持ちのうささみさんのブログにはとても共感がもてます!
    7月19日には子供の育成会で家族初めてのディズニーランドに行く予定なのでうささみ家のランド体験をも参考にさっせてもらっています。(笑)
    我家は自営なのでそこも他の皆さんから異種です(泣)・・・とは言え、これからも拝見させていただきますのでお身体に気をつけて素敵なブログを続けてください!

    中年の危機

    うさみみさん、お久しぶりです。おっしゃられていること、よくわかりますし、普遍的なことだと思います。僕の趣味の心理学用語で表現すると「中年の危機」と言われるものだと思います。8割に人が経験するそうです。参考までにこちらを貼っときます。

    http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20050715A/index.htm

    ではまた。記事楽しみにしてます。

    ha-kunnさん

    はじめまして。
    お子さん二人で、うさみみ家とおんなじですね。投資歴もほぼ同じです。
    子持ちの投資家は確かに少ないですね。
    それだけに的外れなこと書いてるかなって思うときもあるんですが、うささみさんのコメントに興味持っていただいてうれしいです(^^♪

    ディズニーランドに行かれるんですね。
    土曜日なのでたくさん回るのは難しそうですが、絶対乗りたいとこを家族でワイワイ決めるってのも楽しいですよね(笑)

    FPは入場チケットで取れます。1人が行けば家族の分をまとめて取れるので、待ち時間の少ない乗り物に乗ってる間、誰かがFPを取りに行くってのもいいかもしれません。
    お子さんが小さいので「プーサンのハニーハント」とか長時間並ぶアトラクションをFPとっておくとストレスがだいぶ減ります(^^♪
    いっぱい、楽しんできてくださいね(^^♪
    また、コメントいただけるとうれしいです。今後ともよろしくお願いします(^^♪

    Mitchさん

    うさみみも上手く言えないんですが、入院で「人生の休憩」をしたことで何かに気がついた感じで、そのまま素直に日記に書いてみました。

    ご紹介いただいた記事はまさに同じことが書かれていて、プロの文章って分かりやすいなって感動しちゃいました(笑)

    メンタルヘルスというか心の問題は目に留まれば読むようにしています。
    この点につきましては、時間がある時にゆっくり取り上げて見たいなって思います(^^♪
    Around40というカテゴリは、人生の洗濯がテーマだと思ってますし(笑)
     

    私はアメリカン?

    日経PLUS1の件ではいろいろ、ご意見いただきありがとうございました。
    >男性だと、42歳が「大厄」と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に
    >高いとされています。
    アメリカ人なら、日本の慣習が当て嵌まりませんよね?小生、日経PLUS1の記事に関連して”辞表”を提出したのは42歳。日本人の考え方していないんですかね(笑)。
    >「何が原因??」~直接の原因は今でも分かりません。
    >うさみみは前に前にいくタイプの人間なので、気付かないうちに
    >無理が溜まるようです。
    日本人は、知らず知らずのうちにストレスが溜まって、病気になる人が多いですね。この意味でも、小生、アメリカンなようです(笑)。全く理不尽な仕事を押し続けられても、「俺が可笑しいんじゃない。会社が可笑しいんだ。他の日本の会社も可笑しくなっているはず。どう対処するか。」で、”激闘の記録”に書いたように、凶暴な(この意味でもアメリカン、笑)手段で対抗してしまう。ストレスは感じても、病気にはならずに、力ずくで解決してしまう。秋葉原の事件とは全く違いますが。

    ところで、うさみみさんは理系、技術屋でしたか?小生、実は工学博士号(有機合成化学)保有です。セミリタイア後、理系→文系の仕事(及びボランティア)を考えています(笑)。ここまで、180度方向転換しようとするのもアメリカンかもしれませんね(笑)。

    Werder Bremenさん

    日本人はマジメなんでしょうね。自分でマジメと思ってなくてもマジメなんでしょう(笑)
    一度、入院すると、大切なものが見えてきます。
    そのサインに気付かない人、体や心の悲鳴に耳を傾けない人が、壊れていくのかなと、最近思います。
    勉強中ですので、どうかわかりませんが(^^♪

    工学博士号(有機合成化学)保有されれるんですね(^^♪
    うさみみは農芸化学でした。今の仕事は全然畑違いですけどね(笑)
     
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード