ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  まず家計のバランスシートをつくろう
No1出会えるサイト

まず家計のバランスシートをつくろう

    
前回のエントリー「人生設計と家計のバランスシート(貸借対照表)」の続きとして、家計のバランスシートの中身を細かく見ていきます。



(うさみみ家の家計のバランスシート)

jyunsisann.gif
※クリックすると画像が大きくなります。


  

<資産を把握しよう>


まず自分の保有する資産をすべて書き出します。

すべて「時価評価」をする必要があります。
株式など時価が変動する資産の場合、購入額を入れたくなりますが、「あくまで今、売却(解約)したらいくらになるか」で把握すべきです。

資産の項目はだいたいこんな感じです。

■現金(商品券を含む)
■普通預金
■定期性預金……満期日、利率
■その他預金(社内預金)
■個人向け国債
■有価証券(株式、投資信託など)
■外貨(外国債券、外貨MMF、FXなど)
■土地
■建物
■保険積立金(解約返戻金)
■車両
■高級品
■その他資産

とにかく、「売却(解約)して現金化できるもの」すべてを資産として計上するのが基本です。


ただし我が家は、上記のリストのうち、土地・建物・保険積立金(解約返戻金)・車両・高級品・その他資産については、月1回の算出では計上していません。
企業会計のようなバランスシートを意識するのであれば、本来これらの項目は計上すべきだと思います。

車両・高級品について評価するほど価値のあるものではないという判断です。
本音は単にめんどうだということです。

保険資産も不動産は、価値もかなり高いものですが、計上していないのはおすすめする理由ではありません。
我が家では、保険はあくまでお守りとして、自宅不動産は売却は考えていないという価値観から外しています。

どうも、自宅の時価評価は良く分からないというのと、ずっと住むつもりなので売却という発想がなかったということだと思います。
保険についても、解約する意思がなかったので、資産として計上するという感覚が持てませんでした。

こうして家計のバランスシートという名目で考えればこれらも計上すべきだなと感じるんですけど、これまで自分の意識した金融資産を10年以上も集計してきて今更というのが本音です。
今更、不動産や保険資産を計上して資産が増えても特にうれしさもありませんし、ちょっと混乱しそうです。
計上できるものを計上しないというのは安全側なのでよしとしておきたいと思います。

ただし、人生設計の「リタイアメントプラン」や「生命保険の補償額」を考える時には、「保険資産」については意識せざるを得ないと感じています。


随分といいかげんなことですが、自己流もありだと思います。
ただし統一して続けていくことが大切ですね。





<負債を把握しよう>


資産と同じように、負債をすべて書き出します。
負債の項目はだいたいこんな感じです。

■住宅ローン
■その他借入金(マイカーローン、教育ローンなど)
■カード未払い金
■その他負債

負債については、負債額だけでなく、毎月返済額、利率、返済期限などをしっかり把握しておく必要があります。(支払いを忘れると大変ですからね。)

純資産を増やすためには、資産を増やすことが基本であり、負債がある場合は負債を減らす事も基本になります。
ローン金利と預金金利や税制を踏まえながら、どちらを優先すべきかを経済的合理性を意識して考える必要がありますが、私としては基本的には負債を減らすことを優先すべきと考えています。

負債がある以上、常に負債の事を意識してしまう自分がいました。
借金から早く抜け出したいという気持ちでいっぱいでした。
負債がなくなった時、支払い期日を意識する必要も、負債自体を意識する必要がなくなった時に解放感は忘れません。
気持ちが楽になります。

最近は、変動金利で住宅ローンを借りる人が増えている気がします。
変動金利は金利が安いため、場合によっては「住宅ローン控除による所得税の控除+預金利息」の方が有利な場合もあります。
しっかり貯金しておいて、金利上昇時に繰り上げ返済するなど、いろいろ考えるのもいいですね。

経済的合理性を意識しながらも、そういったことも踏まえて、資産を増やすか、負債を減らすかを考えるのがいいと思います。


ここで問題となるのが、大きな負債があるのに、資産を増やすために「資産運用」を考える人もおられるという事です。

住宅ローン金利より、運用利回りが良ければ、資産運用するのが経済的合理性にかなうという考え方も見かけます。
それは、その人の価値観だし、その人の自己責任ですることですから、自由にすればよいとは思います。


私の場合は、住宅ローンの完済を優先させました。
リスク投資がプラスになればよいですがそうとは限りませんし、返済していけば確実に支払うお金が減っていくということを考えると、「住宅ローンを抱えながら資産運用するというのは考えられなかった」というのが私の考えです。
当時は、株式投資の手数料も高かったので、投資をするという感覚そのものがなかったのです。

※ここでいう資産運用は、リスクをとった投資のことです。


「住宅ローン金利より、運用利回りが良ければ、資産運用するのが経済的合理性にかなうという考え方」に対しては、ならば「住宅を購入する前に、そういうことを考えていたのか?」を思い起こしていただきたいと思います。
それだけ資産運用能力があるのなら、運用益で住宅が買えるまで運用する方が合理的な気がします。

住宅ローンを組んでから「繰り上げ返済より資産運用の方がいいと思った」というのであれば、住宅ローンを抱える危険性について危機意識が薄いように感じます。

住宅も資産運用も、時価評価が常に変化するリスク性資産です。
住宅ローンという莫大な負債を抱えつつ、自宅だけでなくさらにリスク性資産を抱えるというのは、資産バランスを考えても極端にリスク資産に偏っていると感じます。

そういった意味からも、あくまで私の個人的な考えとしては、「負債を減らすこと」を優先させるべきだと思います。




<純資産を算出する>


「資産」と「負債」を書き出して時価評価できれば、純資産は計算するだけです。

■純資産=資産-負債


これらを表にまとめると分かりやすいです。

以上の手順で、「家計のバランスシート」が作成できるはずです。
もし、作成した事がなければ一度作ってみてください。

この作業を通じて、いろんなことを考えさせられたり、勉強しなければいけない事に「気づく」と思います。
こうした「気づきを得る」という意味でも、大事な作業だと思います。







<家計のバランスシートを作成したら>


家計のバランスシートを作成したら、いろんなことが見えてくるのではないでしょうか。

それを見ながら夫婦で話し合うこともできるでしょう。
「もっと、住宅ローンを減らしていこうね。」なんて会話もあるかもしれません。
そんな会話の中から、進むべき方向が見えてくるかもしれません。

人生設計と言えば難しいイメージですけど、そういった会話が人生設計、マネープランの前段階だと思います。
そういった方向性に従って、「何のために、いつまでに、いくらという計画」がマネープランなのですから。

また、家計を見直すきっかけになるかもしれません。
「もっと貯金するために支出を減らそう」という方針が出てくるかもしれません。

このように「家計のバランスシート」というのはいろんなことにつながっていきます。
逆にいえば、現在の純資産や資産、負債の状況を知らずして、家族の方向性を考える事は難しいはずです。


我が家では、毎月、純資産を算出しています。
定期的にチェックすることで、我が家にどのくらいの貯蓄力があるのかが分かって来ます。
すると、「いつまでにいくら」が予測しやすくなります。
もっと、がんばればもっと早くたまるとか、いろいろ試行錯誤していく中で、夫婦で話し合う機会が増えるといいですね。

家計のバランスシートの形は、試行錯誤していくうちに自分に合ったスタイルができてくると思います。
とりあえず、始めてみる。。。そして、修正していくと少しづつ良くなっていくのではないでしょうか。
結果、他の人とちがったスタイルになろうとも、夫婦が共有できればいいと思います。




  
このエントリーは、このエントリーは、2009年11月20日にUPした記事を修正しています。

(関連するエントリー)
■人生設計と家計のバランスシート(賃貸貸借表)

「人生設計をたてる」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

  
関連記事
  • はてなブックマーク - まず家計のバランスシートをつくろう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    そうなのですね

    うさみみさんの中では
    「住宅ローンを抱えながら資産運用」するというのは
    ありえないのですね。
    kirara家の場合は
    資産運用は住宅購入以前から
    行っていました。
    その頃はまだ日経平均も高っかったです。
    だからこそ今の市場を割安なのではないかと
    思う部分があります。
    ただ日本経済の回復は
    まだまだ時間がかかると思うので
    今の時点で日本株を購入する気はありません。

    例えば投資信託の基準価額が
    (商品によって異なると思いますが)
    ただ今の水準で今よりも半分になる事があるとしても
    底から今の水準くらいなら
    戻る事もあるのではないかなと思います。
    そんなわけで
    住宅ローン繰り上げ返済も意識しながら
    資産運用もしています。
    もちろん今後世界経済がさらに悪化するなど
    の可能性も考えていないわけでは
    ありません。
    本当、資産運用は自己責任ですよね。

    kirara28さんへ

    あくまでうさみみの考えですが、「住宅ローンを抱えながら資産運用」するというのはありえないと考えています。
    それは、資産分散としてリスクに偏りすぎという観点と、借金してリスク投資をするのは信用取引の2階建てと同じ構造だからです。
    (リスク管理上は、住宅(ローン)は不動産投資だという発想です。)

    これも個人的な考えですが、資産運用という資産形成の1つの道具にすぎないものが、マネープランより重視されているような気がするのです。

    ただ、人によっていろんなマネープランが存在していいと思っています。将来の娘にはダメだというメッセージですが、他の方はそれぞれのリスク許容度の範囲であればよいとも感じます。
    おっしゃる通り投資は自己責任であり、付け加えるならばマネープランも自己責任ですよね。

    うさみみより年収が高く子供も1人なのに、給料が減っただけで住宅ローンの返済が滞って自転車操業の友人がいます。
    あまりにも支出が多いからです…。でも、支出を減らす事はできず、さらに働くことでギリギリ維持している状況で胸が痛いです。

    ほんのちょっとでも支出をコントロールする意義をしっていれば……一度走り出した物(この友人の場合は支出)は簡単には止めれません。
    投資も少々麻薬的なところがあって、一度走り始めると止める事はできません。うさみみの場合、新規投資を凍結しましたがこれもいろんな批判を浴びました。
    今までやって来た事を否定するのか! お前のマネープランは間違っていたってことだよな。。。たぶんそういう指摘なんだと。
    その通りの葛藤はありました、でも、後から考えるとMyマネープランを持っているからそれが可能だったんですね。

    コメントを読んで思った事は、
    「住宅ローンと投資」という組み合わせが出来る人は、安定した収入、節約生活が必要だと思います。
    あと、投資の規模も控えめで、繰り上げ返済も並行してやれる。。kiraraさんのような家庭であれば、よいかもしれません。
    「投資より繰り上げ返済の方を重視しているかどうか」が大きなポイントだと感じました。

    あとやばいと感じ始めた時は投資をスパッと休止し、かつ損失確定してでも生活を防衛できる胆力(=意地にならない)があれば、ありかもしれないなって思います。

    今回の記事は、「あえて強い表現」を使ったので気を悪くされた人がおられるかもしれませんが、1つの視点としてとらえて頂ければ幸いです。(投資の視点ではなく、マネープランの側から見ています。)

    最終的には、マネープランも人生設計も投資も自己責任という意識が大切なので、それぞれの想いをのせることが一番大切で、その上で危機管理も同じくらい大切なことだと思うのです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントいただいた方へ


    コメントありがとうございます。
    必要以上の保険商品を買わないのは大切ですね。

    ここは資産運用のブログと感じられましたか?
    特に資産運用だけにこだわっていないので、いろいろコメントいただければうれしいです。

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード