ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  5年先の資産形成と人生設計の目標を持て(20代、30代、40代)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    5年先の資産形成と人生設計の目標を持て(20代、30代、40代)

      
    人生設計という言葉に違和感を持っている人は多いと思います。
    でも「家を買うこと」を考える時、既に人生設計的な検討をしているんだと思うんです。

    子どもが出来た時に、我が家と同様に家を買いたくなる家庭は結構あると思うんですけど、その時に「子どもの教育費」のことも頭によぎると思います。
    ここで2つに分かれます。
    「子どもの教育費なんてまだまだ先だから家を買おう」という発想をする家庭と、「子どもの教育費がかかる段階で住宅ローンがどのような影響を及ぼすのかを考えてみる」という発想をする家庭とです。

    前者の目線は、今の家計で住宅ローンが払えるかどうかという現在という限定した範囲だけに意識がいっています。
    後者は現在だけでなく将来への影響も気にしています。
    どちらが優れているのかは私にはわかりません。
    しかし、後者側の発想をする人は、形にはなっていないかもしれませんけど人生設計を意識していると言えます。

    私がこういうブログを書いているので、さぞかしものすごい計画をたててその計画にしたがって暮らしてきたと想像している人が多いと思いますが、人生設計といえるものをたてたのは35歳の時です。
    別に計画的に歩んできたわけではないし、むしろ計画はどんどん変更されてきたと言えます。
    案外、そんなものなんですね。
    後者の目線で考えると言うこと自体、「いつまでにいくら」という人生設計を意識しているということであり、これは資産形成でも大事な目標になるわけで、必ずしも形になっていないからダメというものでもないはずなんです。
    固く考えすぎている人ほど、そうした部分に向きあえていないようにも感じます。
    人生設計をたてなくてもいいけど、意識して考えるようにしていけばいいんじゃないかと思います。




    <35歳というターニングポイント>


    私がいわゆる人生設計やマネープランをたてたのは35歳くらいの時でしたので、35歳にこだわってみたいです。
    35歳あたりでは、社会人になって中堅の立場にあり資産形成のスピードも自認できる頃です。
    「結婚」、「子どもの有無や人数」、「住宅購入の有無」などもはっきりしてくる頃です。
    なんとなく先々こんな風に歩んでいくのかなというのが見えてくる頃と思います。

    逆に言えばそうしたことが見えてこないのに、「子どもの教育費」とか「老後の生活」なんて想像できないんですよね。
    「これからも一人で生きていくのかもしれない」と考える人もいると思いますけど、この場合は結婚なし、子どもなしということです。
    まだ見込んで「結婚したいな」と考えている人は、資産形成のペースさえ把握できていれば、家族を持ってこんな人生ならおくれそうだと想像できると思います。

    逆に言えば、20代と30代前半は、なかなか将来の先々まで考えるのが難しい段階と言えそうです。




    <20代で考えるべきこと>


    20代でいわゆる人生設計を持つ事が大事だとは私は思いません。
    むしろ仕事上のキャリアを意識して、資産形成を自分なりに考えていければいいんじゃないかと思います。
    逆に20代で貯金ができない人が30代になっていきなり貯金できるようになることはないわけで、いざ結婚したい人ができても全く準備で来ていなくてあせるなんてことがないように資産形成は頑張っておきたいですね。




    <30代で考えるべきこと>


    30代では「結婚」について自分がどうするかスタンスでいくのかをそろそろ固めておく方がいいかもしれません。
    結婚については出会いがあるかないかという部分も大きいのですけど、今は出会いがなくても結婚したいかどうかは考えておく方がいいという意味です。
    結婚するかしないかはとても大きな分かれ道となるので、結婚したいのであれば、その先の事も考えておく方がいいし、その準備も早目にしておく方がいいわけです。

    35歳で親になれば、子どもが独立するのは早くて57歳になります。
    子どもが2人ならば60歳前後になるわけです。
    30代後半以降で親になれば、子どもの教育費と老後の生活が重なってくることになりますし、家を買ったとすればそれも重なってくる可能性があります。

    20代は資産形成に興味がなかったとしても、30代では意識すべきだと思います。
    はっきりと時間的に間に合わなくなるからです。
    20代である程度自分のキャリアについて将来も読めてくるわけですから、その中でどのように資産形成をしていくのかをしっかり見つめながら歩んでいくようにしたいですね。
    将来の人生への準備の為に残された時間をはっきり意識しておく必要があります。




    <40代で考えるべきこと>


    40代になると、「結婚」、「子ども」、「持ち家かどうか」など進んできた道もしくは進みたい道がはっきりしていると思います。
    40代は、シビアなお金の問題と時間との戦いの火ぶたが切られる時期でもあり、30代までの準備の成果が問われる時期でもあります。

    35歳でいわゆる人生設計を作ったとして、40代は自分たちの老後まで見据えた人生設計を考える段階になります。
    40代は社会人としての後半戦に入ってきて、キャリアによっては会社の中で大きな責任を負う段階に入ってきますし、子育てで言えば受験や教育費がかかってくる段階で本格的な支出が始まる段階になります。

    40代はいろんな方向からこれまで感じた事がないプレッシャーが押し寄せてくるので、30代より一皮むけないと精神的にもしんどくなりそうです。
    私も30代の後半から、仕事の上では全体的なマネジメントのはしくれを担うようになりました。
    仕事の範囲はより広範囲になり、ケアすべき部下の人数も飛躍的に増えていくし、責任と裁量は増大していくといっためまぐるしい変化があります。
    私の場合は、最前線で仕事をするのと全く違うので、自分がやろうと思うことの標準を全く違うところに向けました。
    一言で言えば、「今までは今まででもういいや。これからはこっちに行こう。」と開き直ったというか、割り切ったということです。

    子育てで言えば、高校受験や大学受験を迎えます。
    これから2年に1回くらい受験年になるわけです。

    こんな忙しい時にマネープランにおいては、老後の生活を視野にいれなければいけません。
    50代から始めるには時間がなさすぎるからです。
    50代になれば給料も減らされていく段階になりますし、子どもの大学の学費の支出がピークを迎えてきます。
    40代でも行動を起こしていなければ、さすがに時間的に無理という気がします。





    <5年先の資産形成の目標を持て>


    20代、30代、40代とくだくだ考えてみましたが、歩む人生によって相当な違いがありますので、一般化してまとめることはできません。
    ただ、だれしも10年毎もしくは5年毎に人生のステージが変わってくるんだと思います。

    子育てで言えば、幼少期子育て、小学生時代、受験時代、大学生時代などが22年間に間にあります。
    仕事の面でも、徐々に立場が変化していきます。
    そして資産形成のステージも資産額に応じて変化していきます。

    私の場合は、過去を振り返って転換点がどの周期で来るかを思い起こしてみると「5年」という数字が一番しっくりきました。
    5年毎にステージの違いを感じています。
    これが10年毎の人もいるかもしれませんが、それを前半と後半にわけると5年ごとになります。

    5年先の資産形成の目標を持つ事、「いつまでにいくら」という目標を考えるときに、「60歳でいくら」を考えるだけではなく、「5年先にいくら」という目標を持つことが実践的に大切になります。

    (5年先の資産形成の目標のすすめ)
    ■「1年先の目標の5倍」という発想ではなく、「5年先の目標の5分の1が1年先の目標」という発想
    ■5年のステージ単位の目標を重視する事で、やや長い目線でお金の問題に取り組めるし、目標到達の達成感を次のステージのバネにできる


    私の感覚では、10年周期では長すぎすり、数年では短すぎます。
    5年くらいで達成できるくらいにして、頑張れば4年でいけそうな設定が私には合っています。
    5年周期が、3年周期でもいいと思います。

    私は20代から資産形成を頑張るのをお勧めしますが、できるだけ早い段階で「お金が塊になると人生の選択肢が増えること」を実感してほしいからです。
    お金が塊になると、人生3大支出である「住宅費」、「教育費(養育費)」、「老後の生活費」の1つづつでも攻略が見えてきます。


    私の感覚では、1年単位の目標にした場合は弊害の方が大きい感じがしています。
    これは投資をやっていることも関係していて、資産の変動に惑わされてしまうからだと考えています。

    自分にあったリズムを見つけるのは、20代では難しいと思います。
    そういう意味では、20代はがむしゃらでいいと思います。
    まずは、お金の塊を手にいれることが、実践的に大事だと思うからです。






    このエントリーは、2009年6月6日にUPしたエントリーを修正しています。


    「資産形成の極意」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 5年先の資産形成と人生設計の目標を持て(20代、30代、40代)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。