ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  携帯電話を水没から復帰させた方法(復活方法、水没マーク)au、ソストバンク
No1出会えるサイト

携帯電話を水没から復帰させた方法(復活方法、水没マーク)au、ソストバンク


私は携帯電話の水没を2回も経験しています。
そして、2回ともなんとか復活させることができました。
その経験の中で、水没反応シールなるものがあって反応してしまった場合、無償の修理にこぎつけることが困難になるという話も聞きます。
au携帯の水没判定シールは 「白地に赤い水玉模様」です。

私の場合は、幸い、自力で復活させることができましたので、「水ポチャ事件」と軽い感じで書きます。
水ポチャ事件というのは、『携帯電話の水没』又は『携帯電話の水濡れ』のことです。

2回目は、2009年5月の夜勤前にやっちゃいました。
しかも、auからソフトバンクに乗り換えてから2ヶ月しか経ってないし、安心パックも入っていない状態だったのです。
乗り換えたばかりでいきなり携帯水没なんて、背筋が凍りました。
1回目はauの携帯電話だったのですが、ソフトバンクの方が水濡れには弱いらしいことは聞いていました。

1回目の携帯電話の水没の時は、全く何をしていいのかわからなかったので、とりあえず携帯電話の表面を拭いて、電源がついていたので大丈夫だと思い込んで仕事をしていました。
すると、電源が落ちてるではありませんか…。しかも、電源ボタンを押しても全く反応がありません。

これは、最悪の行為をやっていたのです。
実際、困り果ててネットで検索して調べたら、最悪の行為だったってことがよくわかりました。
ほんと、知らないということは恐ろしいですね。

■水没した携帯電話に電気が流れているとショートしちゃう恐れがある。
 (不純物を含んだ水は電気を流すので、回路が切れたり、おかしくなったりするのかも)
■水気や湿気を含んだ状態で放置していると基盤が腐食する恐れがある。

携帯電話などの電気機器は水は厳禁なのです。
とにかく「電気を流さない状態で、いかに確実に早く水気をなくすか」が勝負なのだと反省しました。

電池パックを外すと、水没反応シールが見えました。
インクがにじんでいると水濡れってことのようですが、反応しているのかどうかはよくわかりませんでした。

ともかく、テッシュでふけるところは拭きました。
それで家に持ち帰って、シリカゲルを大量に保管している缶に3日間入れたままにしました。

水気を飛ばすには、真っ先にシリカゲルが思いたんです。
ネットでは、ドライヤーを当てるって方法が紹介されていましたが(熱風は当然ご法度)、とにかく風を通して水気を飛ばすという発想のようです。
水気を飛ばすのにあわてて、安易に熱風を当てると熱で基盤がやられちゃいます。

電気機器は、水だけでなく、熱にも弱いことくらいは知っていたので、ドライヤーという発想は思い浮かびませんでした。
あと、無水エタノールにつけるって人もいるようで、これはなんとも言えません。
そもそもエタノールを買いに行くような気持ちの余裕なんてないです。

とにかく、携帯電話を水没させちゃうと落ち込みますよね。
とにかく、落ち込むんです。

幸い、1回目は無事に回復しました。
いつ基盤が腐食してもおかしくない状態には違いないわけですけど、結局、契約期間満了まで大丈夫でした。
時々、電源が突然落ちるハプニングが4~5回ほどありましたけど、電源を入れればもとどおりだったので、だましだましだったのかもしれません。
その携帯電話は、現在は、私の目覚まし時計になっています。

1回目は胸ポケットに携帯電話を入れていて、しゃがんだ時にトイレの大で水没させたのです。
ちょっと、純水とは言えない…汚物まみれではありませんでしたが。
ということで、携帯電話の水没対策として、腰のベルトにつける携帯ケース(マグネットがついていて落ちないようになっている)を買ったんです。

これで対策は完璧で、もう携帯電話を水没させることはありえないと思っていました。




しかし、




また、夜勤の日にやっちゃいましたよ。
しかも、再び同じ場所で……また、汚ネタ…ではなく、今度は流した後ですよ(^^♪

何故、落としてしまったのか。
ベルトに携帯ケースをつけようとしたときに、手が滑って落としちゃいました。
くうぅぅ、盲点です。
洋式だと、仮に手が滑っても、水没することはまずありえないのですが、和式だったので水没させちゃいました。

さすがに、携帯電話の水没も2回目となると、全くあわてることがなかったですね。
手順は前回より手数が増えています。




<携帯電話の水濡れシートの水没マークとは>


水没マークとは、白地に赤玉になっていて、白地に赤玉のままだと濡れていない状態です。
濡れてしまうピンク地に赤玉となり、さらに濡れると赤字に赤玉となります。

この水没マークは、水没させてなくても反応するすることがあるそうです。
例えば、お風呂場などの湿気の多い場所に置いていたとか、胸ポケットに入れていたので汗の蒸気で反応することもあるみたいですね。
水没マークが赤くなってしまうといくら乾かしても元には戻らないんですね。






<携帯電話を水没から復帰させた方法>


2回目の携帯電話の水没で行った行動が、私なりの「携帯電話を水没から復帰させた方法」の紹介ということになります。

■とにかく携帯電話いをすばやく水の中から拾い上げて、電源をすぐに落とす。
 (この時、慌てて他のボタンをおさないようにすること。)
■テッシュ(トイレットペーパー)などですばやく水気を拭く。
■裏カバーを外し、電池パックを外す。

ここまではあせらず、慎重かつ素早くやりたいところです。
とにかく、水気がある状態で電気を通すとヤバイということだけを考えて行動します。
水没させた時点で、復活するかどうかは神に祈るしかありません。

すぐに拾いだす⇒すぐに電源を落とす⇒すぐに拭く⇒すぐに電池バックを外すです。

今回はここまで数十秒程度でできました。
やるべき事を頭に入れていましたからね。
こっから先は落ち着いてじっくりとでよいのですから、それだけ覚えておくといいのではないかと思います。

今回は水没反応シールは全く反応しませんでした。
なんせ、水没から1秒以内に引き上げたましたから。
こんなんだけ上手くなってもなぁ…。


■白ロムを抜く、そしてマイクロSDカードを抜く

前回はしなかったのですが、電池パックを外した時に奥に見える、白いカードを抜いておきました。
これ、大事なものようです。
腐食しちゃうとまずいと思ったものですから。

マイクロSDカードを抜く時はあせりました。
なんせ、マイクロSDカードを抜いたとたんに水がドッとでてきたんです。
これだけの水が既に中に入っているんだと思うと、この時は、かなり不安を覚えました。
実は、2回目ということもあり、今回も大丈夫だろうって楽観してたんですが、一気に落ち込んじゃいました。

この日は夜勤だったので、仕事中はテッシュの中に放置していました。
家に帰ると、さっそく前回同様の作戦です。

■シリカゲルを大量に保管している缶に3日間入れたままにしました。

できるだけ長く放置しておく方がいいとは思ったんですが、ゲンをかついで前回と同じ3日間にしました。
それで、ありがたいことに見事復活しました。
やったね。

とにかく、水濡れ時間が少なかったのがよかったです。
どっぷり水濡れしちゃったら、私のやった方法では通用しないかもしれません。
ただ、基本的には、早く電池バックを外して、水気を確実に取るってことですから、その応用なんだろうと思います。

私はシリカゲルしか思い浮かびませんでしたが、これは悪くない方法だと思います。
手間がかからないし。家にはたくさん乾燥剤を取っておいていましたので。
わざわざ買うとなると大変かもしれませんね。

そもそも防水携帯にすれば問題ないことなんでしょうけどね。
とにかく慌てずに、やるべきことを素早くやるのがポイントですね。









このエントリーは、2012年10月13日にUPした記事を修正しています。
このエントリーは、2011年7月7日にUPした記事を修正しています。
このエントリーは、2009年6月27日にUPした記事を修正しています。

「見直し・生活改善」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ 
 
関連記事
  • はてなブックマーク - 携帯電話を水没から復帰させた方法(復活方法、水没マーク)au、ソストバンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : SoftBank(ソフトバンクモバイル)
    ジャンル : 携帯電話・PHS

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    どうも~サブブログが変わりましたね。

    FC2ですと、僕とも一緒です!たのしいなぁ~

    矢向さんへ

    コメントありがとうございます。
    気に入ったデザインがあったので変えてみました。
    前のは、記事と記事の間がわかりにくかったので、解決しました。

    赤字だと目がチカチカするので、黄色に直していかないといけませんが、全ての記事を修正したり整理したりするつもりなのでちょうどいいです。

    こっちのブログの役割りがなかなか決まらなかったのですが、ようやく動き出すことが出来そうです。
    今後ともよろしくおねがいします。

    こんにちは

    携帯電話2回も水没から復活させられたのですね~。
    こんなことはもうないといですね♪
    私は、道端の水路に落としそうになった事があって
    すご~く焦りました。
    水没には至りませんでしたが
    その後しばらくドキドキしてました!!

    kirara28さんへ

    いつもいい加減なので、2回もやっちゃいました。

    ほんと落とさなくてよかったですね。
    落としちゃうと、もう、大変です。
    対応は知っておいて損はないとおもいます。
    だめなときはだめですが(笑)

    No title

    今さっきバックの中でペットボトルの水がこぼれケータイが悲惨なことになっているのに気づきとりあえず、この方法を試してみました。   

    画面の中に水滴が残っているので、ダメかなと思っているのですが買ったばかりで親には言いづらいので・・・でもやっぱりソフトバンクショップに行くべきですかね?

    ななしさんへ

    「携帯画面の中に水滴が残っている」のですね。
    電子機器は水分が大敵なのでなんとか乾燥できるといいのですが。

    我々素人は、拭く、ドライヤーで低温の風を送り続ける(高温は壊れる)、シリカゲルくらいしかやれません。
    それでもだめなら、親に相談し、ショップに行くしかないかもしれません。

    たいがい誰もが一度は経験することです。
     
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード