ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)

    こどもを持つ親、そして子どもを持ちたい人が、とても気になるのが『子育て費用』だと思います。
    子育て費用は、1人あたり2000万円とも3000万円とも言われていますので、今の経済力で子育て費用がクリアできるのか心配ですよね。
     
    子育て費用を必要なコストとしてとらえるのは必要なことです。
    ただ、子育て費用や専業主婦を不良債権のごとく語るのをたまに見かけますが、そういう風には考えたくありません。
    人生は経済的側面だけを考えてしまうと「彩を失ってしまう」気がします。

    子育て費用を必要なコストとしてとらえるというのは、子育てをする目的を果たすために裏づけとなる資産を積み上げていくために意識する必要があるということです。
    子育て費用が、かなり大きな額だからこそしっかり意識していかなければいけないわけですが、幸い、子育て費用のピークまでにはかなりの時間があります。

    まずは、おおまかに子育て費用の総額を把握すること。
    (いろいろな子育て費用に関する調査がありますので参考になります。)
    そして、子育て費用の支出のピークと貯め時を把握すること。
    そして、子育て費用を計画的に準備していくこと。

    我が家では、そういう流れで計画的に対応しています。





    <子育て費用の総額>


    子育て費用というのは、子どもを育てるための養育費としてとらえています。
    我が家では、財団法人「こども未来財団」が、妊娠してから大学卒業までの子育て費用の調査の推計データーを参考にしています。
    少々古いデータですが、大雑把に子育て費用をとらえるだけなので、新しい調査を探しまわるということはしてません。

      kyouiku3.gif

    (関連するエントリー:元データ)子育て費用の平均と内訳はいくら?

    このデータによりますと、こども1人あたりの養育費の総額は2,370万円ということです。
    娘2人なので、総額4,740万円が目安としています。

    この数字を多いと思われた方と、少ないと思われた方がおられると思います。
    まず、多いと思われた方は、「教育費は1人当たり1000万円くらいと聞いたけど‥」という印象を持たれたかもしれません。
    一般的に「教育費」という場合は、こどもの生活費は入っていないと思われます。

    このデータでは、

    養育費(子育て費用)=学費+習い事費+生活費 

    となっています。


    「子育て費用」や「こどもの養育費」という表現だと、こどもの生活費も含まれています。
    ちなみに、「教育費=学費+習い事費」と考えると、1人当たり1,030万円になるので、一般的に言われているような数字になります。

    一方、この数字が少ないと思われた人は、「私立」に通わせた場合のデータを見られているかもしれません。
    こどもの進路は分かりませんから、1人3,000万円を準備できれば、そりゃいいだろうなとは思います。
    実態を踏まえると、小学校や中学校から私立に行かせるとなると、1人3,000万円でも充分ではないかもしれませんが‥。




    <更なるステップアップがあるのなら>


    子どもが小学生くらいまでは、子育て費用は上記のような調査データからザックリつかむという感じで良いのですが、子どもの進路が中学生や高校生に差し掛かる段階では、私立中学に行かせるとか私立高校に通わせる、大学院を目指す、留学する、医学部を目指すなど養育費の想定の積み増しが必要なケースもでてきます。

    娘が高校生になりどんどんお金が出ていく段階に入っていて、将来の進路希望も見えてきているので、一人2,370万円どころでは済まなさそうです。
    その部分は、個人的な話になるので書くのは控えますが、早期リタイアを考えるどころではなく、子どもが独り立ちするまではお預けとなりそうです。
    無理なところは無理とあらかじめ伝えていますが、頑張る娘に答える意味でも、できるだけ広い選択肢を与えてあげたいと思います。

    こうした更なるステップに対応するためには、基本ベースの準備があってこそ可能なわけで、教育費は上を見ればいくらでもかかります。
    やはり教育費は、シビアにお金と向き合う必要があるなと感じます。
    上の子に背伸びしてお金を使いすぎると、下の子も同じようにしないといけなくなります。
    だからといって、お金がないばかりに進める道を閉ざすのか…そんな葛藤があります。
    相当頑張らなければいけない細い道だとしても、ある程度の道は確保してあげたいと思うのが親心です。
    これからはそういう段階に入っていきます。
    そのあたりのことは、また書き足していきたいと思います。




    <子育て費用の支出のピークと貯め時>


    子育て費用のピークは、やはり大学進学時となります。
    私が46歳~52歳の間がピークになり、進路によっては最低でも54歳までは考えておく必要があります。
    特に2人共が大学という状態になると、年間500万円弱の子育て費用がかかります。

    子育て費用の準備は、なかなか大変です。しかし、実際の生活では子ども生活費というのは、家族の生活費の中に含まれているので、子どもの生活費は自然に支出した上で貯金しているはずです。
    ですので、なんか子育て費用がそんなにかかっている気がしないのが不思議ですね。

    子育て費用の貯め時はなんといっても、こどもが小さい間です。
    ですので、早めに準備を始めて継続していくことが大事ですね。





    <子育て費用のシュミレーション>


    子育て費用というのは、こどもの進学進路によってかなり変化するようです。
    このデータはあくまで参考であって、1人2,370万円を準備していればOKという保証はありません。

    まだこどもが小さいうちから、細かいシュミレーションをしても仕方がありません。
    このデータのようにだいたいこんなところかなと思うデータを見ておいて、実際の支出、人生の先輩の話を踏まえながら、定期的に考えていくような軽いシュミレーションでよいと思います。

    おおむね計画通りに準備ができていると自信につながります。
    あまり計画と準備がかけ離れていくようなら、どちらかを修正する必要があります。
    例えば、習い事を減らしたり、奨学金制度が活用できるか調べたり、こどもに「私立はダメ」といっておいたり、収入を増やすことを考えたり、節約したりです。
    もしくは、計画自体を見直すことです。

    とにかく、子育て費用は一気に準備できるものではないので、早めに準備が大切です。
    我が家では、早めに準備して、準備の状況に応じて修正していくように心がけています。




    <子育てのお金を貯めるコツ>


    我が家では、2013年4月現在で、高校1年生と中学1年生の娘がいます。
    苦しかった幼少期子育てを終え、思春期子育てに突入しています。
    これはものすごい変化ですよ。

    過去15年間の子育てを通じて、はっきりいえる事は、子どもの幼少期と小学生まではあまりお金がかからないので、教育費の準備を一気に進めるチャンスだということです。
    中学生に入ると部活動も始まりますし、教育費もかかり始めます。
    高校生になると10万円単位ででていきますよ。

    上記のデータを見ても、小学校までと、中学校そして高校以降では、教育費に大きな変化が見られます。
    もちろん「子供の進路」や「塾代の有無」によって大きく変わります。
    子供が小さいうちはまだ将来の進路は決まってないのですから、目安をつけて準備するがベターでしょう。
    我が家の経験で言えば、中学生までの間はあまりお金はかからないですね。
    これは娘は塾に行くのではなく、通信教育にしているのも大きいかもしれませんが。

    (関連するエントリー)進研ゼミ中学講座の体験記(評判など)

    子育て費用をいくら見積もり、どう準備していくのかという資金計画が大事だと思っています。
    というのは、家をどうするかとか、投資もしたいとか、老後の生活費も気になるわけで、折り合いをつけるには、資金計画を持つと持たないとでは大きな差が出るでしょう。
    これは、本当に実感していることなんです。

    子どもの将来の為に、「学資保険」で備えるとか、今は「低解約返戻金型終身保険」の方が良いという意見もよく聞きます。

    「学資保険」や「低解約返戻金型終身保険」のような保険で準備すべきなのかどうかは私には分かりませんけど、要するに将来必要なのもなのですから、「天引き貯金」をしていくことで充分です。


    これまで使った子どもの養育費や教育費は、以下のエントリーのように、毎年チェックしています。
           
    (関連するエントリー)子どもの養育費・子どもの教育費の目標額

    年に1回、子育て費用(お金)と向き合う時間をつくるといいと思います。







    このエントリーは、2012年5月27日にUPしたものを修正しています。
    このエントリーは、2011年10月10日にUPしたものを修正しています。
    このエントリーは、2009年9月15日にUPしたものを修正しています。


    「人生にかかるお金」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ


    (関連するエントリー)子どもの学習費はいくら(文部科学省:子どもの学習費調査より)
    (関連するエントリー)教育費の貯め時・家庭教育
    (関連するエントリー)子どもの養育費・子どもの教育費の目標額(平均額と貯蓄)
    (関連するエントリー)こどもも養育費と統計データの罠 
    (関連するエントリー)医学部の学費がどのくらいかかるのか(国立大学の授業料・学費の推移・一覧) 
       
       
    関連記事
  • はてなブックマーク - 子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 子育てについて
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。