ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  老後の生活費に関する統計調査(老後資金の平均はいくらか、一人暮らし)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    老後の生活費に関する統計調査(老後資金の平均はいくらか、一人暮らし)

    老後の生活費(老後資金)を心配している人は、8割を超えるようです。
    老後の生活費(老後資金)を心配している人の中には、世の中の年金不安などただ漠然と不安であるという人も多いかもしれません。

    老後の生活費(老後資金)について、「ただ漠然とした不安」を抱えて暮らしていくのと、「自分で我が家はどうなのか?」を検証しその結果で持ってしまう不安を抱えて暮らしていくのとは、どちらがいいのかは人それぞれだと思います。

    前者は、漠然と不安を抱えていても何とかなるんじゃないかって気持ちで過ごす事ができる人ですね。
    後者は、不安がはっきり数字に表れるために、絶望感を感じたりする人もいるかもしれないし、もう少し頑張ればなんとかなると希望を持てる人もいるかもしれません。

    老後の生活費(老後資金)に関する不安というのは、よほどの資産家ではない限りだれでも持つものです。
    「不安」に対する対処の仕方はそれぞれでしょうが、どのみち人はいずれ老後を迎えますので、老後の生活費を考えなければいけない時が「必ず」来ます。

    そこで、老後の生活費(老後資金)はどのくらいかかるのかが一番気になるはずです。
    老後の生活費(老後資金)に関する調査に関しては、興味深い調査が2つあります。




    <老後の最低生活費、ゆとりある老後の生活費>


    生命文化センターの「生活保障に関する調査」では、夫婦2人の老後の最低生活費と、経済的にゆとりのある老後の生活費の調査が行われています。

    生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成22年度)
    ・老後の最低日常生活費(夫婦2人)として、毎月最低22.3万円が必要と考えている
    ・経済的にゆとりのある老後の生活費(夫婦2人)として、36.6万円が必要と考えている
    ・自分自身の老後生活(老後の暮らし)に不安感を感じている人は85.8%


    老後の最低日常生活費が毎月最低22.3万円ということですから、年間268万円が最低必要となります。
    これはあくまで現在の物価水準です。
    将来、インフレになれば増えてくるはずです。
    年268万円ですと現在の家族4人の生活費より余裕がありますので、まだまだコストダウンは可能な気がします。

    ゆとりのある老後の生活費が毎月36.6万円ということですから、年間439万円ということになります。
    私の感覚からするとすごい贅沢できそうな金額だなと感じます。





    <高齢者世帯の収支と一人暮らしの老後の生活費>


    総務省統計局「平成21年全国消費実態調査」では、5年ごとに家計の収入・支出及び貯蓄・負債、耐久消費財、住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査しています。
    二人以上の世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果の概要では、高齢者世帯(世帯主の年齢が65歳以上)の実収入と消費支出についてのデータが公開されています。

    高齢者世帯(65歳以上)の収支と貯蓄・負債
    区 分実収入(月)月生活費貯蓄負債
    二人以上の世帯勤労者世帯363,064円295,586円1,928万円183万円
    無職世帯181,946円248,564円2,053万円56万円
    男性単身世帯152,939円
    女性単身世帯156,182円


    ここでいう高齢者世帯とは、世帯主の年齢が65歳上の世帯をさしているので、年金をもらえる世帯といえます。
    2人以上の世帯の月生活費は、約25万円~30万円くらいで、年間生活費では、298万円~355万円になります。

    高齢無職世帯では、収入より支出が上回っているので、この不足分は貯蓄などを取り崩して賄っていることになります。
    高齢無職世帯における老後の生活費の収支では、年間約96万円(月約8万円)の不足が生じており、約2000万円の貯蓄で20年ほどは賄えるという計算になりますので、少なくとも85歳までは大丈夫と考えられるようです。

    一人暮らしの老後の生活費については、男性と女性の高齢者世帯もおおむね同じくらいの支出水準で、年間生活費は約190万円で、二人以上の世帯にの約半分程度で生活できるようです。
    老親の一人暮らしを心配する方もおられますので、参考になるといいと思います。
    ただこういったデータは、老親が普通に生活している場合であり、病気で入院した時や、痴呆症となり一人暮らしがままならなくなった場合については、より生活費がかかるのかなと思います。





    <老後の生活費、老後の生活資金の貯蓄>


    知るぽると(金融広報中央委員会)「家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯調査)」では、老後の最低生活費と、老後の生活資金として必要と考える貯蓄額の調査が行われています。

    知るぽると(金融広報中央委員会)「家計の金融行動に関する世論調査(2人以上世帯調査)」平成24年
    <平成24年>
    ・老後の生活費として、毎月最低26万円が必要(問24)
    ・老後の生活資金として年金支給時までに2,103万円の貯蓄が必要(問24) 
    ・老後の暮らしを心配しているのは82.4%(問25)

    <平成22年>
    ・老後の生活費として、毎月最低26万円が必要
    ・老後の生活資金として年金支給時までに1,999万円の貯蓄が必要
    ・老後の暮らしを心配しているのは81.5%

    <平成20年>
    ・老後の生活費として、毎月最低27万円が必要
    ・老後の生活資金として年金支給時までに2,072万円の貯蓄が必要
    ・老後の暮らしを心配しているのは約84%



    これは世帯主が20歳以上の家庭です。
    若い人ほど老後の生活費が多く必要ではと考えているようです。
    世帯主60歳未満の世帯では予想値なので、60歳以上の世帯の数字の方を意識したいです。

    こちらの調査からは、老後の生活費は現在の物価水準で最低毎月26万円を確保したいということですから、年間312万円となります。
    年間312万円の支出に対して、収入キャッシュフローが不足している分は貯蓄を切り崩していくということになります。
    また、それぞれもらえる公的年金額もちがいますし、個人年金や財形年金を準備しているか否かでも違ってきます。
    2,103万円の貯蓄で足りるかどうかは、それぞれの家庭の収入キャッシュフローによるので、自分で考えるしかありません。

    この調査の最低老後の生活費の毎月26万円は平均値なのですから、平均以下で抑えることも可能なはずです。
    実際、生命保険文化センター「生活保障に関する調査」では、毎月22.3万円なのですから、充分可能だと思います。
    我が家の現在の生活費は、家族4人で毎月20万円くらいですので、老後は医療費がかさむと考えても毎月26万円あれば十分暮らしていけるだろうと思います。

    ただ物価の上昇を考慮する必要があるし、自分のやりたいことをするのであれば上積みする必要があります。
    これらは、人生設計をたててシュミレーションしながら必要額を確保していくのがよさそうです。

    老後の生活費を考えるのは、なかなかつらい作業です。
    住宅費やこどもの教育費(養育費)をクリアしたうえで、なおウン千万円必要だという答えが出てきてしまいますから不安に陥るのは仕方がない事です。
    ましてや、物価が上昇すれば老後の生活費もまた大きな数字になるわけですし、数十年先の物価の上昇なんてだれにもわからないことだけに、不安から逃れることは難しいことです。

    でも、数十年の時間があるのなら、なんらかの対策も可能だと思います。
    「漠然とした不安」を抱えつつ、対策が可能な時間を浪費していくというのは、もったいない気がします。
    私は自分なりに、老後の生活費、老後に向けての人生設計を考えて行きたいと思います。







    このエントリーは、2011年11月23日にUPしたものを修正しています。
    このエントリーは、2009年10月23日にUPしたものを修正しています。

    「人生にかかるお金」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 老後の生活費に関する統計調査(老後資金の平均はいくらか、一人暮らし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    コメントありがとうございます。

    いつも読んでいただいてありがとうございます。
    同じような家族構成で親しみがわきました(^^♪

    ちょうど教育費のピークに向かっておられるので今は大変でしょうが、過ぎてしまえば一気に行けそうな感じですね。
    これからもよろしくおねがいします(●^o^●)


    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。