ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  家計簿をつけるメリットを考える
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    家計簿をつけるメリットを考える

     
    「資産形成のために家計簿をつけるべし」というアドバイスが多いということは、それだけ家計簿が重要なアイテムであるということだと思います。

    我が家では、若かりし頃に簡単な家計簿もどきをつけていた時期がありましたが、今はつけていません。
    同じように、特に家計簿をつけていない人や、家計簿をつける事が出来ない人もおられるかと思います。
    家計簿をつけている人が、「どのように活用し、何にメリットを感じているか」を知っておく事は、有効ではないでしょうか。

    家計簿を付けていない我が家には分からない事も多いでしょうから、いろんなサイトから「家計簿をつけるメリット」をピックアップしてみます。





    <家計簿をつけるメリット>


    「家計簿をつけるメリット」としては、これらがあるようです。
    他にも家計簿をつけるメリットがあれば、是非、コメントいただきたいです。


    【家計簿をつけるメリット】
    ■支出のすべてを把握できる。⇒無駄な支出を確認するために利用する。
    ■支出を記録できる。⇒支出の現状を把握することで、将来計画をたてることが可能になる。
    ■お金に関する行動を振り返ることができる。⇒反省や対策を記入し意識する。
    ■昔、何をしていたのかが分かる。⇒自分史にもなる。
    ■目標が達成しているのが分かる⇒目標の達成感を得られる。
    ■お金を使い方を考える材料になる⇒上手い支出のコントロールにつなげられる。
    ■最低生活費を知ることができる。⇒収入激減に対応できる。
    ■支出に対する夫婦の共通認識ができる。⇒夫婦としての価値観の構築ができる。


    左側が家計簿のメリット、右側が私なりの解釈です。

    家計簿は貯金する為の道具として勧められる場合が多いわけですが、それ以外にもたくさんメリットはあるようです。

    それもそうですね。
    家計を見直すためだけに家計簿をつけるのであれば、期間限定でよいはずです。
    また、家計簿と言う形ではなくても可能だと思います。
    もっとも、家計簿として付けるのが一番有効な方法の1つであることは間違いないと思います。

    家計を見直すためだけに家計簿をつけるだけだとすると、いつの日か「一体何のために家計簿をつけているのか」ということに思い悩む人もでてくる気がします。
    家計簿をつける行為自体が、家計の見直しにつながるわけではないのは明白であり、家計簿という道具をどう生かすかが大切なんですね。

    家計簿をつけるメリットの中で、これはと思ったのは「意識する為」ということです。
    これができれば、家計簿は強烈な道具になりそうです。
    このことにふれているサイトさんのエントリーは、実践の中から見出しておられるという意味で、さすがだと思わせる内容のものが多いです。
    多くの人が、家計簿をつけても「意識をしなければ意味がない」と認識されているようです。

    一方で、家計簿をつけなければ、キャッシュフロー表やマネープランなどのステップに発展できないという書き方をされているサイトもありました。
    たぶん、ファイナンシャルプランナー上の基本形がそうなんでしょうね。

    でも、それはどうかなと思います。
    それらは、おおざっぱに言うと、お金の総額的な流れが把握できれば不可能ではないですから。
    もちろん、細かい支出を把握する事がより精度があがるので、家計簿はつけないよりつける方がベターだと思います。







    <家計簿をつける上での疑問>


    家計簿をつけていない人は、「家計簿をつけるデメリット」を意識した上で、上記の「家計簿をつけるメリット」の機能を別の方法で置き換えているのではないでしょうか。
    家計簿をつけるデメリットについては、感じ方にかなり個人差があるように思います。

    家計簿をつけるデメリットとしてまずあげられるのが「手間がかかる」ということです。
    しかしながら、手間がかかると感じない方もおられるようです。

    ■記録魔なので手間に感じない。
    ■習慣化(ライフワーク化)していて手間に感じない。

    なるほど、これはわかります。
    家計簿に関してはそういう意識はないですが、別の事だとそういう感じだったりしますから。

    習慣化してしまうと意義を感じなくてもできるのかどうかは、定かではありませんが、やはりなんらかの意義を感じているはずです。
    きっと、つけ続けることで見えてくることもたくさんあるのでしょう。

    家計簿をつける上での疑問で、私の中で大きいのは、「家計簿をつけ続けること」に対してです。
    支出をコントロールするためにあるいは何に使っているかを把握するための家計簿であるならば、ある程度の期間限定というのもありではないかと思います。
    我が家はそういう感じでした。

    これって上記の「家計簿をつけるメリット」のうち、何をターゲットに家計簿をつけているのかによることですね。
    つけ続けなければ得られないメリットもありそうですし。

    ただ貯金の効率を上げるために家計簿を「つけ続ける事」が大事という考え方に対しては、本当にそうなんだろうかという風に感じます。
    これも、つけ続ける事に意味がないというのではなく、貯金の効率を上げるという効果は、家計簿を通じて支出を見直したりしていく中で少しづつ効果が減っていくはずだという意味です。
    つけ続けることで得られるメリットは他にあるわけですから、つけ続ける事自体は有効だと思います。






    <予算をたてるというメリット>


    家計簿をつける意味は、支出の把握だけではないようです。
    多くの家庭で支出が「予算化」されています。
    項目ごとの支出の目安をたてておく事は、重要であり、これも家計簿をつけるメリットかもしれません。

    【家計簿をつけるメリット】
    ■支出の予算を定めて管理できる⇒「支出のコントロール」を意識できる。

    予算を作ることで、計画や目標を立てて、それを意識しながら支出を考える習慣がつき、かつ目標の達成感を感じることができるというのは、大きい感じがしますね。

    これは裏を返せば、予算にしばられるという部分もあります。
    我が家では、家計簿をつけない・支出の予算をたてない代わりに、「お金を使う1つ1つの瞬間に、しっかり考えるという習慣」というの意識しています。
    ある程度の貯蓄ができる習慣が既にできている場合は、こういう方法でもある程度の管理は可能だと思います。

    予算をたてると、予算に縛られるというデメリットもあるのかなと思う面がありますが、それは予算を見直せば問題ないともいえそうなので、家計簿をつけるメリットとして、「予算化」というのは大きな機能なんだなと思います。







    <省略型家計簿>


    家計簿をつける手間を極力小さくして、いろんな試みがあるようです。
    「完璧な支出の把握をしなくてもいいじゃないの」というのは、素敵な考え方だと思います。
    自分が考える家計簿をつける意義が達成できる範囲の省略はよさそうです。

    ■1000円単位の把握にとどめる。
    ■クレジットカードの利用明細書で把握する。
    ■期間限定で家計簿をつける。


    この点につきましては、いろいろ調べていければいいなと思います。

    大切なのは、家計簿をつけることで得られるものを意識するということですね。
    家計簿をつけること自体に意味はないということです。

    家計簿をつけていない私が言うのもなんですが、「家計簿という道具をどう生かすのか、もしくは家計簿をつけることで有意義な何かが残る、そういった自分が期待するメリットを改めて考えてみる」のもいいのではないでしょうか。






    <意義を超える感情>


    家計簿をつけ続けている人には、「家計簿を付けるのが好き」とか「記録するが大好き」ということで、家計簿をつけることが苦にならない方々もそこそこおられるようです。

    「好き」という境地に至れば、家計簿をつけるメリットやデメリットを考えることなどあまり意味をなさないかもしれませんね。
    本当に好きになれば、理屈抜きですものね。

    好きにしろ、性格にせよ、マイナス要素の方が多ければそうはならないはずなので、必ずプラス要素を感じているはずです。
    そこで、プラス要素であり、メリットやデメリットを超越したものは何かを考えてみますと。
    やはり、「感情」ではないかと思います。

    ■安心感
    ■達成感

    この2つを意識してか、もしくは無意識に感じているはずです。
    つけ続けることで特に得られるのは、「安心感」ではないでしょうか。
    「支出をコントロールできているという安心感」、「マネープラン通り進んでいるという安心感」、「自分もしくはパートナーの金銭感覚が許容範囲である安心感」などがありそうです。
    私は、この安心感が家計簿をつけつづける人の原動力ではないかと考えています。

    もうひとつの「達成感」も大きいはずです。
    「予算内に収めたことへの達成感」などがありそうです。

    こうした感情は普段は意識していないと思いますが、改めて考えてみるとあてはまるのではないでしょうか。
    こうした「プラスの感情」を感じている人は、「プラスのサイクル」で回っているわけですから、家計簿をつけるのが好きで癖になってもおかしくありません。
    「プラスのサイクル」で回り始めると、どんどん成果が出るし、気分もよいですもんね。

    「続けること」に対しては、たいがいは「感情」が原動力となっていて、理屈はあとづけであることが多いのではないでしょうか。
    「長が~く続ける事」はこのブログでのテーマです。
    とはいえ、家計簿に関しては続けるどころか、昔に辞めてしまいました。

    「家計簿をつけている人」を中心にみてきましたが、「家計簿をつけない人」や「家計簿をつけれない人」についても考えて行きたいと思います。







      
    このエントリーは、2010年5月14日にUPした記事を修正しています。

    「貯金生活を始めよう」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ  
       
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 家計簿をつけるメリットを考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 家計簿
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    私も家計簿はつけられないタイプなので、あまり「意義」を感じることが出来ないのですが・・・。
    ただ、家計簿はつけていませんがざっくりとした予算は立てていますし、貯金も出来ています。(と思います)

    >貯金の効率を上げるために家計簿を「つけ続ける事」が大事という考え方に対しては、本当にそうなんだろうかという風に感じます。

    確かに私も違和感を感じます。
    でもつけ続けることにも何かメリットがあるように感じます。
    つけていないと支出のコントロールが難しい、という人もいらっしゃるでしょうし、つけることでストレスを感じてしまう、という人もいるでしょう。
    私はもちろん後者ですが。

    >「お金を使う1つ1つの瞬間に、しっかり考えるという習慣」

    言われてみれば私も使う瞬間にしっかり考えるほうだと思います。
    それぞれに合ったやり方があるのでしょうね。
    その一番大きく分かりやすい「形として残るもの」が家計簿なのかもしれません。


    そんな私は家計簿で挫折ばかりなので、「つけている自分」への憧れもあるのですが(*´ω`*)

    No title

    家計簿をつけていると、自分の「消費癖」が見えてくるんですよね。
    ちなみに私は、家計簿に代わり「投資ノート」なるものを付けています。
    こっちもなかなかオススメですね~。

    はじめまして&相互リンク希望

    先日はブログ訪問ありがとうございます。思わず読み込んでしまいました。私は家計簿をつける派なので当然に十分にメリットを感じているし苦じゃないですね。もうつけ始めて3年になります。 家計簿も道具なので使い方しだいなんでしょうね。追伸:私のブログにリンクを貼らせて頂きました。相互リンクのご検討よろしくお願いします。

    suikazuraさんへ

    家計簿をつけなくても資産形成がは可能であるとして、どんなことを考えればいいかななんて思っています。

    家計簿をつけていなくても、貯金出来ますよね。そういう人もそれなりにいるはずです。

    ています。(と思います)

    >貯金の効率を上げるために家計簿を「つけ続ける事」が大事という考え方に対しては、本当にそうなんだろうかという風に感じます。

    家計簿をつけても、最終的には、「お金を使う1つ1つの瞬間に、しっかり考えるという習慣」 に行きつくのが基本です。
    「そこに行きつく為に、家計簿という道具を使うというだけのこと」
    そんな風に考えているから、うさみみはつけてもきっと続かないだろうと思っています。
    なので、つけている自分に対するあこがれはゼロです。

    貧乏兄さんへ

    家計簿をしっかり活用されているようですね。

    3年前だと、「投資ノート」ならぬブログで書いていましたが、今は、投資には時間をかけないで取り組みたいです。

    貯金・節約術のおにぃ@派遣営業マンさんへ

    >当然に十分にメリットを感じているし苦じゃないですね。

    そうなんですね。
    3年くらいだと楽しいあたりかもしれませんね。
    もっと長く続けていくとなると、どんなメリットがあるのか、気になる所です。


    相互リンクの件、了解しました。
    今後ともよろしくお願いします(^^♪

    ありがとうございます

    うさみみ様、ブログにコメントいただきましてありがとうございました♪
    愚痴のような文章でお恥ずかしい限りです。
    うさみみ様のサイトは凄すぎてため息が出ます。
    じっくり拝見して勉強します。主人にも読ませないと。
    うさみみ様のご家族はお幸せですね!



    No title

    わたしの家計簿は「意識する」ためだなぁと思いながら
    スラスラと読み込んでしまいました。

    特に「夫婦としての価値観の構築」って、
    これから先、生活を豊かにするには必須だなぁと
    気づかせていただきました。

    視点が豊富で面白いですね^^
    もっともっと追記して欲しいです♪
    (自分も優良情報を整理したいけど、、難しいですよね)

    まほまどれーぬさんへ

    コメントありがとうございます(^^♪
    幸せそうに感じられましたか。

    悪くないなと思っています。
    できるだけマイナス側は書かないようにしているので、良さそうに見える部分もありそうです。

    esさんへ

    「意識する」ためというのは、最上ですね。
    できるだけいろんな角度から見て行きたいです。
    その分、のらりくらりではっきりした答えだけを求めている人には、合わないとは思いますが、やっぱ人生十人十色だと思うので。


    「夫婦としての価値観の構築」は、確かに豊かさにつながりそうですね。
    ついては、幸福観にもつながっていくのではなんて思います。


    >自分も優良情報を整理したいけど、難しいですよね

    これだと言い切れるものではないので、難しいです。
    環境により考え方も変わるし、人生のステージによっても変わるし、サイト運営者としてはおとしどころは難しいです。



    No title

    はじめまして

    アジアRETIT総研というブログを運営しているASIA REIT LABOと申します。

    長期投資目的でJ-REIT投資をしていたのですが、日本の不動産の将来性に疑問をもち、成長著しいアジア新興国のREITに関心をもち、研究するブログを運営しています。

    資産運用をテーマにしたブログとの相互リンクを募集しているのですが、貴ブログとの相互リンクをお願いできないでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

    AsiaREITLaboさんへ

    申し訳ありませんんが今回は見送らせて下さい。
     

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    こんにちは

    うさみみさん、相互リンクありがとうございます。
    これからもよろしくお願いいたします!

    僕は家計簿ではなく、別のものですごく簡略化して管理しています。
    目的は、お金を意識することと、予算管理の要素の一つとしてなので、細かい家計簿の必要性は感じないですね。
    きっと、人によって合うやり方は違うんでしょうね。

    ケントマンさんへ

    こちらこそリンクいただきありがとうございます。
    家計簿もそれぞれは必要だと思う形に変化していくのでしょうね。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。