ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  北海道旅行(2) 上富良野町 フラワーランドかみふらの
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    北海道旅行(2) 上富良野町 フラワーランドかみふらの

      
      
    2010年夏の北海道の旅で、最初に訪ずれたのはラベンダーで有名な「富良野」だ。
    このラベンダーを見るために、北海道旅行を夏休みの初めにしたのだ。
    幸いこの日は割と天気に恵まれた。ほんとラッキィ。


    朝食をホテルで済まし、札幌を朝7:30に出かけ、高速道路で旭川方面へ。
    三笠ICで降りて、




    <ラベンダーとは>


    ラベンダーとは、地中海沿岸原産、有名なハーブの一つで、シソ科の植物である。
    紫の花をつける種が多いが、白やピンクの花の種もある。

    香りが強く、香りの女王とも呼ばれ、ポプリや入浴剤、ハーブティなどに用いられている。
    ラベンダーの効用には、精神安定に良いとされ、殺菌、消炎、鎮静効果のある酢酸リナリルなどを含まれている。

    日本では、北海道の富良野地方が有名で、「中富良野町」と「上富良野町」では、多くのラベンダー畑を楽しむ事が出来る。





    <フラワーランドかみふらの>


    富良野のラベンダーで有名なのは、中富良野町にある「ファーム富田」だが、今回は上富良野町「フラワーランドかみふらの」に訪れた。
    最大の目的は、娘たちの希望である「ラベンダーの枕作り体験」だったからだ。
    10時過ぎに到着したが、まだそれほど多くの人は来ていなかった。


      furawarand-2.jpg



    最初に「ラベンダーの枕作り体験」をした。
    このラベンダーポプリを入れた小さな枕作りは、既に材料が用意されていて、係員の指導に従い10分ほどでできる簡単な体験だ。
    平べったい綿にラベンダーポプリを乗せて、綿で三つ折りにし、好きな柄の枕生地の中にくるむように入れて、マジックテープで止めるという流れだ。


    枕のサイズは、「縦21cm×横30cm×厚み7cm」なので、かなり小さめだ。
    実際枕として使用するより、寝る時に横に置いておくという感じだ。


      furawarand-3.jpg




    この体験は、お花畑に入場しなくてもできるようだ。
    実は、花畑で一面のラベンダーを期待していたのだが、ラベンダーを含めた様々なお花を楽しむ感じであった。
    もし一面のラベンダーを期待している人であれば、枕作り体験だけというのもいいかもしれない。
    (ここは調べられる範囲では、富良野地方で唯一入場料が必要な花園です。)


    「フラワーランドかみふらの」の売りは、お花とトラクターバスだ。
    トラクターバスは入場料の中に含まれている。
    トラクターでがたごとと風を感じながらお花畑を回るのはとても心地がいい。


      furawarand-4.jpg
      (写真)お花畑の中をゆっくり走るトラクターバス


    ちなみに、トラクターバスは「ファーム富田」と美瑛町の「四季彩の丘」にもある。
    トラクターバスで1周するとどこにどんな感じの花が咲いているのがわかるので、あとはじっくり歩いてみてまわった。
    展望台があるので登ってみると、上富良野の風景が見渡せる。


      furawarand-5.jpg
      (写真)お花畑の後ろに見える展望台


    気になるお花畑を見て歩きながら、「ああだこうだと」しゃべっていると時間がたつ事を忘れるね。
    タイムスケジュールに縛られない旅だから、飽きるまでという感じで。
    19年前の北海道旅行で同時期の富良野を訪れた時は、次のスケジュールに追われていた。
    できるだけたくさん回る旅だったわけだが、今回はゆったり回りたいと思った。
    2度目のゆとりというのもあるが、じっくり、ゆっくりの方がきっと楽しい。


    さて、娘の一言はうさみみも感じたことだ。「一面のラベンダーがみたい」
    そう、富良野に来てそれをみなくてどうするのだ。
    ここにそれを期待していたのだが、それがなかったのだ。


    遠くに一面の紫色のじゅーたんが目に入っていた。
    あれは位置的に恐らく「日の出公園」だと思った。
    ちょうど、かみふらののお祭りの会場になってるので、混んでると嫌だなと思っていたが、あれだけの紫を見たら行かずにはいられないと思った。


    furawarand-6.jpg


    お土産屋でお土産をさがして、ソフトクリームをほうばる。
    女の子との旅は、お土産とスイーツにとても時間がかかるものだなと思った。
    まあ、急ぐ旅ではないしいろんなとこにいくのか、じっくり素敵な時間を過ごすのかだ。
    今回の旅は後者なんだなと、ここで思った。
    ちなみに、これはラベンダーソフトクリームだ。



    さて、娘たちが友達へのお土産を買った後、かみふらのの祭り会場である日の出公園へ向かう。
    車は上富良野町の東側に進路をとり、さっきみた紫のじゅうたんをめざした。










    ■写真館風水彩実■見出しへのリンク⇒うさみみのホームページへ  
      
     
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 北海道旅行(2) 上富良野町 フラワーランドかみふらの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 北海道
    ジャンル : 旅行

    コメントの投稿

    非公開コメント

    おつかれさまです。

    お疲れ様です。今年はフラノでしたか。。

    なんだかいいですね。北海道とかぜんぜん考えていませんでした。

    矢向さんへ

     
    今年は北海道にいきました。
    うさみみの周りは北海道に行く人が多いみたいです。

    No title

    北海道のラベンダー畑は広大ですね(*^^*)
    ラベンダーのソフトクリームも美味しそう♪
    女性のお買い物と、スイーツ好きに年齢は関係ないですね♪
    お買い物の時間が長いのは、それだけ吟味してるって
    事かもしれません☆

    kirara☆28さんへ

    次にいったところのラベンダー畑は大きかったです。
    遠目に見ても紫の塊が見えました(^^♪
    ラベンダーソフトどんな味だったのか聞くのわすれました。

    ワイワイいいながら店を回ってるので、何が楽しいんだろうなと思いますが、急ぐ旅でもないので気が済むまで待っています。
    何があるのかは気になるので回りますが、女の子はそれだけではない何かも見ているのでしょうね。

    富良野で食べたスイーツは最高でした。
    通販でも売ってるみたい。

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。