ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  門司港レトロと九州鉄道記念館の旅
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    門司港レトロと九州鉄道記念館の旅

      
      
      
    「門司港レトロ」素敵な空間でした。
    2010年秋、門司港レトロに一人旅です。




    <門司港駅>


    JR小倉駅からJR門司港駅に向かった。
    電車の出入り口が赤色であったり、いきなりレトロをイメージした車両だ。
    平日の昼間だったので乗客はまばらで、門司駅でほとんどが降りていった。
    門司港駅までは海沿いだと思ったけど、時々海が見える程度だ。



       moji1.jpg



    門司港駅はなかなか雰囲気があった。
    たくさんの電車が止まっていたので、ここはJR九州の拠点のようだ。
    駅舎の中も外観もレトロな雰囲気だ。



       moji2.jpg



    門司港駅を出ると人力車の勧誘にさらされた。正直ちょっとうざい…行く先々で気分が壊される。
    やはり最初は海でしょう。
    海まではすぐ。関門海峡と関門橋が一望できる。
    関門海峡や関門橋の写真は、「巌流島の旅」で紹介したい。




       moji3.jpg



    「恋人の聖地」に認定されている「はね橋」だ。
    10時、11時、13時、14時、15時、16時の1日6回開閉するようだ。
    はね橋近くの看板にこのあたりの解説が書かれていた。


    旧 門司第一船だまり
    はね橋から奥は、旧「門司第一船だまり」といい、明治23年に完成した後、石炭や飼料等の荷役に活躍した「はしけ」の係留場所として、昭和50年ごろまでにぎわっていました。
    その後、港湾荷役の近代化により「はしけ」はその役目を終え、船だまりは現在、親水船だまりとして市民の憩いの場となっています。



    ちなみにはしけ(艀)とは、 河川や運河などの内陸水路や港湾内で重い貨物を積んで航行するために作られている平底の船舶のことらしい。石炭や資料などを運んでたんだね。


    さて、後ろに見える高い建物は、「門司港レトロ展望室」という名前らしい。
    残念ながら登らなかった。街の雰囲気を歩いて見てまわりたかったのだ。



       moji4.jpg
      
      
      
    はね橋の上から遊覧船を眺めていた。バックの赤い建物は、「旧門司税関」だ。
    はね橋からの眺めは飽きない。
    旧門司税関の周りには、国際友好記念図書館がありこれもいい雰囲気だ。


       moji5.jpg



    第1船だまりをぐるりと回っていると「海峡プラザ」があり、雑貨やレストランがあった。
    その一番角、クレープとジェラートの店「ディッパーダン」でクレープを買った。
    おっさんがクレープ……ちょっときもいかな…。
    甘いものが大好きなのもんで。

       
       
       moji6.jpg
     


    「門司港レトロ」
    大正ロマンを感じさせる施設がこれほどたくさんあるとは思ってなかったな。
    それが海とマッチしている。
    その主役は、関門海峡であり、対岸に見える下関であり、関門橋であり、それらを行きかう船だね。


     


    <九州鉄道記念館>


    門司港駅に着いた時に感じた感覚は正しかったようだ。
    「九州鉄道記念館」を見つけた。
    明治24年に九州鉄道の拠点となった旧九州鉄道本社屋があり、九州鉄道の起点「旧0マイル標」がある。


    tetu1.jpg teyu2.jpg

    tetu3.jpg tetu4.jpg



    車両展示場には、昔活躍した車両が展示してある。


    写真は順に、
    ■C59 1号:東海道、山陽本線で主力機関車として誕生。廃車まで地球62周分走った。
    ■ED721号:電化に伴い登場した九州初の交流用電気機関車。
    ■クハ481-603号:特急こだまの発展型。九州では「にちりん」「かもめ」「有明」として使用。
    ■クハネ581-8号:世界初の寝台電車特急。


    本館の中には、さまざまな展示物があった。
    鉄道ファンにはたまらないだろう。
    うさみみはそれほど興味があったわけではないが、やはり鉄道は面白い。



       tetu5.jpg


    どうだろう。鉄道ファンだったらこれを見るだけで…。



    この後、巌流島に向かった。それは次回に。








    ■写真館風水彩実■見出しへのリンク⇒うさみみのホームページへ
      
       
    関連記事
  • はてなブックマーク - 門司港レトロと九州鉄道記念館の旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 国内旅行記
    ジャンル : 旅行

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: ブログをご紹介させてください。

    中島さま


    旅行口コミ情報サイトなんですね。初めて知りました。素敵なサイトですね。
    ブログ記事の紹介していただくことはもちろんOKです。
    非常にありがたいことだと思います。

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。