ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  健康茶 オニオンユーグレナティー(口コミと効果)筑後の八女茶
No1出会えるサイト

健康茶 オニオンユーグレナティー(口コミと効果)筑後の八女茶

 
タマアグリ株式会社 ちくごベジータさんの「オニオンユーグレナティー(ティーバッグ)」を試させていただきました。
「ユーグレナ」って、最近話題の「みどりむし」のことです。
たまねぎの皮と乾燥たまねぎ、ちくご紅茶、みどりむしが入った健康茶なんだそうです。

    オニオンティー1




<たまねぎの皮のお茶>


まず、ティーバックをのぞいて見るとたまねぎの皮がふんだんに使われていました。
たまねぎの皮というと私の印象では健康にいいというイメージがあったんですけど、たまねぎの皮に多く含まれる「ケルセチン」はポリフェノールの一種で抗酸化作用があるだけでなく、脂肪と結合して脂肪吸収を抑える効果があるんだとか。
また、たまねぎには血液サラサラ効果があることをテレビでみたことがあります。

それにしてもこの健康茶の説明書きには、ケルセチンにはフラボノイド効果があると書かれているんですが、「フラボノイド効果って何だっけ?」と頭が混乱したので調べてみました。

【フラボノイド - Wikipediaより】
フラボノイド (flavonoid) は天然に存在する有機化合物群で、クマル酸CoAとマロニルCoAが重合してできるカルコンから派生する植物二次代謝物の総称。いわゆるポリフェノールと呼ばれる、より大きな化合物グループの代表例。その中にアントシアニン、カテキンやフラバンを含む広い概念で、付着する糖のバリエーションを考慮すると7,000以上の構造が知られている。



難しい言葉が書かれていますが、要するにフラボノイドとは、植物に含まれているポリフェノールのひとつということなので、頭の中が一致しました。
サプリメントなどに広く利用されているフラボノイドは、多くが強力な抗酸化作用を持っていて、中でもケルセチンは アレルギーを抑制する効果があるんだそうですよ。

    オニオンティー2


そんな健康にいいオニオンティーらしく、紅茶が入っているのに、色はタマネギのお茶で、香りもほのかに玉ねぎの香りがしました。
タマネギのにおいが苦手な人には、冷やして飲むとにおいがほとんどなくなるのでお勧めです。

オニオンユーグレナティーには、筑後の特産品である八女茶でつくる「ちくご紅茶」が入っていて、味のベースになっています。
紅茶なので渋みがあるのかなと思ったんですけど、渋みはほとんど感じられずほのかに甘くて、穏やかでやさしい味わいでしたよ。
冷えても甘みがありました。とてもおいしくいただけましたよ。





<ユーグレナ(みどりむし)はどこに?>


ユーグレナといえば、個人投資家の間では2012年末に新規公開株(IPO)として上場して初値から株価が約3倍になって、「another future. -ミドリムシが地球を救う-」というメッセージとともに、話題となりました。
IPO投資家の我が家としては、残念ながらIPOをゲットできずにその恩恵を得られませんでしたが、この健康茶には株価が急騰した理由のユーグレナ(=みどりむし)が含まれているとあってどんなものなのか期待しました。

「ユーグレナパウダーブレンド」ということなので粉状のみどりむしがどこかにあるはずだと探してみたんですが、どれか分かりませんでした。
さすがにティバックを分解するのは気がひけました。
ひょっとしたらと思ったのが、紅茶の底に粉上のものが沈殿していたのがそうかもしれないし、紅茶の葉が粉状になったものかもしれません。
ユーグレナパウダーはお湯に溶けちゃってるのかな。

「ユーグレナ(みどりむし)」とは、億年以上前に原始の地球で誕生した生き物で、動物と植物の両方の特徴を持っていて、体長は約0.05mmと小さな微生物です。
和名では「ミドリムシ」というんですけど、実は、ワカメやコンブと同じ「藻」の仲間なんだとか。

このミドリムシから燃料を作れるということで大きな話題になりましたが、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など59種類もの豊富な栄養素を持つ健康にも注目されサプリメントとしても売られていますよね。
そして私が一番期待したいのは、ユーグレナがもつ「パラミロン」という成分です。
この「パラミロン」の構造は「炭」に似ていて、不要な物質(例えば油分とかプリン体)を吸い取ってくれるそうなんですよ。
体重が気になる人にはいいですよね。




<オニオンユーグレナティーの口コミ>


「オニオンユーグレナティー」を家族で飲んでみました。

    オニオンティー3

まず、娘がタマネギの臭いがすると言って飲んでくれませんでした。
彼女は、紅茶好きなんですけどね。
まあ、好き嫌いの多い子どもの感想ということで。

私はタマネギの臭いは気になるものの、渋みがなくほのかに甘い優しい味でとても飲みやすいと思いました。
きっとタマネギと紅茶の甘さがあるんですね。
そして冷えてからも美味しいんです。
冷えるとタマネギの臭いもほとんどなくなるので、寒い冬にはいいのかどうかわかりませんが、夏に冷やして飲むのにはいいですね。
冷えてもおいしい秘密は、たぶんよい紅茶だからなんだと思います。

ちくごベジータ│ファンサイトファンサイト参加中



[あり]



関連記事
  • はてなブックマーク - 健康茶 オニオンユーグレナティー(口コミと効果)筑後の八女茶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    先進国株式インデックス 国別構成比(2010年12月末)

    先進国株式インデックス(MSCI-KOKUSAIインデックス)の2010年末の国別構成比率がわかりました。 インデックス投資は個別企業へ投資している感覚が薄くなりがちなので、投資資金が地球上のどこに投入されている...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    計23カ国です

    去年6月からイスラエルが加わり、MSCI-KOKUSAIは現在23カ国です。CMAM外国株式インデックスeなら信託報酬0.525%ですよ。

    ご参考: ちょうど記事書いたところでした。
    http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-424.html

    kenzさんへ

    ご指摘ありがとうございます。早速修正しました。
    CMAM外国株式インデックスeというのは更に信託報酬が安いんですね。
     

    No title

    うさみみさま

     MSCIコクサイ連動のファンドは自分も投資していましたが、たった1000円からでも1200~1300銘柄に投資できるのは、考えてみればすごい仕組みですよね。
     TOPIXとの組み合わせで3000銘柄近くにもなると、さすがに自前でやろうという気は萎えます…

     
     自分が投資を始めたころ(2003年ごろ)にいいのを探しても信託報酬は1%前後が当たり前でしたが、ここ数年で、STAM → eMAXIS → CMAM と投資対象が拡大していて、安くなったなと実感しています。

     さらには、(指数からの乖離等の問題はありますが)ETFも拡大していて、良い方向ですが悩みが増えていますね

    Zelkovaさんへ

    小さな金額でたくさんの分散効果があるのはすごいことですね。
    1200~1300銘柄になるんですね。

    今はCMAMが一番安いみたいですね。
    ETFの方に投資することが多いので、気にしてなかったのですが、次回買う時があれば検討したいですね。
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード