ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  1000万円貯金(貯蓄、貯める)を目指してみよう
No1出会えるサイト

1000万円貯金(貯蓄、貯める)を目指してみよう

 
資産形成を目指している人にとって、1000万円の貯金(貯蓄)は通過点だと思います。
一方で、1000万円貯金達成時の喜びをあまり覚えていないという方もおられます。
実際のところ、1000万円というのは心理的節目であって、すべての人にとって意味があるかどうかはよくわかりません。

「金融資産が1000万円となれば何かが変わるのか。」と聞かれれば、「たぶん違った風景が見られる」と答えます。
それは900万円では見えずに、1000万円なら見えるという明確な境目ではありません。
貯金をしていく過程の中で、感じ方が変わっていくという類のものです。
この場合は、「お金の器」という言葉がなじむのかもしれません。

感じ方については、「1000万円の感じ方の変化」というエントリーで大雑把に書かせていただいています。




<1000万円貯金を目指す意味>


1000万円が通過点ならば、1000万円貯金を目指す意味ってあるのかという話になりますが、1000万円は大なり小なり何かを感じる心理的節目であることから、その程度の意味合いだったとしても目標にするのは充分ありだと思います。
人間はよくよく考えればあまり意味のないところを節目と感じるというのはよくあることです。

「お金の塊を崩さない」でいくとお金は自然に貯まっていくとよく言われます。
貯蓄ができてお金の塊を作れたとしても、その塊をいつもいつも崩していてはいっこうに増えていきません。
お金の塊を崩さなければ、その塊が複数できていくというのも、心理的なものかもしれません。

貯金術や貯金のノウハウはいろいろあります。
我が家の場合は、天引き貯金が性に合っていたようです。
天引き貯金とは、先取り貯金のことです。
今は、天引き貯金はしていなくて、投資資金い回したり、娘たちの学費に詰まっています。
もうすでに、貯金という概念をあまり意識しない生活になっていますが、それは貯金をしてないという意味ではないけど、貯金習慣がなくなったわけではありません。
今はそんな我が家ですが、これまでの歩みの中で「1000万円」というのを考えてみます。


(関連するエントリー)「天引き貯金の有効性」、「天引き貯金を考える


 
インターネットで検索すれば、たくさんの貯金のノウハウに溢れています。
自分にあったやり方は、探せばきっとあるし、やってみなければ自分のスタイルは作っていけません。
実践あるのみです。

いくら貯金できても、塊を崩してしまえば、振り出しに戻ります。
「300万貯めることが出来れば1000万までは意外と簡単」という人もいれば、「300万円貯めて新車を買った」という人もいます。
数歩譲って、新車の購入が予定通りというのならば、それもありかもしれません。
中古じゃダメなのか。前の車をもっと長く乗れないのか。そもそも車は必要なのか。
そうしたことを踏まえての新車購入であれば、そしてその家庭にとって優先順位が高い支出だというのであれば、それもありだと思います。
ただ、それでも貯金としては、資産形成としては、数歩下がるということです。


「とにかく何でもいいから1000万円貯めてみよう」

これを本気でやってみれば、いろんなことが見えてきます。
もっとも大切な視点は、今までなんとなく支出していた部分を、自分でしっかり再考することです。
よほど収入が多い人は別として、たまっていく人というのは、よく考えて支出をしています。

貯まらないと思っている人ほど、伸びしろは大きいはずです。
自分が常識だと思っていた部分を本気で見つめ直すこと。
案外こうでなければならないってことは少ないんです。発想の転換が大切です。

自分の中で新たなイノベーションを生み出すには、1つ1つ見つめなおすことです。
発想の転換は、実際、簡単にはできません。
気付くか、気付かないかの違いであり、その差は極めて大きく、圧倒的な差です。
インターネットがあたりまえとなった時代では、情報は簡単に手に入るわけですから、キャッチするためのアンテナを自分が張てるかどうかということです。


実際、1000万円貯めるためには、続ける必要があります。
それも、長く続けて。(←このブログのタイトルにはこんな思いを込めています)
継続の力がすごく大きいんです。
継続の力が大きいのは時間をかければ大きな力になるのは当たり前なんですが、本当に大切なのはいつのまにかそれが自然になってしまうことです。

「放っておいても貯まる」という人の言葉を要約すれば、いつのまにか貯まったという感覚です。
貯めるぞ、貯めるぞ、といつも念じる必要はなくなっています。
そんなことをしなくても、自然な生活の中で貯まっている、いわゆる「貯まる仕組み」をいつの間にか持っているということです。
これは続けるからこそ持てるものだと思います。

1000万円貯金ができるくらいの成果があれば、時間さえかければまた同じ塊を作ることは可能となります。
「継続する力」と「貯まる仕組み」の2つがなければ、1000万円貯金はなかなか難しいです。
でも両者を持ってしまえば、1000万円の塊を作るのは時間の問題だということです。

とりあえず「300万円」でも「500万円」でもいいと思います。
まずは100万円単位の塊を崩さないことです。
そして、崩すにしてもしっかり考えて崩すことです。
「継続する力」と自分なりの「貯まる仕組み」の2つの力(習慣)を是非、身につけて欲しいと思います。
この2つの習慣が、次のステップへの扉の鍵ではないかなと思うんです。




<1000万円貯めるためにすべきこと>


1000万円をためるためにすべき事を考えてみます。

■月末の総資産額を記録していき、グラフを書いてみること

まず現在の位置を確認する必要があると思います。
現在の位置を毎月記録していくと、過去の歩みとなりますが、そこから未来の予測と羽を広げる事が出来ます。
「貯金額をあと○万円増やせば、この時点でここまで行けるな」という感じです。

我が家が20代でやっていたのは、月末に資産額を算出し記録することでした。
ある程度記録が集まったらなんとなくグラフにしたくなるのもです。
そんな中で思いついたというか、思いだしたのが、「手書きのグラフを作ること」です。

まず月次で資産額を確認していくという作業は、毎月最低1回は過去を振り返ったり、将来の事を考えたりする機会をつくる意味があります。
家計簿をつけろと言っているのではなく、資産額を記録するだけの手軽さなのでやって損はありません。

それをグラフ化することで、パートナーに対しても非常に分かりやすくなります。
資産形成に興味がないパートナーとお金の使い方でもめることがあると思いますが、局地的な議論になってしまいがちです。
相手の興味を誘うには、かなりの時間を要しますが、続けている事で「あいつ何のためにしているのか」という興味を誘うと案外上手くいくケースもあると思うんです。
一気に考え方を変えようとすると上手くいかない事も、無理に説得しなくても続けているだけで可能なケースもあります。
お互いの感心が一致するとまではいかなくても、だいたい同じ方向性を向く事が出来れば、ものすごい爆発力が生まれます。

さて、わざわざ何故手書きのグラフなのかという部分ですが、資産形成の初期段階では面白い試みだと思っています。
今時、エクセルのグラフ機能を使えば綺麗でスマートにグラフ化できます。
手書きをすれば頭に入りやすいというのもありますが、「目盛の取り方」を自分で考えなければならないところにポイントがあります。
一般的には、縦軸に資産額、横軸に時間をとりますよね。
縦軸の目盛の取り方を自分で考え設定する際に、将来の事も想像しながらバランスがよいような目盛の取り方を意識するはずです。
だとすると、自分が思い描いて先々を想像して設定したグラフは、現在のお金の器を反映しているということになると考えています。

私も体験しましたが、続けているといずれグラフのバランスが悪いと感じ始めるポジティブサプライズが起こります。
資産形成を目指していれば当然起こりうる事で、何か金銭感覚にも変化があったということになります。
グラフを上に継ぎ足したり、書きなおす事で、新たな自分発見につながり、新たなステージで資産形成を頑張ろうと思えます。
30代、40代で貯蓄のペースが一定になればこうした作業は必要ないですが、若い時には一定の意味があると思います。


■支出をコントロールすること

貯金をするには、「支出のコントロール」は不可欠です。
「支出のコントロール」は、周りに惑わされることなく、自分自身で1つ1つの支出に対して見つめてコントロールしていくことで、つきつめていくと「無駄なことにはおカネをかけない」と「必要なことにはおカネをかける」という2面性を持っています。

「節約」という言葉でもいいのですが、私があえて使わない理由は、無駄な支出を減らすという視点だけでなく、必要な支出を見極めるという意味合いも意識していたいからです。
「節約=我慢」というイメージが嫌という感じです。
結果、同じ事でも我慢ではなく、自分なりに必要と無駄のバランス感覚と考えることで、自分のスタイルが確立できたと思っているからです。
お金をかけずに工夫を楽しめるようになれば、結構面白いんですよね。

支出をコントロールすることで、限られた収入から貯金額を増やす事が出来れば、1000万円貯金にぐっと近づきます。
それだけではなく、ローコスト生活が可能だと、給料が下がった時など家庭の危機において抵抗力が飛躍的に向上します。
1つ1つのお金の使い方を見つめなおすという意識を持つ事は、そういった意味でもとても大切です。

我が家の実感としては、若いうちにローコスト生活を確立できたことで、一旦膨らんだ生活を萎ませるのは難しいという経験をほとんどすることなく、つまり節約という我慢をあまり経験せずに済んでいます。
節約より有効なお金の使い方の方が難しいとさえ思います。
今は、生きたお金の使い方を意識しています。





このエントリーは、2011年7月16日にUPしたものを修正しています。
このエントリーは、2014年7月19日にUPしたものを修正しています。

「資産形成の極意」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ 


関連記事
  • はてなブックマーク - 1000万円貯金(貯蓄、貯める)を目指してみよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    相互リンクのお願い

    うさみみ様

    いつもお世話になっております。
    私は「内職・在宅ワーク、本業以外で小遣い稼ぎ!」というサイトを
    運営しております田中と申します。

    ネットサーフィンをしておりましたら、とても参考になるブログをみつけまして、声を掛けさせて頂きました。

    1000万円貯金を目指す・・・なかなか難しいですが、まず目標を設定しないことには貯金するのは難しいですよね。
    私も頑張ります^^

    もしよろしければ相互リンクをして頂けませんでしょうか?

    こちらはすでにトップページにリンクさせて頂きました。

    今後ともよろしくお願い致します。


    サイト名:内職・在宅ワーク、本業以外で小遣い稼ぎ!
    URL:http://71syoku.seesaa.net/

    田中さまへ

    相互リンクの申し込みありがとうございます。
    サイトの内容を見させていただき、分野が少し違うなとおもったのと、ある程度知り合いになってリンクさせていただいている事もあって、申し訳ありませんが今回は見送らさせていただきます。
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード