ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  J:COM 40Mでのブロードバンドルーターの選び方(BBR-4HG、BHR-4GRV、設定)
No1出会えるサイト

J:COM 40Mでのブロードバンドルーターの選び方(BBR-4HG、BHR-4GRV、設定)

  
 
インターネットのコスト軽減と通信速度を上げるために、インターネットプロバイダーの乗り換えを行いました。
「J:COM NET 40Mコース」にしました。
以前のプロバイダーはADSLの8Mで通信速度が遅かったのですけど、「J:COM NET 40Mコース」では以前よりサクサク動くようになりました。

以前はネットと電話を両方使う時に聞き取りにくくなることもネックでしたが、J:COMは別のCATV線になるのでそういうこともなくなりました。
コスト削減については、電話とインターネットのトータルで考えた時に月500円程度は安くなっています。




<J:COM NET 40Mコースでの通信速度>


ブロードバンドスピードテストをやってみました。

■J:COM NET 40Mコース
ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.3
測定時刻 2011/10/01 15:14:09
下り受信速度: 27Mbps(27.9Mbps,3.49MByte/s)
上り送信速度: 1.9Mbps(1.99Mbps,249kByte/s)
診断コメント: J-COM 40Mコースの下り平均速度は18Mbpsなので、あなたの速度はかなり速い方です!

測定時刻 2011/10/01 21:32:00
下り受信速度: 16Mbps(16.5Mbps,2.06MByte/s)
上り送信速度: 1.9Mbps(1.92Mbps,240kByte/s)
診断コメント: J-COM 40Mコースの下り平均速度は18Mbpsなので、あなたの速度は標準的な速度です。(下位から50%tile)


以前のプロバイダーでやった結果です。

下り受信速度: 610kbps
上り送信速度: 510kbps


こうして計測してみるとよくこんな環境でネットやってたなと思いますね。
いまは100M以上のサービスもある時代なのにね。

「J:COM NET 40Mコース」の通信速度は良好です。
問題は、パソコンを複数台使うに当たりルーターを通したらどうなるのかです。
そこでどのルーターがいいのかを検討しました。

妻が工事の人から聞いた話では、「J:COM」と相性が良い有線ブロードバンドルーターとは「BUFFALO社」で、ルーターはケチらない方がいいという話でした。
ケチらない方がいいと言われても、相場すら知らないので、まずはネットでいろいろ調べる事にしました。



 
<複数のパソコンでの接続方法>


J:COMのZAQに乗り換えた時の問題点は、当初の装備装備では、パソコンが1台しか接続できないということです。
以前のプロバーダーだと3台まで接続できるルーターも標準装備してくれていました。
「ZAQ」でも3台までは接続できることになっているのですが、そのためには機器を購入するかレンタルする必要があります。

複数のパソコンでの接続方法には4つの方法があるようです。

■無線LANでの接続(1つのグローバルIPアドレスで複数のパソコン接続可)
■ブロードバンドルーターでの接続(1つのグローバルIPアドレスで複数のパソコン接続可)
■HUBでの接続(IPアドレス追加かZAQケーブルフォンの利用が必要)
■PLCでの接続(IPアドレス追加必要)

まず「1つのグローバルIPアドレスで可能かどうか」が一番のポイントとなりました。
IPアドレスを追加するとお金もかかります。
ビジネス用と家庭用でIPアドレスを分ける必要があるわけでもなく、できるだけ通信速度を落とさずにお金のかからない方法がいいわけです。

「1つのグローバルIPアドレスで複数のパソコン接続可」となるのは、「無線LAN」か「有線ブロードバンドルーター」での接続での接続になります。

当然、「無線LAN」の方が、面倒な配線が不要だし、家のどこに移動してインターネットに接続ができるので便利です。
ただし「有線ブロードバンドルーター」の方が、通信速度が低下しにくく、機器の値段、追加費用が少なくてすみます。

将来的に無線LANにするかどうかはわからないし、家族もリビングに集まる方がいいと思うので、今回は「有線ブロードバンドルーター」にすることにしました。




<ブロードバンドルーター選び>


「J:COM NET 40Mコース」の場合、どの有線ブロードバンドルーターが相性がいいのか、ネット検索で調べてみましたけど、なかなか分かりません。
こういう分野に疎い者にとっては、「ルーターはケチらない方が良い」と言われても、何を基準に考えればいいのか分かりません。

とりあえず工事の人がいった、「J:COM(zaq)と相性がいいのはバッファロー(BUFFALO)」と言う言葉を信じて、「BUFFALO社」の製品を調べました。平成23年9月現在

(リモートアクセスモデル:外出先からもつながる)
・BHR-4GRV  \6,300  伝送速度Giga  最大スループット値515.8Mbps
・BHR-4RV  \10,400  伝送速度10/100M  最大スループット値98.7Mbps

(ハイエンドモデル:セキュリティを強化)
BBR-4HG  \3,400  伝送速度10/100M  最大スループット値98.7Mbps

(スタンダード)
・BBR-4MG  \2,750  伝送速度10/100M  最大スループット値83.5Mbps


まず、外出先からもつながる必要はないので、リモートアクセスモデルまでは必要がありません。
問題は、伝達速度で1000Mbps(Giga)が必要かどうかです。
今のメインパソコンが100Mbps対応だし、ルーターなしでの下り受信速度が現状で27Mbpsなので、さすがに1000Mbps対応は必要ないでしょう。
仮に、将来必要になったとしても、現在必要な有線ブロードバンドルーターが数千円で買える事がわかったので、買いかえればいいだけです。




<BUFFALO社 BBR-4HG>


「J:COM NET 40Mコース」の場合、どの有線ブロードバンドルーターが相性がいいのかは、ネット検索では分かりませんでしたが、J;COMのホームページの設計マニュアル一覧では、「Corega CG-BARSX」と「Corega CG-BARMX」と「Buffalo BBR-4HG」の3つの接続方法が紹介されています。
このことを踏まえても、購入するのは「Buffalo BBR-4HG」がベターという結論にしました。

(Buffalo BBR-4HG)
・10M/100MスイッチングHub(4ポート)搭載
・SmartBits2000、FTP、PPPoE接続すべてのスループット測定方法において、90Mbps以上の高速性能を発揮
・縦置き・横置き両対応

      




さて、家電量販店で見てみると「BBR-4HG」は3,280円で売られていました。
誰もがいくつも買うような商品ではないので、安くはならなさそうです。
ネットからの購入だと2700円台で送料無料でした。
なお価格サイトでの売れ筋は、「BBR-4HG」より「BHR-4GRV」の方が上です。

あとは、ルーター設置後の通信速度がどうなるかを検証していきます。
 
関連記事
  • はてなブックマーク - J:COM 40Mでのブロードバンドルーターの選び方(BBR-4HG、BHR-4GRV、設定)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード