ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  個人向け国債の利率とキャンペーンの比較(個人向け復興国債)2011年情報
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    個人向け国債の利率とキャンペーンの比較(個人向け復興国債)2011年情報

     
    個人向け国債は様々な金融機関で購入出来ます。
    個人向け国債の購入を検討している人は、各金融機関の販売キャンペーンを比較して、できるだけいい条件で購入したいものです。

    2011年冬の個人向け国債のキャンペーンを比較してみると、大手のキャンペーンの方がよさそうな感じです。



    <冬の個人向け復興国債の利回り>


    まずは、2011年冬の個人向け復興国債の利回りを確認しておきましょう。

    ■3年債【固定金利型】(第19回)  利率:年0.18%(課税後:年 0.144%)
    ■5年債【固定金利型】(第25回)  利率:年0.33%(課税後:年 0.264%)
    ■10年債【変動金利型】(第37回)  利率:年0.72%(課税後:年 0.576%)


    利払日は、毎年1月15日と7月15日になります。
    10年債の変動金利型は、半年ごとに利率が見直され、利率の決定方式は「利率=基準金利×0.66」となっています。(最低利率0.05%は下回らない)

    あまり魅力ある利回りではないですね。



    <個人向け復興国債の趣旨>


    平成23年度中(平成23年12月以降)に募集する個人向け国債は全て「個人向け復興国債」として発行されます。
    「個人向け復興国債」で調達した資金は、東日本大震災からの復興を図るために実施する施策に使われます。
    「個人向け復興国債」を購入した方全員に、復興に協力したことに対する感謝の意により、財務大臣の「感謝状」が渡されます。

    財務大臣の「感謝状」に魅力があるのかどうかはそれぞれですけど、復興のためにであれば検討の余地はありそうです。
    今後は数年分の利金と引き換えに「金貨」、「銀貨」などをプレゼントする案もでてきているとか。
    金利に魅力が薄いので、財務省もいろいろ考えていますね。





    <2011年冬の個人向け国債キャンペーン>


    10万円以上の購入から個人向け国債キャンペーンを実施している所がありますが、今回のキャンペーン比較は100万円以上で調べました。
    今回は、大手証券会社のキャンペーンがよさそうです。

    (100万円購入の場合)
    ■大和証券:「現金3000円+交換ポイント100pt」もしくは、「ダイワのポイントプログラムボーナスポイント3000pt+交換ポイント100pt」
     (条件:新規資金の入金もしくは円建債券の償還金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■野村証券:「現金3000円」
     (条件:新規資金の入金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■SMBC日興証券:「現金3000円」
    ■マネックス証券:「現金2000円」
    ■SBI証券:「現金2000円」
    ■楽天証券:「買い付け金額とポイントバック金額2000円分」

    (300万円購入の場合)
    ■大和証券:「現金9000円+交換ポイント300pt」もしくは、「ダイワのポイントプログラムボーナスポイント9000pt+交換ポイント300pt」
     (条件:新規資金の入金もしくは円建債券の償還金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■野村証券:「現金9000円」
     (条件:新規資金の入金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■SMBC日興証券:「現金9000円」
    ■マネックス証券:「現金6000円」
    ■SBI証券:「現金6000円」
    ■楽天証券:「買い付け金額とポイントバック金額6000円分」

    (500万円購入の場合)
    ■大和証券:「現金20000円+交換ポイント500pt」もしくは、「ダイワのポイントプログラムボーナスポイント20000pt+交換ポイント500pt」
     (条件:新規資金の入金もしくは円建債券の償還金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■野村証券:「現金20000円」
     (条件:新規資金の入金で「冬の個人向け復興国債」を購入)
    ■SMBC日興証券:「現金2000円」
    ■マネックス証券:「現金10000円」
    ■SBI証券:「現金10000円」
    ■楽天証券:「買い付け金額とポイントバック金額10000円分」


    夫婦で相談の結果、我が家は大和証券で2人×?00万円分の「個人向け復興国債」を購入する予定です。
    大和証券のキャンペーンを狙う方は、購入資金相当額の新規資金を入れるのを忘れないようにして下さいね。
    口座に20万円残っているからって、80万円だけを入金して、100万円分の個人向け復興国債を購入しても条件を満たしませんので注意が必要です。

    何年物の「個人向け復興国債」を購入するかは秘密です。
    10年物だと比較的金利がよく、今後金利上昇局面となればなおよいですが、10年間資金を拘束されます。
    定期預金のキャンペーンもいまいちなので、悪くない金利ともいえそうですが。
    キャンペーンを効率よく活用するなら、3年物もありかもしれませんね。

    ここではあくまでザクッとした比較ですので、「個人向け復興国債キャンペーン」の情報や条件等は、各金融機関でご確認ください。




    <中途換金(途中解約)について>


    「個人向け復興国債」や以前からの「個人向け国債」は、途中換金が可能です。
    金利上昇局面での乗り換えなどを検討する上で、途中換金(中途解約)条件を知っておくのは大切です。
    もちろん、「個人向け復興国債」の途中解約にはペナルティがあります。

    ・個人向け国債を中途換金する際、下記により算出される中途換金調整額が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差引かれます。
    ●3年債(固定金利型):2回分の各利子(税引前)相当額×0.8
    ●5年債(固定金利型):4回分の各利子(税引前)相当額×0.8
    (平成24年4月以降2回分の各利子(税引前)相当額×0.8)
    ●10年債(変動金利型):直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.8






    <販売キャンペーンができる訳>


    個人向け国債は、基本的には満期まで持ち続けることで一切手数料はかかりません。
    購入時の手数料はかかりませんし、満期償還されたときも手数料はかかりません。
    国債を買ったことを記載する専用口座の開設・維持手数料も基本的に無料です。
    (各金融機関に確認が必要。無料でないケースもある金融機関もあるかもしれません。)

    金融機関が販売しても儲かりそうもない個人向け国債をなぜ、キャンペーン競争まで行って販売するのかという疑問が出てきます。
    恐らく、政府もしくは財務省から、販売促進費や販売奨励金なるものを金融機関が貰えることになっていて、そのうちのいくらかを購入者に還元する形でキャンペーンを実施できるのではないかと想像できます。

    以前、この件を調べた時に販売金額(額面)の0.5%程度が金融機関に入るという情報を目にした事があります。
    そのソースが残念ながら探せません。

    普通に考えると、「国債の発行時」、「国債の利払い時」、「国債の償還時」に国は金融機関に対して手数料を払わないと金融機関は成り立ちません。

    こういう話は一般向けには出てきそうにない内容なので正しいかどうかはわかりませんが、インターネットを持ていると「国と金融機関で売買する国債の手数料」で紹介されていました。

    国からの手数料があるからこそ、こうした販売キャンペーンが可能なのでしょう。
    それにしても大手証券会社とネット証券のキャンペーンの差が明らかに前者が良いのは、金融機関としての体力差なのですかね。

     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 個人向け国債の利率とキャンペーンの比較(個人向け復興国債)2011年情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    以前より国債のキャンペーン特典は国が絡んでいるのでは(証券会社としては国債より、儲かる金融商品はいくらでもあるでしょうから)と思っていたのですが。
    キャンペーン分と証券会社への販売報酬分も考えると、国債発行に基づくコストって一体どのくらいなんでしょうかね?

    water boyさんへ

    そうですね。どの位の費用がかかっているんでしょうね。
    なかなか調べられないでいます。
     

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。