ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  電子レンジでおもちを柔らかくする方法(レシピ)
No1出会えるサイト

電子レンジでおもちを柔らかくする方法(レシピ)

 
我が家では毎年お正月以降、大量のお餅をいただきます。
食べ方は「お雑煮」か「電子レンジでチン」くらいでバリエーションがさみしいだけでなく、だんだんお餅自体にうんざりしてきます。
そこで今年は私の家庭力UPの一環として、手軽なお餅料理のバリーエーションを増やしたいと思いました。

お正月番組で、電子レンジでお餅をモチモチに柔らかくしていたのを見て、いい方法を研究してみたいと思いました。
お餅を電子レンジでチンする時、「お皿にくっついてしまう」のと「お餅の一部が固い」というのが悩みの種です。

お皿にお餅が固くくっついてしまうと、洗い物の時にめちゃくちゃ大変です。
また固い部分と柔らかい部分のあるお餅はそんなに美味しいとは思えません。
電子レンジを使う方法が一番手軽なのでいろいろ研究してみるつもりです。





<お餅を水に浸して電子レンジでチンする方法>


テレビでやっていたのは、確か「お餅を水に浸して電子レンジでチンする方法」だったと記憶しています。
早速やってみたのですが、とんでもないことになりました。
700wで監視なしで2分加熱したら爆発していました…。

妻と娘にひどく怒られましたが、失敗にめげずに監視しながら再挑戦しました。
その結果、我が家の最良方法がわかりました。

■お餅を水に浸して700Wの電子レンジで監視しながら80~100秒加熱する

加熱40秒で水が温かくなり、60秒で熱くなりお餅の表面が柔らかくなります。
加熱80秒~100秒の間にお餅が膨らんで水面から顔を出すのでそこで完了です。

    もち-1

お餅の表面についていた粉も溶けだして、期待通りモチモチのお餅になりました。
電子レンジを使えばすぐにやわらかくてみずみずしいお餅をいただけます。
表面には水分がたっぷりついているので、ちょっと水気が気になります。
定番の「きなこ+砂糖」などの粉をまぶしていただくとしっかり絡み合ってよさそうです。

できるだけ水を少なくするために深めの器がいいですね。
この方法の難点は、監視しておかないとお餅が溶けだし、最終的には爆発(多分、水が沸騰して溶けたお餅がとびちる)します。
お餅の大きさや水の量、W数、電子レンジに乗せる位置によっても加熱時間が変わるので、様子を見ながらする必要があります。





<やわらかいお餅の食べ方>


頑張って作ったやわらかいお餅は、定番の「きなこ」や「きなこ+砂糖」でいただくのがいいですね。
ちょっと冒険して、「抹茶ミルク」の粉末でもためしてみました。
なにかの粉でお餅をいただくのが手軽ですね。

   もち-2


■きなこ:定番ですね。
■きなこ+砂糖:私も娘達も大好きで、娘はMyきなこと言って自分専用の器でキープしてます。
■抹茶ミルク粉末:お餅と抹茶は合います、ミルク分は好みが分かれそう。



インターネットで調べていると、他にも電子レンジを使ったお餅の対処法がいくつかあるようですので、食べ方も含めて実践して追記していきたいと思います。
他にもいい方法があれば、是非、教えて下さい。
 
 


 
 
関連記事
  • はてなブックマーク - 電子レンジでおもちを柔らかくする方法(レシピ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード