ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  医学部の学費がどのくらいかかるのか(国立大学の授業料・学費の推移・一覧)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    医学部の学費がどのくらいかかるのか(国立大学の授業料・学費の推移・一覧)

     
    娘が高校生になったので大学のことをそろそろ考えなければいけません。
    子どもの養育費(教育費)は既に準備できているつもりなのですが、それはあくまで統計データ上の一般的なデータでの話です。

    (関連するエントリー)子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)

    上記のエントリーにもあるように、子どもの教育費の準備は1人当たり1000万円も用意しておけば概ねOKだということなのですが、もちろん進路によって異なります。

    気になるのは、「医学部進学」と「大学院進学」です。
    これらは一般的なケースではないのですが、娘がそういう道を選択する可能性があります。
    もし、それが金銭的にだめならばあきらめるように今から言っておく必要があります。
    真剣に頑張って第一志望校に入学した娘は、とても素晴らしいし、うれしいわけですが、ここは現実の向き合う必要があります。

    娘が一生懸命大学受験を頑張ったのにその道は無理だと後から言うのは梯子を外す形になりますので、これからはコニュニケーションが重要になってきます。
    そういうことで、人生の先輩方のブログを読み漁って勉強しているところです。


    一般的な大学に進んで「大学院進学」というパターンについてはそれほど心配していません。
    準備する時間もまだありますし、私立大学に行くことになってもよほど高いところでなければなんとかなると思っています。
    問題は、医学部に進学すると希望した場合ですが、可能性がありそうです。
    私が入院したことがきっかけで医療にはかなり興味を持っていますし、意識していることを知っているからです。

    医学部の学費については、偏差値ランキング図書館さん「医学部学費ランキング 私立医学部と国立医学部の比較」を参考にします。

    医学部の六年間総額の学費を含めた諸々の学納金のランキング
    ・国立大学医学部平均 350万円
    ・私立理工平均(学部+修士) 760万円
    ・慶應義塾学医学部 2051万円
    など、5000万円近くまでありました。

    私立大学医学部の学費は、6年間で家が1軒買えてしまいます。
    これは、持家vs賃貸論争なんてやってる場合ではないですよ。




    <私大医学部の学費下げ競争> 

    朝日新聞デジタル:私大医学部、学費下げ競争 学生確保「人気あるうちに」より】

    私立大学医学部で、学費を値下げする動きが相次いでいる。優れた学生の確保が主な狙いで、少子化時代に、学生集めで少しでも他大学より優位に立ちたい思惑がにじんでいる。

    「関西の私立医科系で最も学費が安い!」
    関西医科大は、ホームページに関西の他大学との学費の比較表を載せ、学費の安さをアピールする。
    同大では、6年間の総額が2970万円だった学費を、新年度入学の学生から2770万円に下げる。同時に、昨年までは大阪だけで行っていた入試を東京でもするようにし、センター試験を使った入試も始めた。担当者は「将来を考えると、今からより優れた学生を採る改革が必要と判断した」と説明する。

    東邦大も新年度から値下げ。6年間の学費総額を計600万円下げて2580万円にする。昭和大も450万円減の2200万円に減額する。昨年は東海大、兵庫医科大も値下げした。いずれも優秀な学生の確保が狙いだ。医学部の運営は元々、学費だけでは足りない分に寄付や国からの補助金などをあてており、やりくりがつけば、学費を下げられるのだという。

    ただ、優れた学生が欲しいのは、いつの時代も同じはず。いま下げるのはなぜなのか。背景には、先陣を切って値下げした順天堂大の成功があるようだ。
    同大は2008年度、従来2970万円だった6年間の学費を2090万円に下げた。私大医学部の平均は3300万円程度で同大は最安レベルになった。

    入試方式を増やした効果もあり、志願者は値下げ前のほぼ2倍の4500人前後に増えた。難易度は上がり、以前は少なかったサラリーマン家庭の子供の入学も増えた。担当者は「勇気が要ったが、多様で優れた学生が増えた」と話す。

    医師不足との厚生労働省側の指摘を受け、文部科学省は08~19年度の期間限定で、各大学に医学部の定員増を認めている。受験生の注目度も高く、12年度の私大医学部の志願者数は、増員実施前と比べて2割増えたという。

    ある大学の入試担当者は「学費を下げれば、良い学生が集まりやすい。人気のあるうちに少しでも良い学生を集め、知名度やブランドを上げたいという欲求は各大学にあるはずだ」と説明する。



    医科大学の学費値下げ競争は大歓迎です。
    我が家とは関係なさそうな大学ではありますが、上記記事中の東邦大学のホームページを確認すると2013年度(平成25年度)入学生から6年間の学納金総額を3,180万円から2,580万円に減額するとなっています。
    それでも学納金だけで2,580万円ですから、普通に親が出せる金額ではないというのが第一印象です。





    <国立大学医学部の学費>


    国立大学医学部ならばどうなのかと調べてみると、国立大学の授業料は「学部関係なく」年間一律53万5,800円でした。
    てっきり医学部は私立よりは安くてもバカ高いんだと思っていたので認識不足でした。
    医学部はお金がかかる」というイメージが先行しすぎていましたが、国公立大学では学部に関わらず学費が一律である場合がほとんどだということはありがたい話です。

    「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」に載っていますね。

    国立大学の授業料・入学料の推移
    年度授業料の年額入学料
    平成元年339,600185,400
    平成2年339,600206,000
    平成3年375,600206,000
    平成4年375,600230,000
    平成5年411,600230,000
    平成6年411,600260,000
    平成7年447,600260,000
    平成8年447,600270,000
    平成9年469,200270,000
    平成10年469,200275,000
    平成11年478,800275,000
    平成12年478,800277,000
    平成13年496,800277,000
    平成14年496,800282,000
    平成15年520,800282,000
    平成16年520,800282,000
    平成17年535,800282,000
    平成18年535,800282,000
    平成19年535,800282,000
    平成20年535,800282,000
    平成21年535,800282,000
    平成22年535,800282,000
    平成23年535,800282,000
    平成24年535,800282,000
    平成25年535,800282,000
     

    平成17年以降、国立大学の授業料と入学金は変動がありません。
    これは平成16年4月の国立大学法人化が関係しているみたいで、「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令第十条(授業料等の上限額等」に)よると、文部科学省が定める標準額の20%増を限度に各大学が定めるということです。

    [授業料]535,800×6年間+[入学金]282,000=3,496,800=350万円

    国立大学の医学部ならば、6年間の授業料と入学金で約350万円しかかかりません。
    350万円をしかかかりませんと表現するのはどうかとも思いますが、えっ350万円でいいのと感じざるをえません。
    これだと私立医科大学は無理でも、国立大学医学部ならば通わせられそうです。

    もちろんその他にも後援会や同窓会費、生活協同組合出資金などの費用がかかるようですし、下宿代や教材費はかなりかかると思われます。
    これらもいろいろ調べてみたいと思います。
    だれかご存知の方がおられれば是非教えてください。




     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 医学部の学費がどのくらいかかるのか(国立大学の授業料・学費の推移・一覧)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    国立大学医学部

    老後の資金計画を調べていてこちらにたどりつきました。
     
    息子が現在国立大学医学部在学中です。
    自宅通学であれば6年で350万円で済みますが、医学部で通学に1時間以上は時間的に厳しく、
    学年があがると学校の近くに住み始める人が多いようです。
    お近くに医学部を持つ国立大学はありますか?

    現在、息子にかかる費用は授業料+教材費+家賃+生活費で年間250万円。
    6年で1500万円かかる予定です。
    医学部進学は想定外でしたので満期300万円の学資保険など焼け石に水でした。

    ちなみに卒業後特定の地域で決まった年限働けば返還免除の奨学金制度はあります。
    我が家は将来の束縛を回避するため利用しませんでした。









      

    貧乏母さんへ

    コメントありがとうございます。
    息子が国立大学医学部生なんですね。
    実際の費用、貴重な情報本当にありがたいです。

    通学に1時間以上は厳しいことは、親としてしっかり認識しておきますね。
    そうなると確実に下宿生活になりますね。


    >現在、息子にかかる費用は授業料+教材費+家賃+生活費で年間250万円。 6年で1500万円かかる予定です。

    これも貴重な情報です。ありがたいです。
    私立に比べると随分安いので少しホッとしました。
    とはいえ大きな金額ですが。


    >ちなみに卒業後特定の地域で決まった年限働けば返還免除の奨学金制度はあります。
    >我が家は将来の束縛を回避するため利用しませんでした。

    この制度のことは知っていましたが、同じように束縛を回避したいです。
    お金が準備できないのであれば仕方がないですが、なんとかなるかなと思える数字だし、とにかくあと3年準備期間が残されているので踏ん張ってみますね。

    貴重な情報ありがとうございました。


    No title

    私も地方国立医学部に通っていましたが、仕送りが月25万でそれでやりくりしていました。周りを見るとどちらかといえば裕福なほうかと思いました。ただ医学部生は家庭教師などのバイトの割がよいので(地方なら時給2500円、都市部なら4000円くらい)なので、みんなバイトをしていました。

    前の方は書かれていませんが、医学部生はほとんどが体育会系の部活(サークルではありません)に入るので、部活の遠征などでお金が結構かかります。だいたい春と夏に大きな全国規模の大会があるので、その都市までの旅費、宿泊費がかかるからです。

    それも含めてバイトと仕送りでやりくりしていた感じです。
    もちろん部活に入らない選択肢もありますが、かなり少数派です。

    僻地である年数働けば返却義務のなくなる奨学金を受けている人も何人かいました。

    お金に困窮している人はあまりいなかったように思います。

    あと医学書はどれも高いので書籍費がかさみます。先輩からもらったりもしますが、普通の教科書だと1冊1万円くらいします。高いものなら3万くらいでしょうか。こういう点は意外と知られていません。

    地方国立大学であれば、大まかに年間200万×6年間+学費+書籍費で総額1500万くらいと考えればよいのではないでしょうか。

    No title

    あと書き忘れましたが、卒業して研修医として働き出せば月25万から30万はもらえるので、それを見越して親からお金を借りている友達もいました。

    また、6年生になると医師国家試験の問題集や、予備校のネット講座をうけることになるので、教材費が1、2年の頃より増加すると思います。過去問をとかないと落ちるので必然的に毎年買わないといけませんので。だいたい国試の問題集全てで10万くらいでしょうか・・。

    最後に国家試験に通ると医籍に登録する必要がありますが、これが7万くらいかかりました。

    タムロチェリーさんへ

    コメントありがとうございます。

    >地方国立大学であれば、大まかに年間200万×6年間+学費+書籍費で総額1500万くらいと考えればよいのではないでしょうか。

    総額1500万円ということは、貧乏母さんのコメントと同じですね。
    仕送りが月25万でどこまでの範囲をやりくりされていたのかが気にまります。
    25万円×12×6=1800万円ですね。


    >前の方は書かれていませんが、医学部生はほとんどが体育会系の部活(サークルではありません)に入るので、部活の遠征などでお金が結構かかります。だいたい春と夏に大きな全国規模の大会があるので、その都市までの旅費、宿泊費がかかるからです。

    部活ですか。皆さん活動的なんですね。


    >また、6年生になると医師国家試験の問題集や、予備校のネット講座をうけることになるので、教材費が1、2年の頃より増加すると思います。過去問をとかないと落ちるので必然的に毎年買わないといけませんので。だいたい国試の問題集全てで10万くらいでしょうか・・。
    >最後に国家試験に通ると医籍に登録する必要がありますが、これが7万くらいかかりました。

    教材費はだいぶかかりそうですね。
    でも想像よりはかからないなと感じましたので、少し安心しました。

    実際の貴重な情報ありがとうございました。
    とても助かります(^.^)

    No title

    家賃と駐車場、車の維持費、食費など生活費全部で15万くらい。後の10万で部活やら友達との食事、旅行などをまかなっていました。もっと多い人もいましたし、少ない人も当然いました。バイトが割とたくさんあるのでお金には困らない感じがしましたが・・・。

    田舎だと車がないと困るのでそこは考慮したほうがよいかと思います。部活や病院実習で遅くなることもしばしばあるので、女性なら住む場所は学部・病院の近くのオートロックの家になり、家賃が少し高めかと思います。

    医学部生が部活に入るのは、試験期間や休みなどが他の学部と異なるため、総合大学でも単科医大のように医学部内の生活がメインとなるからです。狭い世界なのでどこかの部活に属したほうがやりやすいというのはあるかと思います。また試験資料などもまわってきやすいです。

    もちろん学年が100人ほどしかいないので社交的な人であれば部活に入らなくても友人から資料はまわってきます。
    部活に入らないで海外旅行や留学をしている学生(女子がほとんど)も多かったです。

    また具体的な質問があればお答えします。

    タムロチェリーさんへ

    >家賃と駐車場、車の維持費、食費など生活費全部で15万くらい。後の10万で部活やら友達との食事、旅行などをまかなっていました。

    ということは、年間200万×6年間+学費+書籍費で総額1500万のうち年間200万円部分が300万円だったということですね。
    年間300万×6年間+学費+書籍費で総額2100万という感じですかね。

    >医学部生が部活に入るのは、試験期間や休みなどが他の学部と異なるため、総合大学でも単科医大のように医学部内の生活がメインとなるからです。狭い世界なのでどこかの部活に属したほうがやりやすいというのはあるかと思います。また試験資料などもまわってきやすいです。

    他の学部といろいろ違うんですね。
    部活に入る人が多いというのもそういうことなんですね。
    うちの娘だと、留学を言いだしそうです。

    No title

    すみません、仕送りですが当時の家計簿をひっくり返してみると月20万でした。

    ですのでやはり年間1500万くらいではないかと思います。
    医師になればそれなりに高給取りになるので、(研修医2年間は手取り月30万、3年目以降なら月60万くらい)、学費は親がもつけれど留学費用はあとで自分で払わせるなどしたらよいのではないでしょうか?

    タムロチェリーさんへ

    >ですのでやはり年間1500万くらいではないかと思います。

    6年間で1500万円ということですね。


    医師になればそれなりに高給取りになるので、(研修医2年間は手取り月30万、3年目以降なら月60万くらい)、学費は親がもつけれど留学費用はあとで自分で払わせるなどしたらよいのではないでしょうか?

    研修医2年間は手取り月30万、3年目以降なら月60万くらいなんですね。
    いろいろ勉強になります。
     

    私立の医大の話です。

    うさみみさん、すばらしいですねヽ(´―`)ノ

    自分の娘(まだ幼児)も、お医者さんになりたいと言ってくれないものかと、ひそかに願っております。


    自分の場合、私立医大の情報しかありませんが、コメントさせていただきます。

    私立医大の場合、補助金のためや、大学間の優劣をつける基準のために、国家試験合格率を競っていました。

    みかけの成績を上げるために、成績の悪いギリギリの6年生を卒業させなかったり、もっと下の学年から進級を厳しくして国家試験受験者数をしぼるという行為が横行していました。

    偏差値の低い、学費の高い大学でその傾向が顕著でした。

    (勉強させるために当然と言えるかもしれませんし、国立に比べて学生の質も良くないので仕方ないのかもしれませんが。)

    なので、信じられないかもしれませんが、精神的に厳しくなったり、学費が厳しくなったりして途中で辞めてしまう学生もたまに出てきます。
    親としては、それなりの余裕と覚悟が必要かもしれません。

    十数年前の話です。
    そのほとんどが男子学生で、大半は普通に卒業しますが。

    うさみみさんの参考にはならなかったかですね。

    失礼いたしました。

    コツコツ麻酔科医さんへ

    情報ありがとうございます。

    >私立医大の場合、補助金のためや、大学間の優劣をつける基準のために、国家試験合格率を競っていました。
    >(勉強させるために当然と言えるかもしれませんし、国立に比べて学生の質も良くないので仕方ないのかもしれませんが。)
    >なので、信じられないかもしれませんが、精神的に厳しくなったり、学費が厳しくなったりして途中で辞めてしまう学生もたまに出てきます。

    まじですか。いろいろあるんですね。
    私立医大の方が入りやすいのですかね。

    それにしても私立医大の学費等のコストは、我が家のような平均的な家庭では負担は無理だなと。
    学校に納めるお金だけでも最低3000万円ともなれば無理です。
    だから今から国公立だけと言っています。トホホ。

    医学生のくらし

    前出の貧乏母さんです。

    息子は運動部に所属しており、活動費用を稼ぐためにアルバイトを
    探している時期がありました。

    が、家庭教師でも時給1500円~2000円程度の地域で、なおかつ
    車がないとバイト先も限られてくることがわかったので、甘いですが、
    必要があればこちらで援助することに決めました。
    私が東京でパートに出るほうが時給が良いからです。

    実際、進級が厳しく勉強時間を確保しなくてはならないのでバイトの
    日数を減らしていく学生が多いようです。

    留年といえば怠け者の男子学生のイメージですが、息子の大学では
    女子も少なからずおります。
    彼女らは決して遊びほうけていたわけではありません。

    息子は医学部では知力以上に体力と精神力と要領のよさが必要だと
    言いますが、私はそれに加えて親の財力も必要だとつくづく感じます。

    堅実な親御さんがいらしてお嬢さんはお幸せですね。
    お嬢さんの健闘お祈りしております!

    貧乏母さんへ

    >実際、進級が厳しく勉強時間を確保しなくてはならないのでバイトの 日数を減らしていく学生が多いようです。

    タムロチェリーさんのコメントにもありましたが、医学部は勉強に専念できる環境が必要なようですね。
    アルバイトでお金を稼ぐのと逆で、時間をお金で買う必要があるという感じですね。
    その分、親はお金を出す必要がでてくるんですね。

    >お嬢さんの健闘お祈りしております!

    ありがとうございます。
    娘は頑張って公立高校に行ってくれたので、助かりました。
    せっかくの志ですから、お金でなんとかなるものならば、今までお金がかからなかった分、大学くらいはピンポイントでお金をかけてあげたいです。

    No title

    平成10年九州の国立大卒です。関東出身なので大学の近くに一人暮らしし通学していました。仕送りは15万でした。4月とかには書籍代など若干多く送ってもらいましたが・・・。
    まあ、バイトもしてましたが普通に生きてはいけましたよ。安い車にも乗れましたし。卒業試験も上位一桁で卒業もできました。

    同学年に2人ほど、親からの仕送りなしの人がいましたよ。奨学金とバイトで、生活費、学費すべてまかなって卒業してます。僕にはまね出来ませんが・・・

    地方国立大卒さんへ

     
    コメントありがとうございます。
    仕送りは15万で、書籍代はそれなりにかかるだったんですね。

    >同学年に2人ほど、親からの仕送りなしの人がいましたよ。奨学金とバイトで、生活費、学費すべてまかなって卒業してます。

    医学部でそれだけのバイトはきついみたいですね。
    おカネの問題なので仕方がないとはいえ。

    私大医学部では大学独自の奨学金制度や地域枠入試で学費を低減しているところも多いです。
    例えば、慶応医学部では年額100万円の奨学金制度がありますし、日本医科大学では年額200万以上の高額な奨学金(無利子、卒後10年分割返済)があります。
    こういった制度を利用すれば自宅から通えるなら金銭的な負担は自宅外通学の国公立と比べたら、大きくは変わらなくなります。

    予備校関係さんへ

    私大医学部には地域枠入試というのがあるんですね。
    自宅からというところが難しいですが、そういう人は調べた方がいいですね。
    選択肢がひろがりますね。

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。