ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  年収100万円の豊かな節約生活術(山崎寿人)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    年収100万円の豊かな節約生活術(山崎寿人)

    「年収100万円の豊かな節約生活術(著者:山崎寿人)」を読みました。

    著者の山崎寿人さんは、なんと東大卒で大手酒造メーカーに就職するも30歳という若さで早期リタイアし、既に無職生活を20年続けているそうです。

              


    「年収100万円」というキーワードに興味を持って読んだのですが、年収100万円のからくりは、親から遺産相続した不動産からの家賃収入があったということでした。
    定職につかなくても「年収100万円」を得られる何かに期待していたのですが、ここでちょっとがっかりでした。

    「1日3食を500円以内を目安にやっている」ということですが、我が家も子どもが産まれる前ならば夫婦2人でそのくらいだった時期もあったのでそれほど驚く数字ではないのですが、山崎さんは「いかに金をかけずに、生活の質を上げていくかの追求」と「いかに安い食材で、豊かな食生活を送るかの探究」を「豊かな貧乏生活術」の目標の柱にされていて、すごく充実して心豊かな生活をされているようです。

    料理にすごくこだわっておられる気持ちは私にもわかります。
    私も週末は、ちょっとした冒険をしながら料理を作っていますので(家族の批判をものともせず?)、料理は面白いなと思います。
    私の場合は、本格的な料理ではなく、面白そうな料理を1から勉強しつつという感じで、全然こだわりはないのですけどね。

    ホームベーカリーで、パンだけでなく、うどん、そば、パスタ、ラーメン、ピッツァ、インドカレー、ナンなどが自家製で作れるバリエーションの広さに驚きました。
    私が気になったのは、一般にはあまり知られていないそうですが、ホームベーカリーの愛用者の間では「エムケー精工製」が人気ブランドに祭りあげてられていて、割安で味も良いという評判なんだそうです。
    これはメモしておかなければ。

         


     

     この生活をしていると、「まだ今日の自分は○○をやってないじゃないか。早く○○をしなければ」という焦りや自責の念にさいなまれもしなければ、「問題は、何をするかだ。何もしない時間など、無駄なだけ」などと、説教を垂れられる事もない。
     そのうえ、今の世の中に蔓延している「勝ち組か負け組か」「善(正義)か悪か」「成功か失敗か」「正しいか間違いか」「(自分はあいつより)上か下か」というように、世界を二色に塗り分け、それだけで人間の価値を評価してしまうというような二元論的世界観とは、とうの昔におさらばしてしまっているので、「何かをしてなんぼ」「何かになってなんぼ」という観念や、二元論的世界観の上に立った「かくあるべき」「ねばならぬ」「意味があるかないか」という発想で自分の考え方や行動に価値判断を下し、己れの人生を縛り上げることは、もうやめてしまったというわけだ。



    二元論的世界観の渦の中に完全に巻き込まれている(というか自分でそういう世界に入り込んでいると言った方がより正しいのかもしれない)訳で、そういうのが嫌であるという自覚がありつつも抜けだせないでいます。
    結婚して、子どもを育てる家族を持っている人は、どうしてもしがらみでがんじがらめになってしまいます。
    そこから抜け出すには、まずお金がいるという最大の呪縛がそこにあります。
    それでも「かくあるべき」「ねばならぬ」という呪縛から少しでも逃れられるように暮らしていきたいと思っています。


    会社の定期検診で腹部レントゲンを撮った時、医者から「十二指腸潰瘍の痕があるが、すでに治っている」と診断されたのも、ちょうどその頃(=会社勤め時代)。自分でも気づかぬうちに潰瘍を患い、やはり気がつかないまま治ってしまったと聞いた時、普段の自分がいかに己の身体をないがしろにしてきたか、またそんな心や身体の悲鳴さえ聞いてやれなかったの自分の情けなさに愕然としたものだ



    私も全く同様の体験をしました。
    私の場合は、人間ドックの結果で「十二指腸潰瘍の痕があるが、すでに治っている」と報告を受けたんですが、その時は「そうなんだ」くらいにしか思いませんでした。
    その数年後、私は十二指腸潰瘍からの出血多量であわや死ぬところまで気付かず放置したというほど、自分の受けているストレスに対して鈍感な人間です。

    私は医師に「死んでしまうやんか」と怒られ、緊急手術後に入院してやっと、「普段の自分がいかに己の身体をないがしろにしてきたか、またそんな心や身体の悲鳴さえ聞いてやれなかったの自分の情けなさに愕然とした」んですよね。
    それもほとぼりが冷めると忘れがちになる大バカ者ものだとこの本を読んでいて改めて思いました。


    で、20年。
    そんな生きかたで良いのかと言われても、よくわからない。
    もちろん、失ったものや得られなかったものは沢山ある。例えば、社会的地位や評価、金、結婚と新たな家族…。
    社会的地位や評価など必要のない生活だから一向に構わないのだが、正直な話、さすがに結婚して自分の家族を築けなかった(築けそうもない?)ことだけは、いささかの心残りがないでもない。



    私は結婚して子どももいるので、特に子どもについてどう思っているのかが気になりました。
    でもすべてを手に入れる事はできないわけですしね。
    私はストレスの渦にいながらも、残り半分となった子育ての時間を大切にしないなと思います。


     

    20万円の節約生活
    22万円の節約生活
    関連記事
  • はてなブックマーク - 年収100万円の豊かな節約生活術(山崎寿人)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。