ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  高校受験への親のサポート(兵庫県高校入試:内申書、内申点の計算方法)
No1出会えるサイト

高校受験への親のサポート(兵庫県高校入試:内申書、内申点の計算方法)

 
みみ姫が中学3年生になり、いよいよ高校受験を迎えます。
娘なりに高校受験対策をやってきたようですが、兵庫県の場合は内申点も中学3年生からがメインとなるので、本番はこれからです。

さて、中学1年生では子どもが自分で勉強できる習慣作りがメインでした。
中学2年生では、早くも志望校に向けた下準備が始まります。
私達の子どものころと違って、今の高校入試の場合、「内申書」がどのように作成され影響してくるのか、「入試試験」の対策はといった単純な入試制度ではなく、いろんな選択肢が用意されています。

志望校の候補を絞り込むためにも、押さえておきたいのが「入試制度」ですよね。
子どものネットワークでも実態が分かる面もあるとは思いますが、親のネットワークも大切です。
志望校が決まればそれに対応した塾では、入試制度に合わせたサポートも受けられるのでしょうが、家庭教育の場合はこうした情報の入手は親としてのサポートの最初の入り口ではないでしょうか。

みみ姫は、ある公立高校が第一志望なので、兵庫県の公立高校の入試制度を中心に見ていきます。




<選択肢が増えた公立高校入試制度>


公立高校の入試制度は、複数の門が用意されています。
複数の門にチャレンジできるのはm中学生で学習評定やそれ以外で優秀であることが条件となります。

■推薦入学…中学校長の推薦が必要
■特色選抜…自己推薦型の入試で推薦入学と同日に実施される
■一般選抜…内申点と学力検査点で合否が決まる
■複数志望選抜…一般選抜の中で複数志願ができる学区もある
※誤りがあるかもしれませんので、ご自分で確認してください。

「特色選抜」なんて言葉は、私には耳慣れませんが、子どもと高校受験について語ろうとするならば、親も知らなくてはならないと思います。
兵庫県の公立高校では、前半に推薦入試と特色選抜、後半に一般入試が行われます。
入試制度を知らずして、高校入試対策は立てられません。




<特色選抜>


「特色選抜」は、高等学校がその特色に応じて受検生のさまざまな個性や能力を多面的に評価します。
中学校長の推薦は不要で、高校が決める「生徒に求める条件」に従って出願します。
平成23年度入学者選抜から、すべての学区において特色選抜を実施しています。

募集枠は募集定員の15%以内(最大40人)で、推薦入学と同日に行われる。
合否の判定は、内申書と面接、高校によっては実技検査や小論文(作文)などの結果を総合的に判断します。




<複数志願選抜>


「複数志願選抜」は、学校の特色や自分の適性・進路希望などに応じて、学びたいことが学べるようにするための選抜制度です。
■個性や能力に応じて学校を選択し、1校または2校を志願できる。
■第1志望を優先するため、第1志望校には一定の加算点を加えて志願できる。
■出願時に希望していれば、第1・第2志望校がどちらも不合格の場合でも、総合得点によっては、いずれかの公立高校に合格できる。

複数志願選抜は、全ての学区で実施されているわけではありません。
第1志望校の加算点は、学区によって15~35点と開きがあります。
つまり第1志望校の場合は、内申点と学力検査点の総合得点に、第一志望加算点がプラスされて合否の判定が行われます。


今の入試制度はいろいろあるんですね。
専門学科や総合学科、単位制の普通科、一部の普通科に設置されているコースでは推薦入学もあるようです。




<内申点と学力検査点>


内申点と学力検査点が同等に扱われ、内申書の学習評定以外の記録なども参考にしながら総合的な合否の判定が行われます。

【内申点の教科別の配点:250点】
■中3の主要5教科(英・数・国・理・社)の評定(5段階評価)の和を4倍⇒100点満点
■中3の実技4科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭)の評定(5段階評価)の和を7.5倍⇒150点満点

※内申書の学習評定以外の記録での加算もあるようです。
※社会や理科などは中3以外の成績も考慮されるという話もあります。

【学力検査点の教科別の配点:250点】
■主要5教科(英・数・国・理・社)の点数(100点満点)の和を半分⇒250点満点


内申書の特徴として、実技4科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭)のウエイトが高いので気が抜けません。
基本的には中3の2学期までが対象のようですが、理科、社会などは中3だけでないという話もあります。
提出物の期限を守るとか、積極的に質問するなど、普段からきちんとすることをしておくことが大切なようです。
また、生徒会活動やクラブ活動も影響があると思われます。


兵庫県の高校入試のケースをご紹介しました。
内申点については、どの学年の成績を対象とするのかは都道府県によって異なります。

内申点対策については、中学入学段階で情報収集しておく必要があります。
それを子どもに伝えておくことが、親としての最初のサポートではないでしょうか。






 
関連記事
  • はてなブックマーク - 高校受験への親のサポート(兵庫県高校入試:内申書、内申点の計算方法)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード