ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  高校・短大・大学の入学費用(公立・私立別入学金等の平均額)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    高校・短大・大学の入学費用(公立・私立別入学金等の平均額)

     
    日本政策金融公庫では毎年「教育費に関する調査結果」を発表しています。

    (調査データ)教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)平成24年度

    日本政策金融公庫の「教育費に関する調査」では、高校や短大、大学の入学費用のデータがあります。
    我が家でも娘が高校受験を経験し、全く関係ない話ではありませんし、子どもがいる家庭ではいつかは通る道でもあります。
    「入学費用」は、一時的ではありますが、まとまったお金が必要ですので、あわてないように心づもりしておく必要があると思います。

    入学費用(高校以上の学校へ入学するためにかかった費用)
    ■入学費用 受験費用(受験したすべての学校・学部にかかるもの)
     ・受験料
     ・受験のための交通費・宿泊費
    ■学校納付金(入学金、寄付金、学校債など、入学時に学校に支払った費用)
    ■入学しなかった学校への納付金



    入学費用には大きく分けて「受験料」、「受験のための交通費・宿泊費」、「学校納付金」、「入学しなかった学校への納付金」がかかります。



    <入学費用の支出状況>


    ■平成24年4月に高校以上の学校へ入学するためにかかった費用
    ・子供1人当たりの入学費用は、高校が平均48.1万円、高専・専修・各種学校が平均83.6万円、短大が平均88.0万円、大学が平均94.4万円となっています。
    ・私立大学の入学費用は、理系で平均102.9万円、文系で平均95.6万円、国公立大学の入学費用は平均82.3万円となっています。
    ・国公立大学へ入学した場合は、入学しなかった学校(私立大学等)への納付金(11.9万円)の負担が大きくなっています。

    入学費用(入学先) 入学費用(私立公立別).
    ※教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)平成24年度より


    人生の先輩方のお話で、よく子どもが中学生になると1万円単位、高校生になると10万円単位、大学生になると100万円単位でお金がなくなっていくと聞きますけど、まさにそのとおりですね。

    入学費用の推移を見てみます。
    短大のデータは、他に比べてサンプル数が少ないためバラつきが多いようです。



    入学費用の推移(高校・短大・大学等別)  単位:万円
    年度高校 高専・専修・
    各種学校
    短大 大学 
    平成24年度48.183.688.094.4
    平成23年度51.787.570.997.5
    平成22年度99.5146.6143.0150.3
    平成21年度48.182.378.695.9
    平成20年度48.986.273.195.6
    平成19年度47.783.683.799.1
    平成18年度36.137.250.760.1
    平成17年度44.747.259.372.1
    平成16年度43.955.759.978.9
    ※平成21年以降は教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)より
    ※平成19・20年は教育費負担の実態調査結果(勤務者世帯)より
    ※平成18年以前は家計における教育費負担の実態調査より


    入学費用(私立・公立別)
    年度私立短大国公立大学私立大学文系私立大学理系
    平成24年度91.182.395.6102.9
    平成23年度71.884.698.6103.5
    平成22年度150.4110.7151.6179.2
    平成21年度33.953.880.9101.0
    平成20年度88.097.0
    平成19年度89.6101.1
    平成18年度71.558.1
    平成17年度77.071.0
    平成16年度77.379.2
    平成15年度80.993.6
    ※平成21年以降は教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)より
    ※平成19・20年は教育費負担の実態調査結果(勤務者世帯)より
    ※平成18年以前は家計における教育費負担の実態調査より


    デフレが長く続いていても子どもの教育費は聖域とされ、なかなか下がらないものだと聞いています。
    入学費用のデータについては、景気や給与水準の動向に左右されると想像していたのですけど、このデータからはよくわかりませんでした。

    いずれにせよ、高校入試や大学入試に備えるには、入学費用として100万円位は準備しておく必要がありそうですね。




    「人生にかかるお金」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ
     
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 高校・短大・大学の入学費用(公立・私立別入学金等の平均額)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。