ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  高校受験・高校入試直前の親の心得(不安を和らげるコミュニケーション)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    高校受験・高校入試直前の親の心得(不安を和らげるコミュニケーション)

     
    私立高校の入試が終わり、公立高校の選抜や推薦入試は終わりましたが、山場の一般試験まで残り1ヶ月を切りました。
    一般入試の受験生は、最後の追い込みに入っていると思います。
    子どもが受験する家庭の親は、不安で気が気でないと思います。
    それは子どもも同じことで、口には出さなくても、不安だけでなく、緊張もぐっと高まってきているはずです。

    受験生も、保護者も、不安と心配がいっぱいの高校入試直前というこの時期は、親として子どもとどう接すればいいか迷いやすい時期でもあります。
    こう書いている私も、いろいろ迷いがありました。

    我が家の娘達は、進研ゼミ中学講座で勉強していたので、教材の中には「親ゼミ」といって、親に対して受験に対する指南が書かれている冊子があります。
    親ゼミは、いつも良いタイミングで、親としての心得的な情報を流してくれるので、いつも助かっています。

    当時のことですが、入試直前特別企画 保護者のための進学進路直前応援BOOKとして「受験直前、お子さまの不安を和らげ、前向きさを保つコミュニケーション」を参考にみていきます。


    多くの保護者は「年明けが一番不安が高まる」ということのようです。
    きっとそこから徐々に不安が高まる人もいれば、だんだん開き直ってくる人もいると思いますので、不安のピークが年明けが一番という意味ではないんだろうと思います。

    【受験勉強中に特に気を使った事は何か?】
    1位:健康管理 (ダントツです)
    2位:普段どおりすること
    3位:メンタル面のフォロー
    4位:勉強に集中できる環境づくり



    子どもが「自分だけじゃない。家族も自分の目標を理解して応援してくれている」と感じられることが、親としてのサポートの心得ではないでしょうか。
    中でも、一番の心配・不安は、何といっても体調管理です。
    これが親ができることの最大のサポートといってもいいくらいですよね。




    <高校受験直前の接し方>


    この時期の子どもたちの心は「コップに水が満杯の状態」という風に理解しておくのがよさそうです。
    そんな高校受験直前期の子どもへの接し方に、みなさんいろいろ工夫されているようです。

    ・子どもの努力・気持ちを認めた「前向きな励まし」
    ・「気晴らし、リフレッシュ」をつくる
    ・「一体感」をつくる
    ・「信頼」をつたえる
    ・「普段通り」にする

    私もこうして書きながら、心の中でいろんなことを考え、1つ1つ確認しています。




    <勉強しなさい>


    「勉強しなさい」と言われると、ヤル気がさがる子どもが多いようで、逆にやらなくちゃと思う子どももその半分くらいいるようですね。

    「勉強しなさい」は、今の時期言いたくなる言葉であり、言うべきか、言わないべきか悩ましいところ。
    我が家は幸い「勉強しなさい」という必要は全くなく、逆に「息抜きしなさいというべきか、言わないべきか」を悩んでいました。

    高校入試1か月前の直前期になると娘の「イライラ」もなんとなく伝わってきます。
    そんな中で、「勉強しなさい」と言われたら、どう感じるのでしょうか。

    (親ゼミ:受験を経験した先輩の声より)
    ・勉強しようと思っているところに、言われるとちょっとイラッときて、逆にヤル気がなくなる。
    ・指摘してもらっているから仕方がないけど、なかなか行動に移せない…。
    ・じぶんの中でリラックスタイムと分けているつもりなので、言ってほしくなかった。
    ・「あんた勉強してないけど大丈夫なん?」って言われてイラッときた



    「勉強しなさい」と言われても仕方がないように見えるときでも、実際「勉強しなさい」と言われると、ズキッときてイラッと来るとか余計なお世話という気持ちがうまれる子どものいるので、受験生とのコミュニケーションは難しいですね。

    親が自信が不安だから「勉強しなさい」というのは避けたいところです。
    受験するのは子どもなんですから。
    遠まわしに示唆する工夫が必要なんでしょうね。

    ・やるべき事をしなさい
    ・何時から始める予定?

    大切なのは、「感情的に言わないこと」、「子どもの意志・予定を尊重する」、「勉強だけを心配しているのではないことを伝える」、そして「否定的な言葉を添えない」ことが大切で、前向きで気持ちを込めてコミュニケーションしていくのがいいんだそうです。

    私も「前向きで気持ちの込もった言葉」をかけて行きたいと思います。

     ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


    我が家は、塾に行ってないので、通信教育としてベネッセの進研ゼミ中学講座を受講しています。
    自分のペースで勉強ができるのが気に入っているようです。

    インターネットの時代を反映して、進研ゼミ中学講座では「エベレス」という通信講座が開講されていて、娘も受講しています。
    塾の授業のような感じをインターネットを通じて始める今年度からの取り組みなんですね。
    難関校対策もできますし、子どもに合ったコースがあって、娘のやる気を掘り起こしてくれました。 
     


    [あり]
     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 高校受験・高校入試直前の親の心得(不安を和らげるコミュニケーション)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。