ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  テストの花道に学ぶ受験直前・受験本番にすべきこと(高校入試直前対策)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テストの花道に学ぶ受験直前・受験本番にすべきこと(高校入試直前対策)

     
    NHKテストの花道の2012年1月9日放送「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」を参考に、受験直前や受験本番でにすべきことを考えていきたいと思います。

    テストの花道で受験直前対策というと大学入試受験直前対策ということになりますが、高校受験直前対策にもあてはまってくると思います。
    大学入試センター試験は1月なので、高校入試よりも早いですので、時期をずらして考えましょう。

    (関連するエントリー)テストの花道に学ぶ受験直前にすべき勉強法(1ヶ月前必勝法)

    高校入試・大学入試1か月前の対策を考えた上記エントリーの続きで、高校入試・大学入試の直前対策と受験本番対策を考えていきます。
    試験直前となると不安と焦りもピークなります。
    志望校合格という成功を勝ち取るために、残された短い時間で最後にできることは何かを探してみます。



    <受験直前 先輩たちの勉強法>


    テストの花道では、花道の先輩に加え全国の現役大学生100名にもアンケートを行い。受験数日前から当日までの様子を詳しく教えてもらった結果、やってよかったという成功エピソードや、よかれとおもっても裏目に出てしまった失敗エピソードが集まったようです。

    【受験直前 先輩たちの勉強法】
    (質問)まずはみんなに問題「受験直前、キミならどっちをやる?」
    A:とにかく過去問を解く
    B:苦手教科を徹底的にやる

    アンケートで多かったのはAの「とにかく過去問を解く」でした。
    Bを選んだから失敗したというわけではないが「直前に苦手教科をやると、不安が増し精神的によくない」などの意見が寄せられた。

    では、過去問をどんなプランで解いていけばよいだろうか?

    試験本番と同じスケジュールで解く
    出題の傾向を知る、問題に慣れるため誰もが解く過去問。今回のアンケートで多くの先輩たちが「ただ解くだけはない ある方法」をとっていたぞ。それは本番と同じスケジュールで過去問を解くということだ。
    ※あらかじめ試験の時間(スケジュール)をチェックしておこう。



    試験直前は自信をつけることが大切なんですね。
    試験のスケジュールに慣れておくことも、受験当日にとまどうことを減らす事が出来るし、自信につながると思われます。
    また、制限時間の8割ぐらいの時間で解ききれるように練習しておくことで、分からない問題は飛ばして次々にいくクセがついていくそうです。
    大切なのは満点を取ることや全問手をつけることではなく、できる問題を確実に説いて1点でも稼ぐことですよね。

    また、試験の過去問はただ解くのではなく、本番前のシミュレーションとして取り組むべしということです。
    間違えノートを作っていた先輩もいました。
    要するに新たなことを詰め込もうと焦るのではなく、間違えたところを見直すことで、効率よく最後の実力アップをはかるというイメージですよね。




    <受験前日 注意したいポイント>


    大切なことは受験前日までに受験案内などにのっている「持ち物チェックリスト」を用意して、準備しておくことです。
    これは保護者としてサポートできることでもありますね。

    【受験の用意ベスト5】 
    1位:会場までの道のりを調べる
    2位:試験会場で勉強するためのノートをつくる
    3位:軽食を持参
    4位:体温調節ができる服装を着る
    5位:下痢止め
    ※大学生100人アンケート



    ・寒い時期で着込んでいても試験会場は暑い場合もあるので、脱ぎ着しやすい格好のほうがいい。
    ・長丁場だから集中力が大事なので徹夜はダメ、睡眠時間をしっかりとること。
    ・絶対にしてはいけないことNo1は、ずばり徹夜でした。

    高校受験だと軽食を持参というのは、ちょっとNGな気がしますね。
    「体温調節ができる服装を着る」や「下痢止め」は、保護者として頭に入れておきます。

    「試験会場で勉強するためのノートをつくる」というのは、休憩時間の勉強用にアレコレ持っていくのはNGで、見られるのはわずかな時間なのだから、出来なかったものをまとめたノートや信じてた参考書など自分が厳選したものだけを持っていくことが大切ですね。
    たくさん持っていけば何を見ればいいか迷いますし、気持ちだけが焦ることにもつながりますしね。

    また、他の受験生が見ている使い込んだ参考書を見て、みんあすごく勉強しているんだと動揺してしまいがちですが、みんなそれぞれやってる参考書も違うから周りの人の様子に動揺してはいけないですね。

    所顧問のアドバイスが素晴らしいですね。
    「すごい参考書見てる人=不安なんだ」と思えばいいし、「できたわよねとか、わざわざ言う=不安なんだ」と思えばいいというアドバイスです。
    試験本番は緊張と不安に包まれますけど、ここまできたら「やってきたことはやってきたんだからもう何も考えなくていい」ので、ただテストに向かいなさいです。




     
    関連記事
  • はてなブックマーク - テストの花道に学ぶ受験直前・受験本番にすべきこと(高校入試直前対策)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。