ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  年収200万円からの貯金生活宣言・正しいお金の使い方編(横山光昭)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    年収200万円からの貯金生活宣言・正しいお金の使い方編(横山光昭)


    「年収200万円からの貯金生活宣言(著者:横山 光昭)」に引き続き、続編となる「年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編(著者:横山 光昭)」を読みました。
    著者の横山光昭さんは、4100人を超える貯金ゼロ家計を再生させてきた家計コンサルタントという肩書きを持っています。

    私は、「浪費・消費・投資」の3つを支出の分類として定義付けて家計のチェックを行っていくことを提唱されている点が素晴らしいと思っています。
    私は家計簿を完璧につけるよりも、お金を使う時もしくは使った後に、その支出をどう意識しているか・どう意識していくかつまりお金を使う時の意識がとても大切だと実感しているからです。
    この本は「正しいお金の使い方」に焦点を当てているということなのでそこを期待したいですね。

         



     一方で、貯金・節約ブームにまどわされてケチケチすることだけに集中してしまい、長い目で見ると逆に「損になる貯め方」をしている人が増えていることが非常に気になっています。
    (中略)
     私はただ単に「貯金を増やす=とにかくお金を使わない」ようにしましょう、と提案しているのではありません。むしろ私の持論では、お金は本来、「使うもの」だと思っています。決してお金は「しまいこんで使わないもの」ではないのです。
     ですから、なんでもかんでもケチケチして使わないようにする昨今の風潮は非常に心配です。



    最近の風潮が貯金・節約ブームなのかどうかは、私にはわかりませんが、そういう風潮があるんでしょうね。
    我が家の20代はとにかくお金を使わないで生活する挑戦をしていた時期でした。
    そういう意味で、私はお金をためる方は得意でも、お金を有効に使っているかにはあまり自信がないのです。
    「正しいお金の使い方」という一般解があるとは思えませんが、その答えがあるのなら知りたいと思っています。




    <損得バランス>


    家計簿が続けられない人は、つけられる人を見て、「几帳面でまじめな人だからできるんだ。私はめんどくさがりやだからとても無理」と決めつけてしまいます。
    ですがそう簡単に断言できません。
    事実、かなりのめんどくさがりやであっても、しっかり家計簿を継続している人はいるのです。
    では、めんどくさがりやなのに、家計簿を続けられる人はどうしてできるのでしょうか。そのカギは「損得バランス」をうまく使っているかどうか、だと思います。
    4100件を超える家計相談の経験から、私は「人間は日々の行動に損得バランスを自然に取り入れている」と信じています。
    「損得バランス」とは、何か行動を起こす面倒さと、そこから発生するメリット(あるいはデメリット)を天秤にかけること。



    家計簿をつけることが面倒でも、家計簿をつけることで何かの成果が得られることとの損得バランスを考えると、家計簿をつける方がいいという答えにもっていくことができれば、家計簿を継続してつけられるということですよね。

    家計簿をつけるメリットとしては、

    ・お金が貯まっていくうれしさ
    ・好きなものを必要な時に購入できる喜び
    ・金銭を気にせずどこへでもでかけられる自由さ

    ということが挙げられています。

    私の場合は、これらは家計簿をつけなくても別の方法で感じられるから家計簿をどうしてもつけようという動機付けにはつかえていませんが、その別の方法を続けているのは自然と損得バランスを考えているからなんだと思います。

    家計簿をつけれない理由は、むしろ無意識レベルで現状を知りたくないというか、酷な答えが返ってくるので見たくないというのもあるんじゃないかなと思います。

    損得バランスを使いこなすにあたって、大切なのは現状をしっかり見極めること。
    あなたが家計簿を続けられない人ならば、もしかするとご自分の実情を無意識に察知しているからかもしれません。
    つまり、今の生活環境が、がんばっても効果の上がる状況ではないのでは? たちの悪い借金があるとか、住居費が高すぎるとか、乗らないのに車が2台もあるとか…。
    まずは、自分の現状をしっかり見極めること
    そして、自分なりの損得バランスを作ること
    この2つが大切です。
    これは家計簿がつけられるか否かの問題ではありません。実は、「お金を貯められる人と貯められない人」の差は、損得バランスにあるのです。



    家計簿と言う形が最強かもしれませんが、家計のバランスシートなど別の形であっても、現状を知るということは面倒なうえに苦痛を伴うことが多いです。
    十中八九、良い答えがでてくるはずがないと、分かっているからヤル気がおこらないし、知りたくないと思うのは人間だれでもそうです。

    そんなことを気にせずとも貯金ができる人はかまわないと思いますが、普通は「現状と向きあう」という苦痛を伴うものです。
    でも、貯金できるようになれば、苦痛は和らぎ、むしろモチベーションがあがるものでもありますね。

    私の場合は、お金をためる習慣を社会人になってすぐにつけることができたので、むしろお金を使う方がヘタクソだと思っています。
    自分ではケチケチしているつもりではないけど、他の人のお金の使い方とのギャップを随分と見てきました。
    最近は、私の方が他の人に歩み寄ってきていると思う反面、お金を使わない風潮になっているとすれば、他の人も私の方に歩み寄っているのかもしれません。




    <お金の病気>


    真剣に取り組んでいるにも関わらず、なぜか「お金が貯まらない」方は、現代ならではの「お金の病気」にかかっていることが多いんだそうです。

    お金の病気1:お金はどこに消えた症候群
    お金の病気2:節約しているつもり症候群
    お金の病気3:ちょっと贅沢症候群
    お金の病気4:みんなと同じだけど症候群
    お金の病気5:仕方ないわよね症候群
    お金の病気6:借りて当たり前症候群
    お金の病気7:やる気はある症候群
    お金の病気8:節約はネガティブなのよ症候群
    お金の病気9:すべてが投資症候群



    よく「給料日前にお金がない」とか「給料日まであと2000円で暮らさないと」という話を聞きます。
    いつもは聞き流していますが、お金がどこかに消えているのか、それともしっかり家計の予算を組んでいてがんばっていると評価していいのか分からないです。
    我が家の場合は、給料から生活しているという感じではなく、給料からの収入は資産全体に入って、支出は資産全体から行うという感覚に近いので、給料日を意識することがあまりないんです。

    普段からあまり節約していると気負ってやっていることはないし、これを節約したらいくらお金が浮くという計算も普段はしないので、節約の余地はいくらかあるんだろうなと思います。

    ちょっと贅沢症候群については、むしろあこがれです。
    今、目指しているのは、「ゆとりある暮らし」なので、生活に潤いを与えるプチ贅沢を楽しみたい気満々です。



    この本の内容は非常にためになるとは思いましたが、前作のフォロ番であって、「正しいお金の使い方」について私が欲しい答えはのっていませんでした。
    むしろお金をためるための内容ばかりと言った印象です。

    (関連するエントリー)「年収200万円からの貯金生活宣言(横山 光昭)」


    そもそもお金の使い方に正解があるのでしょうか。
    明らかに間違いなお金の使い方があるのは間違いないと思います。
    でも、お金の使い方に正解があるとすれば、それは自分が決めることだと思います。

    お金は使った分だけなくなりますから、お金を使えば他に使えなくなります。
    お金を使うとお金をためるのバランスも、自分が決めることですよね。

    楽しい生活を送るためにお金を使うのが正解だと思いますが、楽しい生活という漠然とした答えではよくわからないです。
    だったら、もう少し的を絞った自分なりのテーマを持って、メリハリがあるお金の使い方をしたいものです。

    「お金はいざ使うべきときや使いたいときに、ぞんぶんに使ってこそ意味がある。」
    私もそう思いますし、そうありたいと思います。
    でも、なかなか難しいなと感じています。





    関連記事
  • はてなブックマーク - 年収200万円からの貯金生活宣言・正しいお金の使い方編(横山光昭)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : 人生設計を考えよう
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。