ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  年収300万円でも2年で100万円貯めた人、ここがちがう(先取り貯蓄、ズボラ流家計簿など)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    年収300万円でも2年で100万円貯めた人、ここがちがう(先取り貯蓄、ズボラ流家計簿など)

     
    1000世帯の取材でわかった「年収300万円でも2年で100万円貯めた人、ここがちがう(著者:村越克子)を読みました。
    節約系情報誌では、「100万円」のタイトルが読者をひきつけるため、「100万円貯める」というタイトルで特集を組むんだそうです。
    確かに100万円は1つの目標になりますよね。




    <おかねの3M>


    いいなと思ったフレーズがありました。
    取材したある主婦から教えてもらった素敵な言葉で「Money Makes Me Happy.」といって、「お金の3M」と呼んでいるそうです。

    「生活をより楽しむためにお金を使う」です。
    我が家も家族4人が「より楽しむ」ために素敵なお金の使い方をしていきたいな。
    使う楽しみがなければお金は貯まらないということですが、確かにそうだと思います。


    「貯まる人はお金をそろえて入れている」とよく節約本で書かれているんですが、私は理由がよくわかりませんでした。
    しかし、なんとなくわかるような気がしてきました。

    「お札をそろえて入れる=お札を確認する習慣がある」ということなんです。
    そういう意味では、買い物の後に袋に詰めながらレシートを確認するのも同じことです。
    他の理由もあげられていましたが、それは「よー分からん」ですが、これには納得させられました。

    財布の中身が整頓されているという話の中で、大切な事がありました。
    常時持ち歩くポイントカードと必要な時だけ持ち歩くポイントカードを分けておくということです。
    これは我が家も実践していますが、衝動買いを未然に防ぎ、予定の買い物をするためには大切なことですよね





    <お金を貯めている人はお金のことを考えない>


    「お金を貯めている人はお金のことを考えない」
    これは直感的にそうだと思いました。

    昔の「節約達人」とか「貯め上手さん」は、月初に費目ごとの予算をしっかり立て、毎日、家計簿をきっちり付け、月末に1ヶ月分の収支をぴったり合わせるような人が、お金を貯められる人として紹介されていたそうです。
    ところが最近は「ずぼら…」「どんぶり勘定でも…」「頑張らなくても…」など、面倒なことなしで、楽して貯めることにポイントが置かれてきているんだそうです。

    よい流れだと思います。
    きっちりした家計簿を否定するつもりがありませんが、家計簿をつけてない我が家のような存在が少しは肯定される空気の方がいいと思うんです。
    家計簿をつけなくても貯まるなんて書いても、誰も気にも留めないでしょうけど。

    ・費用分けなんてしていません。全体で赤字にならなければOKです。
     →(予算なんてたてません。毎月天引き貯金額が確保できていれば何に使おうとOK。)

    ・お金のことを考えるのは、給料日にお金を下ろす時だけ。あとはいつもどおりせいかつしているだけ。
     →(給料日も意識していません。年間で天引き貯金額以上の資産が増えていれば夫婦ともに文句なし。)

    ( )内は我が家流です。
    こうして我が家流に翻訳できるのもズボラ家計管理がはやってきたおかげでしょうか。

    そうなんです。
    我が家の場合は、毎月の家計のシメ(〆)すらしてませんし、気にしてもいません。
    ただ、毎月末に総資産を集計するだけです。
    それだけ資産が増えたかだけを定期的にチェックしているだけなんです。

    たぶん、ズボラ流くらいはきちんと家計管理した方が、もっと貯まると思います。
    食費なんかはかなり支出を減らす余地はありそうです。

    でも、無理はしないです。
    スイーツなしでは生きて行けませんし、おいしそうに食べる娘達を見ていると幸せを感じます。
    ささやかな幸せまで切り詰める必要はないと思います。
    あっ、家計簿をきっちり付けている人が切り詰めているという意味ではないですよ。念のため。

    「ケチな人は貯まらない」「ケチケチ節約は貯まらない」というのがこの本の主張の一つなんですが、いつもお金のことを考えている人はその割にたまらないと書かれています。

    家計簿をつけることとお金が貯まることは必ずしも一致しないと思います。
    お金が貯まることの必須条件に家計簿をつけるがあると決めつけない方がいいと思います。
    大切なのは貯める習慣を作ることです。
    貯める習慣をつけるために、家計簿というアイテムを利用することは大変有用だと思います。
    このあたりをはき違えないでいきたいものです。




    <お金が貯まる人の共通点>


    1000世帯の取材の中で、お金が貯まる人と貯まらない人の違いを見てきておられるわけですから、お金が貯まる人の共通点が何なのか気になりますよね。

    【お金が貯まる人の共通点】
    ・人の目に左右されない人
    ・家庭のレジャーはお弁当で近くの公園で
    ・おうちご飯派(お弁当持参、飲み物携帯)
    ・貯める目的を持っている(貯める目標、貯める期限、貯める金額)



    実はもっとたくさん書かれているんですけど、この4つをピックアップしました。
    無理矢理我が家でやっているものだけを選んだとも言えそうですが…。




    <先取り貯蓄>


    「先取り貯金=貯まる人の黄金律(たった1つの道)」と奉られております。
    貯まる人になるためには、使う前に貯金する=先取り貯金をする必要がありますということですが、いまやこの先取り貯金を語らない家計本は皆無なので、紹介するまでもないですね。

    すごく分かりやすかったのは、お金の流れの中にある3つの貯まるポケットです。
    貯まる仕組みを効率よく稼働させるには、仕組みの途中に「貯まるポケット」をできるだけたくさんつくることです。

     3つの貯金ポケット

    ■先取り貯蓄:まず給料日にこの貯まるポケットでガツンと貯める
      ↓
    ■引き落とし分を多めに入金:水道光熱費の引き落とし口座に多めに入金し薄ら貯める
      ↓
    ■残し貯め:節約の成果で余った分を貯める

    やりくり費の残りを残し貯めとして貯蓄することで、やりくりの成果が実感できます。
    こうして貯まるポイントを自分で作って、金額の大小にかかわらずお金が貯まっていくことを確認していけば、いいモチベーションにつながっていきそうですね。

              



      
    関連記事
  • はてなブックマーク - 年収300万円でも2年で100万円貯めた人、ここがちがう(先取り貯蓄、ズボラ流家計簿など)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。