ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  アップルが唯一認めたUSBメモリ「i-FlashDrive HD」(セキュリティーパスワードロック機能付)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    アップルが唯一認めたUSBメモリ「i-FlashDrive HD」(セキュリティーパスワードロック機能付)

     
    トレマップの「i-FlashDriveHD(8GB)(アイフラッシュドライブ)」を使ってみました。
    「i-FlashDriveHD(アイフラッシュドライブ)」とは、通常のUSBメモリの接続部と、iPhoneやiPadのドックコネクタの接続部を持つ、二股スタイルのUSBメモリです。
    「アップルが唯一認めてしまったUSBメモリ」ということもあり、iPhoneやiPadなどのアップル製品はデータ転送の為にiTunesが必要なのですが、「i-FlashDriveHD」だと一般的なUSBメモリを使う感覚でデータを扱うことができるんです。

    i-FlashDriveHD-1.jpg i-FlashDriveHD-2.jpg
     
    USBメモリは通常細長いものが多いんですけど、「i-FlashDriveHD(8GB)」のサイズは幅34×縦57×厚9mmということで、幅広でごつい感じです。
    その理由は、iPhone、iPod、iPad用の端子があるからです。
    「アップルが唯一認めてしまったUSBメモリ」というだけあって、「パソコンで編集した動画をこのメモリにいれて持ち運び、外や仕事先でiPhoneで見る(見せる)」など独特の使い方ができます。
    というのは、iTunesを使用しなくてもメモリの手渡しでデータやりとりができるからです。

    USB-1.jpg

    要するにケーブルも電波もネットワークもお決まりのソフトも不要で「i-FlashDriveHD」を差し替えるだけでデータを移動することが手軽にできるということです。
    (ただし、itunes経由で購入されたデータやアップル社が制限をかけているデータなどは取り扱うことは出来ません。著作権保護のルールから全てのデータが取り出せるわけではないことには注意が必要です。)




    <対応機種>

    「i-FlashDriveHD」には、8GB、16GB、32GB、64GBがあります。
    トレマップさんの「i-FlashDriveHD」には、「i-FlashDriveHD専用ライトニング30ピンアダプタ」が無料でついています。
    このアダプタの利用で、iPhone5、iPhone4S、iPhone4、iPadmini、NewiPad,iPad2,iPad,iPod touch(第4世代)までが対応できます。

    ■コンセプト:iPhoneやiPadなどのiデバイス内の身近なデータをネットワークを介さず「手渡し」できる
    ■基本仕様(使い方例)
    ・PCからi-FlashDriveへデータをコピー(MP4、PDF、JPEG、MP3)
    ・次にAppStoreで無料専用アプリ(i-FlashDrive)をダウンロードし、iPhoneへインストール
    ・アプリを使って簡単にデータ移動
    ・i-FlashDrive内の動画・音楽ファイルをタッチするだけでのストリーミング再生
    ・マイクロソフトOffice(エクセルやワードなど)やアップルiWork、アドビPDFが閲覧可能
    ・i-FlashDriveHD専用アプリで管理されているファイルにパスワード設定ができる
     (パスワード設定したファイルは、この専用アプリでないと解除できない)
     (パスワード設定されたファイルは拡張子の後に「.LF」が追加されアイコンに鍵マークがつく)
    ■対応ファイル
    ・映像:MV4,MP4,MPV,RM,RMTV,AVI,WMV,EFV,MPG,MKV,TS
    ・音楽:WAV,ACC,AIF,AIFF,CAF,M4A,MP3
    ・写真:BMP,CUR,GIF,ICO,JPG,PNG,TIFF,XBM
    ・書類:DOC,Pages,PDF,Keynotes,Numbers,XLS,TXT,RTDF,RTF,PPT,HTML



    商品概要は→http://www.tremap.com/




    <セキュリティー・パスワードロック機能が充実>


    外付USBについては、個人情報やビジネス上の重要データなどの紛失のリスクが常に伴います。
    データを持ち運びできる便利さと紛失のリスクは表と裏の関係にあるからこそ、安易なUSB管理を取引先に見せると信頼関係を損なう可能性もあります。

    i-FlashDriveHD-3.jpg

    「i-FlashDriveHD(アイフラッシュドライブ)」で注目すべきは、「アップルが唯一認めたUSBメモリ」といううたい文句よりもむしろ、セキュリティー機能である「パスワードロック機能」があることだと思います。
    便利さゆえの落とし穴に対して、USBを紛失した場合に、重要データにロックをかけられるというのは安心度が相当増します。

    「パスワードロック機能」というセキュリティー機能があることで、ビジネスシーンでの信頼関係の構築にも役立つかもしれません。
    例えば、取引先などでもらう添付データをアイフォン・アイパッドやメモリ内に保存する際に、データの受け渡しがスムーズなだけでなく、パスワードをかけることで相手の不安を大幅に軽減できると思われます。




    <i-FlashDriveHDの口コミ>


    正直に言って値段は通常のUSBに比べると高いです。
    我が家にはスマホしかないので、残念ながらiPhoneでの便利さの実感が残念ながらありません。
    値段が高い分、その人その人それぞれの使い方で便利に感じる機能があるかどうかがポイントになりますよね。

    ipadだとPCでダウンロードした書籍を読むというシーンがありますが、いちいちパソコンに接続しなくてもiFlashdriveで持ち運ぶことができるようになります。
    自分で楽しむだけではなく、人に動画を見せるときでも手軽に持ち運べることで確実に快適さはUPしますよね。
    そもそもそれがUSBメモリの利点なのですから。

    我が家では、重要データ用のUSBメモリとして使っています。
    データの移動速度というか転送速度は、普通のUSBよりも早いと思います。



    トレマップで、アップルが唯一認めた、iデバイス互換USBめもり「アイフラッシュドライブ」を購入の方に、週代わりで「おまけ」をプレゼント中!先着順です!


    トレマップの直売サイトだけでなく、アマゾンでも割引販売(送料無料)をやっているようですので、比較してみるといいですね。

      





    [あり]

    このエントリーは、2013年8月5日にUPしたものを修正しています。
      
    関連記事
  • はてなブックマーク - アップルが唯一認めたUSBメモリ「i-FlashDrive HD」(セキュリティーパスワードロック機能付)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。