ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  孤立無業者・SNEP(スネップ)が急増中 (孤立無業者とは、snepと ニートの違い
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    孤立無業者・SNEP(スネップ)が急増中 (孤立無業者とは、snepと ニートの違い

     
    相互リンクしているくらげねこさんの姉妹サイトで「孤立無業者(SNEP)が急増中」というエントリーを読ませていただいて、はじめて「孤立無業者(SNEP・スネップ)」という概念があることを知りました。
    昔「フリーター」という言葉から始まって、一昔前には「NEET(ニート)」という言葉が注目されていましたが、今は「SNEP(スネップ)」が注目されつつあるそうです。




    <孤立無業(SNEP)とは ニートとの違い>

    孤立無業(SNEP)とは何なのかを調べてみると、世代間問題研究機構から「孤立無業(SNEP)について -総務省『社会生活基本調査』匿名データによる分析-」というのが出ていました。

    (研究者)
    玄田 有史 (東京大学社会科学研究所)
    高橋 主光 (東京大学大学院経済学研究科博士課程)1


    【孤立無業 SNEPとは】
    孤立無業(Solitary Non-Employed Persons: SNEP スネップ)とは「20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚者で、ふだんの就業状態が無業のうち、一緒にいた人が家族以外に連続2日間いなかった人々」を指す新概念である。
    総務省統計局『社会生活基本調査』匿名データを用いて集計したところ、孤立無業は2006年時点で100万人を超え、過去10年間に45万人の増加をみせている。スネップは、テレビの視聴時間等や睡眠時間が他の無業者に比べて長く、家族を含めた誰とも一緒にいない一人型の孤立無業ほどその傾向は強い。
    他者と交流のない分、家事時間が長くなるのは、家族と一緒にいる家族型の孤立無業のうち、女性のみである。
    スネップは電子メールなどインターネットの利用も少なく、パソコンゲームやテレビゲームの利用頻度も特別に多いとはいえない。過去一年にスポーツ、旅行、ボランティアなどを一切経験していないことも多く、孤立無業は総じて社会から距離を置いた生活を行っている。スネップは求職活動、就業希望、仕事につくための学習のいずれにも消極的であり、家族型の孤立無業ほどその傾向は顕著である。孤立無業の増加は、生活保護受給者の更なる増加など、社会の不安定化と財政負担の要因となり得るものであり、アウトリーチ活動の充実や福祉から就労への移行支援など、早急な政策対応が求められる。



    ちょっとわかりくいですが、SNEP(スネップ、孤立無業者)とは「Solitary Non-Employed Persons」の略で、「20~59歳の在学中ではない無職の未婚者で、関わりを持つ人が家族以外に一切いない人のこと」です。

    「NEET(ニート、若年無業者)」と「SNEP(スネップ)」の違いは、NEETは「15~34歳の年齢層の非労働力人口の中から学生と専業主婦を除き、求職活動に至っていない者と定義されている。」ので、SNEPの方が年齢幅が広く、社会とのかかわりが極めて薄いところに違いがあるのでしょう。

    SNEP、引きこもり、ニートの区分は理解が難しいので、SNEPを研究している東京大学社会科学研究所の玄田有史さんのブログエントリー「SNEP (24) (ゲンダラヂオ(玄田ラヂオ))」にリンクを張っておきます。

    さてSNEPの方の人数ですが、東京大学の最近の調査で、2011年には、職に就かず、かつ、家族以外の人々との接触がほとんどない人々が162万人に達したことが明らかになっています。
    国内の未婚で無職の256万人の約60%にも相当するんだそうです。

    スネップは電子メールなどインターネットの利用も少ないということなので、無職の方の半数以上は家族以外の周囲との交流を絶って引きこもっているというイメージになります。
    引きこもりの外とのつながりをインターネットで補っていると勝手に想像していたのですが、そうでもないようです。
    今はインターネットを通じて情報も収入も得られる時代なので、やりようによっては十分暮らしていけると思っていましたが、インターネット利用がない方は収入を得るすべがないように思います。

    SNEPという概念が示されたことで私の中にもいろんな思い込みがあったことがわかりましたが、こうして言葉が出てくるたびにその言葉のイメージに頭が書き換えられているような気がします。
    私は何もわかっていないことだけがはっきりわかります。


    資産形成系のブログを書いている中で、「子どもがニートになるリスクを考えるべき」というコメントをいただいたことがあります。
    娘達には、苦しくない程度に社会とつながりながら自分が満足できる人生を歩んでほしいと願っていますし、そのためのサポートはしていくつもりです。

    しかし、私達が学生だった頃(バブル期)に比べて社会の閉塞感が尋常ではないので、様々な心の問題を抱えがちな時代です。
    そういう意味でもSNEPという概念はとても気になります。




     
    関連記事
  • はてなブックマーク - 孤立無業者・SNEP(スネップ)が急増中 (孤立無業者とは、snepと ニートの違い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。