ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  確定申告医療費控除の用紙・明細書ダウンロードの方法(エクセル医療費集計フォームと交通費)
No1出会えるサイト

確定申告医療費控除の用紙・明細書ダウンロードの方法(エクセル医療費集計フォームと交通費)

 
新年に入ってから確定申告の準備で一番最初にできるのが「医療費控除の集計」作業です。
「源泉徴収票」や「特定口座年間取引報告書」が届くのは1月後半頃になりますので、まずは医療費の領収書の整理くらいしか始めることができません。
我が家の場合は、青色申告をスタートすることになって、随時帳簿への入力をするようにしていますが、必要経費の入力や説明根拠資料のとりまとめそして帳簿の最終チェックなどで時間がかかりそうなので、【確定申告書等作成コーナー】がUPされたのをきっかけにして、本格的な確定申告の準備作業に入ります。

ちなみに医療費控除制度の概要は下記のとおりです。

【タックスアンサーNo.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)】
■医療費控除の概要
自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

■医療費控除の対象となる医療費の要件
・納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
・その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費であること。

■医療費控除の対象となる金額
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補てんされる金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
(2) 10万円
 (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額







<エクセル形式の医療費集計フォームのダウンロード方法>


1年間で医療費がたくさんかかってしまい医療費控除の対象になる見込みとなった場合は、確定申告の医療費控除を申告することで所得の一部から引かれる控除をふやすことができます。
平成24年分の確定申告から「エクセル形式の医療費集計フォーム」が公開され、そこから確定申告書に取り込む事ができるようになり、とても分かりやすくなりました。

まず、「エクセル形式の医療費集計フォーム」のダウンロードの方法をご紹介しておきます。

医療費集計フォーム-1

まずは国税庁の【確定申告書等作成コーナー-TOP-画面】を開きます。
この「確定申告書等作成コーナー」から確定申告書や決算書、収支内訳書などが作成でき、医療費控除を受ける上で確定申告書の作成の為に必要なのが「医療費集計フォーム」です。
左側にある「医療費集計フォーム」をクリックすると、「医療費集計フォームのダウンロード」画面になりますので、そこにある「医療費集計フォームのダウンロード」をクリックするとダウンロードができますので、「医療費集計フォーム(平成25年分)」など分かりやすいファイル名をつけて保存します。

ちなみに医療費控除の入力では医療費集計フォームを使用した入力方法が便利だと思いますが、従来の入力項目に直接入力する方法も選択できます。




<医療費集計フォームの概要(明細書と用紙)>


医療費集計フォームは、エクセル形式のフォーマットになっていますので、慣れた人なら操作は簡単です。

医療費集計フォーム-3

平成24年分の確定申告書等作成コーナーからダウンロードした医療費集計フォームは「Ver2」になっていますが、前回利用した「医療費集計フォームVer1」について平成25年分の確定申告書等作成コーナーにおいても利用可能です。
私は以前のバージョンから新バージョンへ、昨年のデータをコピー&ペイストしてから修正していきます。
通う病院は大体同じはずですし、できるだけ最新のバージョンに入れておきたいですしね。
支払年月日の入力の仕方が変更になっていますが、ここはそもそもコピペする必要はないので問題なさそうです。

医療費控除の入力項目は下記のとおりです。

医療費集計フォーム-2

医療費集計フォームに保存したデータを医療費控除の画面で読み込む際に、支払い年と申告年が一致しないデータは、自動的に排除されてしまいますので、「支払年月日をしっかり確認」しておき、取り込み後に合計金額を照合するといいと思います。

確定申告の医療費控除関係の提出書類は「医療費の領収書」と「医療費の明細書」があり、医療費の明細書については医療費集計フォームから読み込むことで自動的に作成されますので、特別に別の用紙に記入する必要はありません。
また、e-TAXで申告する場合は全ての項目を入力する事で領収書の送付は必要なくなります。




<医療費集計フォームへの入力方法と領収書の整理>


医療費集計フォームのへ入力をする前に必要な事は、上記の手順で医療費集計フォームをダウンロードしておくことと、集めた領収書を整理しておくことです。
領収書の整理については、決まった方法はありませんので我が家の手順をご紹介しておきます。

【我が家の領収書整理方法】
①医療を受けた人毎に領収書をわける
②病院ごとに領収書をわける
③支払年月日順に領収書を並べ替える
④薬など病院以外の領収書を紙に張っておく



上記の手順で領収書を並べていよいよ医療費集計フォームに入力を開始します。

【我が家の医療費集計フォームへの入力方法】
①原則として世帯主、配偶者、子、その他の順で入力していく
②病院ごとに入力していく
③支払年月日順に入力していく
④医療費集計フォームの左端の番号を領収書の右上に記入しておく



上記の手順だと全体として支払年月日順に並びませんが、特に問題ないようです。
自分なりの分かりやすい順番もしくはコピペしやすい順番で入力しておけばいいかと思います。
医療費集計フォームには右端に整理番号が付くようになっていますので、領収書の右上に鉛筆で番号を振っておくと、後々チェック時に楽になりますし、きちっと整理されていることをアピールする効果があるかもしれません。




<交通費と高額療養費>


「医療費集計フォーム」には、「支払った医療費、交通費」という欄があることからもわかるように、病院にいく「交通費」も計上するようにしています。
公共交通機関(電車、バス等)の運賃は、医療費控除の対象とされるのが一般的です。

公共交通機関(電車、バス)を利用した場合は領収書がないので、私は医療費領収書の余白に「医療費+使用した交通機関と往復交通費をかかった金額=合計金額」を記入して、合計金額を支払った医療費、交通費欄に入力するようにしています。
我が家ではタクシー利用はありませんが、タクシーの場合は特別な理由がない限り医療費控除の対象にはならないようです。
ちなみに、自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場利用料なども医療費控除の対象にはならないようです。
交通費の根拠として「交通機関名」と「利用区間」、「金額」をまとめてた資料を手持ちとしておきます。

また「医療費集計フォーム」には、「左のうち、補填される金額」という欄があることからもわかるように、保険金や健康保険などから支給される高額療養費・家族療養費など医療費の補てんがあった時は、(例えば高額療養費の場合は高額療養費支給決定通知書や銀行振込金額などを参考に)その金額を入力します。

全ての入力が終われば、再度領収書と照らし合わせて入力ミスがないかチェックします。
医療費の領収書については、e-TAXを利用する場合を除き添付が必要になりますので、ホッチキスやのりづけして袋に入れておきます。


ここまでが、確定申告書作成における医療費控除の事前準備の手順になります。
医療費控除については、下記のエントリーでもご紹介させていただいています。

(関連するエントリー)確定申告の医療費控除の方法(書式用紙、必要書類、医療費集計フォーム、住宅ローン控除と住民税、予防接種)

「確定申告」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)
 
 
関連記事
  • はてなブックマーク - 確定申告医療費控除の用紙・明細書ダウンロードの方法(エクセル医療費集計フォームと交通費)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード