ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  夫婦の合意とアセットアロケーション
No1出会えるサイト

夫婦の合意とアセットアロケーション

  
「いつまでにいくら」とアセットアロケーションでは、35歳から38歳の中で資産形成の最終目標の理由がコロコロと変化してたという記憶を書きました。


人生設計については、「将来なりたい自分達を考える人生設計」→「それに必要な資金計画となる目標設定」→「アセットアロケーション」という流れでリンクさせています。
とことん「そこに」こだわっています。
なぜ「そこに」こだわるのか。
投資の最大化を目指すばかりに、人生設計の夫婦の合意が崩れ去ったり、合意形成できないなどという本末転倒的な話は、笑い話ではなく現実にあるからです。


38歳当時はそんなことを考えていました。
それからの実践の中では、ザクッと言うと「将来過ごしたい生活」→「それに見合う資産形成の目標」→「実践の中でその目標に到達できるか」→「資産形成の目標の修正」→「資産運用方針の検討」→「アセットアロケーション」という感じになります。
「資産形成の目標」は、「60歳1億円」のままですが、それだけ必要なのかどうかはまだはっきり見えていません。

感覚的には過大な目標だという気持ちが増えてきました。
生活コストが高くないのでそれだけいらないのではという気持ちと、「60歳1億円」は60歳定年で退職金をもらうとすれば、概ね「61歳1億円+退職金」と同じ目標になるわけで、退職金がもらえないとか、年金がもらえないという前提の目標なんです。
実際、投資を始めたころはそう考えるべきだと真剣に思っていたし、その分投資を真剣に勉強しなきゃと思ったもので、なんとか増やしたいという気持ちが強かったんです。

やってみると投資の方は勉強のかいなくさっぱり…なわけです。
でも投資が上手くいくような環境であればインフレを心配しなくてはいけないし、景気がいいのであれば年金も退職金もそれなりにはでるはずです。たぶん。
退職金がもらえないとか、年金がもらえないとか、実際は分からないから見込まないなんてことをやってると、目標が高止まりするだけです。
それが過大なのであれば、安心度は増すけど、目標を下げてももっとお金を使う方が人生トータルで楽しいと思うようになったんです。
そういった点が、昔と変わった部分です。


そういった考え方の変化は、夫婦の場合、ゆっくりになることが多いですよね。
変化するとしてもじっくり熟成するような感じですか。
例えば、こっちがもっとお金を使うべきだと考えても、相手がそう思うにはとても時間がかかることが多いです。

夫婦の考え方の違いは結構あります。
「どちらかが先走り、どちらかが我慢」って場合もあるし、「どちらも歩み寄っている」という場合もある、「お互い対立したまま」ももちろんあるし、「波長が完璧にあってる」ってことも稀にありますね。


うさみみが投資をはじめたころによく見ていたサイトの管理人さん。
資産形成に詳しく投資も成功されていた方がブログを立ち上げたのを知りひさびさにROMしたんですが、そこでは心の病気についてつづられていました。
推測ではありますが、住宅問題と投資の関係だと思います。
社宅取り壊しで、投資と住宅所得の間で夫婦の思いがすれ違っています。
夫婦がすれ違っている本質的な部分にまだ気がついていない‥‥心が痛みました。
家族が幸せになるためにしているはずの投資が、失敗していないのに関わらず家族を苦しめることがある。そう思いました。
きっとファイナンシャルリテラシーが高く、まじめな人ほどそうなりがちのように思います。
※現在は一部売却され家を購入されたようです。家族がバラバラにならなくてよかった。あとはウツ改善を願っています。 


これは、38歳当時に書いた文書で、今でもとても心に残っています。
彼らについてしょっちゅう夫婦で話していました。

「賃貸vs持ち家」の論争の家庭版です。
賃貸で今の資産を投資で活用したいという旦那さんと、家が欲しい奥様とのすれ違いが夫婦お互いの不信感までに発展してしまったケースでした。
こういう論争は、ブログ内でそれぞれの主張を聞いているのと訳が違います。
「人それぞれだよね」で終わらせられるわけですもんね。

でも夫婦はそういう訳にはいかないですよね。
「どちらかの意見を採用するか、譲歩しあうか」なんらかの答えを出さないといけないですもんね。
見ている視点が違うのに、どちらが正しいなんていったところで、言い負かされた方が不満をためこんでいてはいつか破裂します。

この旦那さんを見ていていつも思っていたのは、「投資が全てなのだろうか?」、「一体何のために投資をしているのだろうか?」、「他に大切な何かをを忘れてないか?」
このことは、すべての個人投資家が自問すべきことではないでしょうか。

資産形成が遠回りであってもそれは悪いことなのか。
資産形成がスムーズにいくことで何を得られるのか。
いろんな視点で相手の意見を見つめるしかないのではないでしょうか。

そうして夫婦協力して1つ1つ目標をクリアしていき、夫婦の絆が深まり成熟していく。
そうありたいものです。とても難しいことですが…。

これは個人の見解ですが、投資より「共通したビジョンを持ち着実に歩むこと」の方がはるかに大事だと思います。
なぜなら「投資は手段にすぎないからです」と同時に誤解を恐れずに言えば「スムーズな資産形成も手段にすぎない」と思います。
もちろん持ち家を手に入れることは、とてもリスクが高いことでよ~く考えて買わないと恐ろしいです。
でも、この方は問題ない資産形成をされてきたので、個人的にはそんなにリスクはないと感じていましたので、ちょっと旦那さんに対して厳しい目線で見ていました。


この話は極端な話かもしれませんが、「夫婦の合意」ってのは難しいこともあるのは事実です。
うさみみも投資に傾斜しかけたところで妻に引き戻されたような感じで歩んできましたが、これでよかったと思っています。
夫婦で情報を共有できるように毎月資産評価をしています。
お互い合意と言えるほど納得しあってないかもしれませんが、アセットアロケーション(資産配分)も妻の合意のもとにやっています。

お金の使い方については、うさみみの方がもう少し使っていこうという方向に、ようやく妻を引っ張り出せるまでに至りました。
そうなるまで数年かかったりすますけど、そういうアセットアロケーションって悪くないなと思っています。
 
 


 

「アセットアロケーション」の見出しへのリンク⇒エントリー一覧(ホームページ)へ

このエントリーは、2008年9月23日にUPしたものを修正しています。
 
 
関連記事
  • はてなブックマーク - 夫婦の合意とアセットアロケーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    テーマ : アセットアロケーション(資産配分)
    ジャンル : 株式・投資・マネー

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありがとうございました。

    うさみみ様
    コメントありがとうございました。
    只今モンゴルより帰国しました。
    先行き不透明なこの時代でも投資家として
    成功したいですね。
    これからも素晴らしいブログが
    益々ご繁栄されますことを祈っています。

    実践派FP斉藤さん

    モンゴルですか、おつかれさまです。
    投資家として生き残っていけることを信じて(^^♪

    うわぁ (@_@)

    これって、某 Y-BBS の話でしょう。
    実は、投稿していたことがあります。

    みんな、同じような所を見て回っているのかなぁ...

    こんばんは

    Ryuさん

    >これって、某 Y-BBS の話でしょう。 実は、投稿していたことがあります。

    この記事の心の病気のことですか?
    Y-BBSってなんでしょうか。検索すると、巨大投稿掲示板群 Y-BBSとありますが。
    .

    あらら、私の勘違いかな? すみません m(_ _)m

    Ryuさん

    いえいえ、Y-BBSって言葉がちょっとわかんなくて。
    yahoo掲示板のスレの管理人さんです。
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード