ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  洗濯機用の給水栓ジョイント(CB-J6)に交換する(取り付け、取換方法、水漏れ対策)
No1出会えるサイト

洗濯機用の給水栓ジョイント(CB-J6)に交換する(取り付け、取換方法、水漏れ対策)

 
今は大容量の洗濯機も以前ほど高くなくなってきました。
我が家も洗濯機の調子が悪いので、10kg洗いクラスの洗濯機を購入しました。
洗濯機が大きくなると防水パンがそのままでいけるのか、給水栓の高さが大丈夫なのかをチェックしておく必要があります。

今回買い替えたのが、「パナソニック 10.0kg 全自動洗濯機 Panasonic エコナビ NA-FA100H3-T」です。
外形寸法は、幅599mm×奥行6487mm×高さ1071mmで、重さは40kgです。
防水パンもぎりぎり行けるし、給水栓の高さもギリギリ行けると思ったのですが、業者に搬入してもらい設置してみると、蓋が完全に開き切らないので、給水栓を交換した方がいいとアドバイスをいただきました。

CB-J6-2.jpg

もともと万能ホーム水栓と呼ばれているものがついていて、蛇口がどの方向にも向けられるの特徴ですが、蛇口がゆるやかなカーブになっていて洗濯用の給水ホースをつけると緩やかに手前に出てくるので、洗濯機の蓋を開けたときに邪魔になり蓋が完全に開かないということでした。

万能ホーム水栓は、給水栓接手といって蛇口の先にねじで止めて、洗濯用給水ホースにつなぐジョイントをつける必要があるのですが、これが抜けることもあるという欠点もあります。
特に水圧が高い地域では注意が必要で、万が一ぬけてしまうと、家の中が水びだしになりますので、いつも洗濯がおわると給水栓をしめていました。
そんな感じで給水栓の開け閉めを頻繁にしていたので、時々給水栓から漏水してしまい、そのたびにパッキンを変えていました。

【問題点】
・洗濯機の蓋を完全に開くようにする
・給水栓接手が抜けるのを防止する
・万が一給水ホースが抜けた時の対策したい

このような問題点を解決するために、万能ホーム水栓を洗濯機用の給水栓ジョイント(CB-J6)に交換することにしました。




<給水栓ジョイント(CB-J6)の機能と水漏れ対策>


万能ホーム水栓を洗濯機用の給水栓ジョイント(CB-J6)に交換するのは割と簡単に自分でもできます。
洗濯機の説明書には、給水栓ジョイントオートストッパー付(CB-J6)など給水栓についての説明書きがあります。
この「CB-J6」は、パナソニックでも東芝でも日立でもこの品番になっていて、それぞれ純正品があるようです。

純正品といっても、家電メーカーが水栓メーカーに作ってもらっているもので、それなりに汎用性があるみたいです。
実際私が取り付けたのは、三栄水栓製作所(SAN-EI) さんの三栄水栓 洗濯機用L型ニップル「PY124-41TVX-16」です。

「PY124-41TVX-16」のスペックは、「CB-J6」と同等だと思います。
かなり古い洗濯機にはつなげない可能性はあるかもしれませんが、最近の洗濯機や給水ホースは問題なく設置できると思います。

【問題点→→解決方法】
①洗濯機の蓋を完全に開くようにする→→2~3cm壁側に引っ込める
②給水栓接手が抜けるのを防止する→→給水ホースを直接給水栓につなぐ
③万が一給水ホースが抜けた時の対策→→自動ストップ機能付き

CB-J6-1.jpg

万能ホーム水栓を洗濯機用の給水栓ジョイント(PY124-41TVX-16又はCB-J6)に交換することで、問題点も解決できました。

この給水栓ジョイントを設置することで、②は水栓と一体になるので解決しますし、③は自動ストップ機能付きになっているので解決できます。
①の問題点がなくても、②と③の解決のために給水栓ジョイント(CB-J6)への取替はおすすめです。

写真をみていただくとわかるように、給水栓と一体になるのでねじで止める給水栓接手が不要になって、抜け防止になります。
それでも給水栓ジョイントと給水ホースの接続部分が外れてしまう可能性がありますが、そこを自動ストップ機能付きでカバーできるので、数千円程度で安心が増すなら良いと思うんです。

この問題点の中で注意が必要なのが、①についてで、要するに「寸法」がいけるかどうかです。
給水栓ジョイントは、水の出る方向が洗濯機の正面から見て上下左右どの方向にも90度で水がでるので、洗濯機と給水栓ジョイントやその先の給水ホースが狭い洗濯機の背面で収まる可能性が高まるのです。
我が家の場合は、万能ホーム水栓の先のホースが洗濯機の蓋にあたりましたが、それがなくなるので①もクリアです。

  




<給水栓ジョイント(CB-J6)への交換・取替方法>


給水栓ジョイント(CB-J6)への交換・取替方法をご紹介しておきますね。
作業時間は10分程度で、材料と道具さえあれば準備できていれば自分でできます。
材料は、たいがいホームセンターで買えますし、ホームセンターで現物を見てからネットで安く購入するというのも手です。

CB-J6-6.jpg

①自宅の水道メーターの横についている止水栓を閉める。
・洗濯機のための給水栓を分解しますので、まずは水が出ないようにしておきます。

②万能ホーム水栓のパイプのニップル(袋ナット)を緩めて蛇口の先を外す
・タオルを引いて洗濯機に水がかからないようにします。
・レンチなどを使ってニップルを反時計回りに回して緩めて外す。

  CB-J6-3.jpg

③先に付属のU型パッキンを給水栓内に入れて、給水栓ジョイント(CB-J6)を取り付ける。
・水道用のシールテープを給水栓のねじ部分に巻いておき、レンチなどを使ってニップルを時計回りに回してしっかりしめる。

CB-J6-4.jpg

④給水栓ジョイント(CB-J6)に給水ホースを取り付ける
・給水ホースのロックレバーを下げて、給水栓ジョイントにカチッというまで差し込み取り付ける
・給水ホースはできるだけ水がスムーズに流れるようにするため、できるだけ急に曲げないように、給水栓ジョイントの角度を調整する。

CB-J6-5.jpg

⑤自宅の水道メーターの横についている止水栓を開ける。


手順はこんな感じで、工具さえあれば簡単にできます。

ニップルを外したり閉めたりする工具は、持ってない方が多いと思います。
幅広のモンキーレンチがあればよいのですが、我が家のモンキーレンチでは少し幅が足りませんでした。
水栓修理レンチセットは値段も安いです。
水道は工具でシッカリ閉めるが鉄則で手で閉めるのは漏水の危険が高いのですが、もしどうしても手で閉めるのであれば、ゴム手袋を使ってできるだけきつく締めるしかないですね。
シールテープを巻いておく方が少しでも漏水の可能性が減らせます。

  


比較サイトを参考に、「パナソニック 10.0kg 全自動洗濯機 Panasonic エコナビ NA-FA100H3-T」を購入しました。
最近の洗濯機は音が静かですね。


 
 
 


関連記事
  • はてなブックマーク - 洗濯機用の給水栓ジョイント(CB-J6)に交換する(取り付け、取換方法、水漏れ対策)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード