ブログパーツ 長が~く続けて、ゆとりある暮らし  持ち家か賃貸か(持ち家と賃貸の比較)
No1出会えるサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    持ち家か賃貸か(持ち家と賃貸の比較)


    「持ち家か賃貸か?」は、多くの人が気になる話題ではあるのですが、多くのブログで取り上げられては論争になって、結局は自己主張のぶつかり合いで、どっちが正解とは言えないという結論で終わります。

    「持ち家か賃貸か?」の損得計算については、比較の前提もアンバランスなことも多く、例えば今の家賃が月額8万円だから、月8万円の住宅ローン返済でみたいな設定だったりします。
    これは家の広さや仕様などの比較がまったくなく、家を買わせる側の設定といえるのですが、この手の比較が多いです。

    「持ち家か賃貸か?」の損得計算については、一般解を探すのには条件設定が困難を極めてとても答えが出るものではないので、個人の価値観の問題として片づけられます。
    そんな中で、「住宅ローンを組むのであれば、資産運用した方が合理的だ」という主張は耳を傾けるべき考え方の1つだと思っています。
    これも損得計算の1つではあるのですが、人生全体を意識して考えている感じがするからです。




    <持ち家は住宅コストの前払い>


    単純な家賃と住宅ローン額の比較はナンセンスだけど、「持ち家の住宅ローン支払い金利を含めた支払い総額」と「賃貸で住み続けた場合の比較」となると、総額レベルでの比較になるので、比較の条件が多少合わなくても人生設計レベルで考えることができるのかなと思います。
    そんな比較もそこそこにほぼ衝動買いで持ち家となったわけですが、結局持ち家とは住宅コストの前払いなんだなと思うんです。

    いやいや持ち家を買う際の頭金はともかく、住宅ローンは分割払いでしょという考え方もありますが、持ち家の購入代金は一括払いして、そのためのお金を借金するわけですからやはり住宅コストの前払いだと思うんです。
    家賃は住まわしてもらうコストだけど、住宅ローンはただの借金ですから。

    我が家の場合とにかく繰り上げ返済でしたから、毎月の住宅ローン額で分割払いという発想はなかったです。
    だから住宅ローンを払ってさえすれば家は、いずれ自分のものになるなんて発想はあまりにも悠長すぎると思いました。
    賃貸と同じように考えているけど、賃貸よりもはるかにリスクをしょっているのにと。

    「持ち家は住宅コストの前払い」だったらとっとと借金返済して、住宅費を終わらせるてしまえば、次のステージに向かえると思いました

    (関連するエントリー)住宅ローンは10年~15年で返済(完済)したい

    持ち家ではなく賃貸でいれば、経済的に有利だったのでしょう。
    でも、住宅ローンは終わってみれば、なんともいえない解放感があります。

    持ち家を選択する場合、大切なのは住宅ローンを払えない状況がくるリスクを意識しているかどうかです。
    家を買うならば「住宅コストを前払いするリスク」を考えておく必要があります。
    これだけ大きなリスクを背負うのならば、賃貸を選択する方がいいのでしょうね。




    <心の中ではもう決めてるでしょ>


    「持ち家か賃貸かの論争」は、尽きることがありません。
    お互いが一歩も引かない議論になることも多いです。

    いろいろ見ていると、「持ち家か賃貸か」を真剣に比較して書いているのは、大半は賃貸派の人だと感じます。
    持ち家派が書いている場合は、販売側の属性の方は当然自分の利益に結ぶつくので当然持ち家有利の主張になりますが、そういうの関係なさそうな人は欲しいから買ったという人の方が多いんじゃないかと思います。
    持ち家か賃貸かの詳細な比較をしたのではなく、それなりの比較はしたにせよ、欲しいから買った、買えそうだから買ったんじゃあないかと。

    賃貸派の方々の方が、買わない理由が必要なので、しっかり比較されているように思います。
    持ち家派だと欲しいから買ったでもいいわけですから。
    持ち家派の人を私と同じように衝動買いと言ってしまうと失礼かもしれませんが、そういう人は多いと思います。

    賃貸派にせよ持ち家派にせよ、比較してはみるももの、結局はあらかじめ結論ありきみたいなところを感じる場合が多いんですよね。
    私自身、正直どうでもいいのでそういう風に見えるのかもしれませんが。
    賃貸派を主張した人が子どもができたら突然家を買ったみたいな話が出ても全く違和感がありません。

    気の毒だなと思ったのは、私が投資を始めようかと悩んでいたころに見ていた資産運用関係の元掲示板の管理人さんが、雄弁に家を買うのであればその頭金を運用した方が良いそれが経済的合理性なんだと主張しておられたのですが、奥様は家が欲しくて激しくぶつかり合ったあげく、奥様の意向が勝って家を買うことになってしまい、あげくのはてにはウツになってしまったという不幸な話でした。
    経済的合理性と欲望のぶつかり合いと書けばいいのか、欲望という表現は悪すぎというべきか、とにかく比較のしようがない価値観のぶつかり合いが家庭内で起こった不幸というべきでしょうか。
    「持ち家か賃貸か」いくら根拠を並べても、最後は価値観と価値観のぶつかり合いじゃないと思わせるエピソードでした。

    「持ち家か賃貸か論争」だって、論争になるということは、まず価値観があってそれに見合う理屈を集めて理論武装しているだけということも多いと思います。
    「持ち家か賃貸か」は、きっと自分の中で静かに戦わせるものじゃないかなと思うんです。

    関連記事
  • はてなブックマーク - 持ち家か賃貸か(持ち家と賃貸の比較)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • 【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    テーマ : **暮らしを楽しむ**
    ジャンル : ライフ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    微妙ですね・・

    私は断然「持家派」でした。家を買うこと、自分のお城を持つことを目標に一生懸命にがんばってきて・・素敵な家も手に入れました。

    家には不満はないけど
    ここにきて「持家」であること=幸せにつながるという構図が崩れることだってあり得るのだということを知りました。
    今・・とんでもない状況になってしまって、、(><)

    人生なにがあるかわかりませんねーー; 身から出た錆?と言われればそれまでなんですけど。。
    愚痴になってしまってすみません。^^;

    りりぃ♪さんへ

    >ここにきて「持家」であること=幸せにつながるという構図が崩れることだってあり得るのだということを知りました。
    >今・・とんでもない状況になってしまって、、(><)

    いろいろあったみたいですね。
    家は大きなものなので、問題が起これば深刻さも大きくなります。
    必ずしも幸福につながるものではないのに、多くの人はそれを求めてしまいます。

    家を買わなければわからないこともたくさんあります。
     

    最新記事


    【スポンサーリンク】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

       
    プロフィール

    あり&うさみみ

    Author:あり&うさみみ
    40歳代です。

    トップページ1
    トップページ2
    スポンサーリンク
               
    ブログランキング
    他のブログも参考になるよ。
    にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 人気ブログランキングへ
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    カテゴリー
    最近の記事
    相互リンク
    姉妹サイト
    勝手にリンク
    最新コメント
    スポンサードリンク
    amazon
         
    逆アクセスランキング
    (みんなが見ているページ)
    スポンサーリンク
               無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。